新着Pick
SPD2JET1Y4PTRBKY

Intel Corp

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
2200 Mission College Boulevard Santa Clara California United States
+1 408 765-8080
詳細を見る
概要
主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどの設計開発・製造・販売を手掛けている。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむアーキテクチャ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64などのCPU(マイクロプロセッサ)があり、パーソナルコンピュータではPC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われているほか、ワークステーションやサーバー、データセンター、モバイルデバイス向けの製品も扱っている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。アクセラレーター系プロセッサーに関しては、主にCPU統合型GPU (iGPU) およびXeon Phiと呼ばれるMIC (Many Integrated Core) を手掛けている。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場では80%近いシェアを維持している。

海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。

また、カリフォルニア州サンノゼ市にある半導体製造工場には、インテルの歴史を紹介するインテル博物館が併設されている。

日本法人(インテル株式会社)は、東京都千代田区(東京本社)に本社を置く。1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。1981年に設立されて本社機能を持っていたつくばオフィスは2016年12月に閉鎖し、業務は1990年から二本社制の片翼を担っていた東京に移管された。
代表者
Omar S. Ishrak (Chairman),Robert Holmes Swan (Chief Executive Officer)
設立年月日
1989
従業員数
110,800 人
上場年月日
1971-10-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
IntelのXeon/Coreプロセッサ搭載の3.5インチシングルボードコンピュータ
MONOist
|
アドバンテックは、IntelのXeonまたはCoreプロセッサ搭載の3.5インチSBC「MIO-5393」を発表した。広範囲動作温度に対応し、軍事防衛マイクロサーバ、自動光学検査機器、乗客情報システム、屋外キオスクなどに適する。
5Picks
Intelの7nm大幅遅延、AMDはシェア拡大へ
EE Times Japan
|
Intelは2020年7月下旬、同社の技術ロードマップにさらなる遅れが生じる見込みであることを明かした。このことから、EE Timesが先日報じたように、AMDが今後、Intelの市場シェアを奪い取っていくのではないかと考えられる。
12Picks
AIがプログラムの意図を学習、書き換え案を提示=インテルが開発
MITテクノロジーレビュー
|
インテルの研究チームは、マサチューセッツ工科大学、ジョージア工科大学と共同で、ニューラルネットワークを使って高速かつ効率のいいコードを書けるようにプログラマーを支援するシステムを開発した。まずは社内開発者向けに使う予定だ。
10Picks
エヌビディアのアーム買収報道「半導体市場の勢力図を塗り変える」も、競争当局と顧客の反発必至
Business Insider Japan
|
・エヌビディア(Nvidia)がアーム(Arm)の買収を検討中との報道後、買収は実現するとの見方が強まっている。 ・実現すれば、エヌビディアの半導体市場におけるリーチは間違いなく広がり、インテルやAMDのような競合にとってさらなる脅威になると、業界に詳しいアナリストたちは指摘する。 ・ただし、この買...
68Picks
インテル、最高エンジニアリング責任者が退社へ-生産プロセス遅延で
Bloomberg
|
米半導体メーカーのインテルは27日、マーシー・レンドチンタラ最高エンジニアリング責任者が8月3日に退社すると発表した。同社は新製品生産プロセスに遅れが生じていることを明らかにしていた。
14Picks
ソフトバンクが売却模索 増大するARMの存在感
Forbes JAPAN
|
米インテルは、7nmプロセスで製造するCPUの投入が当初の予定よりも1年以上遅れる見通しであると発表した。アップルが最近、インテル製CPUの採用をやめ、ARMアーキテクチャーを使用した独自CPUの開発に切り替えると発表したのも、こうした背景・・・
40Picks
TSMC株連騰、一時は時価総額で世界10位に-インテルから受注期待
Bloomberg.com
|
台湾積体電路製造(TSMC)の株価は28日に続伸し、一時は時価総額で世界10位の企業となった。
184Picks
インテル株が一時18%安、自社生産撤退の可能性をスワンCEOが示唆
Bloomberg
|
半導体最大手、米インテルのボブ・スワン最高経営責任者(CEO)は23日の決算発表で、半導体の自社生産をやめるという以前なら考えられなかった可能性について、説明に1時間近くを費やした。一夜明けた米株式市場で、同社株は一時18%下げた。
115Picks
米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 外部生産委託拡大も
Reuters
|
[23日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>は23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅れていると明らかにし、外部への生産委託拡大を検討する方針を示した。これを受け、取引終了後の時間外取引で株価は9%下落した。
10Picks
Mobileyeの自動運転、未編集25分動画で空と車内からリアル体験!インテル傘下
自動運転ラボ
|
米半導体大手のインテルと傘下のイスラエル企業・Mobileye(モービルアイ)が、長時間にわたる自動運転車の走行動画を公開している。再生時間約25分の未編集の動画で、自動運転車がエルサレムのまちを走行する動画だ。 ここま […]
12Picks
アップルの垂直統合戦略、さらに巨大化するエコシステムはどこへ向かう?
ギズモード・ジャパン
|
Photo:pedjakujundzic/Shutterstock.comクローズド・プラットフォーム化は進むのか...?Intel(インテル)との決別が発表されてから1ヶ月近く経とうとしていますが、まだまだ多くの謎が残る「Appleシリコン」。アップルのビジネスは今、どこからどこへ向かおうとしているのか。ARMへの移行をめぐる様々な影響について、米Gizmodoが解説しています。Apple(アッ
218Picks
インテルCPUからApple Siliconへの移行のキモとなるUniversal 2とRosetta 2とは何か?
TechCrunch Japan
|
MacのCPUをインテルからApple Siliconに乗り換えることは、アップル自身にとってはもちろんのこと、サードパーティのアプリのデベロッパーにとっても、そしてユーザーにとっても、それなりに大事業であり、大きな変化を余儀なくされることがあるのも確かだ。 しかしアップルでは、この大事業をできるだけスムーズかつシームレスに成し遂げられるよう、そしてユーザーやデベロッパーの負担ができるだけ小...
10Picks
MacにApple Siliconを搭載するアップルの本当の狙い
TechCrunch Japan
|
2020年6月に開催されたアップルのWWDCでは、MacのメインCPUをIntel(インテル)からアップル製のいわゆるApple Siliconにスイッチすることが発表された。それ以来、その方針があたかも金科玉条のように語られ、ずっと以前から運命付けられていたかのような雰囲気さえ漂っている。それこそが実際の製品の発売にかなり先立って、こうした方針転換を発表したアップルの狙いだったことは間違い...
294Picks
エヌビディア、時価総額でインテル抜く-グラフィックチップ需要増で
Bloomberg.com
|
コンピューターグラフィックス(CG)用半導体を製造する米エヌビディアの時価総額が競合インテルを初めて上回った。データセンターその他の急成長分野におけるグラフィックチップの需要拡大に支えられた。
155Picks
【長友佑都】成長の「余地」は、「発信」が作り出す
SportsPicks編集部
|
6月30日、僕はガラタサライに別れを告げた。2018年の1月、ロシアワールドカップを目指して7シーズンを過ごしたインテルを離れる決意をしてから2年半。トルコでの日々は素晴らしいものだった。最初は...
47Picks
インテル日本法人鈴木社長が語る「2025年データ格差社会」解消のためにインテルができること
Business Insider Japan
|
半導体メーカー・インテルが今、大きな転換点を迎えている。 インテルは1968年に創業し、既に半世紀が経過している半導体メーカーだ。売り上げベースでは半導体分野で世界最大だ(2019年時点、Gartner調べ)。 インテルが発表した2020年第1四半期(1~3月期)の決算では、同社の主力事業であるPC...
15Picks
未来のパソコンはもっと小さくなる。インテルの新技術はすごい
ギズモード・ジャパン
|
Image:インテルパソコン、これからまだまだ進化しますよ!私たちが仕事や趣味で使うパソコンことパーソナル・コンピューター(PC)。今ではその存在が当たり前になっています。僕なんか、もうパソコンなしでは原稿の1本すら書けない身体ですよ。パソコンは僕の一部といっても過言じゃないです。このパソコン、ちょっと昔はでかい箱みたいな本体とディスプレイの組み合わせでしたね。それがハンドバッグくらいのサイズにな
32Picks
AppleとIntelが別れる、語られない理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
Appleは、なぜ脱Intelを進めると発表したのか。いろいろな分析が出ているが、ここではAppleが語らなかったある事実を取りあげる。知っている人はみな知っているが、日本語圏のメディアではあまり語られない事実だ。Intelは、もはや世界一の半導体製造技術を持つ企業とは呼べなくなっているのである。
96Picks
アップルの「脱インテル化」が極めて合理的なこれだけの理由…「規模の経済」を読み解く
Business Insider Japan
|
アップルの開発者向けイベント「WWDC2020」(会期:現地時間6月22日〜26日)で発表された、Macの「脱インテル化」の発表が大きな話題になっている。 なぜアップルは、自社のPCに利用している半導体を、インテルが製造しているものから、自社製品に乗り換えようというのだろうか。その背景には、PC市場...
15Picks
“脱インテル”の道を歩むアップルは、Macをまったく新しい製品へと生まれ変わらせる
WIRED.jp
|
アップルがMac用のプロセッサーをARMベースに移行すると正式に発表した。インテル依存からの脱却は、アップル製品における緊密な統合効果をもたらすと同時に、デヴァイス間のアプリを区別しなくてもいい世界をもたらすことが期待される。その一方で、先が見通せない要素もいくつか見えてきた。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ