新着Pick
SPD2YT01MR3OW9VB

三浦工業 株式会社

三浦工業株式会社(みうらこうぎょう 英語: MIURA CO.,LTD.)は、愛媛県松山市に本社を置く、ボイラーを中心とした機器の製造開発をおこなう企業である。現在は東京証券取引所一部上場。 ウィキペディア
愛媛県松山市堀江町7番地
089-979-7045
詳細を見る
概要
1927年、精麦・精米機の製造・販売を目的とする三浦製作所として創業。その後1959年に改組し(社長三浦保)、翌年には同社の主力となる小型貫流ボイラーの製造を開始、日本のみならず世界中でシェアを有する企業に成長する。その後も水処理機器や蒸気滅菌機器、食品加工機器などの分野に進出、それぞれの分野で高いシェアを有している。

2001年より同社のコマーシャル・メッセージにタレントの島田紳助を起用していたことから、日本テレビ系で放送中の『行列のできる法律相談所』や、テレビ朝日系の『サンデープロジェクト』といった番組にスポンサーで参加するケースが多くなっている。また、地元テレビ愛媛では、テレビ東京系遅れネットの『開運!なんでも鑑定団』のスポンサーを長年務めている。また京急品川駅や阪急電鉄梅田駅構内には、紳助を起用した大型広告も存在していた。

しかし、2011年8月23日に紳助が自らの不祥事を事由として芸能界からの引退を表明したことに伴い、同社は紳助出演のCM放送を打ち切ることを発表した。その後はACジャパンに差し替えられ同年9月をもって行列のスポンサーを降板し現在に至っている。
代表者
代表取締役社長執行役員CEO 宮内 大介
設立年月日
1959-05-01
従業員数
5,690 人
上場年月日
1982-12-06
平均年齢
39 歳
平均年収
6,354,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
「クリーンエネルギー革命を、実用インフラへ」新エネルギー開発の先駆け、クリーンプラネット社に出資
www.miuraz.co.jp
|
三浦工業のニュースリリース「「クリーンエネルギー革命を、実用インフラへ」新エネルギー開発の先駆け、クリーンプラネット社に出資」のご案内。
712Picks
【3分図解】愛媛発のミウラが目指す「世界のスタンダード」とは
NewsPicks Brand Design
|
2019年5月に設立60周年を迎える産業用ボイラのトップメーカー、三浦工業。小型貫流ボイラから始まったその事業は、高度経済成長による社会の変化とともに進化を続け、戦後の国民の生活を支え続けた。熱...
35Picks
RIETI - 第20回「IoTが雇用に与える影響;三浦工業の事例」
www.rieti.go.jp
|
本コーナーは、岩本晃一上席研究員が、急速に拡大するInternet of Things(IoT)ついて、さまざまな視点で考察していきます。
7Picks
船舶向けバラスト水処理装置、住友電工・日立造船が撤退
ニュースイッチ
|
住友電気工業と日立造船は、船舶向けバラスト水処理装置事業から撤退した。両社は製品開発や営業活動で協力していたが、2016年に共同出資会社を解散していた。17年9月に同装置の設置を義務付ける国際条約が発効し、装置需要が本格化する見通しだが、条約発効は当初想定より3―4年遅れている。この遅れが両社の撤退判断の一因。一方、三浦工業やパナソニックは発効を見据え、採用増を目指すなど対応が分かれている。...
3Picks
富士電機が業務用燃料電池で次の一手、50キロワット機で狙う市場は?
ニュースイッチ
|
富士電機は出力50キロワットの業務用燃料電池の開発にめどをつけ、2018年度下期に受注を始める。同社にとって100キロワット機に続く2機種目の燃料電池。これまでビルや工場の電源になる業務用燃料電池は、同社だけが製造・販売してきた。京セラや三浦工業も製品化で続いており、業務用燃料電池市場の活性化が期待される。 富士電機の50キロワットの燃料電池は、電気を生み出す基幹部品「セルスタック」にセラミ...
3Picks
業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池を実用化
EE Times Japan
|
発電効率48%で総合効率90%を達成した業務用4.2kW固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムを三浦工業が開発、2017年10月より販売を始める。
3Picks
バラスト水処理装置の工場を新設、生産能力を2.4倍に
MONOist
|
三浦工業は、愛媛県の北条工場に建設していた多目的工場が完成したと発表した。新工場の東棟には、今後需要増が見込まれるバラスト水処理装置の製造工場を建設し、生産能力を従来比で2.4倍に高める。
3Picks
三浦工業、FOOMA展でハイブリッド型レトルト殺菌機を紹介 3方式の選択可能
日本食糧新聞
|
 三浦工業はFOOMA展に合わせて最新のレトルト殺菌機「JQ型」を紹介した。レトルト殺菌機は通常、貯湯式、蒸気式、スプレー式と3タイプある。JQ型では三つの方式をボタン一つで切り替えられるハイブ...
3Picks
排水の約70%を良質水に処理できる、排水再利用パッケージ装置
MONOist
|
三浦工業と三菱レイヨンは共同で、排水再利用パッケージ装置を開発した。MBR膜とRO膜を搭載し、既存の排水処理設備に設置することで、再利用対象排水の約70%を良質な水に処理できる。
2Picks
【インドネシア】東ガス、ボイラーエネルギーで3社と提携[公益]
NNAアジア経済ニュース
|
【インドネシア】東ガス、ボイラーエネルギーで3社と提携[公益] 東京ガスエンジニアリングソリューションズ(東京都港区)は25日、小型ボイラー日本最大手の三浦工業(松山市)のインドネシア子会社ミウラ・インドネシアなど3社と、インドネシア国内におけるボイラーエネルギー...
2Picks
【フィリピン】三浦工業、シンガ販社が支店[製造]
NNAアジア経済ニュース
|
【フィリピン】三浦工業、シンガ販社が支店[製造] 産業用ボイラー製造大手の三浦工業(愛媛県松山市)は8日、シンガポールの販売子会社ミウラシンガポールがフィリピン支店を設立したと発表した。東南アジアの販売拠点は5カ国目となる。飲料・食品・たばこ業界を中...
2Picks
産業用ボイラーメーカーが今治に舶用事務所を開設
MONOist
|
産業用ボイラーメーカーの三浦工業は、愛媛県今治市に舶用今治事業所を開設した。2018年4月2日より業務を開始する。今治地域での営業およびメンテナンス体制を強化する。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ