新着Pick
SPD34ABJ6394GOAK

株式会社 NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
東京都千代田区永田町2丁目11番1号山王パークタワー
03-5156-1111
詳細を見る
概要
1968年(昭和43年)7月1日に、日本電信電話公社が移動体通信サービスポケットベルを開始した事がNTTドコモの起源となる。電電公社民営化後の1990年(平成2年)2月に、日本国政府の措置として日本電信電話株式会社から「移動体通信業務の分離」が決定し、1991年(平成3年)8月14日に「エヌ・ティ・ティ・移動通信企画株式会社」が設立、1993年(平成5年)7月の分社化とともに「NTTドコモ」のブランドでサービスを行なっている。

東京証券取引所などに上場する公開会社であるが、NTTが発行済株式の6割強(66.64%)を所有しており、同社の連結子会社(金融商品取引法上の特定子会社)である。NTTドコモはNTTグループの営業利益の7割を稼ぎ出す。「日本電信電話株式会社等に関する法律」(NTT法)は当社には適用されない(特殊会社ではない)。

「"docomo"」の名称は「"Do Communications over the Mobile network"」(移動通信網で実現する、積極的で豊かなコミュニケーション)の頭文字を綴ったものである。2015年(平成27年)1月からのブランドスローガンは「いつか、あたりまえになることを。」。

2008年(平成20年)7月に各地域会社を合併し、全国1社体制となった。それまではNTTドコモグループを統括する中核会社であり、同時に関東地方および甲信越地方を管轄する事業会社でもあった。NTTドコモグループ全般と区別するために、この会社を指す際には便宜的に「(NTT) ドコモ中央」とも呼ばれていた。合わせてコーポレートロゴマークも旧来の「NTT DoCoMo」から現在の「NTT docomo」に改められた。2010年(平成22年)に正式の英文名を「NTT DoCoMo, Inc.」から「NTT DOCOMO, INC.」に変更した。

また2013年(平成25年)10月1日に、商号を「エヌ・ティ・ティ・ドコモ」から、これまで通称社名として使用してきた「NTTドコモ」に統一した。口座振替のお知らせ・ご利用料金のご案内など紙の請求書は有料化された。

2018年(平成30年)現在では、W-CDMA・HSPAを用いた「FOMA」(第3・第3.5世代移動通信システム、2001年(平成13年)サービス開始)、LTEを用いた「Xi」(第3.9世代移動通信システム、2010年(平成22年)サービス開始)、LTE-Advancedを用いた「PREMIUM 4G」(第4世代移動通信システム、2015年(平成27年)サービス開始)による携帯電話事業を中心として各種事業を展開している。

かつて手がけていた「PHSサービス」は2008年(平成20年)1月7日、またPDCを用いた「mova」「DoPa」(第2世代移動通信システム)は2012年(平成24年)3月31日 にサービスを終了した。

また2020年(令和2年)春から、第5世代移動通信システムのサービス提供開始を予定している。
代表者
代表取締役社長 吉澤 和弘
設立年月日
1991-08
従業員数
26,564 人
上場年月日
1998-10-22
平均年齢
40 歳
平均年収
8,720,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),シンガポール証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
ハンバーグ専用スマホカバー、ドコモが開発 鉄板の油ハネ防止
ITmedia NEWS
|
NTTドコモが、鉄板焼きハンバーグの油ハネを防ぐスマホカバーを開発。2月29日にゴールドラッシュ池袋店とステーキ宮八王子松木店で無料配布する。
8Picks
ドコモ、ご祝儀をキャッシュレス化させた「#キャッシュレスご祝儀 チャレンジ」の模様を動画で公開
CreatorZine
|
NTTドコモ(以下、ドコモ)は、現金払いの代表的な慣習のひとつであるご祝儀に着目。実際の結婚式で、「d払い」を活用しご祝儀をキャッシュレス化させた取り...
16Picks
【経営学】事例から学ぶデジタル・トランスフォーメーション
gacco
|
立命館大学が提供するデジタルトランスフォーメーション講座。 大手からベンチャーまで企業の実践事例を通じて技術経営を学ぶ。 無料で学べる「ドコモgacco」にて受講生募集中。
1Pick
シスコ、NTTドコモの5Gサービス向けにNCSルーターとセグメントルーティング技術を提供
ZDNet Japan
|
シスコシステムズは、NTTドコモの5G(第5世代移動体通信システム)向けモバイルバックホールの最適化を支えるネットワークのスライシング技術として、「Cisco Network Convergence System(NCS)ルーター」とセグメントルーティング技術を提供した。
16Picks
ドコモら、暗号と AIで「スマート農業」における栽培実験開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
静岡大学、NTT、ドコモは、高品質な野菜を安心・安全かつ効率的に栽培できるシステムの実証実験を行うことを発表した。 実証実験は、ドコモが提供する営農支援プラットフォーム「畑アシスト(TM)」に、N…
161Picks
「なんとかPay」戦争の大勢は決した? いよいよ絞られた「4強」の共通点
文春オンライン
|
2年ほど前から盛り上がりを見せているスマホ決済サービス。しかし、スマホ決済サービスのパイオニア的存在であった「Origami」が事実上の経営破綻し、フリーマーケットアプリサービスの「メルカリ」に救済さ…
16Picks
NTTドコモと東京海上日動、三井住友海上……AIが保険を提案、一歩進んだ活用進む【インシュアテック】
CoinDesk Japan
|
保険業界でAIの活用が進んでいる。NTTドコモは、AIが保険商品を提案するサービス「AIほけん」を東京海上日動火災保険と共同で開発、2019年12月からサービスを始めた。三井住友海上火災保険は、代理店で顧客の保険をAIで分析し、保険を提案するサービスを始める。 これまで保険分野でのAI活用は、コールセンターの業務や、保険の引受から支払い履行までの業務(アンダーライティング)などを効率化する狙...
700Picks
ドコモとメルカリが提携へ ポイントとスマホ決済で
共同通信
|
ドコモとメルカリが提携へ NTTドコモとメルカリがキャッシュレス決済の分野で業務提携することが3日、分かった。ドコモの共通ポイ...
(28件の記事)
16Picks
【3分で解説】メルカリとドコモ、両社の提携がもたらす「5つの相乗効果」とは
Forbes JAPAN
|
メルカリ、メルペイ、NTTドコモの3社は2月4日、キャッシュレス推進や新規事業などで業務提携をすることを発表した。ユーザーIDの連携やコード決済のメルペイとd払いの共通化に加え、さらなるFinTechサービスなどの新規事業開発も検討する。メ・・・
12Picks
ドコモとメルカリの「決済事業の提携」は生き残りへの道か?4つの疑問を整理した
Business Insider Japan
|
NTTドコモとメルカリは2月4日、業務提携を正式に発表。決済を含めた計5項目における分野で両社は互いの開発や加盟店開拓などの人的リソース、各種購買データなどを共有して活用する。 ・アカウント連携:「メルカリID」と「dアカウント」が連携可能に ・メルカリがdポイント加盟店に:2020年5月以降、ア...
17Picks
ドコモとメルカリが提携する狙いとは? 背後に「ヤフーとLINE」「KDDIとローソン」の脅威
ITmedia NEWS
|
NTTドコモ、メルカリ、メルペイが業務提携を正式発表。5月に会員サービス「dアカウント」「メルカリID」を連携させ、以降はキャッシュレス決済とポイントサービスの分野で協業する。その狙いと背景とは?
10Picks
ドコモとメルカリ、ポイント連携か メルカリ「検討は事実」
BCN+R
|
NTTドコモとメルカリがポイントサービスなどで連携する方針を固めたと、日本経済新聞が報じた。メルカリのフリマアプリで「dポイント」を使えるようにするほか、スマートフォン決済サービスの加盟店の共同開拓なども検討するという。
221Picks
dポイントかPontaか 決済事業でドコモとauの戦いが激化——2社の決算を読み解く
ITmedia Mobile
|
NTTドコモとKDDIの第3四半期決算が出そろった。2社とも、料金値下げや純増数の低下に伴い、通信料収入は減少傾向にある。好調なのは非通信事業で、ポイントも含む金融・決済事業で、2社の戦いが激化しつつあることがうかがえる。
167Picks
ドコモとリクルートが業務提携 リクルートグループのサービスで「dポイント」がたまる(2020年度第3四半期から)
ITmedia Mobile
|
NTTドコモとリクルートが、Webサービスに関する業務提携契約と、中小個店向けの業務・経営支援サービスの展開に関する基本合意書を締結。リクルートグループのWebサービスにおいて、2020年度第3四半期をめどに「dポイント」がたまるようになる他、一部の「Airペイ」加盟店でも2020年4月をめどにdポイントに対応する。
11Picks
徳島拠点の電脳交通がJapanTaxiやドコモ・JR西のCVCなどから2.2億円調達、タクシーを軸に交通空白地帯の解消目指す
TechCrunch Japan
|
徳島を拠点とする電脳交通は、第三者割当増資による2.2億円の資金調達を発表した。引受先は既存株主である、JapanTaxi、NTTドコモ・ベンチャーズ、JR西日本イノベーションズ、ブロードバンドタワー、個人投資家。NTTドコモ・ベンチャーズはNTTドコモの、JR西日本イノベーションズは西日本旅客鉄道(JR西日本)の100%子会社のCVCだ。2018年にこれらの株主から約1.8億円の資金を調達...
585Picks
au PAY、他社ユーザーでも20%還元する“毎週10億円”キャンペーン--最大7万円付与
CNET Japan
|
KDDIは1月28日、スマートフォン決済サービス「au PAY」を利用することで、2月10日〜3月29日の期間中、決済額の最大20%、最大7万円相当のポイントを還元する「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」を開始すると発表した。キャリアに縛りはなく、ドコモやソフトバンクユーザーなどでも参加できる。
312Picks
NTTドコモが「6G戦争」で米中を打ち負かすための「絶対条件」
マネー現代
|
5G(第5世代移動通信システム)の開発と商用化で出遅れた反省から、2030年代の実用化が見込まれる6G(第6世代移動通信システム)の標準化に官民を挙げて取り組もうという機運が盛り上がっている。米中覇権戦争の次の主戦場とも目されるこの分野で、果たして日本はかつてのような存在感を取り戻せるのか。そのためには、NTTドコモを筆頭とする日本勢はどのような競争に勝ち抜く必要があるのか。
14Picks
完全に5Gの上位互換。ドコモはもう6Gを見据えています
ギズモード・ジャパン
|
Image:NTTドコモ意外とあっという間な気がする。日本では2020年から次世代通信技術「5G」の展開が始まります。しかし、なんとも気の早いことに、NTTドコモはその次にやってくる「6G」の技術コンセプトを公開しているんです。ドコモによれば、6Gは2030年頃にサービスが展開されるそう。なんでも、通信技術はおよそ10年おきに刷新されるそうな。そして6Gでは、100GHz超の高い周波数帯の使用が想
15Picks
ファミマで40倍、ローソンで20倍――「dポイント」をコンビニ大手で大量付与する新キャンペーン
ITmedia NEWS
|
NTTドコモが、ファミリーマートとローソンと組んで「dポイント」関連の大型キャンペーンを始める。特定の条件を満たした顧客に対し、ファミマでは通常時の40倍、ローソンでは通常時の20倍のポイントを付与。さらなる会員増を目指す。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ