新着Pick
SPD34E31VKKCA9VU

Daimler AG

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア
Mercedesstrasse 137 Stuttgart Germany
詳細を見る
概要
アメリカ合衆国の自動車会社クライスラーとの関係解消(後述)に伴い、2007年10月4日(現地時間)に旧社名であるダイムラー・クライスラー・アーゲー(DaimlerChrysler AG )から現社名に変更した。

同社の乗用車はメルセデス・ベンツ、スマート、フレイトライナー、その他のブランドで販売されている。また、子会社として三菱ふそうトラック・バスなどを所有している。

2000年には航空宇宙産業部門のダイムラー・クライスラー・エアロスペース(DASA)は分離、合併しEADSとなった。日本の三菱自動車工業や韓国の現代自動車とも提携していた。対アジア計画の巨額の損失により、2004年に現代自動車との提携を解消、2005年11月には三菱自動車工業との資本提携を解消した。2003年に三菱自動車工業から分離・独立した三菱ふそうトラック・バスとは資本提携を継続、後に連結子会社とした。2010年、ルノー・日産アライアンス(現ルノー・日産自動車・三菱自動車)と戦略的業務提携を締結。
代表者
Manfred Bischoff (Chairman),Ola Kaellenius (Chief Executive Officer)
設立年月日
1998
従業員数
293,688 人
上場年月日
1998-11-17
上場市場
フランクフルト証券取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),イタリア取引所,ウィーン証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
俺のポルシェが雨ざらしで放置! 高級車カーシェア企業が破産へ…
Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ
|
ポルシェにベンツ、レクサス、レンジローバーも--。10月初旬、埼玉県某市の工場敷地内に、200台以上の高級車が雨ざらしになっていた。「最初は『話がうますぎる』と疑ったんです。でも、『弊社は不動産業など多くの事業を展開しており、警察OBが在籍するリスクマネジメント会社とも顧問契約をしています』と説得されて……」【関連記事:クルマを持つより安いと話題のカーシェアリング会員になってみた】 30代の会社
37Picks
車載用電池をめぐる激闘
週刊東洋経済プラス
|
「トヨタ自動車がパナソニックの車載電池事業を傘下に」「フォルクスワーゲンやダイムラー、ホンダが中国…
11Picks
ウーバーが買収検討、ベルリンの配車企業「フリーナウ」の実力
Forbes JAPAN
|
ウーバーは英国での法廷闘争に勝利し、今後18カ月間に渡るロンドンでの営業許可を取得したことで、欧州での地盤を拡大しつつある。そのウーバーが、ダイムラーとBMWの合弁会社が運営する配車サービスの「フリーナウ」の買収を検討しているとのニュースが・・・
84Picks
ウーバー、BMW・ダイムラー配車合弁会社の買収を検討-関係者
Bloomberg
|
米ウーバー・テクノロジーズは、ドイツのダイムラーとBMWの配車サービス合弁会社フリーナウの買収を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、実現すればウーバーには欧州と中南米でシェアを拡大する道が開かれる。
72Picks
ベンツの燃料電池トラック、次世代型の航続距離は1000km超
ニュースイッチ
|
独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。航続距離約500キロメートルの大型電気自動車(EV)トラックについても24年には量産準備を完了させる計画。環境規制が進み化石燃料に厳しい目が注がれる中、航続距離に応じてFCトラックとEVトラックを販売す...
16Picks
ダイムラー社CEOが「すべての新型車はEVから開発」すると表明
EVsmartブログ
|
欧州の電気自動車普及が加速する中、ドイツ・ダイムラー社のCEOであるオラ・ケレニウス氏が、EQSの発売以降「EVはすべての新型車ではじめに開発」することを表明しました。
22Picks
米、排ガス不正巡りダイムラーと和解 制裁金など15億ドル
Reuters
|
[ワシントン 14日 ロイター] - 米国およびカリフォルニア州の規制当局は、ドイツ自動車大手ダイムラーの排ガス不正問題を巡り、同社が民事制裁金8億7500万ドルを含む総額15億ドルを支払うことで和解した。
10Picks
アマゾン、独メルセデスに1800台超の配送用EV発注 パリ協定の目標より10年早く二酸化炭素排出を実質ゼロに
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
米アマゾン・ドット・コムは8月28日、独自動車大手ダイムラーの乗用車部門メルセデス・ベンツに対し、配送用の電気自動車(EV)1800台以上を発注したと明らかにした。
10Picks
中国CATLがメルセデス・ベンツの主要サプライヤーに バッテリー技術で提携強化
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
8月5日、車載電池大手「寧徳時代新能源科技(CATL)」は独ダイムラー傘下のメルセデス・ベンツと電池技術分野で提携を強化することを発表した。双方は共同で電池技術を開発し、CATLはベンツの電動化を大規模にサポートしていく。ダイムラーの研究開発担当取締役とメルセデス・ベンツのCOOを兼務するマルクス・シェーファー(Mar
10Picks
CATL、メルセデス・ベンツとバッテリー技術で提携強化 主要サプライヤーに
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
|
8月5日、独ダイムラー傘下の乗用車事業会社メルセデス・ベンツと、電気自動車(EV)用電池メーカー「CATL(寧徳時代)」が、バッテリー技術分野における提携関係を一層強化すると発表した。メルセデス・ベンツは、CATL製のバッテリーモジュールを搭載し、航続距離が700km(WLTP基準)となるラグジュアリーEVセダン「EQ
83Picks
海外ではメルセデスが普通? なぜ日本人だけ「ベンツ」と呼ぶのか - 自動車情報誌「ベストカー」
自動車情報誌「ベストカー」
|
輸入車の代名詞のひとつであるメルセデス・ベンツ。日本では、古くから親しみを込めて「ベンツ」と呼んできたが、世界的には「メルセデス」と呼ぶことが一般的といわれる。いったいどう呼ぶのが、正しいのか!?  本稿では、メルセデス・ベンツジャパンに…
11Picks
トヨタ、日本企業で初めて北京で自動運転試験走行を開始予定 専用のナンバープレート取得
36Kr Japan
|
先頃北京市は、2020年度自動運転車両公道試験走行資格付与企業リストを公表した。試験走行資格を付与されたのはバイドゥ(百度)、「小馬智行(Pony.ai)」、ダイムラー、アウディ、生活関連O2Oサービス「美団点評」の運営会社「三快在線(Beijing Sankuai Online Technology)」、そして初めて
18Picks
独ダイムラー、仏工場売却の可能性 生産体制を抜本的に見直し
Reuters
|
[フランクフルト/パリ 3日 ロイター] - ドイツの自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は3日、生産体制の抜本的な見直しに伴いフランスのハンバッハにある工場を売却する可能性があると明らかにした。
44Picks
メルセデス・ベンツとNVIDIA、次世代コネクテッドカーのソフト開発で協力
ロボスタ
|
メルセデス・ベンツとNVIDIAは、メルセデス・ベンツ(以下、メルセデス)が発売する次世代シリーズの全モデルにおいて、ソフトウェア開発で協力していくことを発表した。具体的には車載用コンピューティング・システムと AIコンピューティングのインフラ構築を協働で開発していく。2024年から納車を開始する、次世代モデルのメルセデス・ベンツ車両に標準装備される。 これは自動運転(レベル2、3、駐車場内...
10Picks
メルセデスベンツがOTAで自動運転を追加可能に、2024年以降の新型車
MONOist
|
Mercedes-Benz(メルセデスベンツ)とNVIDIAは2020年6月23日、自動運転技術を搭載する車両のコンピューティングアーキテクチャを共同開発し、2024年から量産すると発表した。このアーキテクチャは「Sクラス」から「Aクラス」まで全ての次世代モデルに搭載する。
11Picks
BMWとメルセデス・ベンツは合意発表から1年未満ながら「長期」自動運転アライアンスを打ち切り
TechCrunch Japan
|
BMW Group(ビーエムダブリュー・グループ)とMercedes-Benz AG(メルセデス・ベンツAG)は、次世代自動運転技術を共同開発するために結んだ長期的なコラボレーション合意を、発表後1年も経たないうちに諦めることとなった。 ドイツの自動車メーカーたちは、この合意解消を「双方にとって友好的なもの」と呼び、それぞれが現行の開発路線に集中することに同意した。それぞれの新しい路線には、...
11Picks
日本にまだない「スマートスタジアム」 モデルはメルセデス・ベンツ
Forbes JAPAN
|
ちょっとしたスポーツ好き、またはスポーツ・ビジネスに関わる方なら「スマートスタジアム」という言葉を耳にしたことがあるはずだ。この発想そのものは、もはや新しくもなく、日本でも頻繁に聞かれるようになり、10年ほどが経つだろうか。スマートスタジア・・・
271Picks
【田中道昭×清水和夫】CASE時代にクルマの「安全性」がブランドになる理由
NewsPicks Brand Design
|
田中道昭(以下、田中) 2016年9月に行われたパリモーターショーで、メルセデス・ベンツは「CASE」というコンセプトを発表しましたが、私は従来の自動車産業のみならず、すべての産業において重要な...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ