新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD32A2BA2IOVVIU

株式会社バンダイナムコエンターテインメント

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(英語: BANDAI NAMCO Entertainment Inc.、略:BNEI、バンナム)は、コンシューマーゲームなどのゲームソフトの制作および開発を行う日本の企業。バンダイナムコホールディングスの完全子会社であり、バンダイナムコグループにおける中核企業の一つ。本社は東京都港区。 ウィキペディア
東京都港区芝5丁目37番8号
詳細を見る
概要
1955年6月1日に中村雅哉が有限会社中村製作所(なかむらせいさくじょ)を設立。1971年に「Nakamura Manufacturing Company」の略としてnamcoブランドの使用を開始し、1977年には社名もナムコと改めた(当時の英語名は「NAMCO LIMITED」)。

2005年6月25日の第50回定時株主総会でナムコとバンダイの経営統合の議案が可決承認され、上場会社としてのナムコは9月29日に幕を下ろし、以降は株式会社バンダイナムコホールディングスの子会社となった。

2006年3月31日、バンダイのゲーム部門を統合し、社名を株式会社バンダイナムコゲームスに変更した。バンダイナムコホールディングスにおいてゲーム部門を受け持つ企業としての立場を明確にした。

2008年4月1日、バンプレストのゲーム事業の譲受と共にバンプレストレーベルを新設。

それまではナムコから引き継いだものしかモバイルコンテンツを扱っていなかったが、2009年4月1日にバンダイネットワークスを吸収合併したため、バンダイナムコグループにおけるモバイルコンテンツは完全に自社管轄となった。同日、ナムコ・バンダイ・バンプレストの各レーベルごとの公式サイトと全レーベルの総合サイトの4つに分散していた公式サイトを統合し、「バンダイナムコゲームス公式サイト」としてリニューアルされた。サイト統合後は、全レーベルのタイトルを一貫して掲載しサイトへのレーベル表示も行わなくなった。このため、バンダイとバンプレストの統合前のゲームコンテンツの知的財産権が自社に移行され、それまでのバンダイレーベルのゲームソフトのコマーシャルはバンダイ本体に委託されていたが、それ以降から自社の管轄に移動された。

サイト統合以降もレーベル自体を統合した訳ではなく、パッケージ表面およびゲーム起動時に表示するロゴマークについては、各レーベルのものが使い分けられていた(ゲーム起動時に表示されるロゴマークは、2014年1月現在家庭用ゲームではバンダイナムコゲームスのロゴ、各レーベルのロゴの順。ただし「機動戦士ガンダム 戦場の絆」等の一部アーケード作品ではバンダイナムコゲームスレーベルのみ)。2014年4月1日以降に発売されるソフトについては各レーベル表記を廃し、バンダイナムコゲームスレーベルに完全統合された。

社名をそのままアルファベット表記するとBANDAI NAMCO Gamesであり、社名ロゴタイプも同様であるが、当初英文社名は「NAMCO BANDAI Games Inc.」(略称:NBGI)としていた。2014年4月1日より英文社名を日文と同様の「BANDAI NAMCO Games Inc.」(略称:BNGI)に変更した。なお日本国内では日本語社名の順序に従い、当初から「BNG」或いは「BNGI」と略する場合もあった。

2015年4月1日に、社名を「バンダイナムコゲームス」から「バンダイナムコエンターテインメント」 (BANDAI NAMCO Entertainment Inc.) (略称:BNEI)に変更した。

2018年4月1日に、アーケードゲーム事業を同日付でナムコから商号変更したバンダイナムコアミューズメントへ移管し、バンダイナムコエンターテインメントはコンシューマーゲーム、携帯電話コンテンツの開発、販売の開発に専念することになった。
代表者
代表取締役社長 宮河恭夫
設立年月日
1955-06-01
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
21Picks
IPで業績好調、バンダイナムコが「大ヒット」を連発できるワケ
マネー現代
|
「パックマン」「太鼓の達人」など人気ゲームをリリースしてきたバンダイナムコエンターテインメントを取材した。『機動戦士ガンダム』や『ドラゴンボール』などヒット作のゲーム化にも定評がある同社。率いるのはバンダイ時代に『美少女戦士セーラームーン』などの人気作品を送り出し、グループ会社のサンライズ社長もつとめたプロデューサー・宮河恭夫氏(63歳)だ。
408Picks
かめはめ波もマリオカートも 新宿に最大級VR体験施設
朝日新聞デジタル
|
バンダイナムコエンターテインメントは12日、東京・新宿に14日開業する国内最大級のVR(仮想現実)体験施設「VR ZONE(ゾーン) SHINJUKU(シンジュク)」を報道関係者に公開した。恐竜が襲…
319Picks
新宿のVR体験施設「VR ZONE」が7月14日オープン--マリオカートや攻殻機動隊の新作も
CNET Japan
|
バンダイナムコエンターテインメントは6月13日、新宿に開設するVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」について、7月14日にオープンすると発表。「マリオカート」や「ドラゴンボール」、「攻殻機動隊」といったIP(知的財産)を活用したものから、オリジナルまで多様なVRアクティビティを展開。また、国内外で多店舗展開していくことも明らかにした。
255Picks
女子高生の部屋を訪れる仮想ゲーム 開発の真意は
www.nikkei.com
|
 バンダイナムコゲームスが3次元のコンピューターグラフィックス(CG)を駆使して開発した最新コンテンツ「サマーレッスン」。ヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着した利用者が家庭教師になり、仮想現実
115Picks
ゲーム会社制作の教科書が異例のヒット?学力向上も?教育を変えるゲーミフィケーション - ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
バンダイナムコゲームスが制作した教科書(「バンダイナムコホールディングス HP」より) 小学校や大学といった教育現場で、「ゲーミフィケーション」と呼ばれるゲーム…
86Picks
どこでもドアを再現した「ドラえもんVR」を体験--「できたらいいな」がVRでできた
CNET Japan
|
バンダイナムコエンターテインメントは2月16日、ドラえもんをテーマとする体感型VRアクティビティ「ドラえもんVR『どこでもドア』」をメディア向けに公開。ドアを開けたら寒さを感じる南極へ……。「できたらいいな」がVRで実現したと思える体験をお伝えする。
80Picks
「かめはめ波」が撃てるVR施設、歌舞伎町に今夏誕生
ITmedia ビジネスオンライン
|
バンダイナムコエンターテインメントが、7月14日から新宿・歌舞伎町にVR施設「VR ZONE Shinjuku」をオープンする。人気漫画「ドラゴンボール」に登場する「かめはめ波」を撃てるアクティビティーなどを提供していく。
69Picks
バンナム、パックマンなど17タイトルのIPをオープン化へ--国内クリエイターに開放
CNET Japan
|
バンダイナムコゲームスは3月31日、同社の保有するゲームタイトルのIP(知的財産)を、国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを4月下旬より開始することを発表した。「パックマン」、「ギャラクシアン」、「ゼビウス」、「マッピー」などといった全17タイトルについて、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供を行うとしている。
49Picks
AIゲームのHEROZがバンダイナムコと提携、ポケモンGo並のヒットは出るか
TechCrunch Japan
|
 AI将棋「将棋ウォーズ」やAIチェスの「CHESS HEROZ」といったボードゲーム向けの人工知能ゲームの開発・運用で知られるHEROZは今日、バンダイナムコエンターテインメントとの資本業務提携を発表。HEROZはバンダイナムコを割当先とする第三者増資による資金調達を実施した、という。 Read More
43Picks
ゲーム界に多大な影響をもたらした作品の創造者・遠藤雅伸は、友の死を契機に研究者となった。すべては、日本のゲームのために
電ファミニコゲーマー - 褒められると伸びるゲームメディア
|
1980〜1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』。第13回は、1983年にナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)からリリースされた名作アーケードシューティングゲーム『ゼビウス』の生みの親でゲームクリエイターのレジェンド・遠藤雅伸さんをゲストにお...
32Picks
みんなが面白くないと思うものを面白くする創造力を持つことが、人生を、より豊かにする秘訣なのかもしれません。
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
『パックマン』『ゼビウス』などの名作を世に出し、コンピューターゲームの黎明期から業界を牽引してきたナムコ。現在、ゲームメーカーとしての機能はバンダイのゲーム部門と統合してバンダイナムコゲームスになり、ナムコはゲームセンターやテーマパークなど、アミューズメント施設の運営を行っている。ユーモアあふれる人柄の萩原仁社長(55歳)に聞いた。
31Picks
ゾンビ化したAKB48メンバーを撃つゲームに米国記者「抵抗を感じずにはいられない」
WIRED.jp 最新情報
|
ゾンビ化した「AKB48」メンバーを「愛のワクチン弾」で撃つ、バンダイナムコゲームスのアーケードゲーム「セーラーゾンビ」を、米国人記者がプレイしてみた。
21Picks
バンダイナムコ、VR体験できる研究施設オープン!
ニュースイッチ
|
バンダイナムコエンターテインメントは仮想現実(VR)技術で新たなエンターテインメントを開拓するプロジェクトを立ち上げる。VRなど最新技術と体感マシン開発技術を掛け合わせて、新たな「遊び」の提供を目指す。 これに伴い、4月15日から10月中旬までの期間限定でVRエンターテインメント研究施設を開設する。同施設で実際に体験した利用者の意見を生かしながら、VRの可能性を追求していく施設。場所はダイバ...
21Picks
凄すぎるVRゲーム体験!ナムコVR施設「VR ZONE」レポート - GAME Watch
GAME Watch
|
バンダイナムコエンターテインメントとナムコが4月15日に正式オープンする“VRエンターテインメント研究施設”「VR ZONE Project i Can」が凄すぎる! 正式オープンに先立つ4月11日に開催されたプレス向け体験会で、本施設で展開する6つのコンテンツを体験することができたので早速ご報告しよう。
17Picks
『サマーレッスン』開発秘話からVRの未来まで――原田勝弘氏&玉置絢氏に直撃!【インタビュー】 - ファミ通.com
ファミ通.com
|
『サマーレッスン』(仮題)の開発を手掛けるバンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏と玉置絢氏に、VRに関するさまざまなお話しを伺った。
14Picks
バンナム、『ジョジョの奇妙な冒険 SS』が配信開始わずか10日間で100万DL突破ーッ!!5日間連続で「ダイヤ」を贈呈…ブラボー…おぉ…ブラボー!
Social Game Info
|
バンダイナムコゲームス<7832>は、スマートフォン向けアプリ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』のダウンロード数が、配信開始わずか10日間で100万DL突破したことを発表した。さらに本日より100万DL突破を記念した「100万DL突破キャンペーン」 にて、5日間連続でゲーム内にて使用できる「ダイヤ」を毎日1個プレゼント。本作は、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』を題材にしたスマート...
14Picks
バンダイナムコゲームス、社名を「バンダイナムコエンターテインメント」に変更へ
CNET Japan
|
バンダイナムコゲームスは12月17日、同社の社名を2015年4月1日より変更することを発表した。新社名は「株式会社バンダイナムコエンターテインメント(BANDAI NAMCO Entertainment Inc.)」としている。
12Picks
【App Storeランキング(3/19)】世界5000万DL突破の『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』が首位! DMM『刀剣乱舞』も初のTOP10入り!
Social Game Info
|
3月19日12時現在のApp Storeの売上ランキング(ゲームカテゴリー)は、上位陣に動きがあった。バンダイナムコエンターテインメントとアカツキ<3932>の『ドラゴンボールZドッカンバトル』が再び首位を獲得し、コナミデジタルエンタテインメント『実況パワフルプロ野球』が2位、ミクシィ『モンスターストライク』が3位に続いた。『ドラゴンボールZドッカンバトル』では、昨日より、全世界累計5000...
11Picks
PS VRに「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」が登場ッ!
ギズモード・ジャパン
|
これが、これがVRで見たかったんだ。 バンダイナムコエンターテインメントが、PlayStation VR専用タイトル「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」を2016年...
10Picks
DMM VR THEATERで“次元を超えた”アイマスMRライブ--双方向の対話コミュも
CNET Japan
|
バンダイナムコエンターテインメントは、DMM VR THEATERにて「アイドルマスター」のキャラクターによるホログラフィックライブイベント「THE IDOLM@STER MR ST@GE!! MUSIC♪GROOVE☆」を、4月30日から開始。バックダンサーとの共演や観客との対話など“次元を超えた”ステージが展開された。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ