新着Pick
SPD2OCUV6R5P6VIB

株式会社 デンソー

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県刈谷市昭和町1-1
0566-25-5511
詳細を見る
概要
前身はトヨタ自動車の開発部門であり、現在もトヨタグループに属している。

1949年(昭和24年)に日本電装株式会社として創業以来、トヨタ自動車を中心に自動車用電装部品を拡販し、現在では世界の主要なカーメーカーに広く製品を供給している。

売上高は2014年(平成26年)3月時点で4兆円を超え、東証一部 TOPIX Core30 企業である。また2013年(平成25年)度版Fortune Global 500リストでは242位にランクされた。

東洋経済による2016年(平成28年)度の国内従業員数ランキングでは、正社員数が146,714人で12位、非正規社員数は29,583人で14位となっている。

主な製品は自動車の熱機器関連、エンジン関連(各種センサ、ECU、燃料噴射装置、点火装置、噴射ポンプ、コモンレールシステム)、電気機器関連、電子機器関連、ITS関連である。自動車部品を広範囲に扱っているが、センサ技術を応用した産業用無人航空機(ヒロボーが機体開発に協力したドローン)分野にも参入した。
また近年、バイオ分野やヘルスケア分野、情報分野、製品としてはワインセーバーや基礎化粧品など、様々な取り組みもしている。

1970年代には Nippon Denso から取られたNDで始まる型番のアマチュア無線機器を生産、またKDDIを中心に携帯電話端末も供給していた。2007年(平成19年)まで細々とではあるがNTTドコモの自動車電話「デジタル・カーホン」を生産していた。

携帯電話にURIなどを転送する際に使われる、QRコードの開発を行ったのも同社である。QRコードは同社の子会社である株式会社デンソーウェーブの登録商標である。

CO2冷媒ヒートポンプ給湯器「エコキュート」は同社と電力中央研究所、東京電力が共同開発した技術である。CO2冷媒カーエアコンの開発技術を生かして製品試作段階から深くかかわっている。現在もコロナ向けエコキュートのOEM生産を行っている。

「エジェクタサイクル」を世界で初めて実用化に成功させた。これを搭載した冷凍庫は、従来のシステムに比べて冷凍能力25 %、エネルギー効率は50 %向上。運転時の動力は33 %低減し、年間の消費電力を60 %も低減可能にする。電流を細かく制御することで産業装置から家電製品にまで革命を起こした「インバータ」以来の大発明と言われる。

刈谷本社は、フレックスタイム制が導入されており、コアタイム(コアタイム 夏期は10時10分 - 14時25分、夏期以外は10時10分 - 15時25分)が決まっている。

2015年(平成27年)度から、夏に朝型勤務を促す活動「モーニングシフト」を積極的に取り組んでいる。期間中は効果があり、定時より早く帰宅でき、そこから女性社員を中心に自身の勤務時間を見直す動きも出ている。

2018年度四季報によると、海外勤務者数がトヨタ自動車に次ぎ、日本で二番目に多く、これは丸紅、三菱商事など大手の商社よりも多い。
代表者
取締役社長 有馬 浩二
設立年月日
1949-12-16
従業員数
171,992 人
上場年月日
1951-12-10
平均年齢
43 歳
平均年収
8,168,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
デンソー・富士通、スペインで自動車用機器の生産ライン停止へ準備
Reuters
|
[マドリード 26日 ロイター] - デンソー<6902.T>と富士通<6702.T>が共同出資するスペイン南部マラガの自動車用機器の部品工場では、新型コロナウイルスの感染拡大により中国からの部品供給に支障が出ており、必要な場合に一部の生産ラインを停止する準備を進めている。
16Picks
統一QRコード普及に追い風 ペイペイが参加
産経ニュース
|
総務省は28日、店舗に設置するQRコード決済の統一規格「JPQR」に、QRコード決済大手のペイペイが令和2年度から参加することを明らかにした。JPQRは決済事業者の足並みがそろわないことが普及に向けた大きな課題となっていたが、利用者が2500万人で最も使われているとされるペイペイの参加で、普及に向けて大きく前進しそうだ。
256Picks
「ペイペイの毒」に潰されたキャッシュレス企業…その残酷すぎる末路
マネー現代
|
今年1月23日、突如として明らかとなったフリマアプリ「メルカリ」によるQRコード決済「オリガミ」の買収劇。かつては将来性のあるユニコーン企業として持て囃されたオリガミは、なぜタダ同然で身売りすることになってしまったのか。そこには、ただの「資金難」では言い尽くせない、QRコード決済業界にはびこる大きな原因があった。
11Picks
「ローソンゴー」のレジレス・ウォークスルー決済を体験
Impress Watch
|
ローソンは、「ローソンゴー」アプリのQRコードを店頭の端末にかざして入店し、後は購入する物を手に取ってゲートを出るだけで決済完了する「レジレス店」の実証実験店舗にて、ローソンのウォークスルー決済を体験してきた。
16Picks
PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ…統合進むスマホ決済、最新動向とキャンペーン情報一挙紹介
Mocha(モカ)|お金の知性が、人生を変える。
|
PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、メルペイ、au PAY……キャッシュレス決済を牽引する新興勢力といえば、スマホ決済(QRコード決済)でしょう。キャッシュレス決済で5%・2%の還元が受けられる「キャッシュレス・消費者還元事業」を追い風に、使えるお店がどんどん増えているように感じます。しかしここにきて、各社の提携・統合の動きがでてきています。
32Picks
磁気乗車券はコスト高!鉄道が相次ぎ乗り出すQRコード実証実験 - News&Analysis
Diamond Online
|
阪神電気鉄道がQRコードの実証実験をすると発表した。他にも、昨年12月から開始している大阪メトロや、今年5~6月に予定しているJR東日本など、QRコードの実証実験が相次いでいる。鉄道事業者が狙うのは「磁気乗車券の削減、廃止」。磁気乗車券は、意外にもコストが高いのだ。
117Picks
Suicaの発行枚数が8000万枚を突破
Engadget 日本版
|
JR東日本は、昨年12月末時点でSuicaの発行枚数が8000万枚を突破し、8139万枚に到達したと明かしました。昨年9月末は7950万枚でした。 また、月間のSuica等交通系電子マネーの利用件数は、昨年12月の時点で2億5261万件となり、過去最高を更新しました。QRコード決済「PayPay」の月間利用件数である1億回を遥かに上回ります。(この数字は店舗での決済だけでなく、Suicaは鉄...
14Picks
アジャイル開発の最前線!日本発のグローバル企業 TRI-AD 新オフィス見学レポート
ジョイキャリア
|
TRI-ADが新オフィスを移転した背景 TRI-ADは、トヨタ自動車、アイシン、デンソーが共同出資する企業だ。テクノロジーを洗練させ、トップクラスの安全性を実現したクルマを開発することをミッションに掲げ、最先端の研究開発を行っている。 TRI-ADが新オフィスを作った狙いのひとつは、エンジニアのパフォーマンスを最大限に引き出す環境を整えること。メインコンセプトは「AI PALETTE」だ。AIには
10Picks
QRコード切符が将来の「Suica」になる?【鈴木淳也のPay Attention】
Impress Watch
|
以前、本連載でJR東日本がQRコード改札を導入しようとしている背景について説明した(JR東日本がQRコード改札を検討する理由。QR採用は退化じゃない)。3月13日に開業する山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」において新デザインの改札が実証実験を兼ねて導入されることを受けて、その背景をまとめたもので、QRコード導入が必ずしも技術的退化ではない理由を紹介している。
19Picks
【シンガポール】DBS銀、企業間取引のQRコード決済開始
NNAアジア経済ニュース
|
【シンガポール】DBS銀、企業間取引のQRコード決済開始[金融] シンガポールのDBS銀行は20日、業界初というQRコードを使った企業間取引(BtoB)向けの電子決済...
16Picks
デンソーが明かす、なぜ自動運転の技術開発に「ゲーム開発基盤」が役立つのか
ビジネス+IT
|
人手不足や高齢化が進み、さらに「所有」から「共有」へと消費者意識が変わる社会において、自動車のあり方は大きく様変わりすると予想されている。そこで鍵を握るのがADAS(先進運転支援システム)と、それを進化させたAD(自動運転)だ。自動車関連メーカーやIT企業までもが、こぞってAD/ADASの開発競争に身を投じている。こうした状況において今、ゲーム業界の技術がにわかに注目を集めているという。それ...
115Picks
デンソーの「CASE」シフトが止まらない
ニュースイッチ
|
デンソーは1月1日付で自動運転やコネクテッドカー(つながる車)を手がける専門部署を新設する。競争が激化するCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)領域の競争力を高める狙い。専門部署で全社のCASE戦略に横串を通し、開発・営業の効率化につなげる。 自動運転ではMaaS(乗り物のサービス化)分野の深耕を軸足に置く「先進モビリティシステム事業開発部」を新設する。社長直轄の組織とし、...
16Picks
社長直轄組織も!デンソー、CASE進展見据え体制変更 AI自動運転やコネクテッドに対応
自動運転ラボ
|
自動車部品大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2019年12月30日までに、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)の進展に対応するための組織体制の変更を発表した。 その組織変更 […]
847Picks
キャッシュレス決済、じつは「むしろ損する人」が急増していた…!
マネー現代
|
消費増税とともに一気に浸透してきたのが「キャッシュレス決済」である。クレジットカード、電子マネー、デビットカード、QRコード決済などをすれば増税分が還元されるというお得感もさることながら、スマホ上で何を買ったのか、いくら使ったのかなどが日々記録されていくのが家計管理には最適と喜ぶ人も少なくないだろう。しかし、じつはこの便利さゆえに「キャッシュレス決済には『家計破綻』の落とし穴が潜んでいる」と...
15Picks
なぜソフトウェア開発を内製化すべきなのか? 及川卓也氏が語る「ソフトウェア・ファースト」がもたらすもの
ログミー
|
2019年12月9日、株式会社デンソーが主催するイベント「DENSO Tech Links Tokyo #5」が開催されました。第5回となる今回のテーマは「デンソーが工場からソフトウェア内製化に挑む」。4.4万品番、120億個もの自動車部品を製造するデンソーの工場は、数多くのIoT技術によって支えられています。デンソーのIoT技術活用の裏側について、技術顧問の及川卓也氏とデンソー社員3名が講...
14Picks
【2019年大型調達】注目の国内フィンテック・スタートアップ10選
THE BRIDGE
|
2019年の国内フィンテック動向を振り返ると、キャッシュレス戦争の勃発という印象が強く残っている方は多いと思います。メルペイの立ち上げや同サービスのQRコード決済におけるLINE Payとの提携、PayPayの大規模な還元セール、これら運営企業であるLINEとヤフーの経営統合と言ったニュースも記憶に新しいと思います。 しかしこうした動向の裏で、着々とサービス拡大を行い、大幅な資金調達を成功さ...
63Picks
Instagram、アプリ内でアカウントQRコードを表示できる機能を追加
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
Instagramは、アプリ内で自分のInstagramアカウントのQRコードを表示、およびほかのアカウントのQRコードをスキャンできる機能を追加したことを発表した。 アプリ内でQRコードを使える…
13Picks
メアドと携帯番号だけで"後払い"できる「Paidy」、国内BNPL市場パイオニアが語る次世代の決済体験
LoveTechMedia - ラブテックメディア
|
BNPL領域より愛を込めて 今「キャッシュレス決済」、つまりは現金以外を用いた支払いへの機運が、かつてないほどに高まっている。 従来より存在する各種クレジットカードや交通系IC、PayPalといったサービスはもちろん、ここ最近で大きく躍進するのが、QRコード読み取り型で提供されるサービス群だ。PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、メルペイ、Origami Payなど、どれか一度は耳にした...
10Picks
2025年にはキャッシュレス決済市場が128兆円、QRコード/バーコード決済市場は9.7兆円規模になる見込み
@DIME アットダイム
|
2025年にキャッシュレス決済市場は128兆円を突破近年、QRコード・バーコード決済市場は加速的に成長している。キャッシュレス決済の市場規模に関する調査レポート『電子決済総覧2019-2020』によると、20...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ