新着Pick
SPD2UBHI23R6NFWD

株式会社 マツモトキヨシホールディングス

株式会社マツモトキヨシホールディングス(英語: Matsumotokiyoshi Holdings Co.,Ltd.)は、ドラッグストア運営のマツモトキヨシなどを中心とする事業持株会社。ドラッグストア業界ではウエルシアホールディングスに次ぐ業界2位。 ウィキペディア
千葉県松戸市新松戸東9番地1
047-344-5110
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 松本 清雄
設立年月日
2007-10-01
従業員数
6,569 人
上場年月日
2007-10-01
平均年齢
45 歳
平均年収
7,036,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
61Picks
トイレットペーパーを買うのは恥ずかしい?マツキヨ「PB商品」ヒットの秘訣
bizSPA!フレッシュ
|
スーパーやコンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなど、小売業界は競争が厳しいマーケットになっている。企業にとっては、いかに差別化した商品を展開し、付加価値を消費者に提供できるかがコモディティ化(成熟化)した市場で求められることだ
40Picks
マツキヨ大苦戦、ウエルシア絶好調のワケ ドラッグストア「7兆円」勝ち組&負け組の“差”
文春オンライン
|
新型コロナウイルスの感染拡大が追い風となっていたドラッグストア業界では、チェーンによって好不調の差が出てきた。食品や調剤に強い、広い駐車場を持った郊外型立地のチェーンが業績を伸ばす一方で、化粧品やイン…
743Picks
【決算】コロナ特需のドラッグストア。マツキヨは「負け組」
NewsPicks編集部
|
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、マスクやトイレットペーパーを求めて、毎朝行列ができるほど客が殺到しているドラッグストア。日本政府が緊急事態宣言を発令した4月7日以降も、ドラッグストアの営業...
398Picks
【図解】マツキヨ、LINE赤字、FOMC。先週の経済ニュース5選
NewsPicks編集部
|
今回扱うニュースは5題。①FOMC、米政策金利を据え置き②LINE、初の通期赤字③サムスン、半導体の利益が激減④マツキヨ、ココカラファインと統合⑤英国、EU離脱(ブレグジット)確定
533Picks
【解説】大再編時代に突入した、ドラッグストア業界を整理する
NewsPicks編集部
|
ドラッグストアのココカラファインが、マツモトキヨシとの経営統合協議に乗り出すと発表。実現すれば、業界トップに躍り出る。スギHDからも経営統合を打診されていたココカラはなぜ、マツキヨを選んだのか。...
12Picks
7月に迫るレジ袋の有料化。消費者に響く削減方法とは?
ニュースイッチ
|
プラスチック製買い物袋(レジ袋)の有料化が今年7月から全国の小売店でスタートするのに先立って、イオングループやマツモトキヨシホールディングス(HD)など一部の流通大手は、この4月から有料化に踏み切った。一人あたりのワンウェイのプラスチックごみの発生量が米国に次いで二番目に多い日本。世界各地で海洋流出の問題が深刻化するなか、レジ袋の有料化はワンウェイプラスチックに依存した日常生活を見直し、意識...
139Picks
ユニクロ進出にみるベトナム市場の可能性。日本の小売りが熱視線、マツキヨも3月出店
Business Insider Japan
|
ベトナム市場に日系企業が熱い視線を送っている。 その一端を垣間見たのが、ユニクロのベトナム進出だ。2019年12月6日、ユニクロを展開するファーストリテイリングが南部の大都市ホーチミンに第1号店をオープンすると、大行列ができて話題となった。店側は3日間入場制限をかけた。 1月、ホーチミンを訪ね、ユニ...
170Picks
池袋のマツキヨが「アミューズメント」化! 男性向け化粧品を強化した“体験型店舗”に 実際に行ってみた
ITmedia ビジネスオンライン
|
2019年秋、池袋のマツキヨがリニューアル。「体験型店舗」を掲げ、旧来のドラッグストア像から脱却を狙う施設となっている。男性向け化粧品も充実し、これまでにない客層も狙う。どんな店になっているのか、実際に行ってメーク体験もしてきた。
319Picks
マツキヨのエナジードリンクが、たった1日で10倍も売れた秘密
ITmedia ビジネスオンライン
|
マツキヨのPB商品「エナジードリンク」が売れている。2017年12月に発売したところ、あっという間に火が付き、売り上げが伸びているのだ。「マツキヨ=エナジードリンク」のイメージは強くないのに、なぜヒットしたのか。同社の仕掛人に聞いたところ……。
302Picks
マツキヨは中小調剤薬局の救世主になるか
ニュースイッチ
|
大手ヘルスケア企業が中小の調剤薬局を巻き込む“緩やかな提携”を推進している。内容は経営指導や品ぞろえの支援、機器・情報システムの提供など多彩だ。調剤薬局は生活者が健康相談の目的で気軽に入れる「健康サポート薬局」になることを求められており、個人経営店では対応しにくいことが背景にある。大手企業にとっても中小薬局と徐々に関係を深めつつ、M&A(合併・買収)の可能性も探れる利点がありそうだ。 ドラッ...
289Picks
マツキヨ・ココカラ提携、「経営統合」の前触れか
東洋経済オンライン
|
ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスと同業のココカラファインはこの4月、資本業務提携に向けた協議を開始すると発表した。マツキヨは2019年3月末現在で1654店、ココカラは同1354店を全国に展開し…
223Picks
マツキヨPBから「ヒルドイド」の類似品が登場! 気になる使い心地は?
東京バーゲンマニア
|
「ヒルドイド」って知ってますか? アトピーなどに用いられる外用薬で、医療機関で処方される医療用保湿剤の1つなのですが、これを「美容目的」で使う例が相次ぎ、少し前にネット上でも大きな注目を集めました。 そうした中、「ヒルドイド」と同じヘパリン類似物質含有の保湿クリームが、ドラッグストアチェーン「マツモトキヨシ」から誕生しました。
200Picks
マツキヨ過去最高益のワケ、大手ドラッグストアが「PB化粧品」で勝ちに来た
ビジネス+IT
|
大手ドラッグストアの決算が好調だ。「インバウンド消費」の貢献が大きいが、化粧品分野の国内需要も寄与している。機能性のあるスキンケア商品が主体で、2015年を境に成長軌道に乗ったのだ。各社のPB(プライベートブランド)は大手化粧品メーカーのNB(ナショナルブランド)と陳列棚で激しい商戦を繰りひろげているが、その一方でドラッグストアでは新しい動きも始まっている。
192Picks
1兆円メガ薬局の誕生 マツキヨ&ココカラ統合で突入する巨大再編時代
Diamond Online
|
ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングス(HD)とココカラファインが、経営統合に向けた協議に入った。店舗数が2万店舗を超えて競争が激化するドラッグストア業界は、1兆円規模の巨大再編時代に突入する。
140Picks
「安さ」という“王道”を捨てたマツキヨ 裏から支える謎の会議「コミッティ」とは?
ITmedia ビジネスオンライン
|
ココカラファインとの経営統合検討に向けた協議を開始したマツモトキヨシ。展開していたプライベートブランド「MKカスタマー」を2015年に「matsukiyo」へリブランディング。高品質、高付加価値商品の充実を進めている。ドラッグストアといえば「お買い得」のイメージも強いが、王者マツキヨはなぜ「安さ」を捨てたのか。
181Picks
マツモトキヨシHD ココカラファインと経営統合に向け協議へ
NHKニュース
|
ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスは、ココカラファインと経営統合に向けた協議を進めると発表しました。一方…
129Picks
ドラッグストアに“爆買い”の波が来た!
ニュースイッチ
|
ドラッグストア大手が訪日外国人需要の拡大で業績を伸ばしている。各社は2016年3月期業績予想を相次いで上方修正した。マツモトキヨシホールディングス(HD)が通期営業利益予想を当初に比べ40億円増の240億円、サンドラッグも同16億円増の259億円にそれぞれ修正した。”爆買い“効果が百貨店だけでなく、身近なドラッグストアにも及んでいる。  ドラッグストアも繁華街や観光地にある店舗での化粧品、一...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ