新着Pick
SPD2ZIGBAQPZ6O2X

株式会社 農業総合研究所

和歌山県和歌山市黒田17-4シャンドフルーレ
073-497-7077
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 堀内 寛
設立年月日
2007-10
従業員数
107 人
上場年月日
2016-06-16
平均年齢
32 歳
平均年収
3,653,000 円
上場市場
東証マザーズ
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
361Picks
サラリーマンから農業ベンチャー初の上場社長への軌跡
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
和歌山県発で昨年6月に農業ベンチャー初の上場会社となった株式会社農業総合研究所。今までの流通形態にはなかった、生産者である農家と消費者とを「農家の直売所」を通じて生産者の見える化を実現して安心して野菜や果物を購入できる仕組みを、ITの力を利用して全国の有力スーパーに1000店舗に展開しています。
67Picks
年収1億円の農家を生む「直売所」の奇跡 - 農業ベンチャーとして初の上場へ
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
約1100店のスーパーにある「農家の直売所」をご存じだろうか。2016年に農業ベンチャーとして初の株式上場を果たした農業総合研究所が運営す…
38Picks
透明で紫外線を99%遮蔽する農業向けフィルム、期待の用途は?
ニュースイッチ
|
産業技術総合研究所と森林研究・整備機構森林総合研究所は、植物由来の高分子「リグニン」と粘土成分からなる農業向けフィルムを開発した。透明だが紫外線を99%遮蔽(しゃへい)し、水分は通過させる。紫外線に虫が集まる習性を利用して病害虫の進入を防げると期待される。 植物と鉱物由来成分で構成され、使用後は土に混ぜ込んで処分できると見込まれる。植物から酵素を用いてリグニンを抽出する。強酸や強アルカリを使...
40Picks
【農業総合研究所】農家から八百屋への転身を経て、農業スタートアップを創業 Vol.1
シニフィアンスタイル
|
2007年創業の農業総合研究所は、生産者と販売者(スーパーマーケット)の双方にメリットがある流通プラットフォーム「農家の直売所」を展開。生産者が自ら販売価格や販売先を決めて出荷する仕組みを作ることによって、農業従事者を農業経営者へと変えることを目指している。
39Picks
【農業総合研究所】農業がビジネスとして成立する環境をつくる Vol.3
シニフィアンスタイル
|
今回はまず海外展開について伺います。初めに、御社と、御社の子会社である株式会社世界市場と、日本航空が連携しているプロジェクトは「日本産農産物の世界への輸出拡大」を謳っていますが、これにはどういった狙いがあるのでしょうか?
32Picks
【農業総合研究所】農業流通に第3の選択肢を提供する Vol.2
シニフィアンスタイル
|
御社の登録生産者が享受するメリットは3つあると思います。食べている人の顔を見ることが出来るという喜び、流通の選択肢が増える利便性、そして収入が増えることです。ただ、生産者が御社のシステムへの参画を検討する際には、短期的なメリットがあるかどうかが効いてくるのかなとも思います。この3つの中で、どの部分が短期的なメリットに感じられるものでしょうか。
29Picks
「農家の直売所」が日本の農業を変える仕掛け
東洋経済オンライン
|
「持続可能な農産業を実現し、生活者を豊かにする」というビジョンを掲げ、ビジネスとして魅力ある農産業を確立することを目指す、株式会社農業総合研究所。全国72カ所の「集荷場」に生産者から直接持ち込まれる農…
25Picks
日本の農産品を海外へ!香港マーケットから探る「売れる商品」
マイナビ農業
|
産地直送の販売システム「農家の直売所」を運営する株式会社農業総合研究所が、2015年に設立した株式会社世界市場(いちば)。輸送や中間マージンを効率化した仕組みで、その名の通り日本の農産物を海外へ輸出しています。小規模販売、市場調査を経て、2
18Picks
農家を経営者に。スーパーの「農家の直売所」の裏には、常識を覆す「流通革命」があった
ライフハッカー[日本版]
|
資本金50万円で起業、8年で上場。株式会社農業総合研究所代表取締役社長の及川智正さんによる、農業にイノベーションを起こした流通システムや農家を経営者に変える意識改革とは。
13Picks
農業総研とデリカフーズHD、「青果物の流通インフラ構築」に向けて業務提携
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
農業総合研究所では、デリカフーズホールディングス株式会社との間で、業務提携契約を締結し、青果物流通における新たなインフラを構築していく。農業総研は、全国約7,000名の生産者と都市部を中心とした約1,000店舗の小売店をITでダイレクトに繋ぎ
12Picks
国内ドローン市場は503億円、農業分野が牽引し24年には3,711億円へ
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
インプレス総合研究所は、国内のドローンビジネス市場の動向を調査し、その調査結果を発表した。日本国内の市場規模は503億円と推測され、今後も農業分野が牽引し、2024年度は3,711億円規模へと成長すると推計されている。
11Picks
農業総合研究所/JALと農産物の輸出拡大で連携協定
LNEWS
|
農業総合研究所は7月12日、日本航空(JAL)と孫会社の世界市場との3社で、日本産農産物の世界への輸出拡大を目指し、連携協定を締結したと発表した。 業務開始は2017年8月中を予定している。 連携協定
10Picks
農業総合研究所 子会社の資金調達を発表、日本の農産物における輸出販路拡大を促進する
財経新聞
|
農業総合研究所<3541>は27日、子会社の世界市場(本社:東京都港区)が、海外需要開拓支援機構(本社:東京都港区)により、最大3.66億円の投融資を受けると発表。
9Picks
空港で野菜を集めて、全国のスーパーへ。JALx農業総合研究所による連携
植物工場・農業ビジネスオンライン
|
株式会社農業総合研究所と日本航空株式会社(JAL)は、野菜、果物、その他の農産物及びこれらの加工品等の集荷を行う施設を空港施設内に設置し、集荷場の運営業務を日本航空に委託する。
8Picks
博報堂DYグループの農業経営を支援するマーケティング会社ファーマーズ・ガイド、農業総合研究所と業務提携し、サービスを拡大
産経ニュース
|
博報堂DYホールディングス博報堂DYグループの農業経営を支援するマーケティング会社、株式会社ファーマーズ・ガイド(東京都港区、代表取締役社長:中島慶人、以下ファ…
8Picks
農業人口上位の岩手県が加速!岩手銀行が農業総研と進める地方創生とは
ZUU Online|経済金融メディア
|
国内農業のあり方に革新を生み続ける株式会社農業総合研究所と、地方創生に積極的な東北を代表する岩手銀行が業務提携を結び話題を呼んでいます。両者の協働は、農業の生産・流通・小売にどのような変化をもたらすのでしょうか。 ■地方創生に新たな可能性が 2017年2月22日、株式会社農業総合研究所と株式会社岩手銀行は、地方創生に向けた「包括業務提携に関する覚書」を締結しました。 農業就業人口の減少や高齢...
7Picks
農林水産省・JA全農らを講師とするスマート農業に関するセミナーを東京・港区で開催
SMART AGRI(スマートアグリ)
|
新社会システム総合研究所は2018年10月5日、農業へのICT・データ活用に関するセミナーをSSKセミナールーム(東京都港区)にて開催する。講師には、農林水産省スマート農業推進班担当の新保 貴裕氏らを招く。
7Picks
農業総合研究所 営業利益 赤字転落 205.7%減、通期会社予想 計画修正なし
xenoFlash - AI決算分析
|
2018年8月期 第2四半期 決算発表時刻 2018年04月12日 16:45 自動生成時刻 2018年04月12日 16:46
(25件の記事)
7Picks
農業総合研究所 営業利益 赤字転落 253.8%減、通期会社予想 計画修正なし
xenoFlash - AI決算分析
|
2018年8月期 第1四半期 決算発表時刻 2018年01月12日 16:00 自動生成時刻 2018年01月12日 16:00
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ