新着Pick
SPD2X81VKVSFD9EO

AppBank 株式会社

AppBank株式会社(アップバンク)は、iPhoneやiPad等についての情報を掲載した総合サイト「AppBank.net」を運営する企業。ニュースのまとめやアプリレビュー、周辺アクセサリー紹介を複数のライターが発信している。また、iPhoneアプリやAndroidアプリなどの作成や、AppBankStoreという実店舗の営業も行っている。 ウィキペディア
東京都新宿区新宿2-13-10武蔵野ビル
03-6302-0561
詳細を見る
概要
サイトの発端はappbankこと宮下泰明が2008年10月5日の夕方に「よし!今からiPhone のサイト作る!名前考える!」と叫び、3個目に出たサイトの名前候補が「AppBank」であった。また「AppBank」とは「AppleがSoftBankでiPhoneを出した」からそのAppleの「App」とSoftBankの「Bank」から取り「AppBank」となったらしい。索引でもAから始まり最初に出そうなので宮下は「これは名前勝ったな」と述べていた。その翌日2008年10月6日にサイトが開設された。

同年12月から、宮下の中学生時代からの友人であり株式会社GT-Agencyの代表取締役であったentrypostmanこと村井智建が協力するようになり、大きく事業が拡大していった。

「たのしいiPhone」がキャッチフレーズだが、2014年4月からAndroid版があるアプリの記事にはGoogle Playへのリンクが挿入されるようになり、経営陣の思いから「スマホ全体を盛り上げたい」というフレーズが見られるようになった。2013年11月に月間1億PVを突破。
代表者
代表取締役社長CEO 宮下 泰明
設立年月日
2012-01-23
従業員数
69 人
上場年月日
2015-10-15
平均年齢
33 歳
平均年収
3,840,000 円
上場市場
東証マザーズ
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
245Picks
IT会社の元役員逮捕=1.3億円詐取容疑-東京地検
時事ドットコム
|
東証マザーズ上場のIT関連会社「AppBank」(アップバンク、東京都新宿区)から、約1億3600万円をだまし取ったとして、東京地検特捜部は13日、詐欺容疑で同社元経理担当役員の木村朋弥容疑者(44)=東京都江東区=を逮捕した。 逮捕容疑は2013年6月~1
187Picks
AppBank、元役員が横領の疑い 被害1億4000万円(ITmediaより)
会計ニュース・コレクター(小石川経理...
|
AppBank、元役員が横領の疑い 被害1億4000万円 東証マザーズ上場、AppBankの元役員が業務上横領を行っていた疑いがあるという記事。 「同社によると、11月下旬の税務調査の過程で、支払い先の中に所在不明の取引先が見つかった。調べたところ、経理部門の責任者だった元役員が2012〜15年の間、自身が関与する複数の法人を取引先であるかのように偽装し、これらの法人の口座に不正送金していた...
131Picks
AppBankがマザーズ上場へ
ITmedia ニュース
|
マックスむらいさんによるスマホゲーム紹介でも知られるAppBankがマザーズ上場へ。
109Picks
新興企業上場の審査厳格化はまだ甘くはないか - inside
Diamond Online
|
本当に上場して大丈夫なのか──。10月にマザーズに上場が決定したばかりのある新興企業をめぐり、市場関係者からその成長性を疑う声が上がっている。それがアップバンク。ゲームアプリに関する攻略情報の提供やスマートフォン関連グッズの販売で急伸してきた企業だ。もっとも、スマホゲーム「パズル&ドラゴンズ」に関する動画配信で名をはせたマックスむらい氏の所属する企業といった方が有名かもしれない。
51Picks
VALU詐欺ヒカル(前田圭太)、なんJ民による本名バレ・整形前写真・メアド電話番号バレ・実家バレ・appbank社インサイダーなど発掘され全面戦争勃発!
コジテク | 【お得な裏技】ネット乞食, 携帯乞食, 陸マイラー,節約の裏技まで
|
VALU詐欺ヒカル(前田圭太)、なんJ民による本名バレ・整形前写真・メアド電話番号バレ・実家バレ・appbank社インサイダーなど発掘され全面戦争勃発!VALU詐欺のヒカルが、多くの人々のヘイトを買い、VALUの自社買いを発表するものの批判
28Picks
AppBank社、元役員の横領金の流出先に「暴力団関係者」の疑い 調査報告書に記述せず(山本一郎)
Yahoo!ニュース 個人
|
AppBank社元役員による1億4,000万円あまりの横領事件の調査報告書で、横領資金の使途について元役員が証言した内容に反社会的勢力の関与が含まれていたにも関わらず詳細が記述されていませんでした。
25Picks
グノシー他、AppBank「モンスト攻略」ブーストでアプリダウンロード数を水増し(山本一郎)
Yahoo!ニュース 個人
|
ニュースアプリ「Gunosy」など著名アプリにおいて、ダウンロード数を水増しする目的と見られる大規模なリワード広告がAppBank「mixi 公認 モンスト攻略」にて行われていたことが分かりました。
22Picks
【第1回】AppBank社に向けた「やまもといちろう砲」の背後にあるもの
"総会屋2.0"山本一郎(やまもといちろう)氏の検証
|
【はじめに】では、総会屋、ブラック・ジャーナリズムの問題性について述べましたが、第1回のこの記事では、話題となったAppBank社への追及について検証します。 INDEX 1 - 「やまもといちろう砲」はここから始まった 2 - マックスむらい氏のかつての親密関係 3 - 「AppBankに対する恨み」とは何か 4 - AppBank社追及記事の問題性 5 - 【年表】山本一郎氏とAppBa...
20Picks
不正送金 「アップバンク」元役員自宅などを捜索(毎日より)
会計ニュース・コレクター(小石川経理...
|
不正送金 「アップバンク」元役員自宅などを捜索 東証マザーズ上場の「アップバンク」元役員による横領疑惑で、東京地検が家宅捜索を行ったという記事。 「東証マザーズ上場のIT関連企業「アップバンク」(東京都新宿区)の財務と経理を担当していた元役員の男性(43)が約1億4900万円を不正送金した問題で、東京地検特捜部は15日、元役員の自宅など関係先を詐欺容疑で家宅捜索した。」 「同社の調査委がまと...
17Picks
【ポケモンGO】国内最速で図鑑をコンプリートした人にインタビュー!
AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう
|
『ポケモンGO』で、現在日本でゲットできるポケモン142種類を日本で1番最初にコンプリートした人物、kaile(カイル)さんがAppBankに遊びに来てくれました!コンプリートまでの道のりや、効率的に
15Picks
AppBankが人気iPhoneケース「RAKUNI」のデザイン盗用か、メーカーが訴える→動画即消しで逃亡
www.excite.co.jp
|
AppBankにiPhoneケースを納入していたスマホアクセサリーメーカーが、デザインを盗用されたと訴えています。詳細は以下から。モバイルバッテリーメーカー「cheero」の立ち上げメンバーで、現在は...
14Picks
Apple、キーボードを内蔵したiPad用Smart Coverを開発か。近日発表?
たのしいiPhone! AppBank
|
AppBank の主任です。 元 Apple 従業員で評論家の Jamie Ryan 氏のブログによると、Apple はキーボードを内蔵した iPad 用 Smart Cover を開発しているようで
13Picks
AppBank元役員に懲役6年判決 被害1億3600万円
テレビ朝日 | テレ朝news
|
IT関連会社から1億3000万円余りをだまし取った罪に問われた男に対して、懲役6年の実刑判決が言い渡されました。  東京・新宿区のIT関連会社「AppBank」の元経理担当役員・木村朋弥被告(44)は2013年6月から去年8月までの間に、会社の金約1億3600万円をだまし取った罪に問われています。東京地裁は、17日の判決で「不正が発覚する可能性がある場面では、隠蔽工作を図って虚偽の説明をした...
13Picks
AppBank、5811万円の特別利益を計上…役員・幹部従業員に掛けていた生命保険を解約
Social Game Info
|
AppBank<6177>は、12月28日、これまで役員および幹部従業員に掛けていた生命保険を解約することを決定し、返戻金5811万1000円の特別利益を計上すると発表した。同社によると、特別利益は、今期(2016年12月期)の単体と連結業績に影響を与える見通し。業績予想については、他の要因も含めて精査中であり、開示が必要とされる場合には速やかに行う、としている。[...] AppBank、...
10Picks
AppBank、会計監査人のトーマツが退任・後任は明治アーク(marketonewslineより)
会計ニュース・コレクター(小石川経理...
|
AppBank、会計監査人のトーマツが退任・後任は明治アーク 東証マザーズ上場のAppBankの監査人が交代するという記事。 「AppBank は10日、任期満了をもって同社の会計監査人を務める有限責任監査 法人トーマツが退任し、後任には明治アーク監査法人を充てることを発表した。」 公認会計士等の異動に関するお知らせ(AppBank)(PDFファイル) 監査役会において変更を決定したとされて...
10Picks
ネイティブ広告を正しく理解する | こうのたけし | note
note(ノート)
|
この1ヶ月、ネイティブ広告についてあれやこれやと読んだり考えたりしてきたのですが、「記事広告と同じだろ」って正しく理解せずに斬り捨てたり、「定義しなきゃ、基準つくらなきゃ」と不安にかられている方々の発言をたくさん見たので、ネイティブ広告には未来があるよということを書いておきます。ネイティブ広告とは何かネイティブ広告とは要するに言葉の通り「自然に見える広告」のことで、「広告」と明記されていなければ他の通常コンテンツと見間違えるほど、そのメディアになじんでいる広告です。それゆえにメディア自身によるステマになりやすいことが懸念されているのですが、これについては後述します。通常コンテンツと同じ体裁にするという前提があるため、媒体側の編集部(記者、編集者)によって制作されることがほとんどです。ただし、グノシーなどのキュレーション系アプリが採用している「インフィード型」と呼ばれるネイティブ広告――トップページのタイムラインに表示されるだけのやつ――の場合はAppStoreなどに直リンクするだけなので、画像とテキストを入稿するようになっています。ネイティブ広告が「どんなふうに見えるか」については、そのメディアのデザインや扱うコンテンツ次第なのですが、ツイッターやFacebookのタイムラインに差し込まれるタイプもあれば、ニュースサイトのように記事型のものもあります。ネイティブ広告はあくまでも広告であること、だけどその「見た目」は他のコンテンツと同じようにつくられているということがまず基本です。記事広告と同じ、ステマでしょ「記事広告と同じ」という反応がよくありますが、ツイッターのプロモーテッド・ツイートは記事ではないですし、IAB(インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー:ネット広告の米国業界団体)がまとめた資料によれば、グーグル・アドワーズなどもネイティブ広告として分類されているので、記事広告的なものもネイティブ広告に含まれるけど、イコールじゃありません。補足をすればおそらく従来の記事広告以上に「自然に」見えるようにつくるのがネイティブ広告だと思います。あと個人的にはグーグル・アドワーズは表示されているスペースがすでに広告枠だとユーザーに認識されているので、ネイティブ広告に入れちゃいけないと思ってます。で、メディアは広告を自然に見せようとしていて、読者は注意して見ないと広告と気づかないことから「ステマでしょ」という反応が多いんですが、そういいたくなる気持ちはよくわかります。ぼくの当初の印象も「ざっくりした印象としては『メディア自らが積極的に関与するステマ』であり、いかにそれをソフトにかつ合法的に、そしてネット世論の批判をうけないように弁明している感じ。」というものでした。ただネイティブ広告はメディア自身が「ステマやりまっせ!」と宣言した広告商品ではなくて、メディアが自分たちの編集力と、加えて読者との信頼関係を使って開発している広告商品です。そもそもステマやってるメディアはそんな宣言することなく、すでに悪に手を染めていますからね。もちろんステマが起きないとは思いません。ただ、かつてのステマ騒動は芸能人ブロガーなど個人がやってたので(一部、ブログサービス運営事業者が営業・仲介していた事例もあるけど)、はっきりいえば事業者は知らん顔できたわけです。でもネイティブ広告の場合はメディアの信頼そのものが失われてしまうので、広告であることを明記することや、広告主企業との関係性を明示するなど、より慎重に取り組まれるはずです。その構造上、自らステマに対する抑止力が発生するようになっているのがネイティブ広告といえるでしょう。ネイティブ広告が生まれた背景、注目されている理由ここはメディア、広告主それぞれの現状から解説します。まずメディアとしては「ディスプレイ広告が売れない」という現実があります。これはバナー広告を無視する人が増えたり、それどころかアドブロック機能を使ってそもそも表示すらされないケースが増えていることがあります。(それでなくてもネットメディアの総PV数が増加するのにともなって、バナー広告の単価は年々下落していますからね)さらに拍車をかけているのがスマホの普及、スマホ閲覧率の上昇です。スマホサイトの場合、表示画面が小さいので広告を置けるスペースが少なくなります。また、レスポンシブデザインでつくっていたりすると、PCではファーストビューで目に入るように置いたサイドバーのバナーが、ずっと下までスクロールしなければ表示されなくなります。スマホ率は今後も増えることが予想されていますから、メディアは新しい収益源を早急につくるために試行錯誤しています。ただぼくはネイティブ広告は、どちらかというと広告主側が求めていると思ってます。バナー広告をユーザーが見てない、クリックしないという現実は広告主にとっても厳しいわけですが、販促についてはリスティング広告とリターゲティング広告でカバーできます。でもリスティング広告もリターゲティング広告も「ほしい」と興味を示した人(リターゲティング広告にいたってはさらにサイトを訪問してくれた人)が対象なので、「知ってもらう、興味をもってもらう」段階には無力です。そこでこうしたブランディング(ブランドの認知度や好意度の向上)を達成するために、メディアの読者に直接アプローチできるネイティブ広告に期待しているんだと思います。さらにはオウンドメディアの失敗も理由としてあげられます。「これからはコンテンツマーケティングだ、オウンドメディアだ」と煽られて自社メディアを立ち上げてみたものの、ぜんぜん見られてないわけです。でも社内ではKPIとしてPV数やソーシャルメディアでの反響(「いいね!」数など)が設定されているので、なんとかして誘導したいという気持ちもあるのでしょう。コンテンツへの誘導なら、コンテンツから行うのがいちばんいいですし、うまくいけばちょっと手直しするだけでメディア側にネイティブ広告として掲載することもできるかもしれないので、お金をかけてつくったコンテンツがムダにならずにすむからです。ネイティブ広告の例騒がれているわりに「これがネイティブ広告だ」という事例がほとんど紹介されていないのですが、ぼくがこれまでネイティブ広告について整理しながら、これはネイティブ広告といってもいいだろうと思える事例をいくつか紹介します。@nifty:デイリーポータルZ:ハトが選んだ生命保険に入るこれはデイリーポータルZがライフネット生命をスポンサーにつくったネイティブ広告です。2009年の事例なので、もちろん当時はネイティブ広告なんていわれてなかったのですが、いまにして思えばこういうのをネイティブ広告と呼ぶべきでしょう。黄金比率のフレンチトースト by 明治おいしい牛乳講座 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが176万品あるいはクックパッドのスポンサードキッチン(企業が投稿したレシピ)。ぼくはこの広告商品はとてもスマートだなと思ってるんだけど、見た目はユーザーが投稿したレシピとほぼ同じだし、検索にもユーザーレシピと並んで出てきます。はてなブックマークがやっている広告ブクマ枠(PRブクマ)なんてのもあります。これはけっこうきわどいところをついてると思うけど、そもそもはてブのトップページに並ぶリンクって、必ずしも自分の好みと一致しないわけで、そういう意味ではユーザーの期待値が低いからこそできるのかもしれません。もうひとつはAppBankのやってるアプリ紹介広告。グノシーなどのように直接AppStoreに飛ばすんじゃなく、まずは記事ページ(コンテンツ)を読んでもらうという遷移になっていて、読者との信頼関係を大事にしていると思います。こんな感じで、けっこううまくネイティブ広告を取り入れているメディアはすでにあります。ネイティブ広告のむずかしさここで少し、いろんな事例を調べていて気づいた、ネイティブ広告のむずかしさについて書きます。たとえば例として紹介した、デイリーポータルZのネイティブ広告ですが、ぼく自身はああいうネタは生理的に受け付けなくて、ライフネット生命はぜったい選びません。でも、それはぼくがデイリーポータルZの熱心な読者じゃないからで、きっと愛読者なら選ぶんだとも思います。(この構図は「ほぼ日」の扱っている商品を買う心理に近いのかもしれません)ネイティブ広告というのはとてもセンシティブな広告で、そのくらい受け手の好き嫌いがわかれます。だからこそメディアは自分の読者のことを理解しなければならないし、広告主は読者への伝え方については最後はメディアを信頼しなきゃいけません。結果として、そのメディアの読者には絶賛されるけど、それ以外の人には批判されまくるリスクがあります。そういう外野からの批判が生まれることを受け入れる覚悟がメディアにも広告主にも必要だし、その点ではなるだけ拡散させない工夫も必要だと思う。なんでもかんでもソーシャルメディアで拡散させることが是とされる風潮があるけど、この手の「一部の人にだけ強く受け入れられる」ものは拡散させないことが正解だったりします。見たくもない広告を山のように見せられているぼくらにとっても、ほんとうに自分にとって価値のある広告だけに絞ってくれたほうがありがたいですよね。ネイティブ広告の課題と可能性ネイティブ広告の課題は、その定義があいまいなことでも、基準ができてないことでもなくて、「これならメディアは読者の信頼を損ねないし、広告主企業の魅力を読者に伝えられてるな」と思えるような好事例が少ないという点に尽きると思います。そもそも考え方が従来のコストや効率を重視してきたディスプレイ広告とはまるでちがうので、メディアも広告主も原点に立ち返って、積極的に見てもらえる広告・見たあとに感謝される広告はどうすればつくれるのか――あるいは不可能なのか――を考えていかなきゃいけません。ネイティブ広告は手間もかかるし、お金もかかります。ネイティブ広告の実施には、そもそもメディアが厳選されるし(読者から信頼されているメディアっていくつある?)、仮に読者に信頼されたメディアだとしても、その信頼を損ねないためにはどんな広告を載せてもいいわけじゃないから広告主を選ばざるをえません(広告主は断られることもある)。また、全体の中の(ネイティブ広告の)割合も慎重に検討しなければなりません。アメリカのQuartzという新興メディアはすでにネイティブ広告が広告収入の3割を占めていますが、月に1~2本の記事しか掲載していないそうです。これはネイティブ広告の広告単価の高さが伺えるとともに、メディアが広告主を厳選しなければうまくいかないことも示しています。広告主もたんに流行っているからといってメディアからの提案に飛びつかず、そのメディアは読者の信頼を勝ち取れているのか、そのメディアの読者は自分たちのことを受け入れてくれそうかという点をしっかりチェックしないといけません。メディアと広告主がいっしょになって読者のことを考え、読者に喜ばれるような広告がつくれるかもしれない――それはもう広告じゃないのかもしれないけど――、その可能性があるだけでも、ぼくはネイティブ広告に対して、肯定的な立場でいようと思っています。でもその実現のむずかしさや、ステマになる危険性をもって、否定的な立場をとる人の気持ちもよくわかります。ぼくもネイティブ広告がすべてを解決してくれるなんて思っていませんが、マーケティングに携わるものとして、企業が真摯に自分の顧客になりうる人たちに「背伸びしたウソじゃなく、正直な本当の情報」を届けられて、それを喜んでもらえるような仕組みを、これからもずっと考えていきたいです。p.s.これを書く元になったぼくの1ヶ月間の思考の経緯(というか垂れ流し)はここにあります。トピック: ネイティブ広告について考える | trashtalk.jp
10Picks
AppBankが上場承認、想定PERは19倍と小型IPO銘柄では異常な低水準
The Startup
|
アプリ(というかゲーム特化)レビューサイトを手がけるAppBankが上場承認。パズドラ攻略やモンスト...
8Picks
AppBank社への公開質問状(暴力団がらみ)(山本一郎)
Yahoo!ニュース 個人
|
AppBankから正式なIRが出ましたので、その内容について具体的な疑義があるため公開質問状を出してみたいと思います。
8Picks
AppBank、赤字に転落 元役員の不祥事で「風評被害」
ITmedia ビジネスオンライン
|
AppBankの16年12月期は赤字に転落。
8Picks
リンクス、iPhone 6/6s用のQWERTY配列Bluetoothキーボード(ニュース)
ITpro総合
|
リンクスインターナショナルは2016年8月5日、iPhone 6/6s用のQWERTY配列Bluetoothキーボード「KeNero Thunderbird」を、8月11日からAppBankストアで先行発売すると発表した。希望小売価格は4980円(税別)。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ