新着Pick
SPD34E31VKKCA9VU

Daimler AG

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア
Mercedesstrasse 137 Stuttgart Germany
+49 711170
詳細を見る
概要
アメリカ合衆国の自動車会社クライスラーとの関係解消(後述)に伴い、2007年10月4日(現地時間)に旧社名であるダイムラー・クライスラー・アーゲー(DaimlerChrysler AG )から現社名に変更した。

同社の乗用車はメルセデス・ベンツ、スマート、フレイトライナー、その他のブランドで販売されている。また、子会社として三菱ふそうトラック・バスなどを所有している。

2000年には航空宇宙産業部門のダイムラー・クライスラー・エアロスペース(DASA)は分離、合併しEADSとなった。日本の三菱自動車工業や韓国の現代自動車とも提携していたが、巨額の損失による対アジア計画の見直しにより、2004年に現代自動車との提携を解消、2005年11月には三菱自動車工業との資本提携を解消した。2003年に三菱自動車工業から分離・独立した三菱ふそうトラック・バスとは資本提携を継続させ、後に連結子会社とした。2010年、ルノー・日産アライアンス(現ルノー・日産自動車・三菱自動車)と戦略的業務提携を締結。
代表者
Dieter Zetsche (Chief Executive Officer),Manfred Bischoff (Chairman)
設立年月日
1998
従業員数
304,680 人
上場年月日
1996-10-30
上場市場
フランクフルト証券取引所,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),イタリア取引所,ウィーン証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
19Picks
電気自動車のカギ握る「リチウムイオン電池」、急成長するバッテリースタートアップたち
THE BRIDGE
|
ピックアップ:Daimler-Backed Battery Startup Raises Funds, Hires Tesla Veteran ニュー... 投稿 電気自動車のカギ握る「リチウムイオン電池」、急成長するバッテリースタートアップたち は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
17Picks
顧問料をケチっていた税理士が税務調査時に「大丈夫でしょう」→3年分の追徴課税!
ビジネスジャーナル
|
元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな車は「車両運搬具」です。僕の知り合いが経営する会社に、税務調査が入りました。業種は自動車修理業で、事故などでぼろぼろになったベンツやポルシェを10万円とか20万円といった価格で買ってきて、綺麗に修理して業者に販売していました。社長は、もとも...
12Picks
「ベンツ」の独ダイムラー、三井住友銀行も参画のブロックチェーン・ネットワーク「マルコ・ポーロ」で初取引
CoinDesk Japan
|
自動車メーカーのダイムラー(Daimler)は、ブロックチェーンベースのトレードファイナンス(貿易金融)・ネットワーク「マルコ・ポーロ(Marco Polo)」上で、初めて取引を行った。 9月25日(現地時間)にCoinDeskへ宛てられたプレスリリースによると、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)などのブランドを擁する同社は、商業取引業務のパイロット版として、自動車部品を製造す...
39Picks
ダイムラー・グループが内燃機関の新規開発を中止。EVに注力へ
Engadget 日本版
|
2019年9月19日(現地時間)、ドイツの自動車雑誌Auto Motor Und Sportが、「ダイムラー・グループが内燃機関、つまりエンジンの新規開発を中止し、EV専用パワートレインの開発に注力する方針を固めた」と報じました。 ダイムラー・グループは、2019年3月にフォルクスワーゲンやBMWと共にEV車に集中する意向を示していましたが、今回ダイムラーの開発責任者であるMarkus Sc...
11Picks
ベンツや三菱ふそうを傘下に置くダイムラー。ガソリンエンジンの新規開発を中止し、EVに集中
ギズモード・ジャパン
|
Image:MarkusSpiskeElectricisthefuture!CongratulationsDaimler!!https://t.co/Zg2VSj4tjO—ElonMusk(@elonmusk)September19,2019イーロン・マスクもグッジョブいってる!いつかこの日がくるとは誰もが思っていたことでしょう。しかし、ダイムラーという超巨大自動車メーカーが「もうガソ
16Picks
Daimler stops developing internal combustion engines to focus on electric cars - Electrek
Electrek
|
After reigning in the auto industry as the powertrain of choice for a century, the internal combustion engine is finally dying. Now even Daimler says that it is stopping development of new internal...
15Picks
ダイムラーのモデルベース開発を組み合わせた最新ドライビング・シミュレーターの全貌
Auto Prove - 自動車情報サイト「オートプルーブ」
|
ゲームソフトの「グランツーリスモ」シリーズは、ご存知のようにドライビング・シミュレーターと呼ばれるソフトウェアだ。リアルなクルマの動きと、リアルな表示画面により、実際に自分が運転しているような感覚を楽しむことができるソフトだ。
26Picks
【ベンツあるある】ベンツのクラス別女子からの反応が面白すぎるwww
こぐま速報
|
メルセデスベンツの女子受けするクラスがついに判明!?クラス別での女子からの反応が面白すぎると話題になっていますwww
26Picks
なぜ非行少年たちは“ケーキを3等分出来ない”のか――医療少年院で受けた衝撃
文春オンライン
|
丸い円が描かれた紙があり、「ここに丸いケーキがあります。3人で食べるとしたらどうやって切りますか?皆が平等になるように切ってください」と出題されたら、多くの人がメルセデス・ベンツのロゴマークのように線…
11Picks
【自動車×AI最前線】非ディープラーニング自動運転用アルゴリズム【人工知能最新論文】
アイブン
|
ラスベガスのメルセデスベンツは自動車専用の新しい処理システムを開発することにより、次世代のAI搭載車のビジョン…
22Picks
DeNAなどが新カーシェア、貸出料金実質0円の仕組み
ニュースイッチ
|
ディー・エヌ・エー(DeNA)とSOMPOホールディングス(HD)の共同事業会社「DeNASOMPOモビリティー」は、貸出料金を実質0円にしたカーシェアリングサービス「エニカオフィシャルシェアカー」
44Picks
レクサスが国内販売でベンツに勝てない理由
東洋経済オンライン
|
レクサスはトヨタが展開する高級車のブランドで、1989年に北米で誕生した。その後16年を経て、2005年8月に日本国内でも営業を始めている。今では国内の営業開始から14年が経過し、レクサスも認知度を高めたといわ…
30Picks
ベンツ社長が40代でトライアスロン始めたワケ - 海外出張年200日「現地で走る」
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
クルマや電車……。快適に移動する手段を提供する業界に携わる経営者は、意外にも自らの体を動かすことを好んでいた。経営者の1週間の平均…
255Picks
自動車の生みの親、メルセデスがEVに込める「本気度」
NewsPicks Brand Design
|
2019年7月、メルセデス・ベンツが初のバッテリー電気自動車(EV)である「EQC」を、欧米に続き日本でローンチした。EVは実際の販売台数よりも話題性のほうが先行しており、イノベーターや限られた...
12Picks
自動車産業の未来図描く「CASE」にダイムラーが込めたものとは
日経BizGate
|
「CASE(ケース)」は、100年ぶりの岐路に立っていると言われる自動車産業が苦境打開に向け選択した戦略で、「C=Connected(コネクティッド=ネットワークへ常時接続したつながるクルマ)」「A=Autonomous(自動運転)」「S=Shared&Service(シェア…
42Picks
トラックで国内初、三菱ふそうが自動運転「レベル2」実現
ニュースイッチ
|
三菱ふそうトラック・バスが2019年秋に発売する大型トラック「スーパーグレート」は、ハンドルの操作や加減速をシステムが担う「レベル2」の自動運転技術を搭載する。トラックでは国内初。親会社の独ダイムラーと開発した自動運転技術を生かし、安全機能を拡充する。商用車各社で自動運転技術の開発が進む中で、先んじて商品化し、今後も開発もリードする考えだ。(文=山岸渉) 「まずお客さまの安全に重きを置いてい...
97Picks
ダイムラーとボッシュの無人駐車機能は人間の監督なしでの運用を認可
TechCrunch Japan
|
AIベースの自動運転システムが真に自律的なものになるための長い道のりの上で、私たちはまた新しいマイルストーンに達した。 このたびダイムラーとボッシュは、運転席に安全ドライバーを乗せることなく、その自律無人駐車機能を運用する認可を、ドイツの規制当局から得た。この認可が得られたのは、両社が同技術に対して共同作業を始めて4年後のことだ。 「規制当局によるこの決定は、自動駐車サービスのようなイノベー...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ