新着Pick
SPD2TDN6U8FZ9GU0

株式会社 電通

株式会社電通(でんつう、英語: Dentsu Inc.)は、日本の広告代理店である。 ウィキペディア
東京都港区東新橋一丁目8番1号
03-6216-5111
詳細を見る
概要
日本国内2位の博報堂DYホールディングスの売上高の約4倍と名実ともに日本最大の広告代理店であり、「広告界のガリバー」の異名を持つ。その圧倒的なシェアゆえ、市場の寡占化が問題視され、 2005年(平成17年)には公正取引委員会が調査を開始し、調査報告書において電通の広告業界における寡占化の進行の事実を指摘した上で「公平性、透明性の確保が必要」と結論づけた。近年では海外の広告会社を積極的に傘下に加えることにより規模を拡大し、広告代理店グループとして世界5位の規模となっている。

1987年(昭和62年)に制定された「CED」の5番目の社章は「Communications Excellence DENTSU -卓越したコミュニケーション活動を」を表しており、2002年(平成14年)12月まで使用された。現在使用されている「dentsu」の社章は2002年(平成14年)12月の汐留移転を機に制定された6代目である。

政財界・芸能界等の有力者子弟を社員として多く採用している。

第二次世界大戦前より、新入社員の敢闘精神を養うことを目的として「電通富士登山」が毎年行われている。
代表者
代表取締役社長執行役員 山本 敏博
設立年月日
1901-07-01
従業員数
60,064 人
上場年月日
2001-11-30
平均年齢
40 歳
平均年収
12,725,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
2. 電通宇宙ラボとアクセルスペースの取り組み
【ICC】INDUSTRY CO-CREATION
|
「今さら聞けない民間発の宇宙ビジネスの魅力」8回シリーズ(その2)では、実際の宇宙ビジネスの事例を紹介します。既存産業と「宇宙」を掛け合わせる電通宇宙ラボ、50基の小型人工衛星で新しい情報インフラを作り出すアクセルスペース。宇宙産業を盛り上げる2社の取り組みをぜひご覧ください!
10Picks
「働き方改革」の効果をAIで可視化--ISIDなど3社が実証実験
ZDNet Japan
|
電通国際情報サービス(ISID)、オカムラ、明治安田厚生事業団の3社は、オフィスリノベーションによる働き方改革が、社員の健康や行動に与える影響を明らかにする共同実証実験を開始した。
35Picks
「ダイレクトとブランドマーケティングの垣根がなくなっていく?」コメ兵 藤原義昭、ビームス 矢嶋正明、電通デジタル 杉浦友彦【座談会】
Agenda note (アジェンダノート)
|
消費者と企業がオンライン上で直接つながる時代。ダイレクトマーケティングの知識や経験は、通販事業者のみならず、メーカーはじめあらゆ
29Picks
ソフトバンクや電通、JTなどが大ショック? IFRSの「のれん」処理が変わる可能性
ビジネス+IT
|
M&A(合併・買収)で発生する「のれん」の費用計上義務化に関する議論が、国際会計基準(IFRS:イファース)を策定する審議会でスタートした。もし義務化が決定すれば、上場企業の業績に大きな影響を及ぼす可能性がある。東芝の不正会計問題でも「のれん」の処理が問題視されたが、そもそも「のれん」とはどのようなもので、処理方法によって企業の業績はどう変わるのだろうか。
979Picks
【山口周】コンサルにこそ「美意識」が必要だ
NewsPicks編集部
|
ベストセラー『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』の著者である山口周氏は、電通、ボストンコンサルティンググループなどを経て、コーン・フェリー・ヘイグループのシニア・クライアント・パート...
72Picks
日本発スポーツTECH支援プログラム「SPORTS TECH TOKYO」が始動、アドバイザーに競技団体や選手の参加も
Business Insider Japan
|
スポーツ系スタートアップの成長支援と、企業にオープンイノベーションの場を提供する日本発のアクセラレーションプログラム「SPORTS TECH TOKYO 」が2019年、日米で開催される。電通が主催し、プログラムパートナーをサンフランシスコと東京を拠点に活動するベンチャーキャピタル・スクラムベンチャ...
18Picks
広告活動を高度化へ…電通が多様化するメディア視・聴・読習慣を可視化
ニュースイッチ
|
スマートフォンの登場などにより消費者が触れるメディアは多様化した。余暇時間にテレビを視聴する人もいればスマホで動画を視聴する人もいる。ラジオが中心の人も少数派ながらいるだろう。ただ、これまではどんな生活行動の人がいつどんなメディアを見たり聴いたり読んだりするのか、そしてそれぞれの習慣を持つ人がどの程度の割合でいるのかという全体像は見えにくかった。 その中で電通は、出来事や状態の変化など順序あ...
84Picks
純粋な広告効果が測定可能に 電通デジタル、新評価モデル「True Lift Model」を提供開始
MarkeZine
|
電通デジタルは、デジタル広告における広告効果をより正確に評価する新指標「True Lift Model(トゥルー・リフト・モデル)」を開発、提供を開始した。 これまでデジタル広告の評価では、広告の接...
40Picks
いつでもどこでも購入が可能な世界――顧客のインスピレーションとコンバージョンの距離が近づきつつある
ITmedia マーケティング
|
電通イージスグループのiProspectによる未来予測「Future Focus 2018」から、次世代のマーケターが向き合うべきテーマについて解説する。
14Picks
書籍「待っていても、はじまらない。―潔く前に進め」全文公開します
note(ノート)
|
こんにちは、阿部広太郎です。 2016年の夏の終わり、本を刊行しました。「待っていても、はじまらない」(弘文堂)という本です。広告会社の電通でコピーライターとして働きながら気づいたこと。順番待ちを突破する。自分の道を、自分でつくるための本です。あれから2年経った今、おもいきって全文公開してみます。 6名の方と対話し、そこから見出したこれから大切になる「テーマ」について、各章で、いかに現実を切...
12Picks
電通の会社員1万人調査から見えた、イキイキ働くための3つのカギとは?
Beyond
|
電通は9月4日、「健康に働くための指標」を開発するため、全国1万人の会社員を対象に調査し、その結果を公表した。これによると、仕事や生活でイキイキと前向きな状態を維持するためには、「睡眠」「雑談」「ちょっと幸せになれる習慣」の3つが深く関係しているという。また電通は、この調査結果などをもとに毎日の社員の「バイタリティ(活力)」を可視化する仕組みを、7月から導入した。働き方改革は物理的なストレス...
23Picks
電通など3社、「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始
ITmedia マーケティング
|
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズのグループ3社は、プレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始した。
283Picks
電通、「情報銀行」事業に参入 9月に新会社設立
共同通信
|
電通が、個人情報データを預かり、民間企業などに提供する「情報銀行」業務に参入することが31日、分かった。
186Picks
電通の働き方改革担う「ロボット人事部」—— 600工程の効率化はロボット“だけ”では無理
Business Insider Japan
|
人手不足を背景に、生産性を高める手段として注目を集めるRPA(Robotic Process Automation=ロボットによる業務自動化)。 三井住友銀行は運用報告資料の作成、休日・夜間を利用した業界情報の収集といった、約200業務を自動化し、40万時間の業務量削減に成功。自治体でも、つくば市が...
52Picks
電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
ITmedia マーケティング
|
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これにより何が見えてくるのか。担当者に聞いた。
32Picks
電通系と連携も、IBMはワトソンで気象ビジネスを席巻するか
ニュースイッチ
|
気象予報の精度向上や企業におけるデータ活用機運の高まりなどを背景に、気象データをビジネスに生かす動きが多様な業種で広がりつつある。日本気象協会(東京都豊島区)やウェザーニューズなどの民間気象会社はそうした気象ビジネス市場の拡大を図る。一方、市場の拡大期を狙って新たなプレイヤーが来襲した。IT業界の巨人「IBM」だ。人工知能(AI)ブームのけん引役となった「ワトソン」を武器に顧客の獲得を狙う。...
236Picks
電通、純粋持ち株会社へ 20年めど、法令順守強化
共同通信
|
電通は9日、親会社として子会社の株式を保有しグループ経営を主導する「純粋持ち株会社」の体制へ2020年1月をめどに移行する検討を始めると発表した。
17Picks
電通がMaaS到来で動き出す…群馬大と広告配信手法など研究 AI自動運転などの変革期見据え
自動運転ラボ
|
広告代理店大手の株式会社電通(本社:東京都港区/代表取締役社長:山本敏博)は2018年8月7日、国立大学法人群馬大学(本部:群馬県前橋市/学長:平塚浩士)と、「次世代モビリティ社会実装研究における産学連携協定書」を締結した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ