新着Pick
SPD3HRK6ZKB7RRHV

International Business Machines Corp

IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
1 New Orchard Road Armonk New York United States
+1 914 499-1900
詳細を見る
概要
事業内容はコンピュータ関連のサービスおよびコンサルティングの提供と、ソフトウェア、ハードウェアの開発・製造・販売・保守、およびそれらに伴うファイナンシング、メインフレームコンピュータからナノテクノロジーに至る分野でサービスを提供している。

IBMは研究機関としても有名でもある、2016年時点では米国特許取得数が23年連続の1位となったIBM、23年連続で特許取得数の首位を獲得
。IBMによる発明は、現金自動預け払い機(ATM)、ハードディスク、フロッピーディスク、磁気ストライプカード、リレーショナルデータベース(RDB)、SQLプログラミング言語、バーコード、DRAMなどがある。

IBMは既存のコモディティ化した市場を脱出し、高付加価値な収益性の高い市場に着目することで、事業構成を絶えず組み替えている。例えばプリンタ事業をLexmarkに分社し(1991年に)、レノボへのパーソナルコンピュータ(ブランド、ThinkPadやNetVistaなど)およびx86ベースのサーバー事業を売却(2005年と2014年)、一方でPwCコンサルティング(2002年)、SPSS(2009年)、Weather Company(2016年)などの企業を買収した。またファブレス化として2014年にIBMのグローバルな商用半導体技術事業を米GLOBALFOUNDRIESに工場、技術者、テクノロジー知的財産だけではなく、現金15億ドルまでも付けて譲渡すると発表したIBMの半導体研究モデルは、何が他社と違うのか?
。

製品やロゴの色から本国アメリカでは「Big Blue」の愛称で呼ばれている。これに由来してIBMのプロジェクトには「Blue」を冠するものが多く、広告などのイメージカラーになっている。ダウ平均株価の銘柄に含まれる30社のうちの1社であり、2016年時点で約38万人の従業員数がいる世界最大級の規模の企業となっている。基礎科学の研究にも力を入れワトソン研究所やチューリッヒ研究所からはノーベル賞受賞者を輩出。IBM社員から5人のノーベル賞、6人のチューリング賞、10人のアメリカ国家技術賞、5人のアメリカ国家科学賞の受賞者を輩出している。

CEOのジニー・ロメッティは、米Fortune誌が選ぶ「ビジネス界で最もパワフルな女性」の一人として長年ランクインしている。
代表者
Virginia M. Rometty (Chief Executive Officer,President,Chairman)
設立年月日
1911
従業員数
381,100 人
上場年月日
1915-11-11
上場市場
ニューヨーク証券取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
東大、光量子コンピュータに進展 大規模な「量子もつれ」を生成、常温・省スペースの量子計算へ
ITmedia NEWS
|
米IBMやGoogleなどが研究している「ゲート方式」とは異なる方式の量子コンピュータで、実用化に至れば常温で動作する上、10円玉サイズのチップに回路を収めることも見込めるという。
27Picks
完全自動航行する「メイフラワー号」が2020年にIBMのAI技術で大西洋を横断
TechCrunch Japan
|
完全自動航行船 「メイフラワー号」が来年9月に大西洋を航海する。自動とは程遠かった最初のメイフラワー号の航海から400周年を記念する。過去4世紀の技術進歩を振り返る素朴な方法だが、自動航海技術の重要なデモンストレーションでもある。海洋研究開発組織であるPromare(プロメア)がIBMから技術面の支援を受けて取り組む。 自動航行するメイフラワー号は表面を覆うソーラーパネルのほか、ディーゼルお...
257Picks
グーグルが切り開く、量子コンピューターの未来
NewsPicks編集部
|
量子コンピューターの開発に、IBMやグーグルそして中国のアリババがしのぎを削っている。焦点はゲート方式の量子コンピューターの開発だ。そのゲート方式の開発について、英紙フィナンシャル・タイムズ(F...
54Picks
IBMの7~9月売上高、予想下回る-レッドハット買収効果薄
Bloomberg.com
|
IBMの7-9月(第3四半期)売上高は市場予想を下回った。買収したレッドハットの決算が当期から連結されたが、全社的な成長をけん引できなかった。
12Picks
日本IBMとパナソニックが「半導体事業タッグ」を組む理由……2030年までに売上目標250億円
Business Insider Japan
|
日本IBMとパナソニックは10月15日、半導体製造工程の効率向上や品質向上を実現するための仕組みを共同で開発・提供することで協業すると発表した。 パナソニックが販売する半導体製造向けの装置とIBMのデータ分析やMES(製造実行システム=Manufacturing Execution System)な...
11Picks
AIで消防士の安全を守るスタートアップ「Prometeo」がIBMのCall for Codeチャレンジで優勝
TechCrunch Japan
|
ニューヨークの国連内にあるカフェ、Delegates Dining Roomで行われたイベントで、IBMは毎年恒例の「Call for Code Global Challeng」の優勝者を発表した。世界的問題のコンピューターによる解決を目的としたコンテストで、救急の初期対応から医療情報まで5組が表彰された。 Prometeoは、ワトソンを使った消防士のためのAIソリューションで最優秀賞を獲得...
10Picks
米IBM、新たなブロックチェーン基盤のサプライチェーン管理システム発表 独自AI「ワトソン」やIoT技術を活用
仮想通貨・ビットコインのニュースサイト|コインテレグラフ ジャパン
|
ハイテク大手IBMが10月8日、サプライチェーン管理システム「スターリング・サプライチェーン・スイート」を発表した。質疑応答・意思決定支援が可能なAIシステム「Watson(ワトソン)」、コンソーシアム型分散型台帳技術「ハイパーレジャー・ファブリック」基盤の「IBMブロックチェーン」、IoT(モノのインターネット)技術などを組み合わせたものという。
12Picks
3年後に意識の宿ったAIが資金を運用する
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
19歳でIPA(独立行政法人情報処理推進機構)の未踏スーパークリエータに認定された大澤昇平氏。東京大学・松尾豊研究室で人工知能とWebに関する博士号を取得後に、IBM東京基礎研究所でブロックチェーンの研究開発に参画。現在は東京大学特任准教授、株式会社Daisy代表取締役CEOを兼任している。Daisyは開発者が協力してAIを作るためのプラットフォームで、大澤氏の会社はこのAIを使って投資ファ...
23Picks
体の仕組みをすべて「見える化」。世界初「マウス透明化」の成功で、医療はこんなに変わる
ライフハッカー[日本版]
|
IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)にて、「マウスを透明化する」という世界初の研究結果が紹介されていました。脳や臓器、骨まで透明になることで多くのことが分かるようになるそうですが、一体どのような研究なのでしょうか。
17Picks
システムの問題を100%解決するトラブルシューターに学びたい「ひとつの姿勢」
ライフハッカー[日本版]
|
IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)に、システム・トラブル解決のプロが登場していました。ITの知識や経験だけではない、トラブルシューターに必要な「意外な素養」とは一体どのようなものでしょうか。
14Picks
【一挙公開】AIやデータの活用が企業経営を変える(シーズン2)(全9回)
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
人工知能(AI)・ビッグデータを積極的にビジネス活用する4社が一挙に集結。HAiK山内さんのモデレーションのもと、各社の最新事例と“未来像”を議論しました。IBMワトソンの驚きの能力とは? 楽天はなぜ「データ生成AI」を研究するのか? スマートニュースはAIが編集長? セプテーニのAI人事とは? これからの企業経営の在り方にも踏み込んだ意欲的なセッションを、ぜひご覧ください!
10Picks
AIへの対応に1.2億人の再教育が必要--IBM調査
ZDNet Japan
|
IBMは、企業がAIがもたらす変化に対応するには、今後3年間で1億2000万人の再教育が必要になるとの調査を発表した。しかし多くの企業は、スキル不足を解消するのに必要なリソースを持っていないという。
12Picks
金融取引への量子コンピューターの応用が、現実味を帯びてきた:米研究チームがリスク計算の実験に成功
WIRED.jp
|
金融取引における簡易的なリスク計算を量子コンピューターで実行する手法を、このほど米研究チームが考案して実験に成功した。IBMの量子コンピューターを使って「オプション」と呼ばれる金融商品の将来の価値をシミュレートできることが証明されたという。あくまでコンセプトの証明段階ではあるが、量子コンピューターが実用段階になれば従来のコンピューターより高速にアルゴリズムを実行できるだろうと、研究チームは期...
23Picks
「ストーリー」を価値に。古材から生まれる、唯一無二の空間
ライフハッカー[日本版]
|
IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、住居や店舗の解体現場に出向き、剥いだ古材や古家具を販売するという事業を展開する人が登場。古材が持つ価値や、空間の魅力について語られていました。
19Picks
星野リゾートの強みは「組織づくり」にあり? 代表自ら語る「文化的にフラットな組織」とは
ライフハッカー[日本版]
|
国内で屈指の人気を誇る宿泊施設、星野リゾート。その星野リゾートの強みを「組織づくり」の観点からひもといた記事が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)に掲載されていました。キーワードは「フラットな組織文化」とのことですが、どのような内容なのでしょうか。
43Picks
3. AIの学習過程は“ブラックボックス”の中。そこから出た答えの正しさを、誰が担保するのか?
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
「AIやデータの活用が企業経営のあり方を大きく変える」8回シリーズ(その3)は、現状のAIが抱える課題について。IBM東京基礎研究所 元所長の森本典繁さんは、私たちが解決するべき課題の1つとして「学習過程のブラックボックス化」があると語ります。ぜひご覧ください!
23Picks
世界で初めて「炭素原子だけで構成された環」を作り出すことに成功
GIGAZINE
|
炭素原子は互いにさまざまな方法や形で結合し、カーボンナノチューブやダイヤモンド、グラファイトなど、数多くの同素体が確認されています。炭素の同素体として存在する可能性が指摘されていながら、多くの化学者が作ろうとしても失敗してきた「炭素原子が並んで構成された環」を、ハーバード大学やIBMの研究チームが作り出すことに成功しました。
20Picks
日本が超高齢社会を乗り越えるには?医療×テクノロジーの挑戦
IBM THINK Business
|
「高齢化先進国」として、日本は今後、医療や介護のニーズ増大などさまざまな課題に取り組まなくてはならない。こうした状況を、日本が世界をリードするビジネスチャンスと捉えるIBM。同社の多業種間での取り組みを紹介しつつ、日本発のイノベーション創出の方法についても言及する。
37Picks
AIとビッグデータの関係に変化 「少ないデータで開発」進む
Forbes JAPAN
|
高性能な人工知能(AI)を開発するためには、膨大なデータが必要であるとされている。しかし昨今では、少ないデータで効率的にAIを学習させるための研究が相次いで発表されている。マサチューセッツ工科大学(MIT)とIBMの研究チームは、5月に開催・・・
240Picks
プロのハッカーが伝授、最強パスワードの作り方
Business Insider Japan
|
・覚えやすいが推測されにくい、強力なパスワードを作ることは難しい。 ・IBMのイータイ・マオール氏はランダムな数列よりも、長いフレーズ(文章)をパスワードに使うことを勧めた。 ・フレーズは一般的なパスワードよりも長いため、コンピューターによる解読が困難になる。 現在、我々はほとんどすべてのことに...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ