新着Pick
SPD35JAJEU7KJNVV

SBIホールディングス 株式会社

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
東京都港区六本木一丁目6番1号
03-6229-0100
詳細を見る
概要
ソフトバンク株式会社の持株会社制導入に伴い、1999年4月にソフトバンクの管理本部55名を率いて中間持株会社としてソフトバンク・ファイナンス株式会社を設立(現在はソフトバンクテレコム株式会社に吸収)。傘下にインターネットを軸に金融関連事業を行う事業会社を数多く設立した。
その後、事業再編等を行いながら傘下の企業を中核企業となるソフトバンク・インベストメントに集約することで、ソフトバンクの子会社としての体制から、ソフトバンク・ファイナンスグループ(現SBIグループ)としての体制を作る。

ソフトバンク・インベストメント株式会社は、ソフトバンク・ファイナンスの子会社として1999年7月8日に設立。翌2000年12月15日に大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現・大阪証券取引所ヘラクレス市場)に上場。
2003年6月2日にイー・トレード株式会社との合併を行い、2005年7月1日にSBIホールディングス株式会社に商号を変更するとともに、SBIベンチャーズ株式会社(同時にソフトバンク・インベストメント株式会社に商号変更。その後、SBIインベストメント株式会社に商号変更)にファンド事業を移管することで、持株会社体制へと移行した。
その後、順次ソフトバンクグループ保有分の株式の売却が行われ、2006年8月2日に全ての売却を完了。ソフトバンクグループから完全に独立した。ネット証券最大手。月刊誌FACTAに対して損害賠償請求を行い勝訴した。
代表者
代表取締役 社長 北尾 吉孝
設立年月日
1999-07-08
従業員数
8,257 人
上場年月日
2002-02-15
平均年齢
38 歳
平均年収
8,397,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
36Picks
SBIホールディングス 半年間決算 増収増益 コロナ影響で売買増
NHKニュース
|
【NHK】ネット金融大手「SBIホールディングス」の先月までの半年間のグループ全体の決算は、売り上げ、最終利益ともに増え「増収増益…
4Picks
地銀連合構想「菅首相が評価」=出資10行にめど―北尾SBI社長
時事通信社
|
 SBIホールディングスの北尾吉孝社長は28日、今月5日に菅義偉首相と朝食を共にした際、地方銀行に出資して収益底上げを図る同社の「地銀連合構想」について、「『いいじゃないですか』と言われた」と評...
1Pick
SBIホールディングス 税引前利益 増益 13.5%増、会社計画発表なし
xenoFlash - AI決算分析
|
xenoFlash 2021年3月期 第2四半期 決算発表時刻 2020年10月28日 11:30 自動生成時刻 2020年10月28日 11:30
2Picks
堂島取引所、SBIの強まる関与に警戒 国際金融センター主導狙う?
産経ニュース
|
ネット証券大手SBIホールディングスの北尾吉孝社長は28日の令和2年9月中間連結決算の説明会で、コメの先物取引を扱う大阪堂島商品取引所について、株式会社化後に15%程度の出資をする方針を明らかにした。市場としての存続が危ぶまれる堂島商取だが、北尾氏は「グローバルな総合取引所を目指す」とし、大阪・神戸で描く「国際金融センター」構想の拠点に位置づける考えを強調した。だが、その「改革姿勢」には警戒...
11Picks
菅首相・北尾SBI社長“最強コンビ”、銀行再編を強行独禁法適用「除外」の特例措置
ビジネスジャーナル
|
菅義偉内閣が地方銀行への再編圧力を強めている。人口減少と金利低下で地銀の収益が悪化するなか、再編をテコに地銀の経営体力をアップし、地域経済を活性化するという一石二鳥、いや一石三鳥の狙いがある。
56Picks
SBIの北尾社長「一極集中リスク回避を」、東証障害後に首相に提言
Bloomberg
|
SBIホールディングスの北尾吉孝社長は、東京証券取引所がシステム障害で取引停止となった問題などを受け、株式市場の一極集中リスクを避ける必要性を主張する。こうした考えをすでに菅義偉首相に直接伝えた。また、同社が「第4のメガバンク構想」として進める地銀への出資については、今月中にも何行か新たな出資先が決まるとの見通しを示した。
56Picks
SBIがデジタル証券事業を本格化──子会社が株式トークンで増資を計画
CoinDesk Japan
|
ネット証券、銀行、暗号資産取引事業の拡大を加速させるSBIホールディングスが、ブロックチェーンとトークン化した株式や債券を使ったデジタル証券事業をいよいよ本格化させる。 次世代のデジタル証券を巡っては、野村ホールディングスやみずほフィナンシャル、三菱UFJフィナンシャルもその研究開発を進めているが、SBIは今回の取り組みを通じて国内のデジタル証券市場をさらにけん引していく SBIは9日、セキュリテ
14Picks
SBI証券、口座数で野村證券を逆転崩れる野村の顧客基盤、最強の営業部隊の敗北
ビジネスジャーナル
|
SBIホールディングス(HD)と野村ホールディングス(HD)がブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用したデジタル証券で提携した。SBIHDが野村系のSTO(セキュリティー・トークン・オファリング)開発のBOOSTRY(ブーストリー、東京・千代田区)の株式を10%取得する。
93Picks
「SBIや三菱UFJも被弾」相次ぐ不正出金のウラに隠れたもう1つの危ない現実
ITmedia ビジネスオンライン
|
9月7日のドコモ口座による銀行預金の不正出金問題がくすぶり続けている中、16日にはSBI証券の顧客口座から、不正に計9860万円が引き出される事件が発生した。今回は、これらの不正出金問題を振り返りつつ、巷で見過ごされがちなもう1つの危ない現実についても確認したい。
13Picks
地銀消滅3大リスクと忍び寄るSBIの影 - 与信コストの増加は避けられない
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
2020年3月期決算を発表した上場地方銀行78行の業績を振り返りましょう。57行は、連結純利益で減益となりました。みちのく銀行、清水銀行、
189Picks
SBIの北尾社長、メガバンク構想は地銀10行で実現へ-9月めど
Bloomberg
|
SBIホールディングスの北尾吉孝社長は30日の2020年4-6月期決算説明会で、地方銀行との連携による「第4のメガバンク構想」に関連した単独出資先について「10行で終わりにしたい」との意向を示した。これまで島根銀行など4行との資本業務提携を発表している。
13Picks
不動産管理会社・不動産投資家向け資産運用・管理のWealthParkが9億700万円を調達
TechCrunch Japan
|
WealthParkは8月5日、シリーズBラウンドとして総額9億700万円の資金調達を完了したと発表した。累計調達額は計18億9800万円となる。引受先は、SBIインベストメント(SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合)、みずほキャピタル(みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合)、あおぞら銀行、日本政策金融公庫、国内外複数の個人投資家。 WealthParkは、主力事業と...
26Picks
東大・松尾研発AIスタートアップDeepXが総額16億円の資金調達、建機自動化や工場内作業自動化の事業化加速
TechCrunch Japan
|
東京大学松尾研究室発のAIスタートアップDeepXは7月31日、第三者割当増資として、総額16億円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、未来創生2号ファンド(スパークス・グループ運営)、フジタ、SBIインベストメント運営ファンド、経営共創基盤。 今回調達した資金は、建機自動化や工場内作業自動化、自動化モジュール提供などの事業化を加速させるために、エンジニアや計算資源を中心に投資する。特に...
13Picks
トラクター運転支援アプリ・農業ICTの農業情報設計社が3億円の資金調達
TechCrunch Japan
|
トラクターの運転支援アプリ、農業におけるICT技術の活用や農業機械の自動化・IT化に関する研究開発に取り組む農業情報設計社は7月28日、第三者割当増資として3億円の資金調達を発表した。引受先は農林中金イノベーションファンド(グローバル・ブレイン)、SBIインベストメント運営のファンド、DRONE FUND。 今回の資金調達により、さらなる事業拡大に向け製造・販売・管理体制の強化、国際競争力の...
63Picks
都銀再編時に「ごみ箱」構想を持っていた金融庁と地銀救済で手を組むSBIホールディングスは天使か、悪魔か?
ITmedia ビジネスオンライン
|
SBIホールディングスが仕掛ける「地銀救済」。陰には金融庁の影響も見え隠れするが、「証券界の暴れん坊」と目されるSBIと金融庁、それぞれの思惑とは? 過去、銀行勤務時代に大蔵省との折衝を担当していた筆者によると、90年代の都銀再編時に官僚は「ごみ箱」構想を持っていたという。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ