新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD3BW52NB6OG0KX

Beam Inc

510 Lake Cook Road Deerfield Illinois United States
+1 847 948-8888
詳細を見る
設立年月日
1985
従業員数
3,300 人
上場年月日
1994-10-31
上場廃止年月日
2014-05-01
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
198Picks
【新浪剛史】ローソン、サントリー、米ビームで培った「リーダーの胆力」
NewsPicksアカデミア
|
NewsPicksアカデミアでは、各分野の最先端を走る“実践者“たちを講師に迎え、MOOC(オンライン講義)、イベント、ゼミ、書籍、記事などを通じて、最先端の実学を提供している。今回は2019年...
36Picks
AIが三国志を読んだら、孔明が知力100、関羽が武力99、を求められるのか?をガチで考える物語(自然言語処理編) - Qiita
Qiita
|
# 背景 関羽「どれどれ、拙者たち英傑の活躍は後世では    どのように伝えられているのかな?」 孔明「なんとっ・・!!?扇からビーム出しとる?    そしてSDガンダムと融合しとる!?    あまつさえ、女体化して萌キャラなっと...
12Picks
米陸軍はレーザービーム兵器の早期実用化に本気
TechCrunch Japan
|
設立1927年の長寿の軍需企業であるNorthrop Grumman(ノースロップ・グラマン)が、かなり前から、米軍との契約でドローンを撃墜するレーザー兵器を研究開発している。 軍が望むのは、出力50キロワットのレーザーシステムをGeneral Dynamics(ジェネラル・ダイナミクス)が設計した装甲車Stryker(ストライカー)に載せたビーム兵器を、米軍の短距離防空システムの一員にする...
592Picks
【新浪剛史】日本企業が陥りがちな「M&A」の罠
NewsPicks編集部
|
さかのぼること5年。サントリーホールディングスは2014年1月に、米国のウイスキー大手、ビーム社を買収。グローバル化に打って出た。しかし、その額は1兆6300億円。あまりにも大きな買収額に、「経...
453Picks
Nianticが新感覚ARゲーム「Neon」をお披露目--ハンケ氏CEOが見据える“ARの未来”
CNET Japan
|
位置情報ゲーム「Ingress」や「Pokemon GO」を手がけるNianticは、六本木ヒルズで「INNOVATION TOKYO 2018」を開催している。同イベントにおいて10月17日から初公開されるのが、同じ空間にいる複数人の参加者同士でビームを撃ちあえる新感覚ARゲーム「Neon」だ。
340Picks
“波動”を打ち合う対戦型ARスポーツ「HADO」運営が7.2億円を調達、プロリーグ立ち上げ目指す
TechCrunch Japan
|
突然だけど「一度でいいから漫画や小説のキャラクターのように『ビーム』を放ったり『魔法』を使ってみたい」と思ったことはないだろうか? 僕自身は小学生の時に、ドラゴンボールや仮面ライダーの必殺技をかけ合って友達と遊んだり、ハリーポッターの影響から呪文を唱えあったりしていた思い出がある。 当時は実際にビームや魔法を使えるわけではなかったので、あくまで頭の中でイメージするしかだけだったけれど、今はテ...
241Picks
電話以上、本人以下。テレプレゼンス・ロボットの魅力
NewsPicks Brand Design
|
文字通り「そこに居る」。移動するスクリーン スータブル・テクノロジーズのテレプレゼンス・ロボット「Beam Pro」。遠方の会議にも参加できる。 アメリカで「ロボット」と呼ばれるものがいろいろ登...
240Picks
ビール大手:サントリーが売上高首位 キリン初の最終赤字
毎日新聞
|
4社の15年12月期連結決算が出そろう  ビール大手4社の2015年12月期連結決算が15日、出そろった。14年に米蒸留酒大手ビーム社(現ビームサントリー)を買収したサントリーホールディングス(HD)が収益を伸ばし、2年連続で売上高首位を確保。最終(当期)損益では海外事業の損失で赤字に転落したキリンHDを除き、3社が増益となった。少子高齢化で国内市場の低迷が懸念される中、今後も海外事業の成否...
174Picks
Amazon.comがShowroomを開始、家庭用家具のビジュアルショッピング体験を提供
TechCrunch Japan
|
1年ちょっと前にAmazonは、プライベートブランドのRivetとStone&Beamを、最初の家庭内家具ブランドとして立ち上げた。そして昨年の秋以降、同社は家具やその他の商材に対して、Pinterestのような推奨サービスであるScoutを使って、よりビジュアルな新しいショッピング手段の実験的な提供を始めた。 そしてこのたびAmazonは、Amazon Showroomを使って家庭用家具の...
127Picks
八王子に小さな世界ナンバーワン企業をつくった「ナノテク七人の侍」
Diamond Online
|
八王子市に本社を置くエリオニクスは、従業員100名ながら研究開発用電子ビーム(EB)描画装置で世界一の企業だ。知る人ぞ知る「小さな超最先端企業」を立ち上げたのは、日本電子から独立した技術者など「七人の侍」だった。そのナノテク技術の凄みとは。
188Picks
ビーム買収効果、新バーボンで=果実得ずに次のM&Aなし-新浪サントリーHD社長:時事ドットコム
時事ドットコム
|
サントリーホールディングス(HD)の新浪剛史社長はインタビューに応じ、米蒸留酒大手ビーム(現ビームサントリー)の買収効果を示す代表的な新商品として、バーボンウイスキーを数年内に開発する方針を明らかにした。原酒をもとに味をつくる日米のブレンダーが協力して取り組
143Picks
サントリーHDが15年に最高益更新へ、ビーム成長に注力
Reuters
|
[東京 16日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]は16日、2015年12月期の連結営業利益が前年比17.1%増の1930億円と過去最高益を更新するとの見通しを発表した。買収したビームが通年で寄与するほか、飲料や国内ビールの販売増も見込んでいる。
128Picks
インタビュー:今後3年は上場せずビーム社に集中=サントリー社長
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - サントリーホールディングス[SUNTH.UL]の新浪剛史社長は26日、2018年までは株式の新規上場(IPO)や大型買収はないと述べた。今後3年はビームサントリーの収益性を高めるなどPMI(合併・買収後の統合プロセス)を最優先に取り組むべきことと位置付けている。
122Picks
米ビームを1兆6300億円で買収。統合作業の難しさ
NewsPicks編集部
|
サントリーに来てからおおむね国内にいるのが3分の2で、残り3分の1は海外です。月によっては海外が半分くらいになることもあります。まったく(海外に)出ない月はないですね。[新浪剛史]
116Picks
2014年下半期にヒットしそうな5つのテクノロジー
blog.btrax.com
|
2014年も既に6月に入り、いよいよ下半期にを迎えようとしている。毎年恒例のAppleの関連製品についての開発者会議であるWWDCが開催され、サンフランシスコはその話題で持ち切りである。さて、このタイミングでこれから下半期に流行りそうな5つのテクノロジーを紹介していきたい。 1. 無人飛行機「ドローン」の台頭 無人飛行機「ドローン」関連のサービスが登場し、モノや情報は陸から空へと移り始めるであろう。アマゾンが昨年末、「Amazon Prime Air」という商業用小型無人飛行機による宅配サービスを2015年から始めると発表したのは記憶に新しい。ドローンのメリットとしては、今までコスト、または配達ルートの都合上即日配達を見送っていた地域に低コストかつ迅速に商品を配達できるという点にある。 もともと無人飛行機「ドローン」というのは軍事用に開発が続けられていたが、コンシューマー向け市場へのハードルを下げたのがフランスのパイロット社が開発したAR Droneと呼ばれる、スマートフォンアプリを利用し遠隔で操作できる無人小型飛行機であった。このようなサービスの登場は言い換えれば、商業化に向けての技術はほぼ整いつつあるということを意味している。 商業化への問題は技術的なものより法整備上によるものである。アメリカ国内では無人飛行機の利用が認められているのは警察や消防及び政府機関などの公共サービスに限られており、一般のビジネス向けの利用は未だ禁止されている。ビジネス向けに法律が制定されるのは早くても2015年の後半と予測されている。 未だ無人飛行機市場は解禁されていないが、2025年までに市場規模は8兆円を超えることが試算されており、今後多くの企業がこの分野に進出するのは必至であろう。先ほど紹介したアマゾンがドローンの導入を検討していることから、同業他社である大手Eコマース企業の参入も十分に考えられる。また、ドローンを利用した新たなWifi環境整備も行われるであろう。いづれにしても、本格的な無人飛行機市場が解禁されるのが2015年からと予測出来ることから、解禁前の今年度から無人飛行機ビジネスに関する多くのニュースが伝えられると思われる。 2. ビックデータの需要加速 新たなハードウェアの登場と共に、ビックデータの種類も増加し、その需要も加速するであろう。昨年、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のために乳房を切除したというニュースが紙面を賑わせたが、これも医療向けに使われたビックデータによるものである。 現在、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル系を中心にデータが蓄積され、それがビジネス向けに売買されるというモデルが増えて来ている。今後、Google GlassやAppleから発売が期待されているiWatchなどのウェアラブル端末が増えてくれば、これまでのモバイル端末からのビックデータとはまた違った形で得られた情報のやり取りも増えてくるだろう。 ここで注目すべき点はプライバシーに対しての問題である。異に日本は個人情報、プライバシーに対しての障壁は欧米と比べて高い。欧米は比較的自由にビックデータを扱う事ができ、問題が起きたら対処するという形式が一般的である。そのため、それたを扱う企業にとっては参入障壁は低いと言えよう。一方、日本ではビックデータを集められること自体がタブー視されている傾向にある。2017年には世界のビックデータ関連市場規模は4兆円以上に達すると見込まれており、このような日本の文化的障壁は、日本のビックデータ市場参入に遅れを生じさせることになりかねない。 日本がビックデータ市場において遅れを取る可能性を指摘したが、世界的には急成長している分野であるため、今後ビジネスチャンスが多く出てくるのは必然であろう。また、データサイエンティストなどの分析を専門とする人材に対しての需要も増えるため、ウェアラブル端末を通じてどうやってビックデータが使われるのかという点と同時に、人材の需要に対しても注目していきたい。 3. ヘルスケアの進化 ウェアラブル端末の普及により、ユーザーの健康情報が即座に共有されるようなサービスが増えるであろう。例えば、WWDC 2014にてAppleがリリースしたHealthbookというサービスが挙げられる。これはユーザーの運動量、栄養摂取状況などの健康状態のデータを随時ユーザーに共有するというものである。このサービスは発売が期待されているiWatchとリンクするという可能性も十分にあり得る。 またダイジェスティブルセンターと呼ばれる、カプセル型のセンサーの開発も盛んである。患者がセンサー付きのカプセルを飲む事で、体内情報が的確にかつ瞬時に患者のモバイル端末に伝えられるというものである。今後、このような医療技術とモバイル端末やウェアラブル端末とのリンクが多いに期待できるであろう。 マイクロチップの技術も確立されつつある。未だ臨床段階ではあるが、前述のカプセル型のセンサー同様に、皮膚にチップを埋め込むことで、モバイル端末などとリンクし、患者に健康情報を伝えるという技術の開発が進んでいる。 今年度はAppleのような大手企業がヘルスケア部門に参入すると発表したこともあり、ヘルスケア元年とも言えるであろう。今後は大手のみならず、スタートアップなど多くの企業が参入し、市場規模が急拡大することが見込まれる。 既に具体的に発表されているものの1つとしては、先日、日経産業新聞で弊社代表が紹介してた Beam Brushなどのプロダクトがある。今後はこれまで医療機関でしか利用できなかったようなヘルスケア関連デバイスの一部の機能が一般消費車でも手軽に利用可能になるであろう。 4. 3Dプリンティングによるユニークな製品の登場 かつて3Dプリンティング技術は大手企業向けのものであったが、今後は中小やベンチャーにも多く使われ、数多くのユニークな製品が登場するであろう。例えば、ホリエモンこと堀江貴文氏が紹介したことで人気の出た6秒で完璧な歯磨きができる「3Dプリントの歯ブラシ」が挙げられる。これは歯科医が撮ったスキャンデータを基に生産される歯ブラシであり、わずか6秒で歯磨きが完了するというものである。 この3Dプリンティング市場の課題は、プリント用の機材を導入するのに多大な費用がかかるという点にあった。しかし、その市場が成長し、機材導入の機会が増えれば、市場原理に沿って導入コストも下がるであろう。たとえ、3Dプリンティング系ベンチャーなどの資金的な制約のある企業であっても、大手が機材を貸し出すというパターンも今後現れることが予想できる。 3Dプリンティング市場は2016年度までに3000億円の市場規模になると言われており、今年度からさらに3Dプリンティングを利用した製品が登場するのは必至である。またこの分野の製品の特徴でもある、個人に合わせたユニークな製品が登場するであろう。今後どのように活用されるのかも期待できる分野であるため、これからも注視していきたい。 5.「自動運転技術」による新ビジネス Google、Intelやトヨタなどの大手企業を中心に自動運転技術、特に自動運転車の開発が盛んになるであろう。最近では、Googleが自動運転車の試作車を公開した。また、先月にはIntelが自動運転技術のために必要な半導体開発のために、日本のベンチャー企業、ZMPに出資したのも記憶に新しい。この自動運転技術開発の最大のメリットは事故の確立を格段に減らせるというものである。 前述したGoogleの自動運転車市場への参入の理由は、自動運転技術の確立のためのOS開発があるからである。一度、OS技術が確立すれば、現在のモバイル端末のように、OSに合わせて開発がなされる。言い換えれば、OS技術を所有するGoogleが市場の主導権を握り、実際に機器を開発する自動車企業がそれに従うという自動車市場にとっては全く新しいビジネスモデルになるのである。 今後、先に述べたIntelの日本企業への出資のように、OS開発のためのベンチャーへの出資が増えてくるであろう。また、乗車中にできた空き時間を楽しむためのエンターテインメント、または自動運転車に則したハードウェア端末の開発なども進むと予測される。そして、この自動運転技術を使って車いすへの応用なども期待できるであろう。これから自動運転技術開発のためのベンチャーへの出資を中心として、大きめのニュースが取りざたされるのは間違いないであろう。 まとめ 2014年の上半期の時点で既に多くのテクノロジーが発表されているが、下半期は実際に多くのシーンにてウェアラブル端末が導入されると共に、ヘルスケアサービスなどの外部サービスとのリンクが始まり、そしてそのサービスを経由して集められる様々なデータが活用され始めるであろう。 また、ドローンや自動運転技術などの大規模な技術が確立され始める年でもある。いづれにしても、新たなプラットフォームと成り得る技術躍進が今後始まり、それに伴うサービスのリリース、データの活用が期待できる下半期になると予想される。 photo by Jeff Stvan
101Picks
ビーム幹部の心に響いたサントリーの「利益三分主義」
NewsPicks編集部
|
買収後の企業価値向上という点でもう1つ取り組んだのは、全社を挙げたキャッシュフロー経営です。グローバルで戦ってきたビームには、そのノウハウがありました。[新浪剛史]
100Picks
きれいなグラフを呆れるほど簡単につくれるウェブツール
WIRED.jp
|
インフォグラフィックを簡単につくれるツールを提供するVenngageが、グラフに特化したツール「Beam」を公開した。効率的に作成でき、SNSで簡単にシェアすることができる。
99Picks
【新浪剛史×楠木建】欧米ではシュガーが悪者になっている
NewsPicks編集部
|
楠木 日本でもアメリカでも、やはり「目先の売上」ばかりに目が行ってはいけないんですよね。とくにものづくりに関して言えば。新浪 そう思います。米ビーム社の例を見ても、もともとは役員の中に現場でもの...
76Picks
米ビームサントリー、現地取材でみた凄み
日経ビジネスオンライン
|
サントリーホールディングスは、1兆6500億円で買収した米ビーム社との相乗効果の創出を急いでいる。本拠地米国で同社の実力はどこまであるのか。本誌記者が現地に飛び確かめてきた。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ