新着Pick
SPD3FQOFGD200MHX

武田薬品工業 株式会社

武田薬品工業株式会社(たけだやくひんこうぎょう、英文:Takeda Pharmaceutical Company Limited.)は、大阪府大阪市中央区と東京都中央区に本社を置く日本の製薬会社である。タケダ、Takeda、武田薬品とも略称される。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号
03-3278-2111
詳細を見る
概要
日本の医薬品企業(製薬メーカー)での売上高は1位であり、世界の医薬品企業の売上高順位(2016年)では16位である。アステラス製薬(旧:山之内製薬・旧:藤沢薬品工業、同18位)、第一三共(旧:三共・旧:第一製薬、同20位)、大塚ホールディングス(大塚製薬・アース製薬・大塚食品・大鵬薬品工業・大塚製薬工場、同21位)、エーザイ(同29位)と共に国内5大医薬品メーカーのひとつである。

連結売上高の約9割を医療用医薬品売上が占め、消化性潰瘍治療薬、制癌剤等を主力製品とする。2016年度の製品別の連結売上高の上位は、「エンティビオ」(潰瘍性大腸炎・クローン病治療剤)、「ベルケイド」(多発性骨髄腫治療剤)、「リュープロレリン」(国内製品名:リュープリン)(前立腺癌・乳癌・子宮内膜症治療剤)、「パントプラゾール」(消化性潰瘍治療剤)、「アジルバ」(高血圧症治療剤)、「デクスラント」(逆流性食道炎治療剤)、「アロゴリプチン」(国内製品名:ネシーナ」(糖尿病治療剤)、「ユーロリック」(痛風・高尿酸血症治療剤)、「コルクリス」(痛風治療剤)、「タケキャブ」(酸関連疾患治療剤)の順である。

かつては農薬、ウレタン樹脂、動物用医薬品、調味料およびビタミン・バルクといった非医薬品事業も手がけていたが、これらは2000年(平成12年)から2007年(平成19年)にかけて、それぞれ、住友化学、三井化学、シェリング・プラウ、キリンビールおよびBASFとの各合弁会社に順次移管し、従業員も転籍させ、現在は、それぞれ合弁相手の完全子会社となっている。活性炭・木材保存剤事業も分社化を経て、大阪ガスに株式譲渡された。また子会社だった「武田食品工業株式会社」も、2006年(平成18年)4月3日にハウス食品との共同出資会社「ハウスウェルネスフーズ株式会社」に移行し、飲料部門を含む食品部門からも撤退した。2007年(平成19年)10月1日にハウスウェルネスフーズはハウス食品の完全子会社となった。これら事業譲渡を反映して、2004年(平成16年)7月1日に英文社名を「TAKEDA CHEMICAL INDUSTRIES, LTD.」から、現在の「Takeda Pharmaceutical Company Limited.」に商号変更している。

2017年のAnswers Newsの医薬品企業の役員報酬ランキングによると、社長のクリストフ・ウェバーが10億4800万円と開示され、従業員平均の103.3倍に上る。研究開発担当のアンドリュー・プランプも4億2500万円、取締役会長で、現在、相談役の長谷川閑史も4億900万円とされ、他企業に比し、役員報酬は高い。また、2016年6月に監査等委員会設置会社となり、取締役13名のうち、8名を社外取締役としている。他社の執行役員に相当するものとして、クリストフ・ウェバー直属幹部でグローバルな事業運営組織の長により構成される「タケダ・エグゼクティブ・チーム」(TET)を設置し、多く、日本人以外の外国人で構成されている。

2018年3月、東京・日本橋本町に、武田グローバル本社(〒103 - 0023 東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号)が竣工し、7月にグランドオープンを迎える。
代表者
代表取締役社長CEO クリストフ ウェバー
設立年月日
1925-01-29
従業員数
47,495 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
10,911,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,札証上場,福証上場,OTCピンクシート,サンパウロ証券取引所(BRDR),デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR),ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
アムジェン・武田など3社、コロナ治療薬の連携臨床試験開始
Reuters
|
[30日 ロイター] - 米バイオ医薬品のアムジェン、ベルギーの製薬UCB、武田薬品工業の3社は30日、それぞれの医薬品計3種類が新型コロナウイルス感染症の入院患者の症状を緩和できるかどうかを調べる世界的な臨床試験を連携して始めた。
91Picks
武田、米モデルナのコロナワクチン5000万回分供給 21年前半から
Reuters
|
[東京 29日 ロイター] - 武田薬品は29日、米モデルナの新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、2021年前半から5000万回の接種分を輸入し、日本で供給すると発表した。同ワクチンの製造販売承認取得後に開始する。
29Picks
武田薬品主導の企業連合、血液由来のコロナ治療薬の生産に着手
Reuters
|
[ニューヨーク 12日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>のクリストフ・ウェバー最高経営責任者(CEO)は12日、同社などが開発中の新型コロナウイルス感染症の血漿(けっしょう)療法について、後期臨床試験と並行して生産を開始したと明らかにした。
289Picks
ブラックストーン、武田薬の大衆薬事業2400億円で買収-成長期待
Bloomberg
|
米投資ファンドのブラックストーン・グループは24日、武田薬品工業の一般用医薬品(大衆薬)を手がける完全子会社の武田コンシューマーヘルスケア(TCHC)を、約2400億円で買収すると発表した。非中核事業として武田薬にとっての優先順位が落ちていたTCHCに潤沢な投資を実施し、新商品や海外展開で一段の成長を目指す。
586Picks
武田、早期退職を募集 国内部門、30歳以上対象
時事ドットコム
|
武田薬品工業は17日、国内ビジネス部門で早期退職を募集すると発表した。対象となるのは勤続年数3年以上で30歳以上の社員。募集人数は非公表。今後の成長に向けた人事制度改革の一環としている。
15Picks
大衆薬売却 武田薬品、「脱・日本」に社内反発も
産経ニュース
|
武田薬品工業が、一般用医薬品(大衆薬)事業を米投資ファンド、ブラックストーン・グループに売却する。武田は売却を機に収益性の高い医療用医薬品に特化し、競争が激化するグローバル市場で生き残りたい考えだ。もっとも、日本の消費者との貴重な接点である大衆薬を手放せば、「脱・日本化」が進むのは必至で、日本人社員やOBからの反発も予想される。
104Picks
日立は日本最強の「子会社売り上手」、投資ファンドも舌を巻く売却術
Diamond Online
|
オリンパスのデジタルカメラ事業売却、武田薬品工業の大衆薬事業売却大手企業が事業や子会社を売却する動きが活発化している。そういった企業のお手本といえそうなのが日立製作所だ。投資ファンドも舌を巻く日立の「売り上手」な横顔とは。
210Picks
武田が大衆薬子会社の売却検討 アリナミンやベンザ販売
共同通信
|
武田が大衆薬子会社の売却検討 武田薬品工業が、ビタミン剤「アリナミン」や風邪薬「ベンザ」シリーズなどを販売する一般用医薬品(大衆薬...
732Picks
【秘伝】プロ経営者・藤森義明が見たジャック・ウェルチ経営の神髄
NewsPicks編集部
|
ゼネラルエレクトリック社を率いてきた21世紀最高の経営者、ジャック・ウェルチ氏のリーダー哲学に今こそ学ぶ。そこで、GE本社の幹部に上り詰め、日本オラクルや東芝、武田薬品をはじめとする企業の社外取...
24Picks
武田薬のOTC事業売却、ブラックストーンや大正製薬など最終入札へ=関係筋
Reuters
|
[東京 19日 ロイター] - 武田薬品工業<4502.T>が進めている一般用医薬品(大衆薬、OTC)事業の売却手続きの3次入札に、米投資ファンドのブラックストーン<BX.N>やベインキャピタル、大正製薬<4581.T>が参加することがわかった。複数の関係筋が明らかにした。
899Picks
【1分スライド】本日最終合意。武田薬品、7兆円買収のポイント
NewsPicks編集部
|
武田薬品によるアイルランド企業の7兆円買収が、いよいよ本日にも決まる。
687Picks
ヘルスケアを「再定義」せよ。デジタル×製薬による新たな医療の未来
NewsPicks Brand Design
|
宮田 デジタルトランスフォーメーションという言葉に代表されるように、第四次産業革命によって医療に限らず全ての産業で大きな変革期を迎えています。 少し前から「ものづくりの時代」から「コトづくりの時...
480Picks
【桶屋】1億円プレーヤー続出。大手法律事務所の「急膨張」
NewsPicks編集部
|
今年1月、武田薬品工業はアイルランド製薬大手のシャイアー買収手続きを完了した。買収総額は約7兆円。世界でも指折りの大型M&A(企業買収・合併)で、シャイアー買収によって武田は世界トップ10に入る...
412Picks
グローバルでもブレない「タケダ」の競争戦略論
NewsPicks Brand Design
|
楠木建氏(以下、楠木) 私は「競争戦略」という領域を仕事にしているので、これまで製薬業界にあまり関心がありませんでした。というのも、製薬業界は業界の構造や、商品の性質からして儲かりやすくできてい...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ