新着Pick
SPD2TRFVVBLIQK9J

株式会社 日立物流

株式会社日立物流(ひたちぶつりゅう)は、日立グループの物流会社。 ウィキペディア
東京都中央区京橋2丁目9番2号日立物流ビル
03-6263-2800
詳細を見る
代表者
執行役社長 中谷 康夫
設立年月日
1950-02
従業員数
23,069 人
上場年月日
1989-01-31
平均年齢
42 歳
平均年収
8,240,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
22Picks
日立物流が迫られる「成長戦略」の練り直し
東洋経済オンライン
|
これで日本通運に次ぐ陸運業界2位企業の誕生は遠のいた。9月24日、宅配大手の佐川急便の親会社であるSGホールディングス(HD)と、3PL(サードパーティーロジスティクス、物流の一括受託)大手の日立物流が、資本…
80Picks
佐川と日立物流が資本業務提携解消へ、統合構想は4年で白紙に
Diamond Online
|
佐川急便を傘下に持つSGホールディングスと日立物流が、資本業務提携を解消する方針を固めた。ダイヤモンド編集部の取材で分かった。
79Picks
佐川・日立物流、資本業務提携。「2ー3年で経営統合」
ニュースイッチ
|
佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(SGHD)と日立物流は30日、資本・業務提携すると発表した。2社合計の売上高は陸運業界2位になる。SGHDは日立物流の株式29%を約875億円で、日立物流は佐川急便の株式20%を約663億円で取得する。佐川は配送業務に強みを持ち、日立物流は企業物流を包括的に受託するサードパーティー・ロジスティクス(3PL)を得意とする。両社の強みを融合して競争力を強...
68Picks
物流施設サービスで拡大する従量課金モデル
ニュースイッチ
|
物流施設内の保管や仕分けといったロジスティクスサービスを標準化し、従量課金で提供するシェアリングモデルが立ち上がりつつある。日立物流は2019年度に参入する計画。実証段階の大和ハウス工業は18年度内に本格営業を始める。サービスを提供中のオープンロジ(東京都豊島区)は19年度、中国に進出する。電子商取引(EC)事業者の急成長を背景に、従来の企業向けロジスティクスサービスでは、新たな物流ニーズへ...
33Picks
ドライバーの生体データを収集しAIで交通事故をゼロに オープンイノベーションで誕生した日立物流の「SSCV」システム
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
各運送業者が乗務前点呼や安全指導によって予防保全に努めるも、トラックの交通事故は後を絶たない。ドライバーの高齢化や人手不足などの背景もあり、重大な社会問題になっている。AIやIoTなど、テクノロジーでこの現状を打破し、「事故ゼロ社会」を実現する取り組みが始まっている。
32Picks
RFIDを用いた次世代物流サービスの実用化に向けた協業
MONOist
|
大日本印刷は、RFID(ICタグ)を用いた次世代物流サービスの実用化に向けて、東芝テック、日立物流と協業を開始した。製造地でRFIDを貼付することで、それ以降の製造拠点や物流センター、店舗などのあらゆるプロセスで活用できる。
30Picks
配送・物流企業の成功事例(日立物流)と人手不足課題の解決策
Biz Arts
|
前回の記事「アマゾンなどのEC発展と配送・物流業界動向の関係」に引き続き、今回は配送・物流業界の成功事例および課題と解決策について解説していきます。売上・営業利益が急成長の日立物流配送・物流企業の大手5社の2002年から2016年までの売上
24Picks
スマートグラスでピッキング時間を半減、コニカミノルタが日立物流子会社と提案
MONOist
|
コニカミノルタは、「CEATEC JAPAN 2017」、スマートグラス「WCc」の物流業界への適用事例を紹介した。日立物流の子会社である日立物流ソフトウェアと共同開発したソリューションにより、物流業界への提案活動を強化していく考え。
22Picks
【佐川×DMM×日立物流】3社の連携で3Dプリントサービスを加速
ECのミカタ
|
「DMM.make3Dプリントサービス」は、モノづくりのためのプラットフォームを運営。産業用の3Dプリンターを複数導入し、一般ユーザーでも求めやすい価格で1点からでも注文が可能。法人等からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入している。 複数の素材を用いることにより、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、さまざまなニーズに対応...
18Picks
製造・物流の課題にAIで挑むABEJA、量子アニーリングにも着手
MONOist
|
AI(人工知能)ベンチャーのABEJAは2019年3月5日、日立物流と共同で危険運転自動検知システムのAIを開発したことや、量子アニーリングマシン向けのソフトウェアの開発に取り組むことなどを発表した。
16Picks
【日立物流】M&Aと技術志向で会社が変貌 佐川急便の次は異業種出資も狙う
ダイヤモンド・オンライン
|
日立物流が、M&Aを駆使して変貌を遂げている。日立以外の顧客割合は8割に上り、“親離れ”が進む一方、技術開発では連携を強化。佐川急便グループと資本提携も結び、新たな局面を迎えている。
14Picks
佐川急便のSGHD、日立物流との統合睨み上場も「DNAは水と油」
ダイヤモンド・オンライン
|
佐川急便を中核子会社に持つSGホールディングスが早ければ秋にも東京証券取引所に上場する。株式市場での注目度はいまひとつだが、物流業界は「再編機運が高まる」と色めき立っている。
14Picks
SGホールディングス(佐川運輸)×日立物流の資本業務提携が業界へ与える衝撃~過去類を見ない提携劇は国内物流業界再編のトリガーとなるか:Mizuho Short Industry Focus (みずほ銀行)
www3.keizaireport.com
|
SGホールディングス(佐川運輸)×日立物流の資本業務提携が業界へ与える衝撃~過去類を見ない提携劇は国内物流業界再編のトリガーとなるか:Mizuho Short Industry Focus-レポートの発表元:みずほ銀行
13Picks
コンベヤーに投入する荷下ろし作業にロボットは適用できるか
ニュースイッチ
|
物流施設に到着した荷物などをコンベヤーに投入する荷下ろし作業に、ロボットや省力化機器が導入されている。重労働の荷下ろし作業は自動化が難しく、人手に頼らざるをえなかった。荷下ろし作業を自動で行うロボットや、コンテナからの荷下ろしをベルトコンベヤーで行う機器などが稼働している。 日立物流は今月内にも、神奈川県内の流通系物流施設に、パレット積み荷物の荷下ろし作業を自動で行うロボット「デパレタイザロ...
12Picks
【東芝テック/日立物流/DNP】RFIDを用いた次世代物流サービスの実用化へ向け協業開始
ECのミカタ
|
流通・小売業界では近年、少子化の影響を受け、人手不足と労務コスト上昇の2つが課題となっている。こうした課題の解決に加え、廃棄ロスの削減や、入出荷、棚卸し業務の作業 生産性向上など、サプライチェーン全体の効率化が求められている。  その解決手段の一つとしてRFIDと呼ばれる技術が注目されており、アパレル業界やコンビニエンスストア・ドラッグストア・百貨店業界などで、導入の検討が進んでいる。RFI...
11Picks
日立物流とKDDI、5Gを活用した物流の高度化に向けた実証実験を開始
週刊BCN+
|
日立物流(中谷康夫社長)とKDDI(高橋誠社長)は、第5世代移動通信システム(5G)を活用した物流の高度化に向けた実証実験を開始することに合意した。
9Picks
EC物流代行システムと物流センターが連携 倉庫内作業も自動化されている物流倉庫を利用できるように
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社ロジレスが提供する「LOGILESS」は、株式会社日立物流と、ECプラットフォームセンター(スマートウエアハウス)における連携を開始したと発表した。 ■「LOGILESS」と「日立物流 ...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ