新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD35HFWQ6DBILXK

アサヒビール株式会社

アサヒビール株式会社(英語: Asahi Breweries, Ltd.)は、日本の大手ビールメーカーで、 アサヒグループホールディングス株式会社傘下の子会社である。 ウィキペディア
東京都墨田区吾妻橋一丁目23番1号
詳細を見る
概要
1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥った。しかし、外部出身の社長主導による社内改革の進展や、現在も主力商品となっている「アサヒスーパードライ」の発売以降、驚異的に経営状態を回復して1988年には2位となり、1998年にはビール単独、2001年にはビール類(ビールと発泡酒の合計)市場におけるシェアで1位となった。

2000年代からウイスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入した。

2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更した。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされた。アサヒビールが、日本の大手ビールメーカー4社の内、最後に持株会社に移行した。

白水会や住友グループ広報委員会のメンバーではないが、住友銀行→三井住友銀行の融資を受け経営陣を送り込まれた関係上、住友グループの企業として扱われる事が多い。1985年に開催された科学万博に住友グループがパビリオン「住友館 3D - ファンタジアム」を出展した際にはアサヒビールも住友EXPO'85委員会のメンバーとして名前を連ねている。

写真の本社ビルの金色の遮熱ガラスは、同じ住友系の一水会メンバーの日本板硝子社製。当時の筑波研究所設計。

企業スローガンは、『すべては、お客さまの「うまい!」のために。』。
代表者
塩澤賢一(代表取締役社長)
設立年月日
2010-08-10
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
アサヒビール、食べられるコップ開発のワケ
ニュースイッチ
|
アサヒビールは食べられるコップ「もぐカップ=写真」を丸繁製菓(愛知県碧南市)と共同開発した。ジャガイモでんぷんを高温高圧で焼き固め、耐水性を高め、液体を漏れにくくした。使い捨てプラスチック問題の対策として捨てずに食べられる容器を提案する。 もぐカップはプレーン、えびせん、チョコレートの三つの味があり、大きさはS(50ミリリットル)、M(100ミリリットル)、L(200ミリリットル)の3種類。...
11Picks
ビール工場排水由来のガスで燃料電池発電! 温暖化を防ぐアサヒの実証事業とは?
マッシュメディア
|
地球規模の課題となっているCO2排出量削減。その新たなモデルとして、アサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社は、ビール工場の排水処理化工程で発生するバイオメタンガス(以下、バイオガス)を活用した燃料電池による発電
15Picks
アサヒ、公募増資などで最大1575億円調達へ
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - アサヒグループホールディングス<2502.T>は25日、オーバーアロットメント(追加の売り出し)を含め、公募増資などで最大1575億円を調達すると発表した。
12Picks
パナソニック×アサヒビールなど相次ぐ異業種連携、プラ製品廃棄削減の突破口だ!
ニュースイッチ
|
プラスチック製品の廃棄削減に向け、企業の連携が相次いでいる。異業種が技術を持ち寄り、知恵を出し合って新しいリサイクルや容器の軽量化に挑んでいる。これまでも代替素材や再生材の利用事例は多いが、1社では日本全体のプラスチック廃棄削減には限界があった。連携がプラスチック問題解決の突破口となりそうだ。(取材=編集委員・松木喬) 【袋から傘へ】 旭化成ホームプロダクツ(東京都千代田区)は米ベンチャーの...
209Picks
キリンビール、11年ぶりにビール類シェアでアサヒビールから首位奪還
週刊エコノミスト Online
|
ビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の上半期(1~6月)メーカー別シェア(市場占有率)で、どうやらトップメーカーが入れ替わった。取材を基に独自で集計すると、前年同期で2位だったキリンビールが37・6%を獲得。34・2%のアサヒビールをかわし、2009年にトップとなって以来、11年ぶりに首位を奪
180Picks
アサヒが販売計画2倍に上方修正、「第三のビール」とコロナの関係
ニュースイッチ
|
アサヒビールが3月に発売した第三のビール「アサヒ・ザ・リッチ」が好調だ。5月に販売数量が200万箱を突破。当初の年間販売計画400万箱の半分を約2カ月で超えたことで、年間販売計画を2倍となる800万箱に修正した。 アサヒ・ザ・リッチは割安感のある第三のビールで、あえて高級感を打ち出しているのが特徴。岡村知明ビールマーケティング部担当課長は「プレミアムビールという、新ジャンルになかった提案をし...
513Picks
【潜入】GAFAも知らない。オフィスと生産性のリアルデータ
NewsPicks編集部
|
ダイキン工業、パナソニック、オカムラ、ライオン、アサヒビール、東京海上日動火災保険によるIoTシェアオフィス「point 0 marunouchi(ポイントゼロ丸の内)」。生産性革命を目指すコワ...
32Picks
アサヒ、ABインベブ豪事業の株式取得で三井住友銀から1.18兆円借入
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - アサヒグループホールディングス<2502.T>は25日、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)のオーストラリア事業の株式を取得する資金として、三井住友銀行から資金1兆1850億円を借り入れると発表した。調達する資金については、格付上の資本性評価額3000億円相当の調達および負債性資金の調達により借り換えていく予定。
557Picks
アサヒビールが「透明なビール」を開発!ネット上で「飲んでみたい」と話題に
IRORIO(イロリオ)
|
ついに「透明なビール」が開発され、注目を集めている。 透明飲料がブーム 近頃、透明なミルクティーや透明なコカ・コーラなど「透明飲料」が広がりを見せている。 すっきりして飲みやすいイメージや消費者の健康志向、オフィスでも抵抗感なく飲める見た目などが人気で、市場が拡大中。 6月19日には、サントリービールからペッ
515Picks
【独占】アサヒビール社長が語る「国内ビール」の攻略法
NewsPicks編集部
|
それは厳しい国内の「裏返し」なのだろう。7月19日、アサヒグループホールディングスは豪州のトップビールメーカー、カールトン&ユナイテッドブルワリーズを1兆2000億円で買収すると発表した。積極的...
508Picks
【超図解】5分で読む、キヤノンの80年と「現在地」
NewsPicks編集部
|
この7月の業績下方修正が話題になったキヤノン。当期純利益は過去最高の約3分の1、1600億円(2019年12月期)に減少するが、それでもなお富士フイルム、ANA、アサヒといった大企業よりも稼ぐエ...
495Picks
「サッポロ1社分」が消えたビール市場の苦境
ダイヤモンド・オンライン
|
7月12日、ビール、発泡酒、第三のビールを合わせた「ビール類」の上半期課税出荷数量(1~6月)が発表された。大手4社のシェアを見ると、業界2位のキリンビールは前年同期比1.9%減の32.1%で過去最低。アサヒビール(39.2%)、サントリービール(16.0%)、サッポロビール(11.9%)の3社がシェアを伸ばした。
487Picks
アサヒが「常温」自販機 女性や体気遣う人が支持
共同通信 47NEWS
|
アサヒが「常温」自販機 自動販売機の飲料といえば夏はコールド、冬はホットが定番だが、「常温」のお茶や水も売る自販機をアサヒ飲料が置き始めたところじわり人気となっている。冷房による体の冷えに悩む女性を主な買い手と見込んでいたも...
451Picks
大手ビール4社、好調なのはどこ?
ニュースイッチ
|
大手ビール4社の1―3月のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)販売動向が12日までに出そろい、ビール類が前年同期比1%程度の減少となった。このうちビールではキリンビールが比較的好調な一方で、アサヒビールなどが苦戦している。3月以降の業務向け値上げが仮需と反動減の影響を出し始めた。また、第三のビールは前年同期比で2%程度の増加だった。 キリンは1―3月で同5%増を確保した。ビールが、同7%...
443Picks
【解説】買収額1兆2000億円。アサヒの「海外戦略」を整理する
NewsPicks編集部
|
7月19日、アサヒグループホールディングスは、豪州のビールメーカーを1兆2000億円で買収することを発表した。2016年以降、積極的に海外で買収を続けるアサヒ。その背景にある危機感と展望を整理する。
437Picks
キリン×アサヒ史上初の社長対談 「もう無益なシェア争いはしない」 - 『週刊ダイヤモンド』特別レポート
Diamond Online
|
縮小する市場規模、クラフトビールブーム、海外メーカーの日本上陸。今、ビール市場は変革期を迎えている。これから日系大手2社がどう戦うのかは、左党ならずとも気になるところだろう。そんな業界の過渡期に、史上初めてとなるキリンとアサヒによるトップ対談が実現した。日本のビール市場の未来について、じっくり語り合った濃密な90分間をお届けする。
411Picks
クラフトビールにアサヒビールが本格参入へ 競争激化も
NHKニュース
|
ビール市場が縮小する中でも独特な味や香りで人気が広がっているクラフトビールに業界最大手のアサヒビールが本格的に参入することになり、この分野で…
401Picks
トラックドライバーのなり手がいない…物流パンク寸前、ヤマトはついに「ライバル」鉄道を利用
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
アサヒビールとキリンビールが手を組んだ。トラック輸送から鉄道コンテナ輸送へ。写真は2017年1月の出発式(アサヒビール提供)  モーダルシフトが注目されている。…
349Picks
【トップ直撃】アサヒが掲げる「ハイネケン超え」の世界戦略
NewsPicks編集部
|
その決断を後押ししたのは、何だったのか。今年7月、アサヒグループホールディングスは、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)からオーストラリアのカールトン・アンド・ユナイテッド・ブル...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ