新着Pick
SPD2M02UR1LDHVPR

株式会社 東芝

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
東京都港区芝浦1-1-1
03-3457-4511
詳細を見る
概要
東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。

東芝の事業は、テレビや家電製品、携帯電話、パソコンなど消費者向け製品からは撤退、電子部品(HDDなど)の他、原子炉・重電機・軍事機器・鉄道車両など、企業間取引による重工業分野へ重点的に事業展開をしており、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれる。

冷蔵庫・洗濯機・掃除機・電子レンジ・炊飯器など、家電製品の国産化第1号の製品が多く(電子レンジと炊飯器以外は1930年代に開発された)、白物家電の日本におけるパイオニアであった。だが、2015年発覚の粉飾決算事件を契機に2016年に白物家電事業は一部株の売却によりブランドのみとなり、医療機器事業は売却、2018年には半導体、テレビ、パソコン事業も売却した。最近は経営不振が響き、同年8月8日に東芝が発表した2018年4~6月期決算(米国基準)は営業利益が7億円(前年同期比較 -94.5%)に留まり、売上高も-7.3%の8422億円となった。

電機メーカーとしては、最初に委員会設置会社に移行した企業でもある(移行した2003年当時は、委員会等設置会社。現在の指名委員会等設置会社)。委員会設置会社となってからは、会長は代表権を有さない取締役会長となっていたが、2016年6月より代表執行役会長を新設した。

歴代の社長ら役員は、財界活動に積極的であることも知られている。石坂泰三(第4代社長)と土光敏夫(第6代社長)が経済団体連合会会長に就任し、岡村正(第14代社長)が日本商工会議所会頭に就任するなど、財界四団体のトップを輩出している。

そのほか、西室泰三(第13代社長)は日本経済団体連合会のナンバー2である評議員会議長に就任し、佐々木則夫(第16代社長)が現役社長の頃から内閣府経済財政諮問会議議員に就任するなど、日本の政財界に強い影響力を及ぼしている。特に石坂泰三は「財界総理」との異名を持つほどの影響力を誇り、東芝が財界で重きをなす礎を築いた。

ブランドタグラインは「 Leading Innovation>」(2006年10月2日制定)。

東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)、月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)、三井業際研究所、綱町三井倶楽部に加盟している。
代表者
代表執行役会長CEO 車谷 暢昭
設立年月日
1875-07
従業員数
128,370 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
45 歳
平均年収
9,151,000 円
上場市場
東証2部,名証2部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
44Picks
[デジタルコラム]新たな時代に向けて変容していく東芝
東芝デジタルソリューションズ株式会社
|
世界有数のCPSテクノロジー企業を目指す東芝グループのオウンドメディア「DiGiTAL CONVENTiON(デジタルコンベンション)」。デジタル時代に向かっていくヒト、モノ、情報、知識が集まる...
10Picks
東芝、血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出する技術を開発
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
東芝は2019年11月25日に、血液中のマイクロRNA(※1)を使った簡便で高精度ながん検出技術を開発したことを発表した。同社は今後、早期の社会実装に向けて、2020年から実証試験を進めていくとし…
10Picks
血液1滴から「がん」検出可能に、東芝が開発
TBS NEWS
|
東芝は、血液1滴から「がん」を検出することができる新たな技術を開発したと発表しました。  東芝が開発したのは、血液中に含まれる「マイクロRNA」と呼ばれる分子を活用した「がん」の検出技術です。マイクロRNAは細胞内でタンパク質などを制御する分子で、がん細胞から多く分泌されることがわかっています。  東芝によりますと、血液中に含まれるマイクロRNAの量から「すい臓がん」や「乳がん」など13種類...
13Picks
東芝が脊髄反射型アナログニューロンチップを開発、AI処理の応答速度は1μs以下
MONOist
|
東芝情報システムは、「ET&IoT Technology 2019(ET2019)」において、ニューラルネットワーク向けのアナログ回路を搭載したICである「アナログニューロンチップ」を披露。1μs以下と高速な応答速度を実現していることから“脊髄反射型アナログニューロンチップ”と呼んでいる。
(14件の記事)
24Picks
ローカル5Gとは何か? 総務省の狙いやNEC、パナソニック、東芝の動きなどを解説
ビジネス+IT
|
5Gの商用サービスが、日本でも2020年より始まる。5Gのメリットは高速、大容量、低遅延、そして1つの基地局により多くの端末が接続できること。そのため、「モバイル通信の体験を変える」と期待されているのだが、5Gのポテンシャルはそれだけではない。IoTやスマートファクトリーなど、企業や自治体のニーズへの活用だ。そこで総務省が打ち出した「ローカル5G」について、詳しく解説しよう。
12Picks
三菱UFJ・三井住友、中間純利益はそろって減
Reuters
|
[東京 13日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>と三井住友フィナンシャルグループ(FG)<8316.T>が13日発表した2019年9月中間連結決算は、最終利益が前年同期比でそろって減少した。シャープ<6753.T>や東芝<6502.T>といった大口融資先の財務改善が一巡し、18年9月中間連結決算で計上した貸倒費用の戻り益が縮小した。
17Picks
東芝の“誰でも作れるIoT”が人気、目標の2倍ペースで問い合わせ
MONOist
|
東芝デジタルソリューションズ(TDSL)は、プライベートイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2019」(2019年11月7~8日)を都内で開催。2019年11月5日に発表した「ifLinkオープンコミュニティ」や同コミュニティーの中心となる技術である「ifLink」について紹介した。
232Picks
東芝 東大と連携しAI人材増やす方針 技術者獲得競争の中
NHKニュース
|
AI=人工知能の活用が広がり、企業の間で専門性の高い技術者の獲得競争が激しくなる中で、東芝は東京大学と連携して、社内でA…
17Picks
NEC「アニーリングマシン」参戦の狙い
ニュースイッチ
|
NECは、金融ポートフォリオや材料研究などの大規模な組み合わせ最適化問題を高速で解くアニーリングマシン市場に参入する。ベクトル方式の独自プロセッサーを搭載したボード型コンピューターを用いて、従来手法では解けない複雑な社会課題の解決に挑む。量子現象を模したアルゴリズムをデジタル回路で動かすアニーリングマシンをめぐっては富士通や日立製作所が先陣を切り、東芝も追従している。NECの参戦で国産コンピ...
10Picks
【シンガポール】東芝エネ、水素電力システムを海外初納入[電機]
NNAアジア経済ニュース
|
【シンガポール】東芝エネ、水素電力システムを海外初納入[電機] 東芝エネルギーシステムズは30日、電力・ガスの供給などを手掛けるシンガポール政府系企業SPグループの...
53Picks
ラグビー日本代表の次なる挑戦 「ティア1入り」の壁は超えられるか
産経ニュース
|
「ティア2の代表として、次もプレーしていきたい」。日本が決勝トーナメント進出を決めた13日のスコットランド戦。試合後、リーチ・マイケル主将(東芝)は“ティア”という言葉を強調しながら、準々決勝への決意を新たにした。
52Picks
リーチ主将 フランスW杯目指すと宣言「今回よりいい結果出したい」
デイリースポーツ online
|
ラグビーW杯でベスト8に進出した日本代表のリーチ・マイケル主将(31)=東芝=とチーム最年長のトンプソン・ルーク(38)=近鉄=が26日、日本テレビ「Going!Sports&News」にW杯後初めてとなるテレビ出演を果たした。今季限りでの引退を表明しているトンプソンに対し、リーチは「次の大会に向けてしっかり準備します。引き続き応援よろしくお願いします」と2023年のフランス大会を目指すこと...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ