新着Pick
SPD2M3D45DWJ2W6P

株式会社 小糸製作所

株式会社小糸製作所(こいとせいさくしょ、Koito Manufacturing Co., Ltd.)は、東京都港区に本拠を置く自動車用照明部品、航空機部品メーカーである。 ウィキペディア
東京都港区高輪四丁目8番3号
03-3443-7111
詳細を見る
概要
世界で唯一、光源からランプシステム制御までを開発、生産をしている。また、次世代の光源として期待されている白色発光ダイオードに注目し、LEDヘッドランプの開発に取り組んでおり、2007年(平成19年)には日亜化学工業との共同開発でレクサスLS600hL / LS600hへの搭載で世界初の実用化に成功した。

子会社に航空機シートを手がけるKIホールディングス、信号機等を手がけるコイト電工などがある。トヨタアセットマネジメントが販売するトヨタグループ株式ファンドを構成する会社である。

同社の企業メッセージは「安全を光に託して~人とクルマの安全は私たちの願い 」である。
代表者
代表取締役社長 三原 弘志
設立年月日
1936-04-01
従業員数
24,769 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
42 歳
平均年収
6,575,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
127Picks
自動運転に光を照らせ!次世代ランプ、開発最前線
ニュースイッチ
|
自動運転の本格化に向け、自動車用照明メーカーが次世代ランプの開発に取り組んでいる。小糸製作所は光線の反射で全周囲の歩行者や車両を検知するランプや、走行状況を光で伝える照明の開発に着手。同様の照明は市
15Picks
「自動運転の目」LiDAR内蔵のランプ開発へ 小糸製作所、米Ceptonの株式取得
自動運転ラボ
|
自動車用照明製造大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原 弘志)は2020年2月5日、「自動運転の目」と呼ばれるセンサーのLiDAR(ライダー)を製造・販売する米Cepton Technologies […]
16Picks
自動運転車を支える部品メーカーの未来技術とは?
FUJITSU JOURNAL
|
次世代の自動車といえば、自動運転機能のみが注目される傾向が見られるが、実際にはそれ以外の部分でも、クルマのロボット化が進んでいる。 日本の住友ゴムやAGC、小糸製作所などが開発している新たなセンサー機能を持つスマートタイヤ/ヘッドライト/シート、ウィンドウアンテナも大きな役割を果たしていく。新たな技術潮流の中で生き残るために、関連産業も自らの製品のあり方を見直し、改革を推進しているのである。
14Picks
自動運転時代へ「ランプ」の研究開発が忙しい
ニュースイッチ
|
小糸製作所は次世代のランプ商品群を拡充する。4輪車向け「路面描画ランプ」や、「スマート街路灯」などを2020年代前半をめどに実用化する計画だ。ランプ技術を生かした安全や社会インフラに寄与する製品開発に取り組む。自動運転などの進展に合わせて、光で図形などを指し示す「コミュニケーションランプ」などランプの役割が多様化していくとみており、研究開発を急ぐ。(取材・山岸渉) 「将来の自動運転を見据え、...
13Picks
小糸製作所、イスラエルADASベンチャーBWV社の株式取得 自動運転向け製品の開発を加速
自動運転ラボ
|
自動車部品大手の株式会社小糸製作所(本社:東京都港区/取締役社長:三原弘志)は2019年6月30日までに、先進運転支援システム(ADAS)システムの開発を手掛けるイスラエルのベンチャー企業BrightWay Vision(BWV)社の株式を取得し、持分法適用会社としたことを発表した。
7Picks
LiDAR有望企業Cepton、日本事業拡大 小糸製作所の出資先企業
自動運転ラボ
|
LiDAR開発の有望企業とされている米Cepton Technologies(セプトン・テクノロジーズ)が、日本事業を拡大させている。長距離・高解像度のLiDARで評判の高い同社は小糸製作所からも資金調達を行い、新しいカ […]
7Picks
スマートなバイクってこんな感じ。道路に情報を投影するプロジェクター #東京モーターショー2019
ギズモード・ジャパン
|
Image:Koito『仮面ライダー』に登場するサイバーなマシン感ある。自動車は自動運転や安全装置でガンガン進化している感じありますが、一方でバイクではあんまりそういう話を聞きません。バイクの操縦ってパイロットの体重移動や姿勢も関係するので、勝手にブレーキかけたりするとかえって危ないんですよね。じゃあバイクはいまのままなの?と言われると、そういうわけでもなさそうです。東京ショーの小糸製作所ブースに
7Picks
センサー内蔵のヘッド・リアランプで全方位監視、小糸が自動運転用
ニュースイッチ
|
小糸製作所はレーザー光を感知するセンサーを内蔵した自動車用ランプを開発した。今後数年内に実用化を目指す。ヘッドランプとリアランプ双方に組み込んで、車の周囲360度全方向を検知可能。事故防止に寄与する。自動運転車への搭載を視野に製品化を目指すが、センサーの小型化などクリアすべき課題はまだ多い。 「周囲監視センサ内蔵ヘッドランプ」として開発した。ランプの隣にレーザースキャナー(ライダー)を設け、...
5Picks
自動車用ランプにカメラとLiDARを内蔵してセンシング、次はミリ波レーダーも
MONOist
|
小糸製作所と米国子会社のノース・アメリカン・ライティングは消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8~11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、自動運転車の環境認識用センサーを内蔵したランプを出展する。2019年1月6日に先行して開催されたメディア向けのイベントでも同製品を紹介した。
5Picks
センシングの特等席はランプの中? 自動運転時代のセンサー内蔵型ランプ
MONOist
|
小糸製作所は、「CEATEC JAPAN 2017」において、ライダー(LiDAR:Light Detection and Ranging)を内蔵したヘッドランプとリアランプを展示した。2023年ごろの採用に向けて開発を進めている。
4Picks
KDDI・茨城交通ら、茨城県日立市で自動運転バスの実証走行を開始へ
デジタルシフトタイムズ
|
茨城交通株式会社、株式会社みちのりホールディングス(以下、みちのりHD)、日立市、茨城県、KDDI株式会社、株式会社KDDI総合研究所、株式会社小糸製作所、コイト電工株式会社、住友電気工業株式会...
4Picks
LED素子300個なみの配光制御を12個で、ヘッドランプにブレードミラーを採用
MONOist
|
小糸製作所は2019年9月9日、トヨタ自動車の「レクサスRX」で新開発のヘッドランプ「ブレードスキャンADB」が採用されたと発表した。
4Picks
米著名投資家ピケンズ氏死去、80年代に小糸製作所買収仕掛ける
Reuters
|
[11日 ロイター] - 米石油大手などの企業買収で名を馳せ、1980年代に日本の小糸製作所に買収を仕掛けたことでも知られる米著名投資家のブーン・ピケンズ氏が11日に死去した。91歳。
4Picks
小糸製作所が画像処理ベンチャーに2400万ドル出資、カメラ内蔵ヘッドランプへ
MONOist
|
小糸製作所は2019年6月25日、画像処理技術のベンチャー企業BrightWay Visionの株式を2400万(約25億7000万円)ドルで取得したと発表した。
4Picks
小糸製作所、KIホールディングス株を1株455円で公開買い付け
Reuters
|
[東京 23日 ロイター] - 小糸製作所<7276.T>は23日、KIホールディングス<6747.T>の普通株式を公開買い付け(TOB)で取得することを決議したと発表した。1株455円で、買い付け期間は24日から6月12日まで。小糸製作所はKIHDを完全子会社とし、KIHDは上場廃止となる予定。
4Picks
部品・素材メーカーの2015年3月期決算発表予定
日刊自動車新聞
|
22日=日本電産24日=メタルアート、ジーテクト、トリニティ工業、富士機工、小糸製作所、エクセディ27日=中央発條、大豊工業、スタンレー電気、ユタカ技研、日信工業、フタバ産業、シロキ工業、太平洋...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ