新着Pick
SPD2SC3N3YCF1QEP

日本碍子 株式会社

日本碍子株式会社(にっぽんがいし、英語: NGK Insulators, Ltd.)は、本社を愛知県名古屋市瑞穂区に置く企業。電力用がいし・セラミックス製造を主力とする。本社ビルは隣接する熱田区六野に所在。森村グループの一員。 ウィキペディア
愛知県名古屋市瑞穂区須田町2番56号
052-872-7181
詳細を見る
概要
日本陶器(現・ノリタケカンパニーリミテド)からがいし製造部門を分割し、1919年(大正8年)設立。NGKの商標は自動車用スパークプラグにおいても知られているが、こちらは同じ森村グループの日本特殊陶業(日特陶、NTK)の製品に付されている。日特陶はかつて同社の一部門であったが、旧森村の一業一社主義により、1936年(昭和11年)に同社から分割され設立し現在に至る。

100万ボルト(1,000kV)の超高圧送電線用のがいしを製造できるのは、世界中でも日本ガイシだけである。

下水処理プラント等のエンジニアリング部門は以下に記す通り富士電機システムズとの合弁会社(メタウォーター株式会社)に移管、分社化した。
代表者
代表取締役社長 大島 卓
設立年月日
1919-05-05
従業員数
20,115 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
38 歳
平均年収
7,888,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
15Picks
日揮・日本ガイシ、CO2回収を米で実証へ
電気新聞ウェブサイト
|
実証試験に採用されたDDR型ゼオライト膜。CO2の分離・回収で用いられるのは世界初◆共同開発のゼオライト膜効果を検証  日揮は25日、セラミック製のゼオライト膜を活用した二酸化炭素(CO2)分離・回収技術の実証試験を米国テキサス州で開始すると発表した。日本ガイシと共同開発したゼオライト膜は1ナノメートル(10億分の1メートル)以下の微細な穴を多く持つのが特長。ちょうどCO2を通す大きさなので...
20Picks
世界最高強度の「銅合金」 日本ガイシが量産へ
ニュースイッチ
|
日本ガイシは銅合金として世界最高強度を持つ銅合金「ジルコニウム銅ワイヤ」を今秋から量産する。数億円を投じ知多事業所(愛知県半田市)に量産設備を導入。自動車用やロボット用などに提案する。併せて三菱電機系企業から買い取った「銅ニッケルスズ」合金も今秋から一貫生産を始める。金属事業の売上高を、現在の約200億円から20年3月期に50%増の300億円に引き上げる目標だ。 ジルコニウム銅ワイヤは、同社...
11Picks
大規模蓄電池システムを世界展開、日本ガイシとシュナイダーが提携
スマートジャパン
|
日本ガイシと仏シュナイダーエレクトリックは、NAS電池とインバーターを組み合わせた大容量蓄電システムを世界規模で共同拡販していくと発表。
11Picks
日本ガイシ、将来への「蓄電」は実るか
The Wall Street Journal
|
日本ガイシは20年近くにわたり、エネルギー貯蔵部門における次の画期的な技術を研究してきた。現在、蓄電池の準備は整ったが、同社は間違った技術に賭けたのかもしれない。
11Picks
日本ガイシ、NAS電池の出荷再開 3年ぶり
s.nikkei.com
|
 日本ガイシは電力貯蔵用のナトリウム硫黄(NAS)電池の国内出荷を3年ぶりに再開した。このほど国内企業に納入した。2011年9月に納入先で火災事故が発生、事故原因を特定して内部構造を改良し、12年に国
9Picks
日本ガイシ、世界最大の太陽光・太陽熱発電所に蓄電池
ニュースイッチ
|
日本ガイシはアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに電力貯蔵用のナトリウム硫黄(NAS)電池(写真)を納入した。今夏に稼働する。出力1200キロワットで定格容量は7200キロワット時。受注額は非公表。同社がドバイにNAS電池を納入するのは初めて。 納入先はドバイ南部に建設中の太陽光発電所「モハメド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥーム・ソーラー・パーク」。同パークは太陽光発電と集光型太陽熱発電で合...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ