新着Pick
SPD2JET1Y4PTRBKY

Intel Corp

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
2200 Mission College Boulevard Santa Clara California United States
+1 408 765-8080
詳細を見る
概要
主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどの設計開発・製造・販売を手掛けている。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむアーキテクチャ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64などのCPU(マイクロプロセッサ)があり、パーソナルコンピュータではPC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われているほか、ワークステーションやサーバー、データセンター、モバイルデバイス向けの製品も扱っている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。アクセラレーター系プロセッサーに関しては、主にCPU統合型GPU (iGPU) およびXeon Phiと呼ばれるMIC (Many Integrated Core) を手掛けている。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場では80%近いシェアを維持している。

海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。

また、カリフォルニア州サンノゼ市にある半導体製造工場には、インテルの歴史を紹介するインテル博物館が併設されている。

日本法人(インテル株式会社)は、東京都千代田区(東京本社)に本社を置く。1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。1981年に設立されて本社機能を持っていたつくばオフィスは2016年12月に閉鎖し、業務は1990年から二本社制の片翼を担っていた東京に移管された。
代表者
Andy D. Bryant (Chairman),Robert Holmes Swan (Chief Executive Officer)
設立年月日
1989
従業員数
110,800 人
上場年月日
1971-10-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
27Picks
AppleとIntelが別れる、語られない理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
Appleは、なぜ脱Intelを進めると発表したのか。いろいろな分析が出ているが、ここではAppleが語らなかったある事実を取りあげる。知っている人はみな知っているが、日本語圏のメディアではあまり語られない事実だ。Intelは、もはや世界一の半導体製造技術を持つ企業とは呼べなくなっているのである。
3Picks
【PR】この10年のIntel CPU進化の歴史をベンチマークとともに振り返る ~コアの増加や内蔵GPUの強化、ストレージ/ネットワークの高速化が加速
PC Watch
|
こちらの記事では、Intel 4004の登場以来約50年になるIntelのCPUの進化の歴史について振り返ってきた。その中でも紹介しているとおり、おおむねIntelは年に一度新しいCPUをリリースしており、年々性能を高めてきている。
11Picks
【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 AppleがArmベースのSoCをMacに採用する背景
PC Watch
|
Appleは、Macに自社開発のCPUコアチップ搭載を発表した。現在のMacは、Intelのx86/x64系命令セットCPUだが、AppleのチップではArm系命令セットのCPUとなる。
15Picks
“脱インテル”の道を歩むアップルは、Macをまったく新しい製品へと生まれ変わらせる
WIRED.jp
|
アップルがMac用のプロセッサーをARMベースに移行すると正式に発表した。インテル依存からの脱却は、アップル製品における緊密な統合効果をもたらすと同時に、デヴァイス間のアプリを区別しなくてもいい世界をもたらすことが期待される。その一方で、先が見通せない要素もいくつか見えてきた。
95Picks
アップルの「脱インテル化」が極めて合理的なこれだけの理由…「規模の経済」を読み解く
Business Insider Japan
|
アップルの開発者向けイベント「WWDC2020」(会期:現地時間6月22日〜26日)で発表された、Macの「脱インテル化」の発表が大きな話題になっている。 なぜアップルは、自社のPCに利用している半導体を、インテルが製造しているものから、自社製品に乗り換えようというのだろうか。その背景には、PC市場...
10Picks
Macの大革新、「脱Intel」が必然だった理由 - スタートアップ&イノベーション
Diamond Online
|
アップルはパソコンMacの中核部品を自社設計のApple Siliconに置き換えていく方針を発表した。ティム・クックCEOが「今日はMacの歴史が変わる日だ」と述べたように、これはMacにとって大きな方向転換となる。
49Picks
アップルの次の成長のカギとなるデジタル自動車鍵CarKeyへの期待
Forbes JAPAN
|
アップルは6月22日、開発者向け会議WWDCをオンライン開催し、ハードウェア面ではMacのチップの内製化による、インテルとの提携打ち切りが明確になった。また、ソフトウェア面ではiPhoneのホーム画面の刷新やSiriのリアルタイム翻訳機能の・・・
17Picks
Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由
ITmedia PC USER
|
ウワサは本当だった。AppleがWWDC 2020の基調講演で自社開発プロセッサの「Apple Silicon」をMacに採用し、2年をかけてIntel x86アーキテクチャから移行すると発表したのだ。その狙いはどこにあるのだろうか。
66Picks
アップル、Macの独自チップ移行を正式発表。初のARM版Macは年内 #WWDC20
Engadget 日本版
|
Apple 開発者イベント WWDC20 のキーノートで、アップルが Mac コンピュータの独自設計プロセッサ移行を正式に発表しました。 かつての Mac は PowerPC で、現在はインテルのプロセッサで動いていますが、今後の新世代Macは iPhone や iPad、Apple Watch と同様、アップルが独自に開発したプロセッサで動くようになります。 Apple アップルによれば、...
11Picks
Appleが殺そうとしているもの2020年版リスト
ギズモード・ジャパン
|
今年もやってきました、Apple殺されリスト。 2020年は「Intelアウトサイド」に尽きますが、WWDCでAppleに狙われた人気サービス&機能はほかにもこんなにあります!
94Picks
超絶ハイパー天才エンジニアのジム・ケラー氏がインテルを辞める
ギズモード・ジャパン
|
Image:Intel次はどこで伝説をお作りになるのか…。2018年よりインテル社のシリコンエンジニアリング全般を指揮する上級副社長に就任していたジム・ケラー氏が、2020年6月11日をもって辞任したと発表がありました。辞任後6カ月は同社のコンサルタントを務めるそうです。このジム・ケラーというお人は、数々のCPUを手掛けてきた天才エンジニアとして知られています。Wikiにも「業界の勢力図を変えてし
143Picks
アップル、自社設計Mac用チップへの移行を今月にも発表へ-関係者
Bloomberg
|
米アップルはコンピューター「Mac(マック)」で、インテル製半導体に代わり独自のメインプロセッサーを搭載することを計画しており、この切り替えを今月にも開発者向け会議「WWDC」で発表する準備を進めている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
10Picks
スタートアップのマーケット論その2: "Why now"指数関数的な変化、技術の変曲点
note(ノート)
|
前の記事に書いたGmail開発者のPaul Buchheitの言葉を再掲します。 (巨大なテック企業になるためには何が必要かと聞かれて) Google, Netflix, Amazonのようになるために必要なことは、指数関数的な変化の上で事業を行っている事。インテルや初期のマイクロソフトやアップルは"マイクロコンピューターの勃興"という変化の上で事業を行っていた。マイクロコンピューターがなけ...
184Picks
インテル傘下モービルアイ、2022年に自動運転タクシーを本格始動
Forbes JAPAN
|
インテル傘下で車載向け画像処理チップを開発する「モービルアイ(MobilEye)」の創業者でCEOのアムノン・シャシュアは、5月18日から開催されたモビリティ関連のカンファレンスEcoMotionで、2022年の初旬からロボットタクシーサー・・・
20Picks
インテルが今年出資したスタートアップ11社、年内に500億円超の出資を予定
TechCrunch Japan
|
半導体の巨大企業であるIntel(インテル)は、世界中の1582企業への投資と、同社の支援を受けて株式公開またはイグジットを達成した692社のポートフォリオ企業における実績を持ち、コーポレートベンチャーキャピタルの中ではハイテク産業で最も多産かつ先見の明がある投資家に数えられる。 同社は米国時間5月13日、新たに11社のスタートアップに1億3200万ドル(約140億円)を出資したことを明らか...
29Picks
インテルが取り組むダイバーシティー、技術職の女性の割合を2030年までに4割へ
CNET Japan
|
インテルは、2030年までに技術職に携わる女性の数を全体の40%まで引き上げるとともに、上級職に就く女性とマイノリティーの人数を2倍にするとしている。
127Picks
米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か
TechCrunch Japan
|
ウォールストリートジャーナル(WSJ)のレポートによれば、ホワイトハウスの担当者が、現在インテルならびにTSMCと米国内への半導体工場の建設について話し合っているらしい。米国のハイテク企業と政府は、長年にわたりアジアのチップ工場への依存度を下げる努力をしてきた。その背景にあるのは、安全保障上の懸念、米中関税戦争、さらには世界中のサプライチェーンと物流を混乱させた新型コロナウイルス(COVID...
20Picks
TSMCの2021年見通しは好調、AMDのシェア拡大で
EE Times Japan
|
米国の投資会社であるWedbush Securitiesでシニアバイスプレジデントを務めるMatt Bryson氏は、「TSMCは2021年に、堅調な回復を遂げていくと予測される。その背景には、AMDなどのファブレスメーカーが現在、Intelから市場シェアを奪い取っているということがある」と述べる。
91Picks
インテルが「乗り換えアプリ」企業を950億円で買収した理由
Forbes JAPAN
|
モビリティ分野のイノベーションに注力するインテルが、世界数億人が利用する乗り換えアプリのスタートアップ「Moovit」を約9億ドル(約956億円)で買収することが明らかになった。イスラエル企業のMoovitにインテルは2018年に出資を行っ・・・
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ