新着Pick
SPD2RW69596X8OQ7

Accenture PLC

アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。 ウィキペディア
1 Grand Canal Square Grand Canal Harbour Dublin Ireland
+353 16462000
詳細を見る
概要
アクセンチュアは、世界最大の経営コンサルティングファームである。様々な分野・産業に対し戦略、業務、IT、デジタル広告などのあらゆるコンサルティングを提供している。また、IBMに次ぐ、システムの設計、開発、運用等を手がけるITサービス企業でもある。世界的なシステムインテグレーション企業のアウトソーシング化の流れに先立ち、近年はアウトソーシングにも注力している。

フォーチュン・グローバル500に選ばれている多国籍企業。

従業員数は世界で約48万人(2019年現在)。拠点数は世界56カ国 200都市以上。シカゴとクアラルンプールにEducation Centreを置き、社員研修を世界合同で行っている。アメリカ企業であったが、バミューダに登記上の本社を移した後、2009年9月にアイルランドのダブリンに本社を移した。アイルランドの安定した法的・経済的・政治的環境および英米・EUとのつながりの深さを理由としているが、実際は法務上および税務上の理由であり、事実上の本社業務は従来通りシカゴおよびニューヨークの二大拠点で行われている。

社内組織はマトリックス状に業界グループとサービスライン(技術)があり、それぞれ一つずつ所属し、2つの重なった部分が個人(コンサルタント)の専門分野となる。業界グループは、公共サービス・医療健康業、製造・流通業、通信・ハイテク業、素材・エネルギー業、金融サービス業の5つからなり、サービスラインは戦略、TOP、SCM、CRM、FPM 等多々あるが、社会状況によって区分は変えている。

企業のコンセプトは、“High performance. Delivered.”であった。これは、クライアントがハイパフォーマンス企業としてより強くなるためのお手伝いをするという意味である。現在は”New Applied Now”へと企業ブランドが変わり、イノベーションによって世界の人々の仕事と生活をより良くする、というミッションを実現するという意味が込められている。

多くの技術者を抱えており、アビームコンサルティングに続いて日本国内2番目にSAP認定コンサルタントの有資格者数が多い。
代表者
David P. Rowland (Chairman),Julie Spellman Sweet (Chief Executive Officer)
設立年月日
2009
従業員数
506,000 人
上場年月日
2001-07-19
上場市場
ニューヨーク証券取引所,サンパウロ証券取引所(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1579Picks
【アクセンチュア】トップが語る「6年で3倍」規模拡大の全貌
NewsPicks編集部
|
総合系コンサル会社は、DXの普及に伴い、各社伸びているが、とりわけ、アクセンチュア・ジャパンの躍進が凄まじい。従業員数は6年で3倍以上。2015年は全世界のアクセンチュアの中で、6位だったという...
519Picks
【BCG】日本のコンサル業界は、まだ黎明期だ
NewsPicks編集部
|
従業員850人と、戦略系コンサル会社としては異例の規模を誇るボストン コンサルティング グループ(BCG)。デジタル系の組織を抱えるなど、アクセンチュアなど総合系コンサル会社と真っ向勝負する構え...
127Picks
【コンサル】アクセンチュア「AI世代のコンサル育成」の舞台裏
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
|
デジタル化の時代を見据えて大胆な組織再編を行ったアクセンチュア。AIやデータサイエンスを駆使した新しいコンサルティングを実践するには、どんな経験が必要なのか。2014年に新卒入社し、現在は新設されたビジネスコンサルティング本部・AIグループでマネージャーを努めている石井舞さんに、自身が経験してきた変化を聞いた。
140Picks
アクセンチュアが「デジタル」の専門組織を解消した理由
ZDNet Japan
|
アクセンチュアがこれまで注力してきた「デジタル」の専門組織を解消し、新たな体制で事業を展開している。多くの企業が今、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む中、同社はなぜ、デジタルの専門組織を解消したのか。
17Picks
アクセンチュア、デジタル成長の加速を狙う新体制での戦略を発表
ZDNet Japan
|
アクセンチュアが経営方針説明会を開き、ビジネスの成長の加速を目指す新体制の取り組みを語った。
555Picks
中小まで9000万超のPonta会員基盤の力を。LMとアクセンチュアが目指すデータ活用の民主化
NewsPicks Brand Design
|
 企業のデータ活用が叫ばれるようになった昨今。「ビッグデータ」という言葉が浸透し、機械学習やAIへと手法が高度化するなど、その技術的基盤は日々進化を遂げている。 一方、GAFAをはじめとした大手...
14Picks
アクセンチュアが提言「儲かるサーキュラーエコノミー」5つのビジネスモデル【連載サーキュラーエコノミー2】
Business Insider Japan
|
猛暑、ゲリラ豪雨、台風による甚大な被害、そして冬の雪不足。日本に暮らしていても気候変動の影響を実感することが増えている。 世界に目を向けると、ここ数年、国家レベルで「サーキュラーエコノミー(循環型経済)」への取り組みを始めている。サーキュラーエコノミーとは何か、なぜ今企業でも関心が高まっているのか。...
13Picks
アクセンチュア、AI活用を支援する拠点「AIセンター」を設立
デジタルシフトタイムズ
|
アクセンチュア株式会社は、アクセンチュアが顧客に提案、提供するサービスに、AI領域においてアクセンチュアが持つ最新かつ最先端の知見、技術や人材を組み入れ、顧客のAI活用をさらに強力に支援する拠点...
152Picks
【アクセンチュア】世界のデジタルプレイヤーと戦うためのAI活用
NewsPicks編集部
|
優れたデジタル技術を有する新興企業が、業界で確固たる地位を築いてきた有力企業を脅かしています。数年後には世界のデジタルプレイヤーに駆逐されてしまう可能性もある。
129Picks
【アクセンチュア】アートで感性を磨く。AIは人間に迫れるか
NewsPicks編集部
|
人間の感性や情念、意思といったものを、AIでどこまで再現できて、できないのか。あるいは、そもそもそれをやるべきか否か。AIに日々向き合っていると、人間の本質に迫るテーマに突き当たります。
257Picks
【アクセンチュア】AI人材になる初めの一歩
NewsPicks編集部
|
「AI人材になるためにどのような知識が必要ですか?」「どのようにAI人材を育成すればよいですか?」とよく質問されます。
199Picks
【アクセンチュア】データサイエンティスト育成プログラム
NewsPicks編集部
|
最近はアクセンチュア社内でもCEOのデータサイエンティスト育成プログラムを経て採用した人材が活躍していますし、さまざまな場面でアナリティクスやAIの力を課題解決に活かす事例が増えてきています。
293Picks
【アクセンチュア】人間とAIの協働に必要な「8つのスキル」
NewsPicks編集部
|
人間とAIの協働・融合に必要となるスキルについては、8つ挙げられます。
276Picks
【アクセンチュア】企業のAI活用を阻む「3つの要因」
NewsPicks編集部
|
AI導入・活用が思うように進まないケースには、主に3つの要因があると私は思っています。
362Picks
【アクセンチュア】AI時代に求められるスキルとマインド
NewsPicks編集部
|
文系の方にはAI活用に苦手意識がある人も多い。理系のほうが優位というイメージがあるかもしれませんが、私はむしろ──。
787Picks
広がる「DX格差」。結果を出すための「ユーザー×コンサルの理想的関係」
NewsPicks Brand Design
|
──どの企業も「デジタルトランスフォーメーション(DX)」が重要テーマで、アクセンチュアに寄せられる相談、問い合わせも増えていると思います。村上さんは、このブーム化したDXをどう見ていますか。村...
15Picks
アクセンチュアが規模拡大で成功する理由【コンサル業界俯瞰マップ】
ダイヤモンド・オンライン
|
企業ニーズの変化でコンサル業界が変わる中、各社のビジネスモデルも変わりつつある。だが、そもそもコンサル会社にはどのような種類があるのか。戦略系、総合系など、各社の違いと特徴を紹介する。
386Picks
「アウトカム・ベース」で加速する、ヘルスケアの未来とは
NewsPicks Brand Design
|
──新型コロナウイルスの感染拡大で、医療の提供体制やヘルスケアに対する価値観が大きく変わろうとしています。皆様の周辺ではどのような変化が起こっているでしょうか。石川 私はアクセンチュアでコンサル...
40Picks
COVID-19による金融業界へのインパクトと先進事例に学ぶ「ニューノーマル」へのシフト
Financial Services Blog
|
本ブログの第1回では、COVID-19がビジネスにもたらす影響と『ニューノーマル』の時代における産業構造変革のキーワードについて解説しました。第2回ではこれを踏まえ、COVID-19が銀行業界にもたらした影響と、『ニューノーマル』への新たな潮流、そして日本の銀行業界が今後視野に入れるべき戦略についてお話します。 欧州デジタルバンクの潮流 アクセンチュアは、今回のコロナ危機の影響を踏まえてイン...
18Picks
コロナ以降、転勤命令の多くは“非合理的”になった - どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?
Diamond Online
|
電通、アクセンチュア、IBMなどをへて、現在は急成長中のスタートアップ・アイデミーで執行役員として活躍する河野英太郎氏の新刊、『どうして僕たちは、あんな働き方をしていたんだろう?』の一部を紹介する連載です。今回は「お客様は神様」という“間違った”精神から、「価値労働」へのシフトを解説します。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ