新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD2W4DKZQQ1N5NF

株式会社みずほ銀行

株式会社みずほ銀行(みずほぎんこう、略称:みずほ、英語: Mizuho Bank, Ltd.、略称:MHBK)は、本店を東京都千代田区に置く、みずほフィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア
東京都千代田区大手町一丁目5番5号
詳細を見る
概要
2011年(平成23年)に発生した東日本大震災の義援金に関連するシステムトラブルを受け、同年5月、旧みずほ銀行が2013年(平成25年)春をめどにみずほコーポレート銀行と合併することが発表された。

2013年(平成25年)7月1日、従前のみずほ銀行は(法人格として)みずほコーポレート銀行(CBK)に吸収合併された(法人格とSWIFTコードなどはCBK側、統一金融機関コードなどは旧みずほ銀行側を継承)。それに併せて、行名をみずほ銀行に改称した。これにより、同行はみずほフィナンシャルグループにおける中核銀行となった。

なお、本店は旧みずほコーポレート銀行本店を継承したが、2014年(平成26年)5月7日に大手町タワーへ移転した。

旧みずほコーポレート銀行店舗においては、同店管轄のATMが設置されていない。東京法人営業部、兜町証券営業部以外の店舗では同じ建物に併存する、または近隣にある従前からのみずほ銀行店舗管理によるATMが設置されている。また、システム統合までの間、旧CBKの店舗には、識別マーク()が付けられる(旧みずほ銀行の営業部・支店には、特に識別マークはつけられない)。また、付きの店舗では、既存の顧客の口座移管(付き店舗間に限る)や口座の増設を除き、当面、新規の口座開設は原則行わないとしている。
代表者
藤原弘治(代表取締役頭取)
設立年月日
1923-05-07
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
みずほシステム統合、追い続けたIT誌編集長の評価 過去の遺産には決別できたが、“これから”が問われる
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史――史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』(日経コンピュータ著、日経BP)という書籍が注目を集めている。著者の一人であり、この19年間、みずほ銀行の情報システムを取材し続けてきた、IT誌「日経コンピュータ」の大和田尚孝編集長にインタビューを行った。
17Picks
ベルフェイス 調達した52億円の使い道 ※動画あり
note(ノート)
|
ベルフェイスは今月、 THE FUNDを新規リード投資家として、インキュベイトファンドなど既存投資家を含む8社を引受先とした第三者割当増資と、みずほ銀行・りそな銀行・商工中金等からのデットファイナンスを合わせ総額52億円の資金調達を実施した。 2015年創業・社員120名・常に最低限の資金で生き延びてきたベルフェイスにとって正に「翼をさずける」だ。 これでようやくバッターボックスに立てる。 ...
3Picks
迷走か英断か みずほ銀行の「ネット銀行化」への舵切り
BCN+R
|
みずほ銀行は、無料の会員制サービス「みずほマイレージクラブ」の「うれしい特典」のサービス内容を大幅に改定し、2020年1月31日の取引条件判定に基づき、3月1日から適用する。
2Picks
みずほ銀行システム統合、無事完了しても残る不安 アマゾン書籍総合1位『苦闘の19年史』から読み解く“明と暗”
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史――史上最大のITプロジェクト「3度目の正直」』(日経コンピュータ著、日経BP)という書籍が注目を集めている。「システム統合の苦闘」とはどういうものか、なぜそうなってしまったのかをその内容に沿って紹介する。
462Picks
兼業・副業を解禁したみずほ、お堅いメガバンクの危機感と驚きの社内反響
ニュースイッチ
|
2019年10月。社外兼業・副業を認める新人事制度を導入したみずほフィナンシャルグループ(FG)。背景には、社外でさまざまな経験を積むことで、社員の成長を後押しする狙いはもとより、金融界を取り巻く変化を捉えた新たなビジネスモデルを創造する上で、これまでとは異なる人材像が求められる事情がある。 お堅い金融機関がなぜ 産業界で副業解禁が広がる中、こうした動きから最も縁遠いとみられていたメガバンク...
45Picks
JR東日本グループとみずほFGが連携。不動産ファンドビジネスへ参画
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
JR東日本グループが、不動産ファンドビジネスに参画し、ファンドによる駅近接の物件の取得(外部物件の取得)を推進することを発表した。 今回の参画は「生活サービス事業成長ビジョン(NEXT10)」に基…
183Picks
メガバンクで企業年金制度見直し相次ぐ 実質的な減額
朝日新聞デジタル
|
長引く低金利を受け、メガバンクが相次いで企業年金を見直している。三井住友銀行は6月から、みずほフィナンシャルグループ(FG)は10月から、確定給付年金の利率を変動型に改める方針。今の金利環境下では利…
93Picks
ユニゾ争奪は延長戦へ、メインバンクみずほが「味方できない」可能性も
Diamond Online
|
不動産会社ユニゾホールディングスを巡る買収合戦が再度延長戦にもつれ込んだ。前代未聞の「従業員による買収」で幕を下ろすとみられたが、米ファンド2社が再度対抗TOBを公表。メインバンクのみずほ銀行の動向も焦点となっており、先行きは一段と混沌としてきた。
14Picks
スマートロックのビットキー、総額39億円超のシリーズAラウンド資金調達
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
キーテクノロジースタートアップのビットキーが、ゴールドマン・サックスをはじめとする10社を引受先とした約34.4億円の第三者割当増資と、りそな銀行及びみずほ銀行から4.6億円の融資により、シリーズ…
79Picks
千葉ロッテを大赤字から救った“再生人”、清水エスパルス社長へ転身の異例
Diamond Online
|
日本サッカー界に異色のキャリアを持つトップが誕生した。清水エスパルスの新たな代表取締役社長に就任した59歳の山室晋也氏は、みずほ銀行の執行役員から千葉ロッテ球団社長に転身し、慢性的な赤字体質を黒字へと転換させた実績を持つ。
11Picks
「イオン岡田元也社長の23年」を振り返る
商業界オンライン
|
イオンでは3月1日付で岡田元也社長が退任し、吉田昭夫副社長が社長に就任することになった。 周知のようにイオン(社名変更前はジャスコ)はローカル企業の岡田屋、フタギ、シロの3社が提携・合併してできた企業だ。初代の社長は岡田卓也が1984年まで14年間務め、2代目の二木英徳氏が96年まで、その後は第一勧業銀行出身の田中賢二氏が就任したが、翌年、出身行の総会屋事件で逮捕されたため、急きょ、卓也の長...
94Picks
2020年、コンビニATM無料の時代が終わる?みずほ銀見直しが決定打か
Yahoo!ニュース 個人
|
みずほ銀行のサービス見直しがコンビニATMの利用範囲をかなり狭める内容で話題となっています。コンビニATMは便利な「お財布」でしたが、どうやら誰でも無料で使える時代は終わりを告げるかもしれません。
52Picks
みずほ、ベンチャー投資ファンド「みずほライフサイエンス1号ファンド」を設立
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
みずほキャピタルとみずほ銀行は、2019年1月6日、バイオを中心とするライフサイエンス分野の成長企業を対象としたベンチャー投資ファンド「みずほライフサイエンス 1号ファンド」(総額50億円)を設立…
135Picks
みずほ銀行の生き残りをかけた「攻めのコスト削減」。実績重視で選んだ「モバイル通信」とは!?
Future Stride
|
みずほ銀行では、ATMの通信コストを削減するため、ソフトバンクが提供する法人向けモバイルネットワークサービス「Twin(ツイン)アクセス」を採用。「Twinアクセス」によって具体的にどのような変...
10Picks
凸版印刷、みずほ銀行の校閲・校正業務をAIで支援 属人化の脱却と省人化を目指す
デジタルシフトタイムズ
|
凸版印刷株式会社は、AIを活用することで印刷物・デジタル媒体に関する業界・企業特有の表記や専門用語を学習し、企業ごとの基準に合わせて文章の校閲・校正を可能にする「AI校閲・校正支援システム」を2...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ