新着Pick
SPD3K8VHUTHS6Y72

旭化成 株式会社

旭化成株式会社(あさひかせい)は、化学、繊維、住宅、建材、エレクトロニクス、医薬品、医療等の事業を行う日本の会社である。東京都千代田区神田神保町に本社を置く。戦前は日窒コンツェルンの一部だったが日本の敗戦にともなう財閥解体により資本関係が絶たれ、1946年4月に日窒化学が旭化成工業(株)と改名して独立企業体として誕生した。 ウィキペディア
東京都千代田区有楽町一丁目1番2号日比谷三井タワー
03-6699-3000
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 小堀 秀毅
設立年月日
1931-05-21
従業員数
39,283 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
7,872,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
日本人じゃなきゃ応援しないの?大坂なおみ選手の国籍問題に感じる違和感の正体
Business Insider Japan
|
今年のノーベル化学賞受賞者に、リチウムイオン電池を開発した、旭化成名誉フェローの吉野彰氏が選ばれた。 一連の報道を見ていて、ノーベル賞を受賞した日本人の数について、いろいろな数え方があることに気がついた。 「日本人のノーベル賞受賞は、アメリカ国籍を取得した人を含めて27人目」(NHK) というもの...
12Picks
吉野氏を生んだ旭化成、研究開発トップが語った「思いの強い人間がやる」
ニュースイッチ
|
―研究開発の環境をどう見ていますか。「私は50歳頃まで研究に携わり、セパレーターなどの事業担当を経て、4月に戻ってきた。昔に比べ技術の賞味期限が短くなり、『研究は時間がかかる』と言っても通用しな
207Picks
ノーベル化学賞の「リチウム電池」は生活をどう変えたか
ニュースイッチ
|
旭化成の吉野彰名誉フェローがリチウムイオン二次電池(LiB)の実用化への貢献でノーベル化学賞の受賞が決まった。吉野名誉フェローが1983年に原型を創出したLiBは、モバイル機器や電動車などの中核技術として社会を大きく変えてきた。公共交通や住宅、電力といった分野での活用も広がっており、私たちの「生活」を支えるインフラとして定着している。鉄道 環境に優しく、災害に強く 鉄道分野では、材料開発に伴...
14Picks
【ノーベル化学賞】「電池依存社会」はどうなる? 激しさ増すポスト・リチウムイオン電池開発競争
Business Insider Japan
|
スマートフォンやパソコン、ドローンなどあらゆるところに使われているリチウムイオン電池。現代はまさに「電池依存社会」だ。 10月9日、リチウムイオン電池の基礎研究から開発に携わった米ニューヨーク州立大学教授のスタンリー・ウィッティンガム博士、米テキサス大学教授のジョン・グッドイナフ博士、そして、旭化成...
11Picks
東証、リチウムイオン電池関連が高い 旭化成は一時3%超える上昇
Reuters
|
[東京 10日 ロイター] - 10日の東京株式場で旭化成<3407.T>は3.89%高で寄り付いた。スウェーデンの王立科学アカデミーが9日、2019年のノーベル化学賞を、同社名誉フェローの吉野彰氏ら3人に授与すると発表したことが材料視されている。スマートフォンなどに使用されているリチウムイオン電池を開発したことが評価された。
12Picks
ノーベル化学賞吉野彰さんのキャリアにみる論文博士の価値(榎木英介)
Yahoo!ニュース 個人
|
2019年のノーベル化学賞を旭化成名誉フェローの吉野彰さんが受賞することが決まった。吉野さんは論文博士を取得されるという企業研究者として典型的なキャリアパスを歩んだ。論文博士とは何かを探る。
995Picks
【再掲】リチウムイオン電池の父が語る「奇跡の発明」の裏側
NewsPicks編集部
|
10月9日、リチウムイオン電池の生みの親である吉野彰旭化成名誉フェローがノーベル化学賞を受賞した。NewsPicksでは過去2度にわたり、吉野氏をインタビュー。受賞を記念して再掲する。
20Picks
ノーベル賞受賞!吉野さん「リチウム電池の設計自体を見直す段階に来た」
ニュースイッチ
|
**2019年のノーベル化学賞は吉野彰さんに! 2019年のノーベル化学賞は旭化成の吉野彰名誉フェローに贈られることが9日、決まった。6月に欧州で欧州発明家賞を受賞した際のインタビューを再掲載し、そ
10Picks
ノーベル化学賞・吉野彰氏の予言「バズワードは実現する」 - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート
Diamond Online
|
2019年のノーベル化学賞が、旭化成名誉フェローの吉野彰氏ら3人に授与されることに決まった。吉野氏はパソコンやスマートフォン、電気自動車(EV)などの内部に組み込まれる「リチウムイオン2次電池」の発明者の1人。過去の業績によって国内外の化学関係の主要な賞を総なめにしてきており、「もはや残るはノーベル賞だけ」と言わていた。受賞に際して、2018年10月31日に公開した同氏のインタビューを再配信する。
12Picks
中国が引き金を引く電池部材の淘汰、それでも旭化成の首位揺るがず
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に代表される自動車産業の大変革は、材料や部品にも変化を促す。旭化成の代表例は、電動車向けに需要の増えるリチウムイオン電池用セパレーター(絶縁材
43Picks
熱中症、10人に1人が住宅内で発症していた!
ニュースイッチ
|
住宅内で熱中症になったことがある人は10人に1人―。旭化成建材快適空間研究所の調査によると、現在の住まいで2―3年以内に、疑いも含めて熱中症になったことがあると回答した人は10・7%だった。熱中症になった場所は寝室の28・3%に次いで、居間・食堂が25・6%とそれぞれ3割近くに上ることが分かった。 温熱性能が高い住宅に住む人ほど、寝室や居間・食堂で熱中症になったと回答した人の割合は少なく、寝...
22Picks
自動運転の車内を快適空間に!素材メーカー「吸音」競う
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルや旭化成などの素材各社は、より静かな車内空間をつくる素材を相次ぎ開発した。三菱ケミカルは繊維径3マイクロメートルのアクリル繊維を吸音材として提案する。旭化成は耐熱性の高い中空ビーズ状の硬
245Picks
旭化成も住友化学も…広がるAI活用の素材開発の効果
ニュースイッチ
|
旭化成や住友化学は、人工知能(AI)を用いて素材開発を効率化する手法「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」の導入を拡大する。2019年度からの中期3カ年計画で、住友化学は全事業領域でMIを活用できる体制を整備。旭化成は研究開発だけでなく、顧客と接する営業ともMIで連携を始める。競争力の根幹を支える研究開発をデジタル技術で変革する。 MIは化学構造や生産時のレシピと製品特性の関係をAIに...
456Picks
DeNA、「AIで創薬」事業参入
産経ニュース
|
ディー・エヌ・エー(DeNA)は10日、人工知能(AI)を活用した創薬事業に参入すると発表した。同社のヘルスケア事業の一環で、旭化成ファーマと塩野義製薬と組み、AI創薬の技術的な実現可能性を今月から10月まで共同研究した上で検証する。
359Picks
日本の食卓支える家庭用ラップ、60年目の挑戦
ニュースイッチ
|
日本の食卓で大活躍する家庭用ラップは、クレハが手がける「NEWクレラップ」と旭化成ホームプロダクツ(東京都千代田区)の「サランラップ」が2強だ。ともに1960年発売で、20年に60年の節目を迎える。
236Picks
総合化学メーカーが向き合う、“技術革新”という苦難の道
ニュースイッチ
|
総合化学各社にとって2019年のキーワードはイノベーション(技術革新)だ。新たな中期経営計画を始動させる会社も多く、積年の課題である新規事業の創出は待ったなしだ。ここ2―3年の石油化学市況高で得た稼ぎを研究開発へ振り向けて、人工知能(AI)などデジタル技術導入を含めて技術革新を加速する基盤づくりを急がなければならない。持続的な成長 住友化学や旭化成、東ソー、宇部興産は現在、19―21年度の次...
252Picks
マンション データ改ざん 旭化成社長が謝罪 
NHKニュース
|
横浜市のマンションで“傾き”が見つかり、建物を支えるくいのデータが改ざんされていた問題で、データの改ざんを行った「旭化成建材」の親会社で、大…
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ