新着Pick
SPD2KK7569I4266Y

GlaxoSmithKline PLC

グラクソ・スミスクライン(英語: GlaxoSmithKline plc)は、イギリス・ロンドンに本社を置く世界有数の規模を持つグローバル製薬企業。略称はGSK。ロンドン証券取引所、ニューヨーク証券取引所上場企業(ロンドン証券取引所: GSK ニューヨーク証券取引所: GSK)。 ウィキペディア
980 Great West Road Brentford Middlesex United Kingdom
+44 2080475000
詳細を見る
概要
ステロイド吸入剤などの気管支喘息治療薬やヒスタミンH2受容体拮抗薬「ザンタック」などを開発・発売していたグラクソと、ゾビラックス(抗ヘルペスウィルス剤)やレトロビル(抗HIV薬)など世界で初めて抗ウイルス薬の開発に成功したバローズ・ウェルカムが1995年に合併(日本法人は1998年に合併)してグラクソ・ウエルカムとなった。その後、世界初のH2ブロッカー薬タガメットや、オーグメンチン(ペニシリン系抗生物質)、パキシル (SSRI) など世界的売上規模を誇る製品を開発・発売してきたスミスクライン・ビーチャムとグラクソ・ウエルカムが2000年に合併(日本法人は2001年1月に合併)して発足した。

ザンタックとタガメットは同薬理をもつ同効の競合品であり、自社品同士での競合を避けるために、タガメットは他社販売へ移管している。日本では、タガメットは大日本住友製薬が販売、ザンタックは第一三共との共同販売活動を行っていたが、2008年4月1日から自社流通のみに変更した。

なお、グラクソ・ウエルカム、グラクソ・スミスクラインそれぞれの合併時に売上規模などで世界1位となったが、その後ファイザーがワーナー・ランバート(2000年)、ファルマシア(2003年)などを買収して世界1位となっている。

ルコゼード、ライビーナとその事業基盤をサントリー食品インターナショナルに2106億円で譲渡した
。

日本では、2002年にアース製薬と米国のブロックドラッグが提携していた「ブロックドラッグジャパン」(旧・小林ブロック(小林製薬の子会社))の経営を統合し、ブロック社製造の商品もグラクソ・スミスクラインが受け持つようになる。2005年11月よりアラガン株式会社が輸入販売していたボトックスを扱うこととなった。また、2015年3月には、コンシューマーヘルスケア事業本部がノバルティス ファーマ株式会社のOTC事業部と統合し、両社の合弁事業として、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社が新たに設立された(詳細は後述)。
代表者
Emma N. Walmsley (Chief Executive Officer),Jonathan Richard Symonds (Chairman)
設立年月日
1999
従業員数
99,437 人
上場年月日
1972-05-22
上場市場
ロンドン証券取引所,OTCピンクシート,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所(ADR),ニューヨーク証券取引所(ADR),ハノーバー証券取引所,ハノーバー証券取引所(ADR),ハンブルグ証券取引所,ハンブルグ証券取引所(ADR),フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,ミュンヘン証券取引所(ADR),メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
29Picks
EU ワクチン3億回分確保で合意 新型コロナ
産経ニュース
|
【パリ=三井美奈】新型コロナウイルスをめぐり、欧州連合(EU)は7月31日、フランスの製薬大手サノフィと英グラクソ・スミスクライン(GSK)が共同開発するワクチンで、3億回分の使用量を確保する予備交渉に合意したと発表した。
69Picks
英グラクソがコロナワクチンで提携、田辺三菱薬傘下のカナダ企業と
Bloomberg
|
英製薬会社グラクソ・スミスクラインは、カナダのバイオテクノロジー企業メディカゴと新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの開発で提携したと明らかにした。
126Picks
コロナワクチン開発で世界2大メーカー協力-21年後半の実用化目指す
Bloomberg.com
|
世界の2大ワクチンメーカーであるフランスのサノフィと英グラクソ・スミスクラインが新型コロナウイルス感染症(COVID19)との闘いで手を組む。世界の新型コロナ感染者数は200万人に近づいている。
400Picks
グーグルとグラクソがつくる、730億円の「バイオ電子薬」企業
WIRED.jp
|
グーグルの親会社アルファベットがもつヴェリリー・ライフ・サイエンシズと、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が新会社「ガルヴァーニ・バイオエレクトロニクス」を設立した。体内に埋め込み、モニタリングや治療を行う小型機器を開発する。
181Picks
外資転職で一番大切なこと
Diamond Online
|
『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。
131Picks
なぜ外資は給料が高いのか、あらためて答えます
Diamond Online
|
『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。
132Picks
英国の業界がブレグジットに求めること:通信、農業、金融、自動車
Bloomberg
|
英国の製薬会社グラクソ・スミスクラインは、政府がより「実利的なアプローチ」に転換したことを歓迎し、少なくとも2年の移行期間を求めている。一方、アストラゼネカは、業界が新しい環境に適応するための準...
73Picks
自分のストーリーが面白く語れない人は、外資で困ることになる
Diamond Online
|
『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。
38Picks
英グラクソ開発の世界初マラリアワクチン、EU当局が利用推奨
ロイターニュース&マネー
|
[ロンドン24日ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局である欧州医薬品庁(EMA)は24日、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が非営利団体と共同開発した世界初となるマラリアワクチンについて、アフリカの乳幼児向けの利用が承認されるべきとの見解を示した。EMAの推奨aE・・
37Picks
「大衆薬」M&A活溌化、本当の狙い
ニュースイッチ
|
欧米で一般用医薬品(大衆薬)ビジネスをめぐるM&A(合併・買収)が活発化している。英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が米製薬大手ファイザーと合弁会社の設立を決めるなど、大規模な案件が相次ぐ。日本でも大正製薬がフランス企業の買収を決断した。一方、有識者からは医療用医薬品を主力とするメーカーが大衆薬事業を持つ意味はあるのかとの疑問も聞かれる。国内製薬各社は競争環境が変わる中、自らの生き...
32Picks
中国が英グラクソに過去最高額の罰金、幹部懲役刑
Reuters
|
[上海/ロンドン 19日 ロイター] - 中国当局は19日、英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>に対し、贈賄への関与で30億元(4億8900万ドル)の罰金を科した。罰金の額は過去最高。
29Picks
ノバルティスがグラクソの抗がん剤事業を買収へ - Bloomberg
www.bloomberg.co.jp
|
スイスのノバルティスは22日、英[bn:WBTKR=GSK:LN] グラクソ・スミスクライン []の抗がん剤事業を最高160億ドル(約1兆6400億円)で買収し、グラクソと消費者向けの合弁事業を設立するとともに、アニマルヘルス事業をイーライ・リリーに54億ドルで売却することで合意した。
26Picks
「世界最高の企業サイト」ランキング 1位はGSKに
Forbes Japan
|
デジタルの世界では、企業との最初の接点は企業ウェブサイトを通じたものであることが多い。企業のウェブサイトには、好きな製品のメーカーについて知ろうと思う消費者、興味深い企業を探す潜在的パートナー、企業調査中の投資家などが集まる。企業コミュニケ・・・
25Picks
40万人のデータ蓄積に着目 世界有数の製薬大手グラクソ・スミスクライン、沖縄で研究開発へ
沖縄タイムス+プラス
|
イギリスに本社を置く世界有数規模のグローバル製薬企業グラクソ・スミスクライン(GSK)日本法人のフィリップ・フォシェ会長は11日、那覇市医師会のLHR(生涯健康記録)システムを活用し、沖縄県内で医薬品やワクチンの研究開発を行うことを明らかにした。
15Picks
外資系で文学・哲学出身のCEOが増えてきた深い理由 - 外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと
Diamond Online
|
『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。
20Picks
戦略大転換し「世界を変える企業」1位に輝いたGSK 不正の絶えない製薬業界だからこそ、誠実さを最優先に
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
雑誌『フォーチュン』は9月、「世界を変える企業(Change the World)」(2016)ランキングを発表した。今回第1位に輝いたのは、英国に本拠地を置く大手製薬会社グラクソ・スミスクライン(以下、GSK)だった。
17Picks
GlaxoSmithKlineとGoogleのライフサイエンス部門がバイオエレクトロニクス医療の研究企業を合弁で立ち上げ
TechCrunch Japan
|
大手製薬企業のGlaxoSmithKlineは二週間前に、AppleのReasearchKitを使って関節炎の研究を行うと報道されたが、今日は、Alphabet傘下の元Google Life Sciences、現Verilyとの合弁企業Galvani Bioelectronicsを創る、と発表した。 Read More
16Picks
英グラクソが米国での人員削減計画を確認、数百人に影響
Reuters
|
[ロンドン 3日 ロイター] - 英製薬大手グラクソ・スミスクライン<GSK.L>は3日、米国内で数百人を削減する計画を確認した。グラクソは、同社最大の市場である米国での販売不振を受け、事業再編計画を進めている。
12Picks
外資で日本人のプレゼンが評価されない理由 - 外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと
Diamond Online
|
『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。
12Picks
外資で評価される日本人の2つの重要スキル - 外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと
Diamond Online
|
『外資系で自分らしく働ける人に一番大切なこと』は著者の宮原伸生さんが、日本企業を飛び出し、ベネトンスポーツ、日本コカ・コーラ、LVMH(モエヘネシー・ディアジオ)、ケロッグ、GSK(グラクソ・スミスクライン)などで、もがきながら見つけた「新しい働き方」を紹介する本です。そのエッセンスをコンパクトに紹介します。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ