新着Pick
SPD2OCUV6R5P6VIB

株式会社 デンソー

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県刈谷市昭和町1-1
0566-25-5511
詳細を見る
概要
前身はトヨタ自動車の開発部門であり、現在もトヨタグループに属している。

1949年(昭和24年)に日本電装株式会社として創業以来、トヨタ自動車を中心に自動車用電装部品を拡販し、現在では世界の主要なカーメーカーに広く製品を供給している。

売上高は2014年(平成26年)3月時点で4兆円を超え、東証一部 TOPIX Core30 企業である。また2013年(平成25年)度版Fortune Global 500リストでは242位にランクされた。

東洋経済による2016年(平成28年)度の国内従業員数ランキングでは、正社員数が146,714人で12位、非正規社員数は29,583人で14位となっている。

主な製品は自動車の熱機器関連、エンジン関連(各種センサ、ECU、燃料噴射装置、点火装置、噴射ポンプ、コモンレールシステム)、電気機器関連、電子機器関連、ITS関連である。自動車部品を広範囲に扱っているが、センサ技術を応用した産業用無人航空機(ヒロボーが機体開発に協力したドローン)分野にも参入した。
また近年、バイオ分野やヘルスケア分野、情報分野、製品としてはワインセーバーや基礎化粧品など、様々な取り組みもしている。

1970年代には Nippon Denso から取られたNDで始まる型番のアマチュア無線機器を生産、またKDDIを中心に携帯電話端末も供給していた。2007年(平成19年)まで細々とではあるがNTTドコモの自動車電話「デジタル・カーホン」を生産していた。

携帯電話にURIなどを転送する際に使われる、QRコードの開発を行ったのも同社である。QRコードは同社の子会社である株式会社デンソーウェーブの登録商標である。

CO2冷媒ヒートポンプ給湯器「エコキュート」は同社と電力中央研究所、東京電力が共同開発した技術である。CO2冷媒カーエアコンの開発技術を生かして製品試作段階から深くかかわっている。現在もコロナ向けエコキュートのOEM生産を行っている。

「エジェクタサイクル」を世界で初めて実用化に成功させた。これを搭載した冷凍庫は、従来のシステムに比べて冷凍能力25 %、エネルギー効率は50 %向上。運転時の動力は33 %低減し、年間の消費電力を60 %も低減可能にする。電流を細かく制御することで産業装置から家電製品にまで革命を起こした「インバータ」以来の大発明と言われる。

刈谷本社は、フレックスタイム制が導入されており、コアタイム(コアタイム 夏期は10時10分 - 14時25分、夏期以外は10時10分 - 15時25分)が決まっている。

2015年(平成27年)度から、夏に朝型勤務を促す活動「モーニングシフト」を積極的に取り組んでいる。期間中は効果があり、定時より早く帰宅でき、そこから女性社員を中心に自身の勤務時間を見直す動きも出ている。

2018年度四季報によると、海外勤務者数がトヨタ自動車に次ぎ、日本で二番目に多く、これは丸紅、三菱商事など大手の商社よりも多い。
代表者
取締役社長 有馬 浩二
設立年月日
1949-12-16
従業員数
171,992 人
上場年月日
1951-12-10
平均年齢
43 歳
平均年収
8,168,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
トヨタとデンソーの自動車向け半導体先行開発会社「MIRISE」、2020年に始動
マイナビニュース
|
デンソーは、12月11日~13日にかけて東京ビッグサイトにて開催されているエレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2019」の主催者ゾーン「SMART Transportation」にて、12月10日付で発表した新会社「MIRAISE Technologies」の紹介を行っている。
9Picks
トヨタとデンソー、自動運転技術などの革新へ半導体開発会社 社名は「MIRISE Technologies」
自動運転ラボ
|
自動運転車両や電動車両などの技術革新に向け、トヨタとデンソーは2020年4月に合弁会社のMIRISE Technologiesを設立する。次世代の車載半導体の研究や先行開発が主な事業だ。 両社は2019年12月11日にこ […]
3Picks
自動で書類に捺印するロボット、デンソーウェーブなど3社が開発
BCN+R
|
デンソーウェーブは、日立キャピタルと日立システムズの3社共同で、オフィス向けロボティクスソリューション「RPA&COBOTTA オフィス向け自動化支援」を開発した。人協働ロボット「COBOTTA」が書類に捺印し、書面を電子化する一連の業務を自動化する。
4Picks
契約書に押印するロボット。デンソーと日立
Impress Watch
|
契約書をめくってハンコを押すロボットが登場した。デンソーウェーブと日立キャピタル、日立システムズの3社は、オフィス向けロボティクスソリューション「RPA&COBOTTA オフィス向け自動化支援」を開発した。2020年3月からの提供を予定しており、12月18日から東京ビッグサイトで開催される「2019国際ロボット展」に出展する。
2Picks
産業用ロボットをオープンに、PCでソフトウェア駆動する新コントローラーが登場
MONOist
|
デンソーウェーブとベッコフオートメーションは2019年12月13日、ファームウェアで提供可能な新コンセプトのロボットコントローラー「RC9(アールシーナイン)」を開発したと発表した。
78Picks
JR東日本がQRコード改札を検討する理由。QR採用は退化じゃない
Impress Watch
|
JR東日本は12月3日、2020年春にオープンする山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」で導入される新設備やサービス、駅店舗について最新情報を公開した。このあたりは既報の通りだが、本連載での注目は「新デザインの自動改札」と、そこに据え付けられた「QRコード読み取りによる改札システム」だ。この新改札導入に合わせ、QRコードによる改札機利用のモニター評価実験を行なうことにも触れている。
77Picks
激混みドコモショップ改善なるか…応対時間半減へ新施策
ニュースイッチ
|
NTTドコモは販売店「ドコモショップ」に来店した顧客の平均応対時間を、現状比半減以上の1時間未満に短縮するデジタル化施策を相次ぎ導入する。2020年度までに、インターネット上で事前に来店予約した顧客の入店受け付けを2次元コード「QRコード」などを使って自動化。人工知能(AI)を用いた顧客情報の分析により、顧客ごとに最適なサービスを迅速に提案できる体制を築く。 現状では、ネット予約客でも受け付...
13Picks
信用の可視化でファイナンスの常識を覆す 個人も事業者も「信用スコア」が鍵に
デジタルシフトタイムズ
|
アリババが重視しているファイナンス事業。日本に住む筆者が、中国でQRコード決済を体験しただけでは、決済サービス「AliPay」や信用を可視化する「信用スコア」などの実態について把握しきれない。そ...
21Picks
JR東日本が「QR自動改札機」、2020年春開業の高輪ゲートウェイ駅で実験
Engadget 日本版
|
JR東日本はおよそ50年ぶりの山手線新駅「高輪ゲートウェイ駅」の概要について発表しました。その中で、今回が初めての発表となる「QRコード対応の自動改札機」の設置も案内されています。 高輪ゲートウェイ駅ではQRコードを使った改札通過のモニター評価試験が行われる予定で、同社広報には「QRコードを改札機における有力なツールと考えている」とコメントしました。 具体的な用途としては、改札機でQRコード...
329Picks
楽天ペイ 再び利用できず
NHKニュース
|
楽天によりますと、スマートフォンのQRコード決済サービス、楽天ペイが、25日午前、利用できなくなっているということです。…
286Picks
PayPayとLINE Payはどっちが生き残る? ヤフーとLINEの経営統合で重複する事業とは
Business Insider Japan
|
11月18日、ヤフーを傘下に持つZホールディングスとLINEが、経営統合することが発表された。両社の統合で補完し合える事業も多い一方、競争が激しいQRコード決済など、重複する事業も少なからずある。実際のところ、両社の事業はどの程度重複しているのだろうか。 経営統合後、統廃合・変更などがありそうなサー...
90Picks
楽天ペイが復旧 楽天カードで一部影響残る
NHKニュース
|
楽天によりますと、25日午前中から利用ができなくなっていたスマートフォンのQRコード決済サービス、楽天ペイは、午後2時す…
239Picks
LINEペイの大誤算…ヤフー統合を運命づけた「クレカ紐付け」問題
マネー現代
|
11月18日、Yahoo Japanなどを運営するヤフーの親会社・ZホールディングスとLINEが、経営統合することで基本合意したことが正式に発表されました。同月13日に今回の経営統合話が持ち上がって以降、様々な記事が出ていますが、筆者は我々の日常生活にも密接に関係するであろうキャッシュレス決済(QRコード決済)の観点から、この騒動を考えてみたいと思います。


183Picks
トヨタ、スマホ決済アプリ提供開始 電子マネー、クレジット、デビットに対応
ITmedia ビジネスオンライン
|
トヨタ自動車は、スマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」の提供を開始。QRコード・バーコード決済や電子マネーの「かざす」決済といった複数の支払い方法に対応。iOS版から提供を開始し、2020年春にはAndroid版も提供する。
14Picks
電子マネー、クレジット、デビットもこれひとつ! トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」誕生
トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
|
トヨタ自動車株式会社、トヨタファイナンシャルサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社の3社(以下、トヨタ)は、電子マネーのかざして決済、QRコード/バーコード決済といった複数の支払い手段を搭載するスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を開発、11月19日よりiOS版の無料提供を開始します。
15Picks
インフキュリオンデジタル、2019年の決済カオスマップとQRコード決済やキャッシュレス決済に関する動向調査結果を公開 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
|
インフキュリオン・グループ傘下のフィンテック特化スタートアップスタジオであるインフキュリオンデジタルは7日、「決済カオスマップ2019」「QR コード...
33Picks
トヨタ、過去最高益の裏にある新次元の「ケイレツ搾取」【決算報19秋】 - ダイヤモンド 決算報
Diamond Online
|
トヨタ自動車の2020年3月期上半期の決算は、売上高と純利益で過去最高をマークし、絶好調となった。しかし、トヨタグループの“ケイレツ”筆頭格であるデンソーやアイシン精機は減収減益に終わっている。トヨタが笑い、サプライヤーが泣く。この対照的な構図の裏には、現在、自動車業界で起きつつある新次元の「ケイレツ搾取」があった。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ