新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD316Z3XJFJQR2P

マレリ 株式会社

カルソニックカンセイ株式会社(英語: Calsonic Kansei Corporation)は、日本の大手自動車部品メーカー。1938年創立。 ウィキペディア
埼玉県さいたま市北区日進町二丁目1917番地
048-660-2161
詳細を見る
概要
1938年に日本ラヂヱーター製造株式會社として創立。自動車用ラジエーターの分野では、「日本ラヂヱーター株式会社」の時代から高いシェアを誇り、当時はニチラの通称で親しまれていた。1988年にカルソニック株式会社と社名を変更した後、2000年に日産系の自動車部品メーカーである株式会社カンセイと合併し、現在の社名となった。

2018年にフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の自動車部品部門、マニエッティ・マレリを買収し、自動車サプライヤー売上高は世界第7位である。大手自動車部品会社としてグループ企業も有しており、2017年3月31日時点で34の子会社と、14の持分法適用関連会社がある。
代表者
代表取締役社長 ベダ・ボルゼニウス
設立年月日
1938-08-25
従業員数
21,987 人
上場年月日
1962-02-01
平均年齢
44 歳
上場廃止年月日
2017-05-08
平均年収
6,238,000 円
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
カルソニックカンセイが新生「マレリ」で22年に上場へ
ニュースイッチ
|
カルソニックカンセイ(さいたま市北区)が2022年をめどに、東京証券取引所への上場を目指していることが分かった。同社親会社のマニエッティ・マレリCKホールディングスの全株式を保有する米プライベート・エクイティ(未公開株)投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)のイグジット(資金回収)とみられる。マニエッティは現在、カルソカンなど傘下の自動車部品メーカー2社の事業統合や組織再編...
256Picks
自動車部品の再編に拍車、迫られるビジネスモデルの変化
ニュースイッチ
|
自動車部品業界で再編の動きが目立ってきた。特に海外部品メーカーと日系部品メーカーが手を組む動きが顕著だ。仏フォルシアによるクラリオンの買収ほか、カルソニックカンセイは10月下旬、欧米自動車大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の自動車部品部門、伊マニエッティ・マレリの買収を決めた。 「活躍の場が大いに増える。チャンスをつかもう」。クラリオンの川端敦社長は26日の午後、さい...
111Picks
フィアットがカルソニックにマレリ部門を売却へ-62億ユーロで
Bloomberg
|
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は自動車部品部門マニエッティ・マレリについて、プライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社KKR傘下のカルソニックカンセイに62億ユーロ(約8040億円)で売却することで合意した。
78Picks
サムスン電子、フィアット系部品メーカーの事業買収で協議-関係者
Bloomberg
|
(Bloomberg) --韓国のサムスン電子はフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との間で、同社傘下の自動車部品メーカー、マニエッティ・マレリの事業全てもしくはその一部を買収するため協議している。交渉は進展した段階にある。事情に詳しい関係者が明らかにした。
13Picks
カルソカン、ファンド主導で再編へ。人員削減も検討
ニュースイッチ
|
カルソニックカンセイは22日、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の自動車部品部門のマニエッティ・マレリを約62億ユーロ(約8060億円)で買収すると発表した。カルソニックカンセイを傘下に持つ米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)の日本法人、KKRジャパン(東京都千代田区)の平野博文社長は同日、日刊工業新聞の取材に応じ、規模拡大とともにコスト削減にも取...
11Picks
驚愕の買収額8000億円 自動車部品大手カルソニックカンセイ、マニエッティ・マレリを買収 自動運転向けなど強化
自動運転ラボ
|
大手自動車部品メーカーのカルソニックカンセイ株式会社(本社:埼玉県さいたま市/代表取締役社長:ベダ・ボルゼニウス)は2018年10月22日、欧州の自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービル(FCA)の自動車部品部門であるマニエッティ・マレリ社を買収することを明らかにした。
9Picks
電気自動車は解決策ではない:フィアットのマルキオンネCEO – Bloomberg
www.bloomberg.co.jp
|
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は、新技術の台頭によって危機的状況を迎える自動車業界にとって、電気自動車は解決策にはならないと語った。同CEOは、同社の部品部門マニエッティ・マレリの分離を来年発表予定だとも発言。ブルームバーグのトマーゾ・エープハルトが北部イタリアで取材した。 (Source: Bloomberg)
6Picks
まさにクルマの眼。未来のヘッドライトはセンサーの塊になる #TMS2019
ギズモード・ジャパン
|
Photo:TaroKanamotoギラリとにらみをきかせてる。クルマのデザインを語るとき、よく話題になるのがヘッドライトです。よく人や動物の眼にたとえられ、フロントグリルとあわせてクルマの「顔」をカタチ造ってます。東京モーターショーでイタリアの自動車部品メーカー・マレリ(MARELLI)ブースに展示されていたのは、まさにクルマの「眼」となるパーツでした。ぱっと見は普通のヘッドライト+ウィンカーな
6Picks
マレリが排気管に取り付けるスピーカーを提案、官能的な排気音を実現
MONOist
|
マレリ(マニエッティ・マレリとカルソニックカンセイの統一ブランド)は「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展し、エンジン搭載車の排気チューニング音や電気自動車(EV)の接近警報音を再生する「アクティブサウンドデバイス」を紹介した。
6Picks
カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリ:経営統合により世界有数の独立自動車部品メーカーに
motor-fan.jp
|
フィアット・クライスラー・オートモービル・N.V. (FCA)は22日、マニエッティ・マレリを日本有数の自動車部品メーカーであるカルソニックカンセイの完全親会社であるCKホールディングスに売却することを発表した。本取引の完了後、CKホールディングスは、マニエッティ・マレリCKホールディングスに商号変更し、カルソニックカンセイとマニエッティ・マレリの事業の統合により、総売上高では世界第7位の独...
5Picks
FCA、自動車部品部門売却でカルソニックカンセイと合意=関係筋
Reuters
|
[ミラノ/ロンドン 21日 ロイター] - 自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>は、自動車部品部門マネッティ・マレリを米プライベートエクイティ(PE)投資会社KKR<KKR.N>傘下のカルソニックカンセイに売却することで合意した。関係筋2人が明らかにした。合意は22日に発表されるという。
5Picks
フィアット:部品部門の選択肢探る、サムスンと協議打ち切り-関係者
www.bloomberg.co.jp
|
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は傘下の自動車部品メーカー、マニエッティ・マレリをめぐる選択肢を検討している。マニエッティについては韓国のサムスン電子と提携を探る話し合いをしていたが、サムスンのスマートフォン発火問題の中で協議は打ち切られた。事情に詳しい関係者が明らかにした。
4Picks
路面にマークを描いてドライバーに注意喚起、マイバッハSクラスのヘッドランプ
MONOist
|
マレリ(MARELLI)は「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日~11月4日、東京ビッグサイト他)において、メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)「マイバッハSクラス」の最新モデルに採用されたヘッドランプを展示した。
4Picks
カルソニックカンセイ、マニエッティ・マレリはマレリ(MARELLI)に。車の未来を担うメガサプライヤー。ベダ・ボルゼニウスCEOに戦略聞く
ps.nikkei.co.jp
|
自動車部品大手のカルソニックカンセイとイタリアの同業マニエッティ・マレリは、経営統合を経て2019年10月、マレリ(MARELLI)に社名変更した。統合により自動車部品で世界トップ10入りのメガサプライヤーとなり、製品ラインアップが拡大。F1マシンへの貢献でも知られる高い技術力にシナジー効果が期待される。「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)で激変する自動車業界に果たす...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ