新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3H8RGX73KJ14M

株式会社日本経済新聞社

株式会社日本経済新聞社(にほんけいざいしんぶんしゃ、英称:Nikkei Inc.)は、日本の新聞社である。日本経済新聞などの新聞発行の他、デジタル媒体の運営、出版、放送、文化事業や賞の主催・表彰等も行っている。 ウィキペディア
詳細を見る
代表者
岡田直敏(代表取締役社長)
設立年月日
1911-08-11
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
日経データサイエンティスト&デジタルガレージCDO対談、DXのためのデジマとは?
ビジネス+IT
|
デジタルマーケティングではデータの扱いがキモになるが、そもそもデータ収集で挫折している企業が多い。その上、苦労して統合データ基盤を作ったとしてもそのデータは限定的で、なかなかビジネスの役には立たない。そう指摘したデジタルガレージのCDO(チーフ・デジタル・オフィサー) 渋谷 直正氏は、「今、デジタルマーケティングにパラダイムシフトが起きている」と語る。日本経済新聞社のDX推進室データドリブン...
14Picks
「何歳まで働くか」より「何をして働くか」が圧倒的に重要 - 内藤忍
BLOGOS - 最新記事
|
[画像をブログで見る]日本経済新聞社の昨年秋の調査によれば、シニアになっても働くつもりだと回答する人の比率が高まっているそうです(図表も同紙から)。世代別に見ると、70歳以上まで働くつもりと回答した人は、70歳代では45%、60歳代は54%と60歳以上では過半数を超えています。一方、30~50歳代は3割前後で、18~29歳になると18%と低下します。シニアになることに現実感が出てくる世代にな...
11Picks
採用力向上、「学生ファースト」徹底がカギ
日経BizGate
|
企業の成長を採用力が左右しています。通年採用やインターンシップの拡大など採用の多様化が進んでいるからです。2021年卒採用が本格化するなか、日経BizGateは11月12日、東京・大手町の日本経済新聞社本社で会員向け特別セミナー「採用力が企業の将来…
13Picks
ヤフーとLINE、ここからの大再編で「危なくなる会社」の名前(マネー現代編集部) @moneygendai
マネー現代
|
先週話題騒然となったのがヤフーとLINEの経営統合話である。発端は11月13日、日本経済新聞社が「ヤフーとLINE経営統合へ」と報じたことにある。5000万人以上のサービス利用者を抱えるヤフーと、8000万人を超える利用者を抱えるLINEが経営統合すれば、両社を合わせて「1億人経済圏」が生まれるインパクトはおおきい。中でも、PayPayとLINE Payというキャッシュレスサービスを抱える両...
464Picks
大学生よ、大いに遊び自分と世界を知ろう
GLOBIS 知見録 最新記事
|
※この記事は日経産業新聞で2016年9月9日に掲載されたものです。日本経済新聞社の許諾の元、転載しています。「日本の大学生は遊んでばかりいるが、大丈夫なのか」。海外の人と教育に関して議論するとよくこんな質問をされる。僕ははっきり言う。「日本は小中高の教育が優れている。社会人になると企業内教育をみっちり受ける。逆に大学時代しか遊ぶ時間はないのだ。この時期に思い切り遊んでおかないと、健全な人格形...
358Picks
企業の人事担当者から見た"就職力" 第1位は九州大学
大学ジャーナルオンライン
|
株式会社日経HRと日本経済新聞社は上場企業と有力非上場企業の人事担当者に、採用した学生を通して見た大学のイメージなどを聞く「企業の人事担当者から見た大学イメージ」調査を実施。総合ランキング1位に輝いたのは九州大学だった。 調査は、全上場企業と一部有力未上場企業の人事担当者に、2017年4月~2019年3月の2年間で新卒社員として採用実績のある大学を10校まで挙げてもらい、「行動力」、「対人力...
90Picks
日経記者が豊田章男社長の側近に? トヨタ「奇妙な人事」が示すこと
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
メディアとトヨタとの「距離感」に変化が生じている。メディアとトヨタが一体となってしまうような動きが生まれているのだ。そうした動きを象徴する人事が最近決まった。日本経済新聞社は、経済部の西岡貴司次長をトヨタ自動車の豊田章男社長の側近に送り込む人事を内定した。西岡氏は今年10月1日付で、トヨタの総務人事本部付となり、豊田社長の秘書的な業務をする予定。
419Picks
日経のFT買収、欧米メディアはどう報じたか
NewsPicks編集部
|
日本経済新聞社は23日、英教育・出版大手ピアソンから、英経済紙「Financial Times」(FT、フィナンシャル・タイムズ)を発行するFinancial Times Group(FTグルー...
383Picks
日経新聞社が「note」のピースオブケイクに3億円出資、新サービスほか共同開発へ
Business Insider Japan
|
日本経済新聞社(以下、日経新聞社)と、「note」や「cakes」などのコンテンツプラットフォームを展開するピースオブケイクは8月3日、資本業務提携を発表した。 ピースオブケイクが明らかにしたところによると、7月30日に日経新聞社、日本ベンチャーキャピタル、新潟ベンチャーキャピタルから合計約4億円の...
331Picks
日経のFT買収は序章。グローバルなメディア再編が始まる
NewsPicks編集部
|
「日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズ(FT)を買収」 「英エコノミストがオーナー交代」 「米NBCユニバーサルがバズフィードとヴォックスメディアに出資」 「バズフィードがヤフージャパンと提...
274Picks
声のブログ「Voicy」が日経新聞社と業務提携、新しいメディアとサービスを共同開発
TechCrunch Japan
|
TechCrunch Tokyo 2017卒業生で、音声放送プラットフォーム「Voicy」を運営するVoicyは1月9日、日本経済新聞社(以下、日経新聞)との業務提携を発表した。これにより、今後両社は共同で新サービスの開発に取り組む。 2016年9月にリリースしたVoicyは、「声のブログ」として注目を集める音声メディアだ。インフルエンサーなどが「パーソナリティ」としてラジオのようにアプリに...
263Picks
日経新聞、23年ぶり値上げ 11月から月額4900円
共同通信 47NEWS
|
日経新聞、23年ぶり値上げ 日本経済新聞社は6日、11月から日経新聞の購読料を値上げすると明らかにした。朝刊と夕刊のセット版は現在の月額4509円を391円値上げして4900円とする。過去の消費税増税時を除き、朝夕刊の価格改定は...
230Picks
なぜハロウィン市場はバレンタインを超えたか? 尾原和啓氏が「体験型コンテンツ」にお金が集まる仕組みを解説
ログミー
|
全国5,000名以上の楽天市場の店舗運営者が一堂に会し、運営ノウハウの共有やECの成長を加速させる場を目指した楽天EXPO2015が開催。「Humanized IT Platform-人間味溢れる世界をインターネットで実現するには?-」をテーマにFringe81の尾原和啓氏、日本経済新聞社の大西康之氏、楽天の北川拓也氏が登壇し、モデレーターにログミーの川原崎晋裕氏を迎え意見を交わしました。W...
31Picks
孫正義氏に「ホテルのように部屋を選ぶだけ」というゴールをプレゼン ワンクリック賃貸「OYO LIFE」のマーケティング戦略
ログミー
|
2019年8月26日、渋谷SOILにて、株式会社ケップルと日本経済新聞社デジタル事業が主催する、ケップルアカデミーのイベント「外資系ユニコーン企業 日本法人立ち上げの裏側〜インド『OYO』や米『Sprinklr』の事例を語る〜」が開催されました。今回は、話題のインド発ユニコーン企業「OYO」やアメリカ発ユニコーン企業「Sprinklr」の日本法人立ち上げに携わってきた山口公大氏が登壇。ユニコ...
212Picks
日経新聞、2期連続の大幅減益 広告収入落ち込む【2017年1〜6月期】
ダイアログニュース
|
日本の大手経済メディアが苦戦している。 日本経済新聞社は9月27日、2017年1〜6月期の業績の記載のある半期報告書を関東財務局長に提出した。 営業利益は前年同期比23%減の53億円と、1年前の2016年1〜6月期の31%減の99億円から2期連続での大幅な営業減益となった。 イギリスの経済誌フィナンシャル・タイムズの買収など攻勢をかけているものの、国内での広告収入の落ち込みが響いた。
202Picks
日経電子版「初割」実施中!
日本経済新聞
|
今なら、日経電子版が2月末まで無料!2018年はリニューアルで進化した日経電子版と共にスタートダッシュしてみませんか?「初割」は1月31日まで。
201Picks
日経電子版「無料お試し」実施中!11月20日まで!
日本経済新聞社
|
新しくなった日経電子版を堪能できる特別な10日間。 今なら、月額4,200円の有料会員向けサービスをすべて無料でお楽しみいただけます。 詳しくはこちらから>>>
199Picks
「専門分野の高いリテラシーと素人の常識をもっていることが重要」---ジャーナリストの価値とこれからの課題とは?
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
NewsPicks(ニューズピックス)のメディア発表会では「経済ジャーナリズム・イノベーション」をテーマにしたセッションも開催された。スピーカーはジョナサン・ソーブル氏(フィナンシャル・タイムズ 東京支局長)と大西康之氏(日本経済新聞社 編集委員)、モデレーターはニューズピックス編集長・佐々木紀彦氏が務め、ジャーナリズムの価値と課題を語った。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ