新着Pick
SPD3K31BJUBLO2LZ

大日本印刷 株式会社

大日本印刷株式会社(だいにっぽんいんさつ、英語: Dai Nippon Printing Co., Ltd.、略称DNP)は、世界最大規模の総合印刷会社。東京証券取引所一部上場。 ウィキペディア
東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号
03-3266-2111
詳細を見る
概要
本社は東京都新宿区市谷加賀町。

ライバルは凸版印刷。連結売上高では劣るものの、財務内容において優位性を保っている。

1876年(明治9年)の創業以来の印刷技術と情報技術を強みとして、1950年代より他分野進出を図り、建材分野へ進出したのに始まって、情報産業や生活産業のほか、ディスプレイや電子デバイスなどのエレクトロニクス分野にも進出し、世界トップシェアを獲得している製品もある。最近では、環境、エネルギー、ライフサイエンス分野にも事業を拡大している。

拠点は日本を中心にアメリカ全土やロンドン、パリ、オランダ、上海、台湾、シンガポール、シドニーなど全世界に広がる。

現在、国内拠点である市谷地区を再開発中。地上125mの高層棟と27mの低層棟に、企画開発、営業、本社機能などを集約し、既存の市谷工場は環境に優しい印刷工場へ進化させる。その他、体育施設や文化施設などの建設を予定している。さらに、これら諸施設の周囲には、緑地「市谷の森」を整備するなど、周辺の景観と環境に配慮しつつ、地域と調和した開発を進めている。2009年(平成21年)から工事に着手し、2017年(平成29年)の竣工を目指しているが、2018年現在、いまだに工事中である。
代表者
代表取締役社長 北島 義斉
設立年月日
1894-01-19
従業員数
38,051 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
7,261,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
173Picks
雑誌の誌面レイアウト、AIで自動生成 建築雑誌「a+u」で活用 DNPなど新技術
ITmedia NEWS
|
雑誌の原稿テキストと画像を入力すると、その内容や雑誌の持つブランドイメージにあった誌面レイアウトを、AIを使って自動生成する技術をDNPなどが開発した。建築雑誌「a+u」(エー・アンド・ユー)のレイアウトに一部、新技術を活用した。
19Picks
アマゾンの「DeepRacer」日本大会、優勝は強化学習1カ月の“AI初心者”
ニュースイッチ
|
米アマゾンウェブサービスの人工知能(AI)技術で自律型ラジコンを走らせる「AWSディープレーサーリーグ」の日本大会で大日本印刷(DNP)が1位から3位に入り、表彰台を独占した。世界のトップ5の内3人がDNPの人材になる。世界1位に輝いたのはAIを勉強し始めて1カ月の“AI初心者”だ。大企業が競技会を教育の場として活用し、想定以上の結果が出た。(取材・小寺貴之)195人が参戦 「日本大会でAI...
204Picks
アマゾンのAIカー「DeepRacer」日本大会、DNPの“初心者”が初日首位
ニュースイッチ
|
米アマゾンウェブサービスの人工知能(AI)技術で自律型ラジコンを走らせる「AWSディープレーサーリーグ」の日本大会が12日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開幕した。初日の1位に輝いたのはAIを勉強し始
10Picks
楽しさ重要!自動運転ミニカーレース開きAI人材育成 大日本印刷
自動運転ラボ
|
大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区/社長:北島義斉)は2019年5月24日までに、自動運転ミニカーの社内レースを実施することでアプリ開発のAI(人工知能)人材の育成に役立てる取り組みを開始すると発表した。
19Picks
デジタルサイネージを進化させた大日本印刷の苦い思い
ニュースイッチ
|
大日本印刷がデジタルサイネージ(電子看板)を活用した災害・防災情報の提供に取り組んでいる。増加する訪日外国人客(インバウンド)向けの多言語による情報提供や、音声と映像を組み合わせた新しいシステムを開
17Picks
大日本印刷がJリーグの試合会場で見つけた新たな商機
ニュースイッチ
|
2018年11月にパナソニックスタジアム(大阪府吹田市)で開かれた、サッカーJリーグのガンバ大阪対ファーレン長崎戦。試合前、「ガチャガチャ」と呼ばれるカプセル入り玩具販売機に長蛇の列ができた。キャッ
29Picks
流通・小売り業界の課題をデジタルサイネージで解決!大日本印刷と米Krogerが共同研究を開始
MarkeZine
|
大日本印刷(以下、DNP)と米国の流通・小売りチェーンであるKroger(クローガー)は、Krogerグループの店舗を中心に導入が進んでいるデジタルサイネージ「Enhanced Display for...
32Picks
大日本住友、iPS細胞から臓器作製 実用化目指す
産経ニュース
|
人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来の再生・細胞医薬品の開発を進める大日本住友製薬が、将来的に、患者本人の細胞(自家細胞)に由来するiPS細胞を使って組織や臓器を作製し、患者に移植する治療の実用化を目指していることが12日、分かった。従来の治療薬が効かない疾患の治療に結びつく可能性がある。
44Picks
大日本印刷、スマホ決済でJCBと提携 QRコードの標準化を推進
Engadget 日本版
|
大日本印刷とJCBは2月4日、スマートフォンを使ったQR / バーコード決済プラットフォームを共同開発すると発表しました。 同プラットフォームは、「〜Pay」のような一般消費者向けサービスではなく、各事業者のキャッシュレスサービス導入を支援するもの。また、QR/バーコード決済の標準化も推進するといいます。 具体的には、プリペイドやクレジット、デビットカードなど、幅広い決済手段に紐づけたQR/...
13Picks
RPAは“誰主導”で進めるべき? 富士フイルムと大日本印刷、意見異なる2社が議論
ITmedia NEWS
|
業務効率化や生産性向上のカギとされる「RPA」。RPA化する業務の洗い出しに苦労する企業が多い中、先行して業務プロセス自動化に取り組んできた2社が導入のコツについて議論した。
591Picks
DNP、2025年に1円のRFIDの実現を目指し、開発開始
マイナビニュース
|
大日本印刷(DNP)は、低価格なUHF帯ICタグ(RFID)の開発に着手し、2020年までに単価5円以下、2025年に1円のICタグの実現を目指すと発表した。
184Picks
DNP、情報銀行に本格参入 中部電、JTBと協業 実証事業展開へ
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
大日本印刷(DNP)は、個人データを預かり、本人の同意を得た上で企業に提供する「情報銀行」に2019年度から本格参入する。29日に中部電力、JTBとそれぞれ協業…
433Picks
あなたの気持ちに合わせたフォント、AIが自動で選びます
ニュースイッチ
|
文章ににじみ出る喜びや悲しみを人工知能(AI)が判別します―。大日本印刷は、文章の内容や絵文字に合わせて最適なフォントをAIが選ぶシステムを開発した。メッセージアプリケーション(応用ソフト)や企業のキャラクターのチャットボットをはじめ、広告物の制作などに活用できる。文章から感情を読み取ってフォントを選ぶシステムは世界で初めてという。大日本印刷が開発した「DNP感情表現フォントシステム」は文中...
25Picks
顧客体験を軸にしたデジタル変革でLTV向上を支援/DNPが語った統合マーケにおける3つのカギ
MarkeZine
|
近年、「顧客体験」の価値が企業競争力に直結する時代になってきている。一人ひとりにパーソナライズされた体験は、顧客ロイヤルティの向上やLTVの最大化に貢献する。しかし、そうしたパーソナライゼーションの実現には、下支えとなるデジタル基盤の整備が欠かせない。「MarkeZine Day 2018 Kansai」に登壇した大日本印刷 デジタルマーケティング本部の小林圭一氏は、顧客がどのような体験を望...
289Picks
VR空間の美術館で作品の鑑賞・購入ができるシステム、DNPが開発
ニュースイッチ
|
大日本印刷は10日、仮想現実(VR)空間の美術館で、彫刻や絵画の鑑賞・購入ができるシステム「DNPバーチャルギャラリー」を開発したと発表した。美術館や博物館、出版社をはじめ、企業のショールームや販促キャンペーンなど向けに拡販し、2020年度までに3億円の売り上げを目指す。 DNPバーチャルギャラリーは、ヘッドマウントディスプレーを装着して鑑賞する。リモコンを使い、作品を手に取るように間近で見...
107Picks
プラ代替素材「LIMEX」のTBMが31.2億円を資金調達。大日本印刷や凸版印刷、ゴールドマン・サックスなどが出資
Business Insider Japan
|
アパレルメーカーの世界大手である「H&M」が、12月5日から日本国内のすべての店舗でプラスチック製のレジ袋を紙製のバッグに置き換えると発表するなど、世界的に対策が急速に進められている「プラスチック問題」。 EUでは2018年1月、「2030年までに使い捨てのプラスチック容器や包装を再利用もしくは素材...
205Picks
みずほ銀行、「バーチャルデビット」の即時発行サービス
マイナビニュース
|
大日本印刷(DNP)は、決済やポイント等のサービスをスマートフォンで一元管理するクラウド型の「DNPモバイルWalletサービス」に、代金等を預金口座から利用後すぐに引き落とすデビットを、即時に発行する機能を追加した。
179Picks
人工知能は「出版不況」を救うか?AIによる書籍需要予測という試み
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
AI〈人工知能〉による書籍の需給予測システムの開発――。先日、国内最大の印刷会社・大日本印刷株式会社が発表した新しい取り組みは、最近のAIへの関心の高さもあって新聞各社が報じるなど、注目された。はたして、AIは長引く出版不況の打開策になるのか? 担当者に話を聞いた。
168Picks
凸版、DNPの印刷2強が手がける半導体材料「フォトマスク」の課題
投信1(トウシンワン)
|
凸版印刷、大日本印刷(DNP)は言わずと知れた印刷業界の大手2社だ。この印刷2強が半導体材料で重要な部材を手がけているのはご存知だろうか。半導体製造に欠かせない、フォトマスクと呼ばれる回路形成のための「原版」を両社とも生産しており、このフォトマスク市場では大きな存在感を示している。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ