新着Pick
SPD3C2PYY8IIL4FM

太陽誘電 株式会社

太陽誘電株式会社(たいようゆうでん、TAIYO YUDEN CO.,LTD.)は、受動電子部品を主とした電気機器製造会社である。一般消費者の間ではCD-R(That'sブランド)などの記録メディアのメーカーとして知られる。研究者の佐藤彦八が1950年(昭和25年)設立。本社は東京都台東区、工場は群馬県高崎市など。 ウィキペディア
東京都中央区京橋2-7-19京橋イーストビル
03-6757-8310
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 登坂 正一
設立年月日
1950-03-23
従業員数
21,723 人
上場年月日
1970-03-02
平均年齢
42 歳
平均年収
7,373,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
太陽誘電、高収益ビジネスモデルへの変革により成長を目指す
財経新聞
|
太陽誘電は9月14日、群馬県で河川監視システムの実証実験を開始すると発表した。
21Picks
「5GスマホでMLCCの受注が膨れる」(太陽誘電社長)、王者・村田にどう対抗しますか?
ニュースイッチ
|
―2020年は第5世代通信(5G)市場の拡大が予測されています。需要にどう応えていきますか。 「スマートフォンメーカー各社は5Gスマホに参入しない限り、次はないとみてこぞって参入してくる。受注が膨れる可能性が高い。このため、積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産能力は21年3月期も20年3月期と同程度の前期比10%増、生産性改善で最大5%の能力上乗せを計画している。このペースはしばらく...
67Picks
村田製作所、太陽誘電の主力事業「SAW/FBAR」市場に異変
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|電子デバイス新潮流~専門記者の最前線レポート
|
村田製作所や太陽誘電など、国内大手の電子部品メーカーは現在、空前の「MLCC(積層セラミックコンデンサー)バブル」に沸いている。スマートフォン(スマホ)などモバイル市場に加え、車載や産業機器向けの需要が一気に拡大したことで、供給が追いつかない状況が続いている。
62Picks
いまや自動車は電気の塊。電子部品メーカーで主導権争いも。
ニュースイッチ
|
電子部品メーカー各社が自動車の安全運転支援システム(ADAS)向けセンサーを相次いで開発する。TDKは自動駐車向けセンサーの開発に着手。太陽誘電は運転手のストレスを解析するセンサーモジュールを2018年内に商品化する。ADASの本格導入に備え、ADASで利用可能なセンサーの実用化を急ぐ。 TDKの駐車向けセンサーは従来比20倍の精度を持つTMR角度センサーと、既存のバンパーセンサーを活用。ハ...
42Picks
空前のコンデンサー不足、太陽誘電が新工場検討
ニュースイッチ
|
電子部品の中で代表的な受動部品であるコンデンサーは現在、供給が追いつかず、あらゆる分野でボトルネックとなる“コンデンサーショック”が続いている。IoT(モノのインターネット)の普及に伴い、スマートフォンや自動車のほか、データセンター(DC)などにおいても汎用性の高い電子部品として需要が広がっているためだ。コンデンサーの需要が潮目を迎える中、太陽誘電の登坂正一社長に今後の展望を聞いた。 ―20...
42Picks
どこまで熱さに耐えられるか。電子部品、車載向けで「耐熱競争」
ニュースイッチ
|
電子部品メーカー大手は車載向けに部品の高耐熱化を進める。村田製作所は、200度Cに対応するリード線タイプの積層セラミックコンデンサー(MLCC)の開発に着手。太陽誘電は250度Cに耐えられるMLCC用材料を開発し、2020年以降の量産を目指す。ニチコンは17年度までに170度C対応のアルミ電解コンデンサーを開発する計画。自動車の電装化進展を見据え、より高温下で搭載できる部品を投入する。 村田...
36Picks
村田製作所vs太陽誘電、積層セラミックコンデンサーでは負けられない
ニュースイッチ
|
村田製作所は、最高200度Cの高温環境で使用できる積層セラミックコンデンサー(MLCC)「GCBシリーズ=写真」を開発し、2016年度中に国内工場で量産する。すでにサンプル出荷し、車載での需要を見込む。 GCBシリーズは外部電極に新開発したニッケル・パラジウム電極を採用し、高温下でも導電性接着剤との接合信頼性を高めたのが特徴。エンジンルーム周辺など過酷な環境での使用に適する。同社の150度C...
29Picks
電源ICとコンデンサの基礎知識(その1)
リコー電子デバイスサイト
|
【リコー電子デバイス公式サイト】電源ICを選ぶ際に検討しなけれならない受動部品。一見するとどれも同じように見えますが、実は奥が深いんです。 とくに、コンデンサとコイルの選び方によっては、電源ICの基本動作の性能や静的DC特性、動的AC特性が大きく変わってきます。そこで、世界的な受動部品の専門メーカ、太陽誘電様に間違いのない受動部品の選び方について詳しくお聞きしました。
22Picks
太陽誘電、スマホ鈍化も積層セラミックコンデンサー増産投資で大勝負
ニュースイッチ
|
太陽誘電が積層セラミックコンデンサー(MLCC)事業への成長投資を活発化させている。MLCCの生産子会社、新潟太陽誘電(新潟県上越市)の新棟が完成し、3月に稼働する。投資額は約100億円。モノのインターネット(IoT)技術を導入した工場で、品質と生産性を一層向上させる。主力のスマートフォン向けに加え、車載や産業機器向けの製品開発を強化し、MLCC市場での優位性を維持する。8年ぶり新棟 新潟太...
22Picks
太陽誘電(株) 常務執行役員営業本部長 梅澤一也氏
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|特別インタビュー
|
2015年度に売上高2404億円を達成した太陽誘電(株)は、ここ数年内にこれを3000億円規模に引き上げる計画である。この売上高3000億円達成に向けて、マーケットの最前線で陣頭指揮を執るのが、常務執行役員 営業本部長の梅澤一也氏だ。電子部品業界の主力アプリであるスマートフォンや車載用途を中心に、今後の営業戦略について伺った。
19Picks
スマホ部品の実力企業、太陽誘電が「0201」で王者・村田製作所に挑戦状!
ニュースイッチ Newswitch
|
太陽誘電は世界最小サイズの積層セラミックコンデンサー(MLCC=用語参照)「0201」を使った電子機器製造受託サービス(EMS)事業を年内に始める。0201は実用化の初期段階にあり、実装工程に高度な
18Picks
太陽誘電が最小コンデンサーで先手、各国の通信規格に対応
ニュースイッチ
|
太陽誘電は業界最小水準の「0201」サイズの積層セラミックコンデンサー(MLCC)ビジネスを拡大する。2017年度は110品目超のラインアップを用意し、18年度は品ぞろえを一段と拡充する見通し。静電
16Picks
CEATECで静電容量1000μFのセラコン展示へ
EE Times Japan
|
太陽誘電は2015年9月17日、同年10月7〜10日に開催される「CEATEC JAPAN 2015」で、静電容量1000μFを実現した積層セラミックコンデンサの試作品を展示すると発表した。
13Picks
有線、電波に続く第3の通信“光無線”などを提案
EE Times Japan
|
太陽誘電は展示会「CEATEC JAPAN 2017」(会期:2017年10月3〜6日)で、有線、電波に続く第3の無線通信手段と位置付ける“光無線通信技術”のデモ展示などを公開している。
10Picks
ソフトバンクがIoT向け低消費電力のLTEモジュールを開発、電池駆動で10年間稼働も視野
Engadget 日本版
|
ソフトバンクは7月20日、イスラエルに本社を持つソニーのグループ企業Altair Semiconductor(アルティア社)、太陽誘電社と協力し、IoTデバイス向けのLTEモジュールを開発したことを発表しました。2017年前半にIoT機器を取り扱う企業向けに提供を開始するとしています。 今回開発した小型・低消費電力モジュールは、太陽誘電社の手がける部品を使ってモジュール化を推進し、アルティア...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ