新着Pick
SPD33DCGRSI7BRSM

株式会社 クボタ

株式会社クボタ(英語: Kubota Corporation)は、大阪府大阪市浪速区に本社を置く産業機械(農業機械、建設機械等)、建築材料、鉄管、産業用ディーゼルエンジンのメーカーである。農機メーカーとしては国内首位、世界でも3位である。 ウィキペディア
東京都中央区京橋二丁目1番3号 京橋トラストタワー
03-3245-3111
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 木股 昌俊
設立年月日
1930-12
従業員数
40,202 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
40 歳
平均年収
7,938,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
18Picks
【無料】企業研究NEXT/中田敦彦がクボタを徹底研究
NewsPicks
|
中田敦彦の企業研究「NEXT」に新シリーズが登場。現役社員をスタジオにプラスする、その名も「NEXT plus」。今回は農業機械メーカーとして名高い「クボタ」を取り上げます。「クボタ」の成長を支える、知られざる事業の柱とは?これを観れば、あなたの「クボタ」のイメージは180度変わります。 【この番組はスポンサードコンテンツです】
659Picks
コマツは完全無人、クボタは自動田植機。建機・農機の自動化が止まらない!
ニュースイッチ
|
日本の生産年齢人口の減少とともに、社会全体で人手不足が叫ばれている。とりわけ、建設、農業といった現場の労働力不足は深刻で、対策は待ったなしだ。そんな中、建設機械・農業機械メーカー各社がこれまでの技術
672Picks
「スマート農業」加速 自動運転、ドローンなど活用して作業効率化
産経ニュース
|
クボタやヤンマーなど農機大手が、ITを使った管理システムや新型機を通じた農家への支援事業を強化している。就農者の減少や輸入農産物の増加などに伴う国内の農機市場の先細り懸念が強まる中、作業の効率化や省力化、コスト削減を図ることで、農家の経営を後押しして市場の縮小を食い止めるのが狙いだ。
293Picks
クボタが農業ドローン参入 農薬散布のコスト軽減
共同通信 47NEWS
|
クボタが農業ドローン参入 クボタは29日、空中から農薬を散布する農業用ドローン事業に参入すると発表した。2017年中ごろに販売を開始する。手間やコストの軽減メリットを大規模農家に売り込み、20年度には売上高20億円規模の事業に...
203Picks
廃校の運動場がイチゴ農園に!クボタのユニークな地方活性化
ニュースイッチ
|
閉校の運動場 閉校の運動場をイチゴ園に―。クボタが、トータルソリューション提案で、日本国内の農業が抱える経営課題解決に向けた取り組みを推進している。農業機械トップメーカーとしての総合力を生かし、全国13カ所で実証ファーム「クボタファーム」を展開する。中でもユニークな取り組みは、香川県三豊市で閉校となった小学校の運動場を活用するイチゴ園だ。 日本の農業の課題について、クボタアグリソリューション...
126Picks
「スマート農業」が拡散する、農業機械の誤ったイメージ
note(ノート)
|
最近、「下町ロケットで稲刈りしてる農機具を見たよ~」「最近クボタがめっちゃCMやってるよね!」などのお声掛けをして頂く機会が増えました。 最近色々なメディアや企業様のPRもあり、「農機具」「農業機械」というものの認知度が世間でも高まってきたような気がします。 日本は大手4社のトラクター市場を中心に動いている 第2回の記事を作成しようと思ったのもWeb記事がきっかけだったのですが、今回も同様に...
127Picks
クボタ、改ざん40年前から 社長ら報酬返上などの処分
共同通信
|
クボタ、検査データ改ざん約40年前から クボタは29日、鉄鋼メーカー向けに出荷している生産設備の部品で品質データを改ざんしていた問題で、少なくとも一部の不正は約40年前から行われていたと公表した。木股昌俊社長が役員報酬の30%を2カ月返上す...
124Picks
無人トラクタで田畑を耕し、収穫と同時に“味”を分析--クボタ流の「スマート農業」
CNET Japan
|
営農データや田畑の作業記録を蓄積して活用できる「クボタスマートアグリシステム」や、無人トラクタ「アグリロボトラクタ」など、ITによって農家の経営を支えているクボタ。同社が推し進める“スマート農業”は、日本の農業をどう変えるのか。
117Picks
クボタ、グローバル企業として2019年売上高2兆円に再挑戦
財経新聞
|
クボタが3日今期(2017年12月期)の第2四半期(1-6月)の業績を発表し、通期見通しの実現に向けて順調なスタートをきった。
83Picks
クボタの米とパナのサラダ、シンガポールで売る
日経ビジネスオンライン
|
海外で企業が新規事業として日本食の普及に力を入れている。日本国内では食ビジネスに取り組むイメージの薄い企業が日本産の食材の普及に取り組んでいる。
57Picks
ローソンが新潟市で農業用ドローンの実証実験を開始
マイナビニュース
|
ローソンとローソンファーム新潟は7月25日、大規模農業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されている新潟市と、農業用ドローンの取り扱いと操縦教習所を展開する新潟クボタと連携し、農業用ドローンによる水稲の薬剤散布の実証実験を8月から開始すると発表した。
57Picks
農業も無人で行なう時代。クボタ、無人運転農機などでNTTと提携へ
ギズモード・ジャパン
|
「生産者の○○さん」に、ロボットが載る未来が見える。 トラクターやコンバインなどを製造販売する、農業機械大手のクボタは、無人運転農機などの運用についてNTTと提携する見通しだと、日本経済新聞が報じて...
49Picks
農機各社が農業の効率化サービス クボタ、田んぼ細分化しデータ管理
産経ニュース
|
農業機械メーカーが、IoT(モノのインターネット)を使って農業を効率化する情報通信サービスを展開している。国内では農業の就労人口が減少する一方、5万平方メートル以上の大規模農地を運営する「プロ農家」が増加。省力化や低コスト化を推進し、農業をビジネス展開する傾向も強まっており、各社が売り込みを進めている。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ