新着Pick
SPD2SE5DCAMILDRC

Gartner Inc

ガートナー(英: Gartner, Inc.)は、IT分野を中心とした調査・助言を行う企業。本社はコネチカット州スタンフォード。2001年までガートナー・グループ(The Gartner Group)という名称であった。 ウィキペディア
56 Top Gallant Road P.O. Box 10212 Stamford Connecticut United States
+1 203 316-1111
詳細を見る
代表者
Eugene A. Hall (Chief Executive Officer),James C. Smith (Chairman)
設立年月日
1990
従業員数
16,724 人
上場年月日
1993-10-29
上場市場
メキシコ証券取引所,サンパウロ証券取引所(BRDR),デュッセルドルフ証券取引所,ニューヨーク証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
21Picks
第14回:セキュリティの転換期--IT担当者が目指すべき姿
ZDNet Japan
|
今回の対談テーマは「セキュリティ」。2020年は多くの企業がテレワークを急ぎ採用し、そのセキュリティ対策に頭を悩ませた担当者は多いだろう。新しい働き方に合わせたセキュリティ対策について、ガートナーの矢野薫氏に提言してもらった。
237Picks
ガートナー「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表。ソーシャルディスタンス技術、説明可能なAI、などが過度な期待
www.publickey1.jp
|
米調査会社のガートナーは、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表しました。 ガートナーのハイプサイクルは、技術の登場から安定までを5つのステージに分けて説明したものです。5つのステージは、「黎明期」から始まり、「『過度な期待...
11Picks
エッジAIや説明可能なAIは“過度の期待のピーク”へ
MONOist
|
米国の調査会社Gartnerは「先進技術におけるハイプサイクル2020年版」を発表した。調査結果によると、「コンポーザブルエンタープライズ」「データファブリック」「組み込み型AI」「セキュアアクセスサービスエッジ(SASE)」「説明可能なAI」などが「過度の期待のピーク」に入った。
10Picks
ガートナー、2020年の先進技術に関する5つ動向を発表
ZDNet Japan
|
米Gartnerは、先進テクノロジーの最新動向をまとめた「ハイプ・サイクル」を発表した。
23Picks
暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.7.5~11)
TechCrunch Japan
|
ブロックチェーンは幻滅期から脱し、2021年頃啓蒙活動期に到達か 米国に本社を置く調査会社のガートナーが独自に提唱する新技術の成熟度、採用度、社会への適用度などを示す指針ハイプ・サイクルにおいて、ブロックチェーン技術は現在「幻滅期」にある(ブロックチェーン・テクノロジのハイプ・サイクル:2019年)。幻滅期というワードは技術の衰退を感じさせる印象に聞こえるが、これは技術に対する評価ではなく、...
16Picks
評価額1.1兆円超に急増した業務自動化のUIPathがシリーズEで約241億円を追加調達
TechCrunch Japan
|
2019年に、ガートナーがRobotic Process Automation(RPA)をエンタープライズソフトウェアで最も急成長しているカテゴリであるとレポートした(未訳記事)。こうした事情を考えれば、この分野の先頭を走るスタートアップであるUIPathが、米国時間7月13日に102億ドル(約1兆1000億円)という驚異的な評価額のもと、2億2500万ドル(約241億円)のシリーズE調達を...
ドローンによる業務自動化のセンシンロボティクス、約22億円を調達
BRIDGE(ブリッジ)|「起業家と投資家を繋ぐ」テクノロジー&スタートアップ関連の話題をお届けするブログメディア
|
49Picks
インテル日本法人鈴木社長が語る「2025年データ格差社会」解消のためにインテルができること
Business Insider Japan
|
半導体メーカー・インテルが今、大きな転換点を迎えている。 インテルは1968年に創業し、既に半世紀が経過している半導体メーカーだ。売り上げベースでは半導体分野で世界最大だ(2019年時点、Gartner調べ)。 インテルが発表した2020年第1四半期(1~3月期)の決算では、同社の主力事業であるPC...
168Picks
コロナ禍で採用活動に変化、企業の86%でオンライン面接を実施--米Gartner調べ
CNET Japan
|
Gartnerは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックが続く状況のなか、人材採用に関する意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、採用に向けた選考をする際、組織の86%がオンライン面接を利用していた。
10Picks
ワークライフバランス充実のため、今後自問すべきこととは?
Forbes JAPAN
|
米調査会社のガートナーは米国の従業員の間で、ワークライフバランスが健康保険関連の福利厚生よりも重視されていることを発見した。ワークライフインテグレーション(統合)により健康が維持されることを考えれば筋が通ったことだ。米国で健全な仕事の範囲が・・・
25Picks
アマゾンAWS、クラウドAIサービスに君臨。「ガートナー最新レポート」より
Forbes JAPAN
|
この記事の読者なら誰もが、今クラウドスペースが熱いことを知っている。あらゆる階層に対応した(フルスタックの)、さまざまなタイプのサービスやプラットフォームがひしめき合う。10年前にはその空間は単に「クラウド」と呼ばれ、仮想化されたワークロー・・・
15Picks
2020年の世界半導体市場、0.9%減のマイナス成長
EE Times Japan
|
米国の市場調査会社Gartnerは2020年4月9日(米国時間)、2020年の世界半導体売上高が前年比0.9%減の4154億米ドルになる、との予測を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による影響を踏まえたもので、前年比12.5%増とした2019年12月の当初予測からは13.4ポイントの下方修正となった。
104Picks
新型コロナ影響、世界半導体市場予測108億ドル下方修正
EE Times Japan
|
米調査会社のGartner(ガートナー)は2020年の世界半導体市場の売上高を4599億米ドル(前年比9.9%増)と予測し、2019年12月の前回予測4707億米ドル(同12.5%増)から108億米ドル下方修正したことを明らかにした。
637Picks
ガートナー、先進テクノロジーのハイプサイクル2018年版を発表、AIの民主化が進む
IT Leaders
|
ガートナー ジャパンは2018年8月22日、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2018年」の日本語版を発表した。ディープラーニングやIoTプラットフォームは過度の期待のピーク期にあり、ブロックチェーンは過度の期待のピーク期から幻滅期へと移行しつつある。AR(拡張現実)は幻滅期に位置している。ガートナーは2018年のハイプサイクルに見られるトレンドとして、AIの民主化など5つを挙げている。
610Picks
AIやブロックチェーンは幻滅期へ、ガートナーが発表
ITmedia エンタープライズ
|
ガートナーは「日本におけるテクノロジのハイプサイクル:2018年」を発表した。ハイプサイクルとは新技術の成熟化の過程を表した図。AI(人工知能)やブロックチェーンに対する期待は「過剰な期待」のピーク期から幻滅期に移行し、ビッグデータは安定期に達する前に陳腐化するとした。
573Picks
【2018年】ITの最新トレンド10大予測
Fashionsnap.com 最新記事
|
2017年9月30日~10月5日にフロリダ州オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2017にて、2018年注目のトレンドが発表されました。今回は発表されたTop 10 Strategic Predictions for 2018 and Beyondをもとに今後の注目すべきITトレンドについて解説していきます。 Gartner Symposium/ITxpoと...
164Picks
マイクロソフト、オラクル、SAP、IBMらメガベンダーとの契約交渉術、ガートナーが指南
ビジネス+IT
|
IT調達リーダーや交渉担当者は、IBMやマイクロソフト、オラクル、SAPなどの大手ソフトウェア・ベンダーとの契約交渉に苦慮することが多い。成功裏に契約を進めるには、事前にどのような準備をし、何に注意して交渉を進めるべきなのか。必要な戦略とヒントを、ガートナーのシニア ディレクター, アナリスト、ロベルト・サッコ氏が解説する。
482Picks
ガートナー、先進テクノロジーのハイプサイクル2019年版を発表、5Gやエッジ分析が期待のピーク
IT Leaders
|
ガートナージャパンは2019年8月30日、米Gartnerが2019年8月29日に発表した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。5G(第5世代移動通信システム)やエッジアナリティクスは過度の期待のピーク期にあり、3Dセンシング・カメラや自律走行(レベル4)は過度の期待のピーク期から幻滅期へと移行しつつある。ガートナーは2019年のハイプサイクルに見られるトレンドとして、...
500Picks
世界スマホ市場、メーカー別売上ランキング 中国企業が上位を独占
Forbes Japan
|
スマホと言えばアップルの名が必ず挙がるが、2016年はアジアの企業、特に中国のメーカーが躍進している。調査会社のガートナーとICインサイツがそれぞれ、2016年第1四半期のスマホ売上データを発表した。ICインサイツによると、世界のスマホメー・・・
429Picks
ブロックチェーンによる革命が起こるまでにあと10年かかる理由
ZDNet Japan
|
ブロックチェーン技術には大きな期待が集まっているが、ガートナーのレポートによれば、ブロックチェーンが社会に実質的な影響を及ぼすまでには、まだ10年ほどかかるという。
452Picks
2017年、急成長が見込まれるテック・トレンド9選(前編)
Business Insider
|
市場調査会社ガートナーの予測によれば、企業各社は2017年、世界全体で3兆5000億ドルをIT関連に費やすという。とくにIT関連支出のなかでも、ハードウェアよりソフトウェアやサービスへの支出が増...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ