新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD34ABJ6394GOAK

株式会社 NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(NTTドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大手の移動体通信事業者(MNO)である。日本電信電話(NTT)の完全子会社。 ウィキペディア
東京都千代田区永田町2丁目11番1号山王パークタワー
03-5156-1111
詳細を見る
概要
1968年(昭和43年)7月1日に、日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始した事がNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年(平成2年)2月に、日本国政府の措置として日本電信電話株式会社から「移動体通信業務の分離」が決定し、1991年(平成3年)8月14日に「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」が設立、1993年(平成5年)7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。2008年(平成20年)7月に各地域会社を合併し、全国1社体制となった。それまではNTTドコモグループを統括する中核会社であり、同時に関東地方および甲信越地方を管轄する事業会社でもあった。NTTドコモグループ全般と区別するために、この会社を指す際には便宜的に「(NTT) ドコモ中央」とも呼ばれていた。合わせてコーポレートロゴマークも旧来の「NTT DoCoMo」から現在の「NTT docomo」に改められた。2010年(平成22年)に正式の英文名を「NTT DoCoMo, Inc.」から「NTT DOCOMO, INC.」に変更した。また2013年(平成25年)10月1日に、商号を「エヌ・ティ・ティ・ドコモ」から、これまで通称社名として使用してきた「NTTドコモ」に統一した。

2020年(令和2年)現在では、W-CDMA・HSPAを用いた「FOMA」(第3・第3.5世代移動通信システム、2001年(平成13年)サービス開始)、LTEを用いた「Xi」(第3.9世代移動通信システム、2010年(平成22年)サービス開始)、LTE-Advancedを用いた「PREMIUM 4G」(第4世代移動通信システム、2015年(平成27年)サービス開始)、5G NRを用いた「docomo 5G」(第5世代移動通信システム、2020年(令和2年)サービス開始)による携帯電話事業を中心として各種事業を展開している。

NTTが発行済株式の100%を所有しており、同社の連結子会社(金融商品取引法上の特定子会社)である。NTTグループの営業利益の7割を稼ぎ出す稼ぎ頭でもある。ただし、「日本電信電話株式会社等に関する法律」(通称: NTT法)は当社には適用されず、特殊会社でもない。

かつて手がけていた「PHSサービス」は2008年(平成20年)1月7日、またPDCを用いた「シティフォン」(東名阪限定、1.5GHz帯第2世代移動通信システム)は2008年(平成20年)6月30日、「mova」「DoPa」(第2世代移動通信システム)は2012年(平成24年)3月31日にサービスを終了した。

2020年9月、NTTドコモの競争力強化と成長、並びにNTTグループ全体の成長を目指す観点から、統括持ち株会社のNTTがドコモの完全子会社化を発表し、その際に次の4つの目指す方向性を示した。
・リモートワールドを考慮した新サービスの展開・提供
・リソースの集中化とDXの推進
・世界規模での研究開発の推進
・スマートライフ事業など新規事業の強化
これらの目指す方向性を実現させるにはグループ横断での経営資源の戦略的な活用と、意志決定の迅速化が必要ということで、NTTがドコモを完全子会社化するとともに、NTTコミュニケーションズ(以下NTTコムと表記)、NTTコムウェアなどのグループ各社の能力も活用しながら、6G時代を見据えた通信基盤整備の拡充や、新たなソリューションサービスの提供を推進し、ドコモの成長をNTTグループ全体の成長を図ることを目指している

2022年、それまでグローバル持株会社のNTT,Inc.傘下にあった長距離通信事業会社・NTTコムをドコモが完全子会社化し、NTTグループ内のモバイル・長距離通信事業はドコモグループが事実上一元管理する形となった。またこの事業の再編により、大きく
・法人事業
・スマートライフ事業
・通信事業
・ソフトウェアー開発
の4つの事業を柱とする事業内容の再編と明確化も併せて進めていくことになった。

具体的には、
・法人向け事業としては、新たに「ドコモビジネス」という法人向け事業ブランドを立ち上げ、NTTコムに法人向け事業を一元化することで、大企業から中小企業などに至るすべての法人をワンストップでサポートする営業体制を整え、5GやIoTなどの先端ソリューションズを提供するため、新たにNTTコムの地域支社を北海道、東北、北陸、東海、関西、中国、四国、九州の8地域に設置する。またNTTコム本社内に「ソリューション&マーケッティング本部」を新たに新設することにし、さらにNTTコムの子会社「(株)ドコモビジネスソリューションズ」を設立。そこに現在の(株)ドコモCSの本社と8地域会社、ドコモ・サポート(株)の法人事業、NTTコムの一部支店、NTTコムマーケティング(株)の事業を統合する。また同様にNTTコム本社内に先端ソリューション提供の強化を目的とした「5G&IoTサービス部」も設立させる。
・スマートライフ事業としては、NTTぷらら(株)をドコモへ吸収合併させ、そのうえで双方の映像コンテンツ事業を強化し、両社の持つ映像技術、コンテンツ、会員基盤を融合させ、映像・エンタメ領域での新たなサービスの拡大に努める
・通信事業として、NTTコムとNTTコムエンジニアリングのネットワークインフラ事業をドコモ・ドコモCSに一元化し、移動体と固定のネットワークの統合・教養・企画から運営までのマネジメントを一元化。より高品質で経済的なネットワークや移動・固定融合サービスの提供、さらに6G・IOWNの実現・進化を加速化させる。また、NTTコムの伝送・電力設備、ネットワークインフラの各種メンテナンスをドコモ、NTTコムエンジニアリングのネットワークインフラ関連業務はドコモCSにそれぞれ移管させる。
・またNTTコムが行っているコンシューマー営業事業をエヌ・ティ・ティレゾナント(株)に移行し、ドコモのコンシューマー営業戦略の下で経営方針を統一化して、意思・疎通決定の迅速化、多様化する料金・サービスの提供や販売チャネルの変革など、顧客基盤の拡大を促す。これは2022年7月1日から移行することになり、NTTコムが提供している一連のOCNのサービス(パソコン用のインターネット通信、OCNモバイルONEなども含む)も移行することが決まっている。
・ソフトウェアー開発部門としては、ドコモシステムズをNTTコムウェア(株)へ吸収合併させ、ドコモグループのソフトウェアー開発から運用までに至る一元的な実行体制を整備し、スマートライフや法人事業による革新的なサービスをいち早く創出させ、NTTグループ・ドコモグループ全体のDX加速も進めさせて、顧客に提供する

2021年(令和3年)7月からのブランドスローガンは「あなたと世界を変えていく。」。
代表者
代表取締役社長 井伊 基之
設立年月日
1991-08
従業員数
27,558 人
上場年月日
1998-10-22
平均年齢
40 歳
上場廃止年月日
2020-12-25
平均年収
8,704,000 円
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
どこから始める働き方改革 老舗企業にならう「推進の一手」
NewsPicks +d編集部
|
後継問題や、社員の高齢化、事業の停滞など日本の多くの中小企業が課題を抱え、事業をたたんでしまうことも多い昨今。創業110周年を迎えるオカモトヤは、働き方改革によって、そういった壁ひとつひとつを乗...
99Picks
NURO光、「遅すぎ」批判で宣伝文を変更? 「混み合う時間帯も高速!」消える...ソニーの見解は
J-CAST ニュース
|
批判を浴びて惹句変更?――。インターネット回線サービス「NURO光」のウェブサイトにあった「混み合う時間帯も高速!」との宣伝文が、2022年9月中旬までに削除された。同時期にSNSでは、利用者から回線速度への苦情が複数書き込まれていた。提供するソニーネットワークコミュニケーションズは関連性について「お客様のわかりやすさとサービスの訴求事項のバランスを見ながら随時更新しております」と説明する。関東で
32Picks
ドコモがメタバース運営の新会社 600億円を投資、収益多角化
共同通信
|
NTTドコモは28日、インターネット上の仮想空間「メタバース」の運営などを手がける新会社「NTTコノ...
16Picks
【香川】無駄を出さないサステナブルな「てぶくろ屋さん」
NewsPicks +d編集部
|
アパレル業界が直面している問題が、大量の衣服の売れ残りやB級商品の処分です。そうした大量生産、大量消費の問題を、SDGsへの取り組みの中で解決していこうという動きが始まっています。香川県の手ぶく...
92Picks
ドコモ「出張販売」監視へ 覆面調査で不適切な勧誘防止
共同通信
|
NTTドコモが、代理店によるショッピングセンターなどでの「出張販売」に覆面調査を実施し、不適切な契約...
440Picks
「格」を下げる楽天と三木谷氏、苦戦するモバイル事業の行方は
ビジネス+IT
|
格付機関大手のS&Pグルーバル(以下S&P)が、楽天グループの長期発行体格付を引き下げる方向であることを公表しました。現在の格付ダブルB+から1ランクの格下げとなる見通しです。S&Pは昨年7月にも、楽天の格付けをトリプルB-から1ランク引き下げており、2年連続での格付引き下げとなります。直近では三木谷社長の酒席の様子が英FTで取り上げられるなど、思わぬ所で注目を集めている同社ですが、長引くモ...
173Picks
今が最後のチャンス!高性能なのに手頃な価格とサイズ感が魅力の「iPhone 13 mini」を買うべき理由
@DIME アットダイム
|
iPhone 14が発表されました。新たに「iPhone 14 Plus」がラインアップに加わったのは、iPhone好きを喜ばせましたが、一方で悲しいお知らせも……何と、iPhone 14シリーズに〝mini〟はラインアップしませんでした。...
20Picks
【鳥取】都市部の専門人材を副業採用。ファミリーも魅了
NewsPicks +d編集部
|
旅先に仕事を持ち込み、仕事とプライベートの双方を満喫するワーケーション。せっかくなら家族で出かけ、現地で仕事もしたい。子どもの夏休み中には、特にそうした需要も高まりますが、その際にネックとなるの...
56Picks
【新潟】建設業の“仕事”を変えた「ホロストラクション」の実力
NewsPicks +d編集部
|
JR新潟駅から車で1時間弱。田んぼが続くのどかな風景のなか、最先端のデジタル技術を使って土木・建築を行う会社があります。1945(昭和20)年創業の小柳建設(本社・新潟県三条市)。昔ながらの価値...
11Picks
【新潟】DXを成功させた「社内改革」の正しい順序
NewsPicks +d編集部
|
昔ながらの価値観や流儀が根強い“アナログ”な建設業界において、しかも先端の技術や情報が集まりにくい地方で、DX(デジタル・トランスフォーメーション)をなし得た小柳建設(本社・新潟県三条市)。第2...
65Picks
日産・ドコモが連携、“つながる車”サービスでできること
ニュースイッチ
|
日産自動車とNTTドコモはコネクテッドカー(つながる車)サービスの提供で連携する。専用のアプリケーションを通じ、駐車場の検索、予約、カーナビゲーションシステムとの連携、支払いなどの機能を、スマートフォンで手軽に利用できるサービスを始めた。駐車場探しの負担を軽減し、日産車の利便性向上につなげる。 日産のつながる車サービス「ニッサン・コネクト」と、ドコモの駐車場予約サービス「スマート・パーキング...
175Picks
新型iPhone、4万円台も 国内携帯各社、予約開始
共同通信
|
携帯電話各社は9日、米アップルの新型iPhone「14」シリーズの予約開始に伴い自社での販売価格を発...
34Picks
【滋賀】大手銀行支店長のレールを蹴り、廃業予定の農園後継ぎに
NewsPicks +d編集部
|
滋賀・近江八幡市、浅小井(あさごい)にて最先端のハウス栽培に取り組むGAP認証農場「浅小井農園」。ブランド名は「朝恋トマト」。「浅小井」から転じたキャッチーなネーミングと、安定して届けられるこだ...
88Picks
NTT、サービス改善へ検証部署 年内新設
産経ニュース
|
NTTがグループのサービス改善に向け、他社の同様のサービスと比較検証する専門部署を年内に立ち上げることが4日、関係者への取材でわかった。スマートフォンのQR決済やクレジットカードなど、NTTグループには他社と競合するサービスも多いが、利用者数や使い勝手などで課題を抱えている。持株会社のNTTに検証部署を置くことでグループ内の多数のサービスを客観的視点で検証し、利用者満足度の向上などにつなげる...
147Picks
「1年以内のプラチナバンド再割当て」求める楽天モバイル、競合3社を痛烈批判--焦り鮮明
CNET Japan
|
総務省は2022年8月30日、「携帯電話用周波数の再割当てに係る円滑な移行に関するタスクフォース」の第10回会合を実施。議論の中心となっているプラチナバンドの再割当てを巡っては、楽天モバイルが強い口調で1年以内の再割当てを要求、現在求めている3社のプラチナバンドの1部割当てが実現しなければ、いずれか1社、2社からの割当てを求める方針を示すなど強硬な姿勢を打ち出していたが、そこには何が影響して...
65Picks
9月に発表予定の「iPhone14」、約5割は買わないと回答…購入検討している4割超が「10万円以内なら購入したい」
まいどなニュース
|
9月のApple新製品発表会は盛況になるのでしょうか? ※画像はイメージです(saiko3p/stock.adobe.com) 日本時間の2022年9月8日午前2時に開催されるApple新製品発表会では、iPhone14の発表が見込...
29Picks
【千羽鶴をリサイクル】真のエコを考えたらゴミの概念が変わった
NewsPicks +d編集部
|
世界的に脱プラへの動きが高まる中、プラスチックに代わるサステナブルな新素材として注目を集めている「PAPLUS®(パプラス)」。原料は紙と、トウモロコシやサトウキビ搾汁のデンプンを発酵して得られ...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ