新着Pick
SPD2OHN4PJ1TJNSL

株式会社 日立製作所

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英語: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
03-3258-1111
詳細を見る
概要
情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8の部門から構成されている。売上高9兆4806億円、営業利益7549億円、総従業員数29万5941人は、総合電機最大であり、日本の全業種中でもトヨタ自動車、日本電信電話に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業。

全世界に製造・販売拠点を広げる多国籍企業でもあり、売上の51%は日本国外からもたらされる。米国誌『フォーブス』が毎年発表する世界企業ベスト2000 では、コングロマリット(複合企業体)に分類されていたが(他にコングロマリットとしてはゼネラル・エレクトリック、シーメンス等が分類されている)、近年はコングロマリットディスカウントに対応するため、事業の集中と選択を徹底して子会社を減らす傾向にあり、2019年にはエレクトロニクスに分類された。

連結子会社879社、持分法適用会社407社、計1,286社を傘下に置き、日立グループを形成する。グループ全体のコーポレート・ステートメントは「Inspire the Next(インスパイアー・ザ・ネクスト)」。
代表者
執行役社長兼CEO 東原 敏昭
設立年月日
1920-02-01
従業員数
298,088 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
8,943,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
インフルエンザの流行、AIで予測 予防・外出見直しの参考に さいたま市で実験
ITmedia NEWS
|
AIを活用し、さいたま市内のインフルエンザの流行状況を予測する実証実験を、日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜が実施する。予測結果はWebサイトなどで配信。期間は12月6日~2020年3月20日まで。
2Picks
AI活用のインフルエンザ予報、さいたま市で実証開始
リセマム
|
日立製作所と損害保険ジャパン日本興亜は2019年12月6日、さいたま市においてAIを活用し、インフルエンザの流行状況を予測・情報配信するサービスの実証を開始。流行速報のほか、インフルエンザの予防・処置に役立つ関連情報をいち早く把握することが可能となる。
14Picks
「化成」の売却交渉本格化。日立のグループ再編、次の企業はどこだ!?
ニュースイッチ
|
日立製作所が、日立化成の売却で昭和電工と交渉に入っていることが明らかになった。昭和電工による買収が実現すれば、売上高は単純合算で約1兆7000億円となり、信越化学工業や三井化学を抜いて国内化学業界4位、世界でも存在感を示せる規模となる。ただ、両社の取り組む高機能素材は企業規模と競争力が必ずしも直結しない。次世代技術の情報戦と、異なる個性を持つ事業群を伸ばす経営が重要になる。   日立化成の買...
11Picks
日立化成の株式取得含め様々な検討、決まったことはない=昭電工
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - 昭和電工<4004.T>は26日、日立製作所<6501.T>が日立化成<4217.T>の売却を巡り、昭電工に買収の優先交渉権を与えることを決めたとの報道を受けて「企業価値向上を目的に、日立化成の株式取得を含め、常にさまざまな検討を行っているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。
12Picks
働き方改革支援アプリで「心の資本」が高まる効果を確認--日立が実証
ZDNet Japan
|
日立製作所は、同社のスマートフォンアプリ「ハピネスプラネット」の使用することで、組織の幸福感や仕事に対する自信・働きがいの尺度「心の資本」が向上すると確認した。
26Picks
【突破せよ日立#01】求める人財は商社にあり
ニュースイッチ
|
日立製作所が創業以来最大のビジネスモデル変革に挑んでいる。目指すのは、IoT(モノのインターネット)技術を使って顧客の課題解決に当たるソリューション企業。人、組織、技術プラットフォーム(基盤)まで変
406Picks
【3分解説】ホンダ系が再編。「自動車サプライヤー」新時代へ
NewsPicks編集部
|
自動車産業のCASE革命により、ケイレツ解体が新たなステージに入る。ホンダの系列、ショーワ、ケーヒン、日信工業が日立製作所子会社の日立オートモーティブシステムズと統合する。 自動運転や電気自動車...
538Picks
【未来予測】「信じるもの」がない時代、我々はどう生きるか
NewsPicks Brand Design
|
10月17日、18日に東京国際フォーラムで開催された「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」では、東原敏昭執行役社長兼CEOが基調講演を実施。日立...
17Picks
NEC「アニーリングマシン」参戦の狙い
ニュースイッチ
|
NECは、金融ポートフォリオや材料研究などの大規模な組み合わせ最適化問題を高速で解くアニーリングマシン市場に参入する。ベクトル方式の独自プロセッサーを搭載したボード型コンピューターを用いて、従来手法では解けない複雑な社会課題の解決に挑む。量子現象を模したアルゴリズムをデジタル回路で動かすアニーリングマシンをめぐっては富士通や日立製作所が先陣を切り、東芝も追従している。NECの参戦で国産コンピ...
24Picks
トヨタが引き金、再編に飲み込まれる自動車部品メーカー
ニュースイッチ
|
自動車産業の変革は部品メーカーの再編を促している。日立製作所とホンダが、傘下の自動車部品メーカーの合併を決めた。従来技術の底上げ、ソフトウエアを組み込んだシステム部品の展開、事業規模拡大による効率化
16Picks
日立がホンダ系部品3社を傘下に収めるわけ
東洋経済オンライン
|
日立製作所が自動車分野で大勝負に出た。日立とホンダは10月30日、日立傘下の日立オートモーティブシステムズとホンダ系有力部品メーカーであるケーヒンとショーワ、日信工業を統合すると発表した。ホンダ系の3社…
30Picks
新しい発想のヒントを提供、日立の「生き物ひらめきカード」とは?
ニュースイッチ
|
「新たなアイデアの着想は生物に学べ」―。日立製作所は、システム開発などにおけるアイデア創出を支援するツール「生き物ひらめきカード」を開発した。約40種類の生物が持つ特徴を表したカードにより、既存の発想を打破するヒントを提供する。 グループワークやワークショップでの活用を見込む。日立の社内用ツールとして利用するだけでなく、社外への提供も視野に入れる。 砂漠のアリの巣は昼は高温、夜は低温にさらさ...
356Picks
山口周×出口治明 対談「経営の足元を築くリベラルアーツ」
Executive Foresight Online (EFO)
|
立命館アジア太平洋大学 出口治明学長と山口周氏の対談。「知識・教養×論理的に考える力」が問われる時代に、リベラルアーツの重要性から日本再生のカギを明らかにする。5回連載で公開中。
11Picks
エレベーターの混雑時待ち時間20%減、日立が運行管理にAI
ニュースイッチ
|
日立製作所と日立ビルシステム(東京都千代田区)は、人工知能(AI)で利用人数を予測することで、混雑時の平均待ち時間を最大20%短縮するエレベーター運行管理システム「FI―700」を開発した。各時間で
11Picks
AIを活用して、医薬品の効果に影響を与えるバイオマーカーを探索
MONOist
|
日立製作所は、未知のバイオマーカー候補を高精度に検出する新開発のAIを活用した「Hitachi Digital Solutions for Pharma/バイオマーカー探索サービス」の提供を開始した。より効果の高い医薬品開発や、開発期間の短縮に貢献する。
70Picks
西友、AIで弁当・惣菜の需要を予測、発注業務と廃棄ロスが軽減
週刊BCN+
|
西友(リオネル・デスクリー社長)は、日立製作所(東原敏昭社長兼CEO)との協創を通じ、AIによる需要予測に基づき自動発注を行うシステムとして日立の「Hitachi Digital Solution for Retail/AI需要予測型自動発注サービス」を、全国の店舗への導入を開始した。
43Picks
日立、「協創の森」から生まれる家電製品のデザイン改革
BCN+R
|
日立グローバルライフソリューションズが10月9日に開催した、ドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム BD-NX120E」の発表会は、通常の都内イベント会場などとは違う、一風変わった場所で行われた。JR中央線の国分寺駅北口から徒歩約10分、商店街の途中を左折して閑静な住宅街の奥に緑の木々が生い茂る、広大な敷地「協創の森」にある「日立製作所 中央研究所」だ。
22Picks
「デジタルとグローバル展開が2本柱」日立 金融ビジネス CEOに聞く金融IT事業戦略
FinTech Journal
|
物理的なモノからソフトウェアやインターフェースまで、幅広い事業領域と要素技術を有する日立製作所。金融分野のデジタル化においても、「攻めのIT」と「守りのIT」をキーワードに、金融業界各社と“協創”を進めている。日立製作所 執行役常務 金融ビジネスユニットCEO 山本 二雄氏に、同社の事業戦略について話を聞いた。
11Picks
日立、人の流れをAIで予測してエレベーターの運行を効率化
ZDNet Japan
|
日立製作所と日立ビルシステムは10月8日、人の流れを予測してエレベーターの運行を効率化するシステム「FI-700」を開発したと発表した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ