新着Pick
SPD2JPO9G7YVM29A

株式会社 新生銀行

株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋室町2-4-3日本橋室町野村ビル
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 工藤英之
設立年月日
1952-12
従業員数
5,711 人
上場年月日
2004-02-19
平均年齢
42 歳
平均年収
7,884,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),デュッセルドルフ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
131Picks
10万円、TOB、MVP、O株...11月の「注目ニュース」まとめ
NewsPicks Curation Team
|
新生銀行 vs SBI、敵対的TOB、新たな新型コロナ変異株「オミクロン株」、大谷翔平、FRB議長再任、中国のテニス選手安否、10万円給付など注目のニュースまとめです。
17Picks
『新生銀行決選投票土壇場で考えた事』
北尾吉孝日記
|
「何で勝つのが決まっているのに止めたんですか?」とか、「北尾さん、流石に面白いタイミングで止められましたね」とかと、多くの人から様々なメールを頂きました。 新生銀行の工藤英之社長とも、御互い此の件については多くは語らない、ということで合意しており、然もそれは私が言い出したことですから余り語りはしませんが、私が此の結論
174Picks
「SBI提案に勝る話なかった」と新生銀社長 公的資金返済に道筋とも
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 新生銀行の工藤英之社長は25日のオンライン会見で、SBIホールディングスから受けた株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策を取り下げたことに関連して、「SBIの提案に勝る話はなかった」と明らかにした。公的資金の返済については道筋が見えていると語った。
22Picks
新生銀社長、2月退任の意向表明 SBI傘下入り濃厚で
共同通信
|
新生銀行の工藤英之社長は25日、オンラインで記者会見し、SBIホールディングスからの株式公開買い付け...
28Picks
新生銀の買収防衛策に国が反対方針…臨時株主総会、否決の見通し
読売新聞
|
SBIホールディングスによる新生銀行への株式公開買い付け(TOB)を巡り、国が新生銀が導入を目指す買収防衛策に反対の方針を固めたことが22日、分かった。新生銀が防衛策の是非を諮るため、今月25日に開催する予定の臨時株主
91Picks
SBIvs新生銀行、いよいよ「決戦の日」でこれから起きる「本当のこと」
マネー現代
|
9月9日に発表されたSBIによる新生銀行への公開買付の発表以降、たびたびメディアでも取り上げてらていますが、いよいよ決戦の日、臨時株主総会が11月25日に迫ってきました。
63Picks
SBI、新生銀の賛同条件拒否 買収防衛策、総会で決着へ
時事ドットコム
|
インターネット金融大手SBIホールディングスが、新生銀行の提示したSBIによるTOB(株式公開買い付け)への賛同条件を拒否したことが20日、分かった。新生銀は25日に臨時株主総会を開き、SBIに対抗する買収防衛策発動の是非を問う方針。
17Picks
SBIは「第4のメガバンク」になるか…? 新生銀行との「全攻防」と「金融業界のこれから」
マネー現代
|
SBIによる新生銀行への公開買付発表は金融業界を騒がせてきたが、いよいよ決戦の日、臨時株主総会が11月25日に迫ってきました。それではいま両社は、さらに関係者たちはどのような主張、動向を見せているのか――。その詳細から決戦を見極めるポイントまで、徹底レポートする。
30Picks
迫る新生銀行の臨時株主総会(11・25)
note(ノート)
|
TAKA(@Murakami_Japan)です。9月9日に発表されたSBIによる新生銀行への公開買付の発表以降、たびたびメディアでも取り上げてらていますが、いよいよ決戦の日、臨時株主総会が11月25日に迫ってきました。ようやく一連のやり取りを経て状況認識のための判断材料が揃いつつある中で、今回筆をとってみたいと思います。 Newspicksでもいくつか記事がでています。経緯や新生銀行側の経営...
304Picks
【槇原純】なぜ私はSBIの買収に「反対した」のか?
NewsPicks編集部
|
決戦の日が、あと10日に迫っている。11月25日、新生銀行の臨時株主総会が予定され、ネット証券大手のSBIホールディングスとの戦いに決着がつく。事の発端は9月9日、SBIホールディングスが新生銀...
14Picks
SBIと新生銀行の攻防戦、試される日本の「株主平等原則」
GLOBIS知見録 最新記事
|
SBIホールディングス(以下SBI)によるTOB(株式公開買い付け)への対抗措置として、新生銀行が買収防衛策(ポイズンピル)の発動を提起し、その是非を諮る臨時株主総会が11月25日に迫っています。M&Aの「プロ」同士の戦い、両者あの手この手を繰り出し連日その攻防戦の様子が報道されていますが、今回はその争いの本質部分を「上場株式市場に対する日本と米国の姿勢の違い」という観点から読み解きます。
25Picks
旧村上ファンド系のシティ、新生銀行株を5.29%保有=大量保有報告書
Reuters
|
[東京 12日 ロイター] - 旧村上ファンド系の投資会社、シティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)と共同保有者が、新生銀行の株式を計5.29%保有していることが12日提出の大量保有報告書でわかった。
15Picks
新生銀、防衛策可決でも「元の銀行には戻らず」-槇原社外取締役
Bloomberg
|
新生銀行の槇原純社外取締役は9日、SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)への買収防衛策の発動が臨時株主総会で可決されたとしても、「TOB前の銀行の経営に戻ることはない」との考えを示した。
39Picks
米議決権行使助言会社のISS、新生銀の買収防衛策を支持
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - 新生銀行が今月の臨時株主総会に諮るSBIホールディングスに対する買収防衛策について、米議決権行使助言会社のISSが賛成票を投じるよう株主に推奨したことが分かった。推奨は米グラスルイスに続くもので、影響力の大きな2つの助言会社が新生銀の防衛策を支持したことになる。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ