新着Pick
SPD2OCUV6R5P6VIB

株式会社 デンソー

株式会社デンソー(英語: DENSO Corporation)は、日本の愛知県刈谷市を本拠におく自動車部品メーカーである。2009年(平成12年)以来、自動車部品世界シェア第1位を維持している。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
愛知県刈谷市昭和町1-1
0566-25-5511
詳細を見る
概要
前身はトヨタ自動車の開発部門であり、現在もトヨタグループに属している。

1949年(昭和24年)に日本電装株式会社として創業以来、トヨタ自動車を中心に自動車用電装部品を拡販し、現在では世界の主要なカーメーカーに広く製品を供給している。

売上高は2014年(平成26年)3月時点で4兆円を超え、東証一部 TOPIX Core30 企業である。また2013年(平成25年)度版Fortune Global 500リストでは242位にランクされた。

東洋経済による2016年(平成28年)度の国内従業員数ランキングでは、正社員数が146,714人で12位、非正規社員数は29,583人で14位となっている。

主な製品は自動車の熱機器関連、エンジン関連(各種センサ、ECU、燃料噴射装置、点火装置、噴射ポンプ、コモンレールシステム)、電気機器関連、電子機器関連、ITS関連である。自動車部品を広範囲に扱っているが、センサ技術を応用した産業用無人航空機(ヒロボーが機体開発に協力したドローン)分野にも参入した。
また近年、バイオ分野やヘルスケア分野、情報分野、製品としてはワインセーバーや基礎化粧品など、様々な取り組みもしている。

1970年代には Nippon Denso から取られたNDで始まる型番のアマチュア無線機器を生産、またKDDIを中心に携帯電話端末も供給していた。2007年(平成19年)まで細々とではあるがNTTドコモの自動車電話「デジタル・カーホン」を生産していた。

携帯電話にURIなどを転送する際に使われる、QRコードの開発を行ったのも同社である。QRコードは同社の子会社である株式会社デンソーウェーブの登録商標である。

CO2冷媒ヒートポンプ給湯器「エコキュート」は同社と電力中央研究所、東京電力が共同開発した技術である。CO2冷媒カーエアコンの開発技術を生かして製品試作段階から深くかかわっている。現在もコロナ向けエコキュートのOEM生産を行っている。

「エジェクタサイクル」を世界で初めて実用化に成功させた。これを搭載した冷凍庫は、従来のシステムに比べて冷凍能力25 %、エネルギー効率は50 %向上。運転時の動力は33 %低減し、年間の消費電力を60 %も低減可能にする。電流を細かく制御することで産業装置から家電製品にまで革命を起こした「インバータ」以来の大発明と言われる。

刈谷本社は、フレックスタイム制が導入されており、コアタイム(コアタイム 夏期は10時10分 - 14時25分、夏期以外は10時10分 - 15時25分)が決まっている。

2015年(平成27年)度から、夏に朝型勤務を促す活動「モーニングシフト」を積極的に取り組んでいる。期間中は効果があり、定時より早く帰宅でき、そこから女性社員を中心に自身の勤務時間を見直す動きも出ている。

2018年度四季報によると、海外勤務者数がトヨタ自動車に次ぎ、日本で二番目に多く、これは丸紅、三菱商事など大手の商社よりも多い。
代表者
取締役社長 有馬 浩二
設立年月日
1949-12-16
従業員数
171,992 人
上場年月日
1951-12-10
平均年齢
43 歳
平均年収
8,168,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
62Picks
ローソン、「深夜に店員ゼロ」を実験へ QRコードで入店、セルフレジで決済 遠隔監視で万引き防止
ITmedia NEWS
|
ローソンが、深夜(午前0~5時)に店員をほぼ配置せず、顧客自身に決済してもらう実証実験を行うと発表。期間は23日から約半年間で、場所は「ローソン氷取沢町店」(横浜市)。顧客にQRコードなどを発行し、かざすと入店できる仕組みにする。
28Picks
西友とサニーが9月からPayPay対応、キャンペーン併用で10〜20%還元に
TechCrunch Japan
|
QR/バーコード決済サービスを提供しているPayPayは、9月1日からスーパーマーケットの西友とサニーの全331店舗でPayPayのQRコード決済が可能になることを発表した。両スーパーともコード決済の導入はPayPayが初。決済方式は、店舗側に設置されたQRコードを、ユーザーが読み込んで決済金額を入力する「ユーザースキャン方式」となる。 現在PayPayは「ワクワクPayPay」と呼ばれる月...
10Picks
電子国家「エストニア」が予感させる可能性──"キャッシュレス先進国"に学ぶ、小売店の決済事情(3)
DooR(ドア)
|
次々と登場する「QRコード決済」サービスや、2019年10月の消費増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業」など、注目を集める"キャッシュレス化"。現時点では海外に遅れをとっていると言わざるを得ない日本だが、経済産業省が2018年に策定した『キャッシュレス・ビジョン』では、2025年までにキャッシュレスの決済比率を40%程度とし、将来的に世界最高水準の80%を目指すとされている。 「キャッ...
11Picks
日本企業による過剰な「GAFA信奉」の愚 - News&Analysis
Diamond Online
|
世界中の政府や企業は、巨大IT企業の規制に躍起となっている。対GAFA(Google、Amazon、Facebook、Appleの頭文字をとったもの)とも見える独禁法の整備、情報銀行によるデータ囲い込み対策が進む。加えて、信用スコアやQRコード決済(キャッシュレス決済)では、BAT(同前Baidu、Alibaba、Tencent)に後れを取るなと言わんばかりに金融からリテールまでがサービスを...
1274Picks
【徹底比較】買い物体験を変える「○○Payの勝ち組」はどこか
NewsPicks編集部
|
スマホで簡単に支払いができる「QRコード決済アプリ」が、利用者側にも店舗側にも浸透し、買い物の在り方を大きく変えつつある。小売企業側もこの動きに対する注目度は高く、自社アプリを開発する一方で、I...
1150Picks
7pay終了で沸き起こる「Suica最強説」は本当なのか
マネー現代
|
今年9月末のサービス終了が決定したスマホ決済サービス「7pay」。とかく個人情報の漏洩や不正利用に日本人は敏感だからこそ、このあっけない終わり方も当然と言うほかない。しかし、キャッシュレスは何もQRコードだけのものではない。すでに誕生から20年近く経つ電子マネー「Suica」の利便性、そして安全性を再評価すべきかもしれない。
217Picks
PayPayが1000万ユーザーを突破、開始から10か月で
Engadget 日本版
|
スマホ決済のPayPayは8月7日に登録ユーザー数が1000万人を突破したと発表しました。加盟店も100万店舗を突破し、競合ひしめくスマホ決済市場で勢力を拡大しています。 PayPayはソフトバンクとヤフー(Yahoo! JAPAN)の出資により設立された企業。店舗でQRコードなどを使って決済するコード決済のほか、Yahoo!やソフトバンクの支払い機能の一部も同社が運営しています。 2018...
53Picks
お年寄りや迷子にQR、スマホかざし解決 昭文社が開発
朝日新聞デジタル
|
迷子になった人の衣類や持ち物に貼られたシールのQRコードを発見者が読み取り、家族に居場所や状況をメールで伝える――。こんなサービスを、地図を出版する昭文社(東京都千代田区)が始めた。子どもや認知症の…
12Picks
ショッピングから工場やホームドアまで--デンソーが開発した「QRコード」が25周年
CNET Japan
|
電子チケットやバーコード決済など、幅広い分野で活用されているQRコード。このQRコードが誕生から25周年を迎えたことを記念して、8月8日、デンソーウェーブ「QRコード25周年 記念PRイベント」が都内で開催された。
12Picks
日本発のチャレンジャーバンクを目指す「Kyash」が描く金融の未来
Techable(テッカブル)
|
金融業界にテクノロジーの力を掛け合わせたフィンテック分野は、ここ最近盛り上がりを見せている。QRコード決済サービスが続々とリリースされ、スマホさえあれば現金いらずで決済ができてしまう。 こうしたキャッシュレス社会の到来は...
294Picks
「予算1割未満が7割」、情報セキュリティにカネをかけない日本企業の実態
ビジネス+IT
|
DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に対応する情報セキュリティ対策が経営戦略に欠かせなくなってきた。AIやブロックチェーンなどの先端技術を駆使するデジタルビジネスのリスクが、これまでのものとは異なるからだ。たとえば、大手小売業がQRコード式決済システムの稼働を急いだ結果、大きな事件や事故に発展した。セキュリティ対策を盛り込んだ経営戦略は、経営がデジタルビジネスのリリースを判断する基準...
61Picks
インバウンド需要を取り込むQRコード決済連盟「VIA」。羽田空港で展開
Impress Watch
|
日本におけるスマートフォンを使ったQRコード(バーコード)決済の導入は、増え続ける中国からのインバウンド需要を取り込むべく、家電量販店やドラッグストアなどが支付宝(Alipay)や微信支付(WeChat Pay)への対応を進めたことに始まる。後に国内ベンダーが次々とこの分野へと参入し、今日みられるような○○Payのブランドを冠するサービスが林立し、日々キャンペーン合戦を繰り広げる状況へとつな...
178Picks
QRコード決済満足度「メルペイ」が1位、不満は10%以下
ニュースイッチ
|
MMDLabo(東京都港区、吉本浩司社長、03・6451・4414)は「2019年7月 QRコード決済の満足度調査」をまとめた。メーンで利用している2次元コード「QRコード」決済の満足度を聞いたところ、「満足」と「やや満足」を合わせた総合満足度が最も高かったのは「メルペイ」(71%)だった。次いで「LINEペイ」が68%、「楽天ペイ」が66%だった。 「やや不満」と「不満」をあわせた総合不満...
18Picks
統一QRコード「JPQR」、楽天ペイやLINE Payら6サービスが8月1日に一斉導入
CNET Japan
|
キャッシュレス推進協議会は、8月1日午前3時より統一QRコード「JPQR」に移行する決済サービス企業を発表した。「au PAY」「銀行Pay(OKIPay、はまPay、ゆうちょPay、YOKA!Pay)」「メルペイ」「LINE Pay」「楽天ペイ(アプリ決済)」「りそなウォレット」の6サービスがJPQRに移行する。
17Picks
主要コンビニで利用できる便利なQRコード決済サービスはどれ?どのサービスで支払うのがお得?
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
最近ではコンビニで利用できるQRコード決済サービスが増えてきた。セブン-イレブンでも2019年7月1日(月)から『LINE Pay』、『PayPay』、『メルペイ』に対応。とはいえ、QRコード決済…
82Picks
“完全”キャッシュレス化を目指すワケ、キャッシュレス推進協議会 福田事務局長が語る
BCN+R
|
QRコード決済の大型還元施策でにわかに盛り上がったキャッシュレス決済サービス。業界の“羅針盤”を担うキャッシュレス推進協議会は、ガイドラインや統一規格の策定など、取りまとめに奔走している。2019年7月2日に設立から1年を迎えた同協議会。福田好郎事務局長に、設立の背景や役割、終着点を聞いた。 取材・文/南雲 亮平、写真/松嶋 優子
14Picks
ECの強化を進める島忠のオムニチャネル施策――QRコードを使ったEC誘導施策を全店導入へ
ネットショップ担当者フォーラム
|
店頭在庫の有無をオンラインで確認できる機能をECサイトに実装したほか、店頭の商品タグにQRコードを貼り、スマホでECサイトの商品ページにアクセスできる仕組みも導入。実店舗とECの相互送客を促進する
837Picks
◯◯Pay御三家はあの企業!「大手以外は利用率10%以下」という現状
Business Insider Japan
|
大手プラットフォーマー、通信キャリア、コンビニ各社まで続々と参入が進むQRコード決済サービス。MMD研究所の3万人調査は、そのサービス別の認知度をある程度うかがいしれるものになっている。 ●調査内容調査対象の年齢層:18歳〜69歳の男女サンプル人数: n=3万人調査期間:2019年6月14日〜18日...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ