新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3H63FFMW95B2O

太陽工業株式会社

太陽工業株式会社(たいようこうぎょう、英称:TAIYO KOGYO CORPORATION)は、大阪市淀川区に本店を置く、大型膜面構造物(テント構造物)のメーカーである。 ウィキペディア
大阪府大阪市淀川区木川東4-8-4
詳細を見る
概要
東京ドーム(設計:日建設計・竹中工務店/施工:竹中工務店)の屋根や、埼玉スタジアム2002(設計:梓設計/施工:鹿島建設)のスタンド屋根など(ともにガラス繊維四フッ化エチレン樹脂コーティング膜:通称「テフロン膜」)、大型膜面構造物では多くのシェアを誇り、各種ドームから産業用のテント倉庫まで幅広い用途に対応している。

また、ほかにも、物流用の輸送容器(フレキシブルコンテナーバック)をはじめ、廃棄物最終処分場に埋設される遮水シートや、港湾工事で海面の汚染を防止する汚濁防止膜などの環境保全分野などにも展開し、「膜面技術」を活かしたさまざまな製品を手掛けている。太陽光発電システムの開発・販売にも力をいれており、中でも「太陽スカイライトソーラー」はガラスのように光と視界が得られながら発電もする製品として知られている。
代表者
能村光太郎
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
【韓国】太陽工業、医療用テントを韓国に輸出[製造]
NNAアジア経済ニュース
|
【韓国】太陽工業、医療用テントを韓国に輸出[製造] テント構造物メーカーの太陽工業(大阪市淀川区)は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)対策...
5Picks
「次世代煙突」とは!?
ニュースイッチ
|
日立造船と太陽工業(大阪市淀川区)は、耐震対策や環境負荷などの低減に貢献する「次世代煙突=写真」を完成した。日立造船が建設し、4月に運用を始めたゴミ焼却発電施設「クリーンパーク折居」(京都府宇治市)に採用された。 次世代煙突は、従来のゴミ焼却施設の煙突用となる外壁コンクリートなどに替わり、軽量素材のフッ素樹脂酸化チタン光触媒膜材を使用。1枚の膜パネルで大面積を覆うことができ、膜材を透過した光...
4Picks
新発想、シートの壁で豪雨の建物浸水を抑制
www.taiyokogyo.co.jp
|
~作業時間は土のうの10分の1、「デルタパネル」8月3日より販売開始へ~ 2020年7月14日 太陽工業株式会社 大型膜面構造物(テント構造物や土木資材)などを手がける「膜や」の太陽工業株式会社(東京本社:東京都世田谷区、大阪本社:大阪市淀川区、社長:荒木秀文)は、この度、従来の土のうに替わってゲリラ豪雨などによる浸水被害から店舗や住宅などを護る、画期的な水防ツール「デルタパネル」(特許出願...
4Picks
医療用テント5倍の千基に増産 大阪の太陽工業、コロナ検査対応
共同通信
|
医療用テント5倍の千基に増産 ドーム型施設の屋根やテント倉庫などを手掛ける太陽工業(大阪市)はウイルスの周囲への飛散を防ぐ医療用テ...
3Picks
【EXPO’70秘話 太陽工業の挑戦(上)】厚さ4ミリ生地で富士グループ・パビリオン
産経ニュース
|
政府が大阪誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催地決定まで、あとわずか。昭和45(1970)年に「人類の進歩と調和」をテーマに開かれた大阪万博では、国内外から出展されたパビリオンの多くが従来のテント建築の概念を打ち破る多彩な膜面構造物で形成され、来場者の注目を集めた。これらを手がけた太陽工業(大阪市淀川区)で当時、製造課長・生産技術課長として指揮を執った薮野正年元専務(77)が、未知...
2Picks
ワールドカップを支える日本の技術「自分で汚れを落とす屋根」から「アフリカでのパブリックビューイング」まで
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)が6月12日(日本時間13日)、いよいよ開幕する。世界各国のトップアスリートがフィールドを駆け回るなか、数多くの日本のテクノロジー・サービスが舞台裏を支える。日本が世界に誇る「技」の数々を紹介しよう。 ■自分で汚れを落とす「屋根」 テントメーカーの太陽工業が建設に参画した「エスタジオ・ナシオナル・デ・ブラジリア」など3会場の巨大ドーム屋根には、厚さ0....
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ