新着Pick
SPD3FX6FMB69BJRD

株式会社 小松製作所

株式会社小松製作所(こまつせいさくしょ)は、東京都港区に本社を置く、日本の建設機械・鉱山機械のメーカー。呼称としてカタカナ表記のコマツを用いている。英表記はKOMATSUである。創業者は竹内明太郎。TOPIX Large70の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都港区赤坂二丁目3番6号コマツビル
03-5561-4711
詳細を見る
代表者
代表取締役社長兼CEO 小川 啓之
設立年月日
1921-05-13
従業員数
61,908 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
39 歳
平均年収
7,608,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
20Picks
サプライチェーンマネジメントは新ステージへ、全体最適の範囲を拡張せよ
MONOist
|
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第4回は、「全体最適の範囲の拡張」を目指す次世代のサプライチェーンマネジメントについて説明する。また、その成功例となる、ZARA、コマツ、ジョンディアのケースを見て行こう。
12Picks
コマツの危機感。待っているだけではディスラプションされる
The SV Startups 100
|
建設現場全体をICTでつなぐ「スマートコンストラクション」が広く知られるコマツ。シリコンバレーでは、最初のパートナーであるSkycatchと出会いからわずか5か月で協業を実現。その後も建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」など、シリコンバレーでの人脈・技術をフルに活用し、躍進を続けている。なぜコマツは、グローバルな協業開発を次々と成功させられるのか。代表取締役会長の大橋徹二氏に聞いた。...
10Picks
「5G」がもたらす製造業の革新 ボッシュ、デンソー、コマツ...
日経BizGate
|
製造業における「5G(ファイブジー、第5世代移動通信システム)」の活用用途としては、工場で稼働している工業機械の故障等の予測や検知、産業用ロボットの中央制御や協調作業、製造や配送工程におけるトレーサビリティ(原材料や部材の仕入先や販売先…
30Picks
「過酷な労働環境」イメージで人材不足の現場、コマツは他社と解決する
ニュースイッチ
|
コマツの研究開発の根底にあるのは、建設機械が利用される鉱山や建設現場が抱える課題を解決することだ。現在、最も喫緊な課題として挙げられるのが人手不足。人口減少だけでなく、過酷な労働環境というイメージが強いため、人材が集まらない。この課題を解決するためにも、他社とのアライアンスの必要性を感じている。その取り組みについて、岩本祐一専務執行役員CTO(最高技術責任者)に聞いた。(編集委員・松沢紗枝)...
661Picks
コマツは完全無人、クボタは自動田植機。建機・農機の自動化が止まらない!
ニュースイッチ
|
日本の生産年齢人口の減少とともに、社会全体で人手不足が叫ばれている。とりわけ、建設、農業といった現場の労働力不足は深刻で、対策は待ったなしだ。そんな中、建設機械・農業機械メーカー各社がこれまでの技術
15Picks
少子高齢化が深刻な日本こそ、世界に先んじてICT化に取り組むべき - 第96回坂根正弘氏(前編) - みんなの介護
BLOGOS - 最新記事
|
コマツは世界第2位の売上規模を誇る建設機械メーカー。全世界で揺るぎない信頼を獲得している、日本が世界に誇るグローバル企業でもある。そのコマツで2001年から2007年まで代表取締役社長兼CEOの重責を担った坂根正弘氏は、“ダントツ経営”を旗印に同社の構造改革を断行、創業以来初の営業赤字に陥っていた経営を立て直し、鮮やかなV字回復を成し遂げたことで知られる。そんな日本経済界の重鎮は、介護現場の...
12Picks
コマツ、装甲車輌開発から撤退
NEXT MEDIA "Japan In-depth"[ジャパン・インデプス]
|
防衛産業をどうするかというグランドデザインがなく、当事者意識も能力も欠けている
688Picks
【コマツ・坂根正弘】私が90年代にIoT時代を予見できた理由
NewsPicks編集部
|
──2001年、坂根さんがコマツの社長に就任された翌年3月期の決算は、800億円の純損失でした。ところが、以降は6期連続の増収増益。2008年3月期決算では3328億円の営業利益を達成し、その後...
471Picks
コマツが世界2位の建機メーカーになれたのは「人事」に理由があった
Diamond Online
|
コマツは、いまや建機メーカーのシェアでは圧倒的に日本で1位、世界でもキャタピラー社に迫る2位となる世界的企業です。しかし順風満帆に見える同社も、坂根元社長が就任時の2001年には、創業以来初の経営危機に直面していました。
424Picks
経営者は「強いものをより強くする」戦略をためらってはならない - コマツ相談役 坂根正弘
Diamond Online
|
私は日本社会や日本企業が抱える最大の"風土的な欠点"は、「平均点主義」「総花主義」だと考えてきたし、今でもその考えに変わりはない。平均点主義とは平均点レベルであればよい、という意味ではなく、ひたすらに平均点レベルを上げることに力を注ごうとすることだ。
373Picks
ベンチャー経営者・M&A担当者が知っておくべき国際財務報告基準(IFRS)と日本会計基準の違い
note(ノート)
|
ここ数年間の間に、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、以下IFRS)に会計基準を変える上場企業が増えてきました。テレコムだと、KDDI、ソフトバンク、ネット企業でも、ヤフー、楽天、DeNA、クックパッド、セプテーニなどが既にIFRSを採用しています。それ以外にもトヨタ自動車、ホンダ、コマツ、日立製作所、東芝、三菱電機、パナ...
373Picks
現場に興味がないトップが会社をダメにする - コマツ相談役 坂根正弘
Diamond Online
|
「今月の主筆」の坂根正弘さん(コマツ相談役)は、管理職のある時期は当時の社長から「軍鶏(シャモ)」と呼ばれるくらい反抗心の強いところもあった。最終回の今回は、「軍鶏」と呼ばれた理由や、自身の経営観が誕生した背景を聞いた。
354Picks
ブルドーザーが知らせる経済の動き-コマツの稼働データ、統計と相関
www.bloomberg.co.jp
|
ブルドーザーや油圧シャベルは、役所の経済統計より早く経済の動きを教えてくれるかもしれない。建設機械で世界2位のシェアを占めるコマツは建機の稼働状況を示す「KOMTRAX(コムトラックス)」のデータを毎月10日前後に公表、主要経済指標の公開前に投資家にヒントを与えている。
343Picks
コマツ“仰天”新機軸、建設現場に無人ヘリ! | オリジナル | 東洋経済オンライン
東洋経済オンライン
|
過去にGPSを全建機に搭載し、工事現場に革命を起こしたコマツが新たに開発した工事現場の効率化システムとは。
39Picks
野村証の主幹事外し拡大、ホンダFやコマツ社債ほか財投機関債も
Bloomberg
|
野村証券による株式市場区分見直しに関する情報漏えい問題を受けて、主幹事から野村証を外す動きが社債市場だけでなく財投機関債にも広がっている。
68Picks
コマツがAI人材100人育成、早期に必要な事情
ニュースイッチ
|
コマツは情報通信技術(ICT)活用による新たな価値を創造するため、人工知能(AI)対応人材の育成に乗り出す。専門知識や技術を教育する研修プログラムを開始。産業機械などから収集するデータを有効に使える人材を社内に確保し、新製品や新サービス、新機能の早期創出を目指す。5年間で約100人を育成する予定。 コマツではICTを活用した新たな価値創造を持続的な成長戦略の一つと位置付けている。これまでにも...
306Picks
IoTをイノベーションの“原資”とする体制を急げ - コマツ相談役 坂根正弘
Diamond Online
|
今年は「IoT(Internet of Things)元年」であるという。ICTとビッグデータの活用によりビジネスが進化し、新たなビジネスが創造されるだろうという認識は誰もが持っている。同時にそれは、「自社の事業成長にどう生かせばよいのか分からない」という疑問、危機意識と裏表である。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ