新着Pick
SPD3HRK6ZKB7RRHV

International Business Machines Corp

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
One New Orchard Road Armonk New York United States
+1 914 499-1900
詳細を見る
概要
事業内容はコンピュータ関連のサービスおよびコンサルティングの提供と、ソフトウェア、ハードウェアの開発・製造・販売・保守、およびそれらに伴うファイナンシング、メインフレームコンピュータからナノテクノロジーに至る分野でサービスを提供している。

IBMは研究機関としても有名でもある、2016年時点では米国特許取得数が23年連続の1位となったIBM、23年連続で特許取得数の首位を獲得
。IBMによる発明は、現金自動預け払い機(ATM)、ハードディスク、フロッピーディスク、磁気ストライプカード、リレーショナルデータベース(RDB)、SQLプログラミング言語、バーコード、DRAMなどがある。

IBMは既存のコモディティ化した市場を脱出し、高付加価値な収益性の高い市場に着目することで、事業構成を絶えず組み替えている。例えばプリンタ事業をLexmarkに分社し(1991年に)、レノボへのパーソナルコンピュータ(ブランド、ThinkPadやNetVistaなど)およびx86ベースのサーバー事業を売却(2005年と2014年)、一方でPwCコンサルティング(2002年)、SPSS(2009年)、Weather Company(2016年)などの企業を買収した。またファブレス化として2014年にIBMのグローバルな商用半導体技術事業を米GLOBALFOUNDRIESに工場、技術者、テクノロジー知的財産だけではなく、現金15億ドルまでも付けて譲渡すると発表したIBMの半導体研究モデルは、何が他社と違うのか?
。

製品やロゴの色から本国アメリカでは「Big Blue」の愛称で呼ばれている。これに由来してIBMのプロジェクトには「Blue」を冠するものが多く、広告などのイメージカラーになっている。ダウ平均株価の銘柄に含まれる30社のうちの1社であり、2016年時点で約38万人の従業員数がいる世界最大級の規模の企業となっている。基礎科学の研究にも力を入れワトソン研究所やチューリッヒ研究所からはノーベル賞受賞者を輩出。IBM社員から5人のノーベル賞、6人のチューリング賞、10人のアメリカ国家技術賞、5人のアメリカ国家科学賞の受賞者を輩出している。

CEOのジニー・ロメッティは、米Fortune誌が選ぶ「ビジネス界で最もパワフルな女性」の一人として長年ランクインしている。
代表者
Arvind Krishna (Chief Executive Officer),James M. Whitehurst (President),Virginia M. Rometty (Chairman)
設立年月日
1911
従業員数
381,100 人
上場年月日
1915-11-11
上場市場
ニューヨーク証券取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
31Picks
米IBM、第3四半期は売上高が予想上回る クラウド事業好調で
Reuters
|
[19日 ロイター] - 米IBM<IBM.N>が19日発表した第3・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で企業のデジタル化が加速し、クラウドコンピューティング事業の需要が高まったことが寄与した。
26Picks
「世界最高の雇用主」ランキング、今年の首位はサムスン
Forbes JAPAN
|
フォーブスが市場調査企業スタティスタと共同で毎年作成している「世界最高の雇用主」ランキング。4回目となる今年1位に立ったのは、韓国のサムスン電子だ。2位と3位は米国のアマゾン・ドット・コム、IBMが入った。スタティスタはランキング作成に当た・・・
151Picks
IBM、ニューヨークでFacebook、Amazon並みの巨大オフィス契約へ。市場停滞で「価格交渉に有利」
Business Insider Japan
|
・IBMは10月6日、ニューヨークの不動産市場で最大50万平方フィートのオフィス物件を探すための提案依頼書(RFP)を発行した。 ・新型コロナの影響でリース需要が減少し、契約交渉は借り手(テナント)優位で、IBMにとっては賃料の値下げを引き出しやすい状況にある。 ・IBMとしては、新オフィスをリース...
19Picks
IBMの大胆な改革! 分社化で挑む1兆ドル規模の新市場
ニュースイッチ
|
米IBMが経営改革で大なたを振った。売上高の4分の1を占めるITインフラサービス部門を分社し、一定の関与を継続しつつも、独立した上場会社として2021年末までにスタートさせる。収益率が低い同部門を連結から外すことでIBM本体の利益率は上がる。市場は好感し、IBMの株価は上昇基調に転じた。分社化の表明だけで派手な企業買収より大きな効果を示した今回の経営改革。その背景には“IBMマジック”が見え...
486Picks
米IBMが分社化発表、クラウド事業に注力へ 創業109年目の大転換
Reuters
|
[8日 ロイター] - 米IBM<IBM.N>は8日、データセンターの技術サポートなどアウトソーシングサービスを提供するITインフラサービス部門を2021年末までに別会社として分離し、上場させる計画を発表した。従来事業からの多角化を図り、利益率の高いクラウド事業に注力するこれまでの取り組みの総決算となる。
20Picks
IBMがレガシーインフラ事業をスピンアウト、クラウド事業に全面的に舵を切る
TechCrunch Japan
|
米国時間10月8日朝、IBMがレガシーインフラサービス事業をスピンアウトすると発表したとき、4月に同社の新CEOに就任したArvind Krishna(アルヴィンド・クリシュナ)氏は、自社をクラウドに全面的にコミットする準備ができていることを明確に示した。 この動きは、同社が2018年にRedHat(レッドハット)を340億ドルという超高額で買収した際に着手した戦略に続くものだ。この買収は、...
11Picks
IBMがインフラサービス事業を2兆円規模の独立事業として分社化する計画を発表
TechCrunch Japan
|
IBMはその昔ありとあらゆる企業向けビジネスハードウェアのトップメーカーだった(実際その社名は「インターナショナル・ビジネス・マシン」の頭文字からきている)。しかし同社は、クラウド事業に主力を移すためにハードのメーカーというレガシィからさらに一歩距離を置く計画を発表した(PR Newswireリリース)。 米国時間10月8日、IBMは通年売上190億ドル(約2兆円)規模のマネージドインフラ事...
52Picks
米国のIonQが史上最強の量子コンピュータを開発したと発表、IBMの量子ボリュームの記録を2桁も上回ると主張
TechCrunch Japan
|
イオントラップ型量子コンピュータの開発で注目を集めているスタートアップ、IonQが米国時間10月1日に「完全な32キュービット(qubit)で低ゲートエラーのコンピューターを開発した」と発表した。 IBMが用いるベンチマークでIonQは400万量子ボリュームを達成するものと期待している。これはIBM自身が記録した量子ボリュームを2桁も上回るもの(IBMリリース)で驚くべき飛躍だ。事実であれば...
162Picks
「ローコード」の衝撃、2700億円評価のAirtableとは何者か
BRIDGE(ブリッジ)
|
噂通り、Airtableは本日(9月14日)1億8,500万米ドルの資金調達を発表した。評価額は前回の評価額11億米ドルの2倍以上、25億8,500万米ドルとなった。同社の成長は加速中だ。Netflix、HBO、Condé Nast、Time、IBM、Robinhood、Equinoxが名を連ねる顧客ベースは2018年11月には8万人だったのが20万人にまで増加している。 IDCの推計による...
20Picks
2023年に1000量子ビット超えのIBM製量子コンピュータが登場か 並行して「巨大な冷凍庫」も開発中
ITmedia NEWS
|
米IBMは、量子力学の原理を利用して効率的に計算できる「量子コンピュータ」の開発ロードマップを公開した。2023年末を目標に、1000量子ビットの大型量子コンピュータの開発を目指すとしている。
49Picks
IBMが開発したサイバーセキュリティーゲームを辻伸弘が体験
<PR>マイナビニュース
|
[提供:日本IBM] IBMが開発したサイバーセキュリティーゲームをセキュリティーリサーチャーの辻伸弘が体験。ミッションは国際空港のインシデントの解決。辻氏が気づいた数々の視点やIBMの思いとは。
120Picks
IBMが考える未来予想図--研究者が語るテクノロジーの過去・現在・未来
ZDNet Japan
|
日本IBMが「Think Summit Japan」を開催し、執行役員 最高技術責任者兼研究開発担当の森本典繁氏ら同社の研究者がテクノロジーへの数々の取り組みを語った。
98Picks
化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
MITテクノロジーレビュー
|
IBMは人工知能(AI)、ロボット、クラウドを組み合わせて、科学者がリモートで化学実験ができるプラットフォームを構築した。新薬や新素材が市場に出るまでの期間を劇的に短縮し、費用を低下させることが狙いだ。
17Picks
コロナ以降、転勤命令の多くは“非合理的”になった - どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は「お客様は神様」という“間違った”精神から、「価値労働」へのシフトを解説します。
46Picks
サービス業こそ、「お客様は神様」ではやっていけない - どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は「お客様は神様」という“間違った”精神から、「価値労働」へのシフトを解説します。
77Picks
「OJT」という名の放置プレイを、テレワークを機にどう変えるべきか?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回はコロナ以降まったく通用しなくなった「OJT」がテーマです、
84Picks
どうして、あんなに「会社飲み」があったんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は、コロナ・ショック以前からその是非が問われていた、職場での「飲み会」がテーマです。
224Picks
どうして、あんなに「対面」での仕事にこだわっていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回はコロナ以降急速に進む、「仕事のリアルからオンラインへの移行」がテーマです。
91Picks
どうして、あんなに「会議」ばかりやっていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回はコロナ以降急速に変化する「会議」のあり方がテーマです。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ