新着Pick
SPD2OCUV6R5P6VIB

株式会社 デンソー

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県刈谷市昭和町1-1
0566-25-5511
詳細を見る
概要
前身はトヨタ自動車の開発部門であり、現在もトヨタグループに属している。

1949年(昭和24年)に日本電装株式会社として創業以来、トヨタ自動車を中心に自動車用電装部品を拡販し、現在では世界の主要なカーメーカーに広く製品を供給している。

売上高は2014年(平成26年)3月時点で4兆円を超え、東証一部 TOPIX Core30 企業である。また2013年(平成25年)度版Fortune Global 500リストでは242位にランクされた。

東洋経済による2016年(平成28年)度の国内従業員数ランキングでは、正社員数が146,714人で12位、非正規社員数は29,583人で14位となっている。

主な製品は自動車の熱機器関連、エンジン関連(各種センサ、ECU、燃料噴射装置、点火装置、噴射ポンプ、コモンレールシステム)、電気機器関連、電子機器関連、ITS関連である。自動車部品を広範囲に扱っているが、センサ技術を応用した産業用無人航空機(ヒロボーが機体開発に協力したドローン)分野にも参入した。
また近年、バイオ分野やヘルスケア分野、情報分野、製品としてはワインセーバーや基礎化粧品など、様々な取り組みもしている。

1970年代には Nippon Denso から取られたNDで始まる型番のアマチュア無線機器を生産、またKDDIを中心に携帯電話端末も供給していた。2007年(平成19年)まで細々とではあるがNTTドコモの自動車電話「デジタル・カーホン」を生産していた。

携帯電話にURIなどを転送する際に使われる、QRコードの開発を行ったのも同社である。QRコードは同社の子会社である株式会社デンソーウェーブの登録商標である。

CO2冷媒ヒートポンプ給湯器「エコキュート」は同社と電力中央研究所、東京電力が共同開発した技術である。CO2冷媒カーエアコンの開発技術を生かして製品試作段階から深くかかわっている。現在もコロナ向けエコキュートのOEM生産を行っている。

「エジェクタサイクル」を世界で初めて実用化に成功させた。これを搭載した冷凍庫は、従来のシステムに比べて冷凍能力25 %、エネルギー効率は50 %向上。運転時の動力は33 %低減し、年間の消費電力を60 %も低減可能にする。電流を細かく制御することで産業装置から家電製品にまで革命を起こした「インバータ」以来の大発明と言われる。

刈谷本社は、フレックスタイム制が導入されており、コアタイム(コアタイム 夏期は10時10分 - 14時25分、夏期以外は10時10分 - 15時25分)が決まっている。

2015年(平成27年)度から、夏に朝型勤務を促す活動「モーニングシフト」を積極的に取り組んでいる。期間中は効果があり、定時より早く帰宅でき、そこから女性社員を中心に自身の勤務時間を見直す動きも出ている。

2018年度四季報によると、海外勤務者数がトヨタ自動車に次ぎ、日本で二番目に多く、これは丸紅、三菱商事など大手の商社よりも多い。
代表者
取締役社長 有馬 浩二
設立年月日
1949-12-16
従業員数
171,992 人
上場年月日
1951-12-10
平均年齢
43 歳
平均年収
8,168,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
16Picks
メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYが大連携、共通QRコードで加盟店決済が可能に
TechCrunch Japan
|
メルペイは9月18日、MERPAY CONFERENCE 2019_SEP.を開催。LINE PayとNTTドコモ、KDDIと共同でキャッシュレスの普及を目的とした業務提携を発表した。具体的には、メルペイとLINE Pay、NTTドコモが結成しているモバイル決済における加盟店アライアンスに「Mobile Payment Alliance」(MoPA、モパ)にKDDIが参加する。 今回の提携に...
66Picks
「ゆうちょPay」に機能追加 店舗検索やクーポン配布が可能に
ITmedia Mobile
|
ゆうちょ銀行は、9月17日にスマホ決済サービス「ゆうちょPay」へ機能追加を実施。新たに使えるお店検索機能、クーポン機能、ユーザー入力型静的QRコード決済機能が利用できるようになる。
980Picks
「中国スゴイ!」と持ち上げられた無人コンビニ、バブル崩壊でただの箱に
文春オンライン
|
「中国スゴイ!」という文脈で、中国にあるガラス張りの無人コンビニがしばしば取り上げられました。2017年から2018年にかけてのことです。QRコードによるキャッシュレス決済やシェアサイクルの次のネタと…
(31件の記事)
11Picks
「中国スゴイ!」と持ち上げられた無人コンビニ、バブル崩壊でただの箱に 流行らなかった理由は、お客さんが買いたがらなかったから - 山谷 剛史 - 文春オンライン
BLOGOS - 最新記事
|
「中国スゴイ!」という文脈で、中国にあるガラス張りの無人コンビニがしばしば取り上げられました。2017年から2018年にかけてのことです。QRコードによるキャッシュレス決済やシェアサイクルの次のネタとして使われたのです。無人コンビニに興味をもつ中国人 ©︎山谷剛史まさに「あの無人コンビニは今」 中国を代表するネット企業「アリババ(阿里巴巴)」が「ニューリテール(新小売)」なる概念を提唱し、...
27Picks
キャッシュレス主役「デビット」普及しない日本のなぜ | 人生100年時代のライフ&マネー | 渡辺精一 | 毎日新聞「経済プレミア」
毎日新聞「経済プレミア」
|
キャッシュレスどう使う(5)  QRコード決済が注目される日本のキャッシュレスだが、非現金化が浸透した欧米の主流はデビットカードだ。クレジットカード同様に使えるが、利用代金を「借金」にしないで済む点が好まれる。ところが、日本ではほとんど浸透しない。なぜ“ガラパゴス”なのか。
10Picks
デンソーの世界130工場をつなぐIoT機器、あなたの生産現場で試してみませんか?
ニュースイッチ
|
デンソーウェーブ(愛知県阿久比町)は、工場向けIoT(モノのインターネット)関連の製品群を強化する。メーカーに関わらず生産設備のデータを集めて活用できる製品を拡充。同製品の導入を支援するシステムインテグレーター(SI)の開拓も積極化する。景気減速などで設備投資は低迷するが、データ活用のニーズは高い。IoT関連製品で2025年に売上高50億円を目指す。 デンソーウェーブはロボットや加工機などメ...
266Picks
「Jコインペイ」に不正アクセス 加盟店情報1万8千件が流出
共同通信
|
みずほフィナンシャルグループ(FG)は4日、QRコードを使って代金の支払いや送金ができる「Jコインペイ」のテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。
15Picks
牽引するのはクリエイティブディレクター freee流企業ブランディングの進めかたとは
CreatorZine
|
「クラウド会計ソフト freee(フリー)」の開発・運営で知られるfreee株式会社は、2017年より、企業全体のブランディングに注力している。その中心人物のひとりが、今回お話を聞く小川テツヤさんだ。出版系制作会社にてデザイナー・アートディレクターを経験後、自動車などの部品メーカー「デンソー」にてBtoB企業のリブランディングや、広告プロモーション制作に従事。その経験を活かすべく、2017年...
14Picks
マイナンバーカード所有者のスマホ決済にポイント付与。「マイナポイント」を2020年導入へ
Engadget 日本版
|
政府は9月3日、社会全体のデジタル化を推進するデジタル・ガバメント閣僚会議において、低迷するマイナンバーカードの普及と消費活性化を目的に、マイナンバーカード所有者に対して買い物などで利用できるポイントを付与する「マイナポイント」制度の導入方針を固めました。 マイナポイントは、民間のQRコード決済などのキャッシュレス決済手段にマイナンバーカード保有者がチャージした場合、国がポイントを上乗せする...
40Picks
QRコードはもう古い、アリババやテンセントが進めるのは「顔認証決済」
FinTech Journal
|
2015年時点でキャッシュレス比率60%を誇る中国では、QRコード決済が常識になっていることは有名だ。日本でも多くのQRコード決済サービスが登場し、その普及率を各社が競っている状況であるが、中国はすでに次のステージへ進んでいるという。それが「顔認証決済」である。なぜアリババやテンセントは顔認証決済の導入に力を入れているのだろうか。世界のキャッシュレスをけん引する中国の現状から、日本が見失いつ...
16Picks
現金・クレカ・非接触・QRコード 一番早く決済できるのはどれ? お店で比べてみた結果は……
ITmedia NEWS
|
JCBが、現金とキャッシュレス決済(クレジットカード決済、非接触型決済、QRコード決済)の決済速度を計測・比較する実証実験を実施。レジで店員に金額を口頭で伝えられてから、商品とレシートを受け取るまでの時間を計った。その結果は……?
13Picks
デンソーとJOLEDが車載有機ELディスプレイを共同開発、革新的室内空間を実現へ
MONOist
|
印刷方式有機ELディスプレイを手掛けるJOLEDは、ドイツ・フランクフルトで開催される「フランクフルトモーターショー2019(IAA 2019)」のデンソーブースで、JOLED製の有機ELディスプレイを展示すると発表した。
12Picks
10月増税後に開始、最大5%還元の「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?
Engadget 日本版
|
いよいよ10月1日に消費税率が10%に引き上げられてしまいますが、これに伴う消費の冷え込み対策として、経済産業省は「キャッシュレス・消費者還元事業」を10月1日から実施します。 これは、加盟店で対応したキャッシュレス決済(クレジットカードやデビットカード、各種電子マネー、QRコード決済など)を行うと、5%あるいは2%の還元が受けられるというもの。加盟店側は決済端末が無料で設置でき、2020年...
17Picks
フィンテックの本流、スマホ決済の先にある「スコアリング」と「レンディング」は日本で定着するのか(佐野正弘)
Engadget 日本版
|
QRコード決済を中心としたスマホ決済サービスの盛り上がりはとどまる所を知りませんが、各社がQRコード決済の普及後に狙っているのは「スコアリング」と「レンディング」とも言われています。今回はそのスコアリングに関する動向について触れていきましょう。 ここで言うスコアリングとは、いわゆる「信用スコア」のことを指し、職業や収入などの個人情報に加え、QRコード決済の支払い履歴やEコマースの購買、携帯電...
2Picks
デンソーとBlackBerry、車載情報システム「Harmony Core」開発--「レガシィ」に搭載
CNET Japan
|
デンソーとBlackBerryは、自動車向けの統合情報システム「Harmony Core」を共同開発した。同システムは、今秋より北米で販売されるSUBARUの新型「レガシィ/アウトバック」(米国仕様)に搭載される。
26Picks
ポイント還元、対象サービス公表=LINEや「スイカ」など-経産省
時事ドットコム
|
経済産業省は30日、10月の消費税増税時に始めるポイント還元制度について、対象となる約430のキャッシュレス決済サービスを公表した。通話アプリ大手LINE(ライン)が展開する「ラインペイ」やJR東日本グループによる電子マネー「スイカ」などが含まれる。 この還元制度では、中小店舗でクレジットカードやQRコードなどのキャッシュレス決済を利用した場合、支払額の最大5%相当のポイントが還元される。今...
17Picks
レジでの会計時間、キャッシュレス(非接触)は現金より20秒速い。JCB調査
Impress Watch
|
JCBは、10月の消費増税および、キャッシュレス・消費者還元制度の施行に伴い、現金、クレジットカード、非接触型、QRコードの4つの決済方法の速度に関する実証実験を7月22日に実施。その結果を発表した。キャッシュレス決済は現金よりも16秒速く、非接触型に限ると現金よりも20秒速い結果となった。
12Picks
レジでのキャッシュレス決済は現金よりも16秒早く完了、JCB調査
ケータイ Watch
|
JCBは、現金、クレジットカード、非接触型決済、QRコード決済の4つの決済方法を対象に、決済速度に関する実証実験を行った。
11Picks
キャッシュレス決済/QRコードの利用経験24.9%、PayPayが最多
流通ニュース
|
インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供するヴァリューズは8月23日、キャッシュレス決済利用動向調査を発表した。 調査によると、QRコード決済利用者は全体の4人に1人にまで拡大し […]
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ