新着Pick
SPD2M02UR1LDHVPR

株式会社 東芝

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
東京都港区芝浦一丁目1番1号
03-3457-2100
詳細を見る
概要
東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。東芝の事業はテレビや半導体などの他にも、原子炉・重電機・軍事機器・鉄道車両など、重工業分野にも事業展開をしており、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれ、世界的知名度を誇っている。

冷蔵庫・洗濯機・掃除機・電子レンジ・炊飯器など、家電製品の国産化第1号の製品が多く(電子レンジと炊飯器以外は1930年代に開発された)、白物家電の日本におけるパイオニアであった。だが、2015年に発覚した粉飾決算事件を契機とし2016年に白物家電事業は一部株の売却によりブランドのみとなり、医療機器事業は売却された。

電機メーカーとしては、最初に委員会設置会社に移行した企業でもある(移行した2003年当時は、委員会等設置会社。現在の指名委員会等設置会社)。委員会設置会社となってからは、会長は代表権を有さない取締役会長となっていたが、2016年6月より代表執行役会長を新設した。歴代の社長ら役員は、財界活動に積極的であることも知られている。石坂泰三(第4代社長)と土光敏夫(第6代社長)が経済団体連合会会長に就任し、岡村正(第14代社長)が日本商工会議所会頭に就任するなど、財界四団体のトップを輩出している。そのほか、西室泰三(第13代社長)は日本経済団体連合会のナンバー2である評議員会議長に就任し、佐々木則夫(第16代社長)が現役社長の頃から内閣府経済財政諮問会議議員に就任するなど、日本の政財界に強い影響力を及ぼしている。特に石坂泰三は「財界総理」との異名を持つほどの影響力を誇り、東芝が財界で重きをなす礎を築いた。

ブランドタグラインは「 Leading Innovation>」(2006年10月2日制定)。

東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)・月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)・三井業際研究所・綱町三井倶楽部に加盟している。
代表者
代表執行役社長 綱川 智
設立年月日
1875-07
従業員数
152,364 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
43 歳
平均年収
7,106,000 円
上場市場
東証監理ポスト,名証監理ポスト,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
107Picks
東芝半導体子会社売却、ベインなど企業連合との契約決議発表
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>は20日、同日午前開催の取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の全株式を、米系投資ファンドのベイン・キャピタルが主導する企業連合により組成される買収目的会社に売却し、同買収会社との株式譲渡契約を締結することを決議したと正式に発表した。
16Picks
東芝幹部「鴻海なら楽だった」 半導体売却、迷走8カ月
朝日新聞デジタル
|
「東芝メモリ」の売却先が20日、「日米韓連合」に決まった。東芝が売却方針を表明してから8カ月。迷走の末に、しびれを切らした取引銀行に期限を区切られ、「見切り発車」での決着となった。売却差し止めの訴訟…
248Picks
東芝、メモリ子会社を日米韓連合に売却決議 WD譲歩拒む 
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>は20日開いた取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」を、米系ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス<000660.KS>を中核とする「日米韓連合」への売却を決議した。午後に正式発表する。米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>は、土壇場の交渉で東芝と決裂した。複数の関係筋が明らかにした。
26Picks
ベインが土壇場でアップルに増額要請、東芝メモリ買収-関係者 (訂正)
Bloomberg
|
(Bloomberg) --東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収を巡り、米投資会社ベインキャピタルが連合を組む米アップルに拠出額の上乗せを求めていることが分かった。事情に詳しい関係者が語った。
9Picks
東芝半導体、日米韓連合に売却決定 2.4兆円の見通し
朝日新聞デジタル
|
東芝は20日午前、取締役会を開き、半導体子会社「東芝メモリ」の売却先を米投資ファンドのベインキャピタルが率いる「日米韓連合」に決めた。売却額は設備投資負担分も含めて2・4兆円の見通し。来年3月末まで…
6Picks
東芝「経営陣続投」に、機関投資家が続々反対の舞台裏
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
経済産業省もOKを出して話が固まったところに対案が出てきた。東芝の半導体の幹部はWDに買われることを嫌っており、それを綱川社長が押え切れなかった。6月に役員人事を支持した機関投資家も、続々、現経営陣否定に傾いている。
6Picks
東芝メモリ売却でWDが議決権全面放棄、新日米連合優勢に=関係筋
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却交渉で、米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>が議決権の保有を全面的に放棄し、産業革新機構(INCJ)と米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>、日本政策投銀行(DBJ)などで構成する新「日米連合」が新たな提案をしていることが明らかになった。
10Picks
東芝「日米韓連合」逆転の真相
本誌記事アーカイブ:FACTA online
|
「もう時間切れ。政府は東芝メモリの売却を諦め、別の方法で東芝本体に金を入れる方法を考え始めた」(金融関係者)世耕経産相が「とにかく早く売らせろ」 東芝メモリの売却について、主力銀行から「最終リミット」とされていた9月13日、東芝は簡単なリリースを出した。 「本日開催の取締役会でベインキャピタルを軸とする企業連合と同新提案に基づいて9月下旬までの株式譲渡契約締結を目指して協議を加速していくこと...
8Picks
東芝、量子暗号通信で速度13.7Mbps達成。20年に実用化へ
ニュースイッチ
|
東芝は、量子暗号通信で毎秒13・7メガビット(メガは100万)の暗号鍵配信速度を実現する技術を開発した。同社のこれまでの最高速度である同1・9メガビットの約7倍となり、世界トップとしている。今後、東芝はさらなる高速化や周辺技術の向上に取り組み、量子暗号通信を2020年頃に実用化していく考え。 東芝は距離10キロメートルの条件下で、毎秒13・7メガビットの鍵配信速度を達成した。専用回路を用いた...
115Picks
東芝メモリ買収、米ベイン連合にアップル、デルなど4社も参加
Bloomberg
|
(Bloomberg) --東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収を巡り交渉をリードする米投資会社ベインキャピタルは15日、同社陣営の参加企業を公表した。アップル、デルなどテクノロジー関連の米企業4社が名を連ねる。東芝13日、ベイン連合と正式契約に向け協議を進める旨の覚書を締結している。
東芝「半導体」売却 日米韓連合に デルなど参加
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト
|
194Picks
東芝半導体売却、アップル合流の日米韓連合と本格交渉へ
朝日新聞デジタル
|
東芝は13日、取締役会を開き、半導体子会社「東芝メモリ」の売却先について、米ファンドのベインキャピタルが主導する「日米韓連合」と本格的に交渉することを承認した。今月下旬までの決着をめざす。協業先の米…
51Picks
米アップル、東芝メモリ巡りベインに30億ドル拠出で協議-関係者 (1)
Bloomberg
|
(Bloomberg) --米アップルは東芝の半導体事業を巡る争いで影の主役を演じることになりそうだ。
140Picks
東芝メモリー事業、13日売却先決定見送り WDと溝埋まらず=関係筋
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - 東芝<6502.T>は半導体メモリー子会社の売却で、13日に開く臨時取締役会での売却先決定を見送る。米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>陣営と協議を続けてきたが、条件が折り合わず、両者の溝は埋まっていない。
42Picks
東芝の行動は遺憾、双方に有益な結果目指す=半導体買収でWD
Reuters
|
[東芝 13日 ロイター] - 東芝<6502.T>の半導体メモリー子会社買収に意欲を見せている米ウエスタンデジタル(WD)<WDC.O>は13日、東芝が米投資ファンドのべイン・キャピタルなどからなる「日米韓連合」との覚書を締結したことを受け、「極めて遺憾」などとする声明を発表した。引き続き買収協議を継続させることを狙っているとみられる。
156Picks
東芝メモリ、WD陣営に売却へ。明日正式決定
ニュースイッチ
|
東芝は半導体子会社「東芝メモリ」を、米ウエスタンデジタル(WD)を軸とする「新日米連合」に売却する方針を固めた。13日に決定し、20日の取締役会後に正式契約を結ぶ計画。売却額は約2兆円。東芝は2018年3月期末までに売却手続きを完了し、上場廃止につながる2期連続の債務超過を回避する考え。東芝メモリ売却をテコにした経営再建を前進させる。新日米連合は東芝の提携相手であるWDのほか、政府系ファンド...
25Picks
東芝メモリとJDIで迷走、主体性なき革新機構の戦略不在
ダイヤモンド・オンライン
|
産業革新機構が二つの巨大案件に揺さぶられている。東芝メモリの売却交渉と、経営危機のジャパンディスプレイ(JDI)の再建だ。いずれも戦略不在のまま事態に翻弄される官民ファンドは、その役割を厳しく問われることになりそうだ。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ