新着Pick
SPD2M02UR1LDHVPR

株式会社 東芝

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
東京都港区芝浦1-1-1
03-3457-4511
詳細を見る
概要
東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。

東芝の事業は、テレビや家電製品、携帯電話、パソコンなど消費者向け製品からは撤退、電子部品(HDDなど)の他、原子炉・重電機・軍事機器・鉄道車両など、企業間取引による重工業分野へ重点的に事業展開をしており、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれる。

冷蔵庫・洗濯機・掃除機・電子レンジ・炊飯器など、家電製品の国産化第1号の製品が多く(電子レンジと炊飯器以外は1930年代に開発された)、白物家電の日本におけるパイオニアであった。だが、2015年発覚の粉飾決算事件を契機に2016年に白物家電事業は一部株の売却によりブランドのみとなり、医療機器事業は売却、2018年には半導体、テレビ、パソコン事業も売却した。最近は経営不振が響き、同年8月8日に東芝が発表した2018年4~6月期決算(米国基準)は営業利益が7億円(前年同期比較 -94.5%)に留まり、売上高も-7.3%の8422億円となった。

電機メーカーとしては、最初に委員会設置会社に移行した企業でもある(移行した2003年当時は、委員会等設置会社。現在の指名委員会等設置会社)。委員会設置会社となってからは、会長は代表権を有さない取締役会長となっていたが、2016年6月より代表執行役会長を新設した。

歴代の社長ら役員は、財界活動に積極的であることも知られている。石坂泰三(第4代社長)と土光敏夫(第6代社長)が経済団体連合会会長に就任し、岡村正(第14代社長)が日本商工会議所会頭に就任するなど、財界四団体のトップを輩出している。

そのほか、西室泰三(第13代社長)は日本経済団体連合会のナンバー2である評議員会議長に就任し、佐々木則夫(第16代社長)が現役社長の頃から内閣府経済財政諮問会議議員に就任するなど、日本の政財界に強い影響力を及ぼしている。特に石坂泰三は「財界総理」との異名を持つほどの影響力を誇り、東芝が財界で重きをなす礎を築いた。

ブランドタグラインは「 Leading Innovation>」(2006年10月2日制定)。

東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)、月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)、三井業際研究所、綱町三井倶楽部に加盟している。
代表者
代表執行役会長 CEO 車谷暢昭
設立年月日
1875-07
従業員数
131,988 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
43 歳
平均年収
8,156,000 円
上場市場
東証2部,名証2部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
新生東芝はなぜ「CPSテクノロジー企業」を目指すのか、その勝ち筋
MONOist
|
経営危機から脱し新たな道を歩もうとする東芝が新たな成長エンジンと位置付けているのが「CPS」である。東芝はなぜこのCPSを基軸としたCPSテクノロジー企業を目指すのか。キーマンに狙いと勝算について聞いた。
152Picks
【解説】日産、東芝、オリンパス…。揺れる「監査法人」の実情
NewsPicks編集部
|
日産自動車、東芝、オリンパス…。ここ数年、有価証券報告書の虚偽記載や粉飾決算など、財務関連のスキャンダルが後を絶たない。そうした「不正」に歯止めをかける役割を一部担っているのが、財務諸表の監査や...
168Picks
新社名は「Dynabook株式会社」、“シャープのPC”が復活
Engadget 日本版
|
12月3日、「dynabook」ブランドでPCを展開する東芝クライアントソリューション(TCS)は、シャープによる買収後はじめての記者会見を実施。2019年1月1日より新社名を「Dynabook株式会社」名称変更すると発表しました。 TCSは2016年4月に東芝のPC事業を引き続ぐ形で発足した企業です。今年2018年10月、東芝はシャープに同社株式の80.1%を譲渡。会長にシャープの石田副社...
12Picks
東芝、車載リチウムイオン電池事業で米社と協業
EE Times Japan
|
東芝インフラシステムズと米国ジョンソンコントロールズパワーソリューションズ(JCI)は、車載システム向けリチウムイオン電池事業で協業することに合意した。米ミシガンのJCI工場で、リチウムイオン電池の製造および、鉛蓄電池と組み合わせた車載向け製品の開発と製造を行う。
18Picks
東芝、バイオマス発電所を新規建設 約200億円投資
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - 東芝<6502.T>は27日、連結子会社がバイオマス発電所を新規建設すると発表した。投資金額は約200億円。再生可能エネルギー発電事業強化の一環で、子会社が福岡県に持つバイオマス発電所の隣接地に発電所を建設する。2019年秋に着工し2022年春に稼動の予定。
15Picks
東芝復活へ、研究開発費の3割をIoT・AIに集中投資
ニュースイッチ
|
東芝は技術戦略を発表し、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)分野の研究開発投資を積極化する方針を示した。2019―23年度の中期経営計画で掲げる9300億円の研究開発投資のうち、3割程度をIoT・AI分野に投じる。車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は「成長領域に加えて、IoT領域などに集中的に資源投入する」という。 AI開発では、従来の教師データなどが必要なAIから、自ら学ぶ...
11Picks
“プロセッサ”を開発する東芝メモリ、その技術と狙い
MONOist
|
東芝メモリがプロセッサの開発を発表した。現業から離れているように見えるプロセッサの開発を通じて東芝メモリは何を目指すのか。今回発表された技術の概要と開発の狙いを聞いた。
20Picks
日産の監査法人、「粉飾」東芝と同じ 過去には行政処分も
J-CASTニュース
|
日産自動車の代表取締役会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕された事件では、自らへの報酬を実際よりも約50億円も少なく有価証券報告書に記載した疑いが持たれている。当然のことながら、この有価証券報告書には、財務諸表が財政状態や経営成績を「適正に表示」しているという監査法人の意見がついている。日産の監査を担当したのはEY新日本監査法人。
15Picks
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
|
銀行出身の新CEOの下で再建を目指す東芝が、幹部自身が「地味」と認める新中期経営計画を発表した。構造改革が踏み込み不足の上、成長分野に位置付けたIoTなどでも出遅れ感が否めず、収益力アップはおぼつかない。
153Picks
いま、なぜディープテックが注目されるのか
Diamond Online
|
「ディープテック」という言葉をご存じだろうか。もしかしたら、初めて耳にする方も多いかもしれない。直訳すると「最先端の研究成果」であるが、この言葉には、人工知能(AI)やロボット、通信、半導体、宇宙・航空工学や地上の移動体、ゲノム、ライフサイエンス、素材化学など、いま最も注目される研究領域の意味合いが含まれている。実は、欧米を中心にこのディープテックが脚光を浴びている。東芝の研究者からグローバ...
226Picks
IoT世界首位がウサギのGEではなく「カメのシーメンス」である理由
Diamond Online
|
IoTで先行していた米GEを抜き去り、世界最大級の産業用プラットフォームを構築した独シーメンス――。電機業界の新秩序に迫った『週刊ダイヤモンド』2018年11月10日号「変われぬ東芝 変わる日立」のスピンオフとして、シーメンス日本法人の藤田研一社長に成功の理由を聞いたインタビュー拡大版をお届けする。
10Picks
現場に与える目と脳、東芝が訴えるデジタル化の価値
MONOist
|
東芝デジタルソリューションズは、ユーザーイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018」において、画像やAI(人工知能)などを活用したさまざまな産業向けソリューションを紹介した。
212Picks
東芝が中計発表、車谷会長「3年で業界トップの収益性を」
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - 東芝<6502.T>は8日、米国の液化天然ガス(LNG)事業や英国の原子力発電所新規建設事業からの撤退などを盛り込んだ5カ年の中期経営計画を発表した。人員減などで固定費の削減を図る一方、成長が見込まれる事業に注力することで、収益力を高める方針だ。
16Picks
復活賭ける新生「東芝」豪華記者会見の「寒々しさ」 - 大西康之 - 新潮社フォーサイト
BLOGOS - 最新記事
|
東芝は11月8日、2018年7月~9月期決算と2023年度までの中期事業計画を発表した。上期の営業損益はわずかに70億円だったが、2023年度には通期で4000億円を目指すという大胆な計画だ。合わせて英国で進めていた原発事業と、米国の液化天然ガス(LNG)事業からの撤退を発表した。 本来であれば、米原発事業の失敗で1兆4000億円の損失を生み、一度は債務超過に陥った名門が復活を誓うはずの記者...
24Picks
東芝「負の遺産」LNG、爆買い中国に売却するまでの紆余曲折
Diamond Online
|
東芝の救世主として現れたのは、大穴の中国企業だった。最大1兆円の損失を出す恐れのあった東芝が保有する米国テキサス州の液化天然ガス(LNG)プロジェクト「フリーポート」。紆余曲折を経て、中国の民間ガス大手ENNエナジーホールディングスに売却することで同社との間で合意した。
27Picks
日立の「人事秘策」、競合GEからトップ技術者を大量獲得
Diamond Online
|
かつてはライバルと言われた東芝と日立ですが、今では収益力、時価総額、経営体制など大きな格差があります。本特集では躍進を続ける日立の原動力が人事にあると着目し、その秘密を探りました。本誌に掲載した記事を、ダイヤモンド・オンラインに特別公開します。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ