新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD352SAA8304VLC

株式会社ダイヤモンド社

株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア
東京都渋谷区神宮前6-12-17
詳細を見る
概要
経済・経営・ビジネス関連の書籍および雑誌を中心に、幅広いジャンルの出版物を発行し、ウェブメディア事業、研修・テスト事業なども展開する総合出版社。「経済雑誌ダイヤモンド」創刊以来、2013年に創業100周年を迎えた。
代表者
石田哲哉(代表取締役社長)
設立年月日
1933-05-25
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
制約を外すのではなく、制約を明確にするから、「自由な思考」が生まれる - 参謀の思考法
Diamond Online
|
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で社長の「参謀役」を務め、アメリカ名門企業「ファイアストン」の買収という一大...
150Picks
事業の実現可能性、成長性、 競合優位性を築くために必要な 戦略的視点とは?
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
229Picks
絶対後悔しない、 打ち合わせの上手な使い方
Diamond Online
|
打ち合わせを、戦場だと思っていませんか。 自分が考えた案を分かってくれない上司や同僚を恨んだりしていませんか。 しかしそれでいいのです。「分からない」ことが分かったことが第一の収穫です。 どこが分からないのか、どうしたら分かりやすくなるのか、しつこく聞いてみましょう。 それが上手な打ち合わせの使い方です。 博報堂のクリエイティブディレクター/CMプラナーである井村光明さんがダイヤモンド社から...
10Picks
“もてる能力”を集中させることで、「凡才」は「天才」に勝てる【西和彦】 - 反省記
Diamond Online
|
「あの西和彦が、ついに反省した!?」と話題の一冊、『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。IT黎明期に劇的な成功と挫折を経験した「伝説の起業家」が、その裏側を明かしつつ、「何がアカンかったのか」を真剣に書き綴った。本連...
16Picks
賢い人とは、「頭の回転」の速い人ではなく、 ブレない「思考の軸」を鍛えた人である。 - 参謀の思考法
Diamond Online
|
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で社長の「参謀役」を務め、アメリカ名門企業「ファイアストン」の買収という一大...
10Picks
「天才・西和彦」と呼ばれた男は、高校時代に「おバカ」と思われていた!? - 反省記
Diamond Online
|
「あの西和彦が、ついに反省した!?」と話題の一冊、『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。IT黎明期に劇的な成功と挫折を経験した「伝説の起業家」が、その裏側を明かしつつ、「何がアカンかったのか」を真剣に書き綴った。本連...
100Picks
「面白い」の対義語は、「よく分からない」
Diamond Online
|
一生懸命考えた企画が「面白くない」と一言で却下されると、すごく悔しいですよね。 では、「面白い」企画って何なのでしょうか? 面白いCMをいっぱい作っているクリエイティブディレクターなら答えられるのでしょうか? 博報堂のクリエイティブディレクター/CMプラナーである井村光明さんがダイヤモンド社から上梓した「面白いって何なんすか!?問題」から、一部を引用して考えてみたいと思います。
27Picks
肉屋で、野菜のエキスパートになれ。仕事で抜きん出るための「ラストマン戦略」とは
ライフハッカー[日本版]
|
『その仕事、全部やめてみよう 1%の本質をつかむ「シンプルな考え方」』(小野和俊 著、ダイヤモンド社)より、仕事で成長するための「ラストマン戦略」。ユニークな力を高く伸ばしていくことの重要性を解説します。
42Picks
バリューとは、 組織の取り組みにおいて優先すべき 価値基準のこと - 起業大全
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
414Picks
【証言集】田中、ハンコ忘れたけど「中田」を逆に押したってよ
NewsPicks編集部
|
どうして僕たちは、あんなに「ハンコ」にこだわっていたんだろう?近著『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』(ダイヤモンド社)において、河野英太郎・アイデミー取締役COOはハンコとい...
174Picks
「親に就活の相談しない」4人に1人、就活生が頼る相談相手は誰か
Diamond Online
|
就活生とその親は、就職活動について話をしているのだろうか。また、親に相談しない子は誰に相談しているのか。就活生親子の実態を、ダイヤモンド社が行った調査結果から紹介する。
107Picks
ビル・ゲイツが認めた「伝説の起業家」西和彦氏が、ついに自らの「失敗」を反省した理由
Diamond Online
|
「あの西和彦が、ついに反省した!?」と話題の一冊、『反省記』(ダイヤモンド社)が出版された。マイクロソフト副社長として、ビル・ゲイツとともに「帝国」の礎を築き、創業したアスキーを史上最年少で上場。しかし、マイクロソフトからも、アスキーからも追い出され、全てを失った。IT黎明期に劇的な成功と挫折を経験した「伝説の起業家」が、その裏側を明かしつつ、「何がアカンかったのか」を真剣に書き綴った。なぜ...
1401Picks
信頼できるのは「従順な部下」ではなく、 腹落ちするまで質問する「面倒臭い部下」である。
Diamond Online
|
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で社長の「参謀役」を務め、アメリカ名門企業「ファイアストン」の買収という一大...
78Picks
株で2億円貯めたサラリーマンが明かす「初心者でも儲かる投資術」
マネー現代
|
「弐億貯男」という印象的なハンドルネームで、ツイッターなどで自身の投資情報を発信し続けるサラリーマン投資家がいる。彼はセミリタイアを夢見て、2002年から250万円を元手に株式投資を開始。2019年に見事2億円を達成した。その時の経験をまとめた『10万円から始める! 割安成長株で2億円』(ダイヤモンド社)を上梓しばかりの弐億貯男。彼の投資の極意とは一体何なのか?
24Picks
自分たちが描く 理想の未来から逆算して ビジョンを策定する - 起業大全
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
11Picks
名著「失敗の本質」コロナ禍で再注目日本の調子が悪くなると売れる?
産経ニュース
|
『失敗の本質』は、昭和59年にダイヤモンド社から初版刊行。防衛大学校の教官グループを中心に、組織論の研究者が加わって、ノモンハン事件やミッドウェー海戦、ガダルカナル戦など、第二次大戦期の日本陸海軍の主要な6つの失敗例から組織としての日本軍の弱点を分析。客観的データを軽視したご都合主義的な戦略策定や、過去の成功モデルへの固執、情緒的人間関係に基づくあいまいな業績評価など、物量面だけでなく組織体...
124Picks
会社のDNAとも言える ミッション、ビジョン、バリューを どのように策定すればよいのか?
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
17Picks
『KPI大全』-「経営について知る」とは「KPIを知る」こと
GLOBIS知見録 最新記事
|
ビジネスリーダーなら読めるべき経営の「計器」 私がKPI的な概念に初めて触れたのは、1990年代のなかば、銀行の新米営業担当者として働いていた頃でした。ピーター・ドラッカーの『未来企業』(ダイヤモンド社)という本の中に、「第34章 企業の成績――五つの計器による検査」という章がありました。そこでドラッカーは、自動車を運転する際にダッシュボード上で(スピードメーターや燃料計などの)計器を読むよ
140Picks
ミッション、ビジョン、バリューは、 実務において最強の武器になる
Diamond Online
|
「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。 この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするた...
147Picks
就職先選びに親子間ギャップ、子は「職場の雰囲気」親は「仕事内容」重視
Diamond Online
|
親と子では、「就職先選び」で重視するポイントが違っていた!ダイヤモンド社が就活生とその親を対象に行ったアンケート調査から明らかになった、就職先選びに関する親子間ギャップの実態について紹介する。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ