新着Pick
SPD36676UGUYW0LO

スパークス・グループ 株式会社

スパークス・グループ株式会社(英語: SPARX Group Co., Ltd.)は、投資顧問・資産運用を主業務として1989年に設立された会社。2006年10月、グループの純粋持株会社になった。 ウィキペディア
東京都港区港南1-2-70品川シーズンテラス
03-6711-9100
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 グループCEO 阿部 修平
設立年月日
1989-07-01
従業員数
169 人
上場年月日
2001-12-04
平均年齢
48 歳
平均年収
5,900,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
東大発AI企業の日本データサイエンス研究所(JDSC)がシリーズBラウンドで29億円超を調達
TechCrunch Japan
|
UPGRADE JAPANをミッションとして掲げる東大発AI企業の日本データサイエンス研究所(近日中に「JDSC」に変更予定)は10月19日、第三者割当増資で約26億円と、当座貸越契約(デットファイナンス)の締結による約3億円の枠を合わせ、総額で約29億円超の資金調達を実施したと発表した。 第三者割当増資の引受先は、未来創生2号ファンド(スパークス・グループ)、東京大学エッジキャピタルパート...
16Picks
AI医療機器スタートアップのアイリスが資金調達を実施、累計調達額が約29億円に
TechCrunch Japan
|
AI医療機器スタートアップのアイリスは8月6日、資金調達を実施し、2017年11月創業からの累計資金調達額が約29億円となったと発表した。引受先は、トヨタ自動車を主な出資者として、スパークス・グループ運営の「未来創生2号ファンド」、CYBERDYNEと同社子会社運営のCEJファンド(サイバニクス・エクセレンス・ジャパン 1号投資事業有限責任組合)。 調達した資金は、AI医療機器のさらな...
26Picks
東大・松尾研発AIスタートアップDeepXが総額16億円の資金調達、建機自動化や工場内作業自動化の事業化加速
TechCrunch Japan
|
東京大学松尾研究室発のAIスタートアップDeepXは7月31日、第三者割当増資として、総額16億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、未来創生2号ファンド(スパークス・グループ運営)、フジタ、SBIインベストメント運営ファンド、経営共創基盤。 今回調達した資金は、建機自動化や工場内作業自動化、自動化モジュール提供などの事業化を加速させるために、エンジニアや計算資源を中心に投資する。特に...
19Picks
トヨタ系ら85億円出資したSYNQA(シンカ)、企業を「フィンテック化」させるその手法
THE BRIDGE
|
ニュースサマリ:一部報道があった通り、総合フィンテック企業「SYNQA」は6月22日、シリーズCラウンドの資金調達を公表する。出資したのはSCB 1OX、スパークス・グループ(未来創生ファンド・2号)、トヨタファイナンシャルサービス、三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、あいおいニッセイ同和損害保険、および非公開の投資家。SCB 1OXはタイのサイアム商業銀行傘下にあるホールディングス...
157Picks
月定額のマイカー賃貸サービス「カルモ」を展開するナイルが15億円を資金調達
TechCrunch Japan
|
月定額で自動車を保有できるサブスクリプションサービス「カルモ」を運営するナイルは4月22日、総額約15億円の資金調達を発表した。このラウンドのリードインベスターは、未来創生2号ファンドを運営するスパークス・グループで、ほかSBIグループ、AOKIグループなど複数の投資家を引受先として第三者割当増資を実施している。 ローンで車を購入するのと、レンタカーやカーシェアリングで一時的に車を借りるサー...
95Picks
「靴を脱ぐ投資家」がアクティビストに問う、企業成長か短期利益か(1)
Bloomberg
|
(Bloomberg) -- 「日本では靴を脱がないと上がれない」。運用会社スパークス・グループの阿部修平社長による対話型アクティビスト(物言う株主)ファンドの基本だ。投資先企業に土足で踏み込まず、信頼関係を重視し成長に向け話し合う。総会シーズンを控えた今、内部留保を吐き出させ「利益が出ただけですぐに売却しようと思っているならアクティビストと名乗らない方がいい」と主張する。
92Picks
トヨタ自、スパークスなどとファンド設立 次世代技術に投資へ
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>、三井住友銀行<8316.T>、スパークス・グループ <8739.T>の3社は22日、新ファンドの設立を検討すると発表した。ファンドは、知能化技術、ロボティクス、水素社会の実現のための技術の3分野で技術開発を行う企業やプロジェクトに投資する予定。
20Picks
創業2年半で売上28億円、日本人が東南アジアで創業したAnyMindがLINEなどから15億円調達
TechCrunch Japan
|
日本人起業家が創業し、シンガポールなど東南アジアを中心にデジタル広告事業などを行うAnyMind Groupは10月29日、LINE、スパークス・グループの未来創生ファンド、JAFCO Asia、ドリームインキュベータなどから約15億円(1340万米ドル)を調達したと発表した。 AnyMindは併せて、グループ子会社でデジタル広告事業を担うAdAsia HoldingとLINEとの戦略的協業...
16Picks
酪農・畜産向けIoT開発のファームノートHD、スパークス・グループなどから約8.5億円を資金調達——累計調達額は約26億円に
THE BRIDGE
|
酪農・畜産向け IoT ソリューションを提供するファームノートホールディングス(ファームノートHD)は17日、直近のラウンドで約8.5億円を調達したと明らかにした。このラウンドに参加したのは、スパークス・グループ、共立ホールディングス(動物の薬大手である共立製薬の持株会社)、マイナビ、SMBC ベンチャーキャピタル、大分ベンチャーキャピタル。今回の調達を受けて、同社の累計調達合計は約26億円...
13Picks
人事評価クラウドのHRBrainが約6億円調達、累計調達は12億円に
TechCrunch Japan
|
人事評価クラウドサービス「HRBrain」を開発・提供する株式会社HRBrainは1月17日、シリーズB投資ラウンドで約6億円の資金調達を発表した。第三者割当増資による調達で、引受先はスパークス・グループが運営する「未来創生2号ファンド」。 同社は2016年3月の創業のスタートアップで、TechCrunch Tokyo 2017のスタートアップバトルにも登壇した経験を持つ。2017年12月の...
16Picks
トヨタ、再生エネルギーに100億円 ファンド設立:朝日新聞デジタル
朝日新聞デジタル
|
トヨタ自動車と独立系投資会社のスパークス・グループは19日、再生可能エネルギーを扱う発電所に投資するファンドを設立すると発表した。将来は投資先の発電所からトヨタの工場や販売店へ電力を供給することも検…
15Picks
140億円、誰の手に…トヨタ系未来創生ファンド、第2号設立 AI自動運転やスタートアップに投資?
自動運転ラボ
|
自動車メーカー大手のトヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2018年8月3日までに、同社が出資する未来創生ファンドの「第2号」が設立されたことを発表した。スパークス・グループ株式会社が設立した第2号ファンドは、第1号ファンドに引き続きトヨタ自動車と三井住友銀行が出資者として参画している。
15Picks
スパークスの再生可能エネルギーファンド、三井住友など470億円出資
Bloomberg.com
|
スパークス・グループの再生可能エネルギーファンドが約470億円を集め、このほど資金募集を完了した。日本対象の再生エネルギーファンドとしては、米ゼネラル・エレクトリック(GE)グループ(募集開始時750億円)に次ぐ2番目の規模。三井住友銀行などが出資を決めており、超低金利の中、長期間安定した利回りが得られる同ファンドは、投資資金を引き寄せた。
15Picks
「全国タクシー」のJapanTaxiが未来創生ファンドから10.5億円を資金調達、累計調達額は91.5億円に
TechCrunch Japan
|
 タクシーアプリ「全国タクシー」を運営するJapanTaxiは2月26日、スパークス・グループが運営する未来創生ファンドを引受先とする第三者割当増資により、10.5億円の資金調達を実施すると発表した。… Read More
15Picks
トヨタがいよいよベンチャー投資に動き出した!
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は22日、三井住友銀行とスパークス・グループと共同で次世代技術を開発するベンチャーに投資するファンドを今秋に設立すると発表した。長期的視点で新産業をつくり社会を変える可能性のある技術を発
14Picks
産業用ロボットの“目”が11億円を新たに調達、「知能ロボット研究所」も開設予定
MONOist
|
3次元ロボットビジョンシステムを開発・販売する三次元メディアは、産業革新機構とスパークス・グループ、三菱UFJキャピタルを引受先とする、第三者割当増資を行い、11億円を上限とする資金調達を行う。量産化に向けた技術開発と、販売体制の強化に使用するという。
12Picks
水産養殖の課題解決をめざすウミトロンが3億円の追加調達、養殖専用の保険を開発中
TechCrunch Japan
|
IoTや衛星データの活用により水産養殖の課題解決を目指すUMITRONは9月11日、スパークス・グループが運営する未来創生ファンドより約3億円を調達したと発表した。これは2018年6月に発表した約9.2億円の資金調達に続くもので、本ラウンドでの調達総額は約12.2億円となる。 Read More
10Picks
自動運転ベンチャーのティアフォー、10億円規模をトヨタ参加ファンドから獲得
自動運転ラボ
|
トヨタ自動車や三井住友銀行が出資し、独立系資産運用会社であるスパークス・グループ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:阿部修平)が運営する「未来創生ファンド」は、自動運転技術の開発スタートアップ企業である株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)に出資を実施した模様だ。
9Picks
建設・土木の生産支援サービスのフォトラクションが5.7億円調達、AI導入で業務効率向上を目指す
TechCrunch Japan
|
建設・土木の生産支援サービス「Photoruction」を開発・運営するフォトラクションは5月27日、総額5.7億円を調達したことを明らかにした。第三者割当増資による調達で、引受先はスパークス・グループ(未来創生2号ファンド)、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、個人投資家。 Photoructionは、建設工事現場の写真管理サービスとしてスタート。現在では図面・工程管理などの写...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ