新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD38RCEP81NLF5P

株式会社ジェーシービー

株式会社ジェーシービー(英語: JCB Co., Ltd.)は、日本のクレジットカード会社である。通称・略称はJCB。国際ブランド(JCBブランド)運営・カード発行・加盟店契約保有などを行っている。 ウィキペディア
東京都港区南青山5丁目1-22
詳細を見る
概要
既存の国際ブランドに加わる日本国内の他のクレジットカード会社と異なり、自身が国際ブランドを運営・世界展開して日本のカードを代表する企業へ成長している。

現在では「VISA」「Mastercard」「DINERS CLUB」「AMERICAN EXPRESS」「中国銀聯」とともに、世界6大ブランドの一つとして、世界での存在感を強めている。

社名は前身の「日本クレジットビューロー(英語: Japan Credit Bureau)」の頭文字から、JCBブランドマークの青・赤・緑は、設立に関わった当時の旧:東洋信託銀行(現:三菱UFJ信託銀行、青)、旧:日本信販(現:三菱UFJニコス、赤)、旧:三和銀行(現:三菱UFJ銀行、緑)三社のコーポレートカラーを採ったものであった。

歴代社長は、旧:三和銀行から副頭取クラスが代々派遣されており(現社長の浜川も旧:三和銀行出身だが三菱UFJフィナンシャルグループ代表取締役専務を経ての就任、三菱東京UFJ銀行では常務執行役員)、2004年に日本信販がUFJ銀行の連結子会社となったことで、設立母体はいずれもUFJグループを経て三菱UFJフィナンシャル・グループとなっている。但し、みどり会の会員企業であり三和グループに属しているため2005年にUFJホールディングスを吸収した旧:三菱東京FG側とはカード事業や人的面での交流は行われておらず関わりが無い。なお、ジェーシービーグループあるいはその母体会社の多くは同社へ出資をしており、メガバンク再編の影響で三井住友銀行やかつてはりそな銀行も大株主となっている。

りそな銀行はUFJグループに次ぐ大株主であったが、2005年9月に持株約12%の売却が報道され、2006年7月に、当社と包括的な業務提携を行ったオリックスに約5%、野村證券に約5%(野村信託銀行へ信託)、野村ホールディングスに約2%を売却し、主要株主に変化が生じた。その後、2008年5月に野村證券が保有株をトヨタファイナンスの親会社であるトヨタファイナンシャルサービスに売却したことでトヨタグループも主要株主となるなど、事業においては特定の金融グループ色に染まり過ぎない全方位外交で展開をしている。

2007年6月1日からは、1968年以来長年親しまれてきたエンブレムのデザインを39年ぶりに変更し、従来のトリコロールデザインを踏襲しながらも新しいデザインになっている。この変更時に、青は「責任感」、赤は「活力感」、緑は「親近感」をそれぞれ表現しているものであると新たに定義づけがなされた。2013年8月1日からはカードデザイン上のエンブレムのトリコロールをモノトーンとしたものを追加した。

2015年6月からのブランドメッセージは『世界にひとつ。あなたにひとつ。』(日本国内向け)、『Uniquely Yours』(世界向け)。

元より、誕生当初から国際ブランドであった訳ではなく、初代社長:河村良介(後に会長、相談役)、2代目社長:朝長正軌の意向を受けた、1980年代初めからの、第3代目社長:谷村隆、4代目社長:池内正昭、国際部門担当専務:村田和直などによる、積極的な世界展開により、世界5大クレジットカードブランドのひとつとしての地歩を確立した。

中国銀聯が国際市場に進出するまで、長らく米国系以外で唯一の国際ブランドであった。また、日本国産ということから「サムライカード」という呼称が現れ、2000年代後半からは、入社案内資料の社史においても公式に使われている。

また近年では、JCBが運営するQUICPayが普及している。2018年3月末の時点で会員数は888万4000人(前年同期比151.5%)となっている。
代表者
浜川一郎(代表取締役兼執行役員社長)
設立年月日
1961-01-25
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
JCB、Apple Pay・Google Payの利用で20%還元開始--グループ発行のクレカが対象
CNET Japan
|
ジェーシービー(JCB)は8月16日、キャッシュレス推進を目的として、「Apple Pay」と「Google Pay」の利用に対し、20%を還元するキャンペーンを実施すると発表した。
45Picks
飲食店の空席とユーザーをマッチングする「ビスポ!」、JCBのLINE公式アカウントから利用可能に
MarkeZine
|
フードテック領域で飲食店向けに集客支援サービス「ビスポ!」を提供するBespoは、ジェーシービー(以下、JCB)との提携を発表した。2019年8月より、JCBのLINE公式アカウント(@jcb_car...
455Picks
キャッシュレス社会へ、カード決済の安全性を確保せよ
ニュースイッチ
|
クレジットカードなどの国際ブランド運営会社が、日本でのカード決済の利用促進に向けて事業展開を活発化している。その中でも国際ブランド会社のビザ・ワールドワイド・ジャパン(ビザ)とジェーシービー(JCB)に共通するのは利便性だけでなく、カードの安全性をどう確保するかにある。 日本でキャッシュレス社会の実現に向けたカード決済が普及しにくい理由の一つとして、暗証番号や個人情報が流出するかもしれないと...
74Picks
JCB、「声紋認証」による本人確認の検証開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2019年5月15日、ジェーシービーは、丸紅情報システムズの導入支援のもと、ニュアンス・コミュニケーションズ・インクの声紋認証システム「VocalPassword」を用いたPoC(概念実証)を行う…
331Picks
楽天ペイ、QRなどアプリ決済でJCBが登録可能に--アメックスら国際ブランドにも対応
CNET Japan
|
楽天は、同社が運営するスマートフォン決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」において、ジェーシービー(JCB)が取り扱う国際カードブランドの登録に合意したと発表した。
327Picks
指紋で本人認証するクレジットカード、JCBが実験
ITmedia NEWS
|
ジェーシービーが、指紋認証機能が付いたクレジットカードの実証実験を始める。暗証番号入力を指紋認証に置き換え、決済処理をスピードアップさせる。
202Picks
多様化しすぎたQR決済、JCBが編み出した店舗負担の軽減策
ニュースイッチ
|
ジェーシービー(JCB)は、2次元コード「QRコード」決済システム「スマートコード」の提供を今春から開始する。コードを発行する事業者に対し、統一化したコード規格を、加盟店に対し、新たな端末の提供など
198Picks
JCBの決断、全員参加型研修を6割減らし競争力のある強い会社へ - 「教え合う文化」が 人を育て、組織を強くする
Diamond Online
|
クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)が教育研修体系の再構築を始めている。近年、増加傾向にあった、全員参加の、いわゆる悉皆(しっかい)型階層別研修の数を6割ほど減らし、主軸を手挙げ型の研修へと切り替えた。その成果やいかに?
151Picks
JCB 違法な長時間残業の疑いで書類送検 
NHKニュース
|
大手クレジットカード会社の「ジェーシービー」が、去年、社員に違法な長時間の残業をさせていたとして、19日、労働基準法違反の疑いで書類送検され…
142Picks
オンライン決済サービス「Stripe」でJCBカード決済が可能に 
INTERNET Watch
|
オンライン決済サービス「Stripe」において、JCBカード決済の取り扱いを開始する。米Stripeと株式会社ジェーシービー(JCB)は、グローバルでの提携に向けた覚書の締結を5月16日に発表した。
109Picks
じぶん銀行、タッチ決済に対応したスマホデビットサービス発表--JCBと協業
CNET Japan
|
じぶん銀行は、ジェーシービー(JCB)と協働で、カードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」を2019年春より開始すると発表した。
54Picks
JCBがAIを搭載したキャッシュレスレジの実験開始
産経ニュース
|
クレジットカード大手のジェーシービー(JCB)は、人工知能(AI)を用いて自動的に商品を識別し、現金を使わないキャッシュレス決裁で買い物ができる無人レジの実証実験を始めた。深刻な人手不足に対応して加盟店の人件費削減や業務効率化に貢献するのが狙い。コンビニエンスストアやスーパーなどに導入したい考えで、早ければ平成31年にも実用化する。
32Picks
JCB インドネシアで大手銀行と提携 NHKニュース
www3.nhk.or.jp
|
日本の大手クレジットカード会社「ジェーシービー」は、経済成長が続くインドネシアで現地の大手銀行と提携し、インドネシア国内の加盟店を増やすこと…
18Picks
【速報】Origami、総額66.6億円の資金調達を実施。ECへの対応も
ECのミカタ
|
OrigamiはシリーズC投資ラウンド(*)として、SBIペイメント株式会社が運営する投資ファウンド、トヨタファイナンス株式会社、信金中央金庫、銀聯国際、株式会社クレディセゾン、日本ユニシス株式会社、株式会社ジェーシービー、株式会社大垣共立銀行、三井住友カード株式会社、株式会社DG Daiwa Venturesが運営する投資ファンド「DG Lab1 号投資事業有限責任組合」から資金調達を実施...
18Picks
残業147時間…JCBを書類送検
産経ニュース
|
クレジットカード大手「ジェーシービー」(東京都港区)が昨年、本社勤務の社員7人に違法な時間外労働をさせたとして、東京労働局三田労働基準監督署は19日、労働基準法…
12Picks
JCBが「Smart Code」でQR/バーコード決済市場に乗り込む理由
Impress Watch
|
ジェーシービー(JCB)は2月20日、さまざまな手法が乱立しているQRコード/バーコード決済サービスを取りまとめる「Smart Code(スマートコード)」を発表した。今春より提供開始し、コード決済事業者と加盟店をつなぐ情報処理センターの提供や、加盟店契約の一本化を行なう。
13Picks
JCB、ギフティに出資 ギフトカードをデジタル化
ITmedia ビジネスオンライン
|
メールやLINEなどで電子ギフトカードなどを送れるサービスを手掛けるギフティ(東京都品川区)は3月30日、ジェーシービー(JCB)と資本・業務提携を締結した。協業で今春から、ギフト用プリペイドカードをデジタル化した「JCB PREMOデジタル」を販売する。
12Picks
イオンとJCBがディズニーをデザインしたクレジットカード発行
産経ニュース
|
イオンフィナンシャルサービスは13日、ジェーシービーと提携してディズニーのデザインのイオンカードを発行し、20日から募集を始めると発表した。
11Picks
LINE Payが物理的なカードを出す理由(News & Trend)
ITpro総合
|
LINE子会社のLINE Payは2016年3月24日、ジェーシービー(JCB)と組み、プリペイドカード「LINE Pay カード」の発行を始めた。国内外のJCB加盟店約3000万店舗で利用でき、実店舗での利用環境が一気に広がる。だが、なぜLINE Payはアプリではなく、プラスチックカードという選択肢を選んだのか。その理由を探ると、LINE Payが直面していた現実的な課題が見えてくる。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ