新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD34EOB203GXSCR

ネスレ日本株式会社

ネスレ日本株式会社(ネスレにっぽん、ネスレにほん)は、スイスのヴェヴェーにある売上高世界最大の食品メーカーネスレ (Nestlé S.A.) の日本法人である。日本ではコーヒーが主力商品だが、菓子やパスタ類なども扱っている。本社は兵庫県神戸市に所在。2013年に創業100周年を迎えた。 ウィキペディア
兵庫県神戸市中央区御幸通7丁目1-15
詳細を見る
概要
ネスレ・アングロ・スイス煉乳会社(ネスレの前身で1866年に創立)のロンドン極東輸出部が1913年、横浜に日本支店を開設したのが始まり。その後1922年に神戸に移転する。

以前は英語読みでネッスルと表記していたが、1994年から本社と同様の読みに合わせるため、フランス語・ドイツ語のネスレに変更したとHPの「よくあるご質問」  にある。Nestは鳥とは限らずドイツ語の巣-leはアレマン(スイス・オーストリアのフォラールベルク・ドイツのシュヴァーベン)系の縮小語尾でNestleは字のごとくネストレと発音し「小さな巣」の意味である。Nestléとアクセント記号が付いたのはフランス語でも語尾をleと発音させる為である。ちなみにフランス語で「鳥の巣」はnid d'oiseau、Nestleのフランス語訳はpetit nidである。創立者Henri Nestléの祖先はドイツ、シュヴァーベン地方の出であり、彼は1814年8月10日ドイツ、フランクフルトで生まれHeinrich Nestleと名付けられた。1839年にフランス語圏スイスに移住し、Henri Nestléと改名し会社を設立した。当初は植物油脂由来の肥料や液体ガスを製造していたが思わしくなく乳児用粉ミルク製造を始めたのが現在のネストレ/ネスレの基盤となった。 

労働組合はネッスル日本労働組合(第一組合、全国労働組合総連合傘下)とネスレ日本労働組合(第二組合、日本労働組合総連合会傘下)の2つがある。
代表者
高岡浩三(代表取締役社長兼CEO)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
77Picks
ネスレ日本「ネスカフェ アンバサダー」刷新 他社のスナックやカップ麺提供、商品発注オンデマンド化
ITmedia ビジネスオンライン
|
ネスレ日本がアンバサダーのサービス刷新。他社のスナックやカップ麺も置き商品発注をオンデマンド化。年内に1万カ所に拡大、コロナ禍で巻き返し図る。
33Picks
【落合陽一】ギグワークは仕事の未来なのか?
NewsPicks
|
今回はコロナショックによってより活発化しつつある「ギグエコノミー」をテーマに、労働市場に起こる変化と未来の働き方について考えます。 <ゲスト> 高岡浩三(元 ネスレ日本社長) 吉田浩一郎(クラウドワークス代表) 村田弘美(リクルートワークス研究所) 小川嶺(タイミー代表)
366Picks
【高岡浩三】僕の役割は、大企業とベンチャーの溝を埋めること
NewsPicks編集部
|
2010年、日本人として初めてネスレ日本の社長に就任し、飽和している食品マーケットの中で、在職10年で売り上げを1.3倍、営業利益を1.9倍に成長させた高岡浩三氏。カプセルの定期購入を条件にコー...
141Picks
本田圭佑氏、元FiNC溝口勇児氏、元ネスレ高岡浩三氏、「WEIN挑戦者FUND」を設立——ウェルビーイングとオープンイノベーションに特化
THE BRIDGE
|
<本稿は速報体制でお伝えしたため、下の記者会見の模様を受けて、追って記事内容を更新します。> プロサッカー選手で KSK Angel Fund の運営でも知られる本田圭佑氏、FiNC Technologies 創業者で元 CEO の溝口勇児氏、ネスレ日本元 CEO の高岡浩三氏は、「WEIN 挑戦者 FUND」を設立したことを発表した。国内スタートアップ向けに、ウェルビーイングやオープンイノ...
16Picks
【高岡浩三】働き方・経営・マーケ、ビジネスの「新しい現実」
NewsPicks
|
今回の「NewsPicks Exclusive」は、ネスレ日本の社長を3月末に退任した高岡浩三氏への独占インタビューをお送りします。コロナショックはこれまでの常識や現実をどう変えるのか?そして、齢60を迎えた高岡氏が見据えるネクストチャレンジについても伺います。 (このインタビューは5月28日に収録したものです。)
14Picks
本田圭佑氏、元ネスレ高岡氏、元FiNC溝口氏が新ファンド設立で「21世紀の課題に挑む挑戦者」支援へ
TechCrunch Japan
|
サッカー選手であると同時にスタートアップ界隈では投資家としても知られる本田圭佑氏、2020年3月末までネスレ日本の代表取締役社⻑兼CEOを務めていた高岡浩三氏、そしてヘルスケアスタートアップFiNC Technologies創業者の溝口勇児氏——。それぞれのフィールドで様々な挑戦に挑んできた3人のプロフェッショナルが「21世紀の課題解決」をテーマに、新たなファンドを立ち上げる。 ファンド名は...
1198Picks
【ネスレ高岡】僕はこれから、「答えのない問題」に挑みたい
NewsPicks編集部
|
その存在感は、日本支社の社長の域を明らかに超えていた。3月末をもってネスレ日本の高岡浩三社長が退任する。2010年に社長に就任してからの約10年間で、売り上げを1.3倍、営業利益を1.9倍に成長...
46Picks
ネスレにおける令和時代の顧客問題解決法 アフターデジタル時代に進化するマーケティング最前線 Vol.2(1/4)
令和印刷新時代 powered by JBpress
|
<Brand Owner> ネスレ日本株式会社 専務執行役員 チーフ・マーケティング・オフィサー 石橋 昌文氏<Interviewer> 株式会社日本HP 甲斐 博一  私が本部長を務めるマーケティング&コミュニケーションズ本部は、メディアプランニングやパッケージデザインの開発、広報、パブリシティー、デジタルマーケティング、マーケティングリサーチ、それから消費者との直接的なコンタクトを担
1820Picks
【図解】「人生100年時代」のGood Life戦略
NewsPicks Brand Design
|
 NewsPicksからそういうお題を頂いたわけですが、それにはまず「戦略とは何か?」ということを考えなければなりません。おそらくいろんな定義があるでしょう。 たとえばマイケル・ポーターという戦...
1440Picks
「この世界は、私に何をしてほしいのか」。それが問題だ。
NewsPicks Brand Design
|
 対談連載の最初のゲストは、糸井重里さんが代表を務める「株式会社ほぼ日」のCFOを昨年11月25日に退任した、篠田真貴子さんです。篠田さんは昨年50歳になり、くしくも石川さんの唱える、「Good...
1126Picks
心と行動と言葉。日々、自分との駆け引きがおもしろい。
NewsPicks Brand Design
|
「人生100年時代」においては、「実りの秋」に差し掛かる50歳。まさにそのタイミングで、活動の舞台をシフトし、海外を飛び回る僧侶がいます。 険しい山中を9年の歳月をかけて1000日間歩き続ける「...
313Picks
ネスレ日本、高岡社長が退任へ 後任は深谷常務が昇格
朝日新聞デジタル
|
ネスレ日本(神戸市)は12日、高岡浩三社長(59)が3月末で退任し、深谷龍彦常務(46)が新社長に昇格する人事を発表した。高岡社長は同社で初となる生え抜きの日本人トップとして会社を牽引(けんいん)し…
1031Picks
70億人のフィールドで勝ち抜くグローバル人材とは
NewsPicks Brand Design
|
「グローバルなキャリア」というと、海外留学や海外赴任の経験をイメージする人が多いかもしれません。 しかし私自身、スイスに本社のあるグローバル企業の日本法人、ネスレ日本の社長をしていますが、海外留...
970Picks
「人生42歳まで」ネスレ日本・高岡社長の早回しキャリア
NewsPicks編集部
|
私の11歳の誕生日に、父は42歳で亡くなりました。祖父も42歳で亡くなっています。高岡家の長男は42歳で死ぬ運命なのではないか、とうっすら思うようになりました。人生の締め切りは42歳。短い人生を...
874Picks
ネスレ日本CMOが語る。なぜデジタルが必要なのか
NewsPicks Brand Design
|
菅:今企業のデジタルトランスフォーメーションの必要性が叫ばれています。ネスレ日本では、どのようにとらえていますか。石橋:新しい現実に合わせて、我々も施策を変えなければなりません。宣伝媒体がテレビ...
842Picks
ネスレ高岡流。労働時間を減らして業績を上げる方法
NewsPicks編集部
|
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたちが、時代を切り取るテーマについて見解を述べる連載「イノベーターズ・トーク」。第79回は、ネスレ日本 社長兼CEO...
777Picks
睡眠学の権威が50代で起業した理由
NewsPicks Brand Design
|
 人が心身を健やかに保ちながら充実した時間を生きるためには、「睡眠」が大事な要素だと石川善樹さんは言います。そもそも人はなぜ眠くなるのか? どのぐらい寝たら眠くなくなるのか。「人生100年時代」...
666Picks
ネスレ日本が宅配事業に参入 商品を配達するのは一般人!?
ITmedia ビジネスオンライン
|
ネスレ日本が佐川急便と組んで宅配事業に参入。一般人に宅配の中継になってもらいユーザーに配達したり逆に取りに来てもらう。急増するネット通販の配達コストを削減する。
563Picks
【コトラー×高岡×入山】日本のマーケティングの何が問題か
NewsPicks Brand Design
|
「KOTLER AWARD JAPAN 2019」で開催したTHE UPDATE特別編。テーマは「日本のマーケティングの何が問題か」だ。NewsPicks・佐々木紀彦をモデレーターに、ネスレ日本...
644Picks
「顧客の問題解決」というけれど、「顧客」とは誰か
NewsPicks編集部
|
なぜ日本法人の社長になったのか神戸市・三宮にあるネスレ日本本社16階の社長室からは国際港・神戸港を見渡すことができます。ネスレが日本で営業を開始した1913年から今年で103年。私は、この社長室...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ