新着Pick
SPD2YW66MFBQF7O2

東日本旅客鉄道 株式会社

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
東京都渋谷区代々木二丁目2番2号
03-5334-1111
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 深澤 祐二
設立年月日
1987-04-01
従業員数
72,402 人
上場年月日
1993-10-26
平均年齢
39 歳
平均年収
7,154,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
みんなのタクシー、事前決済予約ができる「Ringo Pass」の実証実験開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
みんなのタクシーは、2019年11月5日に発表した東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)とのMaaS領域における事業提携の第一弾として、国際自動車、大和自動車交通のタクシー車両に設置されている後部座席…
11Picks
JR東日本と新潟市が「AI×観光」でベンチャー企業と実証実験、相乗りタクシーで観光MaaSやAI味覚判定の日本酒観光など
トラベルボイス
|
JR東日本の子会社であるJR東日本スタートアップと新潟市は、ベンチャー企業と連携し、「AI×観光」をテーマにした2つの実証実験を実施する。 1つ目はNearme社との連携による、観光タクシーの相乗りマッチングサービスによる観光MaaS「新潟トラベルシャトル」の実施。AIによる観光ニーズのマッチングと送迎ルートの最適化技術を活用し、観光タクシーを相乗りして一人当たりの負担を減らしながら、オンデ...
344Picks
日本初「無人コンビニ」が山手線新駅に出店する
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
米国ではアマゾンの無人店舗「AmazonGo」が注目を集めているが、日本でも無人店舗を展開する企業がある。JR東日本スタートアップとサインポ…
25Picks
JR東日本スタートアップが新潟市でMaaSと日本酒の実証実験をスタート
TechCrunch Japan
|
JR東日本スタートアップは1月9日、新潟市と共同でスタートアップ企業と連携した2つの実証実験を開始することを発表した。同社は、JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するコーポレートベンチャーキャピタル。 今回、新潟で実証実験を予定しているのは、タクシーやシャトルの相乗りサービスを運営するNearMe(ニアミー)、AIによる日本酒レコメンドサービスを展開するMIRAI SAKE C...
14Picks
JR東日本グループら、「AI×観光」でユーザー体験を提供する実証実験を実施
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
JR東日本スタートアップと新潟市は、ベンチャー企業と連携し、2つの実証実験を開始することを発表した。 同実証実験では、新潟駅開発を見越した新潟市の特区やエリアを活用する協業プランを募り、採択された…
13Picks
エキナカ店舗で余った食品を従業員へ販売する「食品エコシステム」実証実験開始
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
コークッキングは、JR東日本スタートアッププログラム2019の一環として、鉄道会館が運営する東京駅改札内のエキナカ商業施設などの営業終了後に、まだ食べられる食品を駅で働く従業員の食事需要へと活用す…
13Picks
JR川口駅に停車は「上野東京ラインで」、JRと市が15年交渉 市長「実現するまで要望」、課題も
埼玉新聞
|
川口市の総合文化会館リリアで6日、市主催の新春交礼会が開かれ、政財界や市民団体など約1300人が集まった。奥ノ木信夫市長は約40分間にわたり今年の市政の課題について述べ、JR川口駅への中距離電車停車…
156Picks
駅の自販機で「スープ缶」が人気。JR東日本が語る、開発秘話
bizSPA!フレッシュ
|
冬場、駅のプラットホームの自販機といえばこれまではお茶や紅茶、コーヒーがメインでスープといえば「コーンスープ」などが主流でした。  しかし、そんな常識が昨今では変化しつつあるようです。駅構内の自販機には「カレー」や「とん汁」、「デミグラス
155Picks
銀座線渋谷駅が移転開業 JR東側ヒカリエ前に ホーム広く分かりやすく 乗換どうなる?
乗りものニュース
|
東京メトロ銀座線の渋谷駅がJRホームの東側、渋谷ヒカリエ前の明治通り上空に移転開業。狭く分かりづらく古かったホームが、バリアフリー対応の広い新しいものになりました。東急など他の鉄道路線との乗り換えはどう変わるのでしょうか。
27Picks
ニッポンの都市鉄道を見てくれ!JRも私鉄もメトロも、五輪へ“爆速”整備中
ニュースイッチ
|
東京五輪・パラリンピックの開催を控え、観客らの輸送を担う都市鉄道で受け入れ準備が着々と進んでいる。JR東日本と東京メトロは、大会期間中の安定輸送や訪日外国人客(インバウンド)の移動環境整備に向けてハード面の充実を図ってきた。残る期間で情報通信技術(ICT)などを活用して、公共交通の使いやすさ向上に取り組む。ハード・ソフト両面を磨き上げた鉄道インフラは東京大会のレガシー(遺産)となる。(取材・...
10Picks
大玉スイカより重いランドセル 児童が3カ月間調査 突きつける課題も重く 広島市の兄妹(中国新聞デジタル)
Yahoo!ニュース
|
僕のランドセルはスイカより重い―。広島市安佐南区西原の原南小3年の清水義貴君(9)と同小1年の妹日奈子さん(6)が、自分が背負うランドセルの重さを3カ月間量り、グラフにまとめた。一見かわいらしい研究 - Yahoo!ニュース(中国新聞デジタル)
353Picks
ホールフーズが予想! 2020年の10大フードトレンド
Business Insider Japan
|
アマゾン傘下のホールフーズ(Whole Foods)は2020年のフードトレンドを発表した。 同社は、ノンアルコール飲料やスイカの種のバター、野菜や果物の粉、ラカンカ甘味料といったアイテムが流行するだろうと見ている。50人以上のバイヤーと専門家が協力し、予想をまとめたという。 2020年の10大フー...
42Picks
JR東日本、就活で人気のワケ。社員いわく「頑張れば40歳で課長に」
bizSPA!フレッシュ
|
東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)が、2019年の「東洋経済オンライン」の「学生に勧めたい大手企業」ランキングにおいて2年連続の2位となっている。 ランキングから読み解く就活のニーズ 「学生に勧めたい大手企業」ランキングは各大学の
15Picks
スタートアップとの共創で生まれた“未来の駅”がJR大宮駅に出現!―JR東日本「STARTUP STATION」
事業を活性化するメディア eiiconlab(エイコンラボ)
|
スタートアップとの共創で生まれた“未来の駅”がJR大宮駅に出現!―JR東日本「STARTUP STATION」 / JR東日本スタートアップ株式会社・株式会社QBIT Robotics|eiic...
68Picks
乗るだけで貯まるJR東日本の乗車ポイント。一カ月でいくら貯まるのか
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
2019年10月1日からJR東日本の鉄道をSuicaで利用すると、「JRE POINT」が貯まるようになった。定期券区間は対象外とはいえ、日々、都内を動き回るビジネスパーソンなら、毎日、着々とポイ…
24Picks
全席グリーン以上、新「踊り子」はここがスゴい
東洋経済オンライン
|
緑一色――。麻雀の役満、リューイーソーの話ではない。オールグリーン、つまり、全席がグリーン車またはさらに高級な「プレミアムグリーン車」という列車が2020年春からJR東日本の列車ラインナップに加わるのだ。…
28Picks
キオスクは駅ナカコンビニとどう違う?ファンに愛される独自路線とは
Diamond Online
|
昨今は鉄道乗降客数の減少に伴い、キオスクの撤退・統合が進んでいるが、JR東日本のキオスクは2015年より新業態「NewDays KIOSK」への転換が始まっており、他の鉄道会社も駅ナカ売店をコンビニチェーンへと転換。さらに自動販売機オートキオスクの増加やセルフレジの導入など、時代に合わせた進化を模索中だ。そんな首都圏キオスクの軌跡をたどる。
24Picks
地域の移動も観光も飲食も…交通系ICカード1枚でできるように
ニュースイッチ
|
JR東日本グループのJR東日本メカトロニクス(JREM)は2020年にも、地域の移動や観光、飲食などを交通系ICカード1枚で利用できる統合型移動サービス(MaaS)プラットフォームの提供を始める。移動の利便性向上や地域の活性化を目指す観光型MaaSでの採用を提案。普段使っているICカードを旅先で認証に使える手軽さを訴求するとともに、地方での交通系電子マネー普及にもつなげる。 JREMが開発、...
10Picks
未来の駅がここから生まれる――「JR東日本スタートアッププログラム2019」採択21社の共創プランを全公開!
事業を活性化するメディア eiiconlab(エイコンラボ)
|
未来の駅がここから生まれる――「JR東日本スタートアッププログラム2019」採択21社の共創プランを全公開! / JR東日本スタートアップ株式会社|eiiconlab(エイコンラボ)は、事業を創...
78Picks
JR東日本がQRコード改札を検討する理由。QR採用は退化じゃない
Impress Watch
|
JR東日本は12月3日、2020年春にオープンする山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」で導入される新設備やサービス、駅店舗について最新情報を公開した。このあたりは既報の通りだが、本連載での注目は「新デザインの自動改札」と、そこに据え付けられた「QRコード読み取りによる改札システム」だ。この新改札導入に合わせ、QRコードによる改札機利用のモニター評価実験を行なうことにも触れている。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ