新着Pick
SPD2JET1Y4PTRBKY

Intel Corp

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
2200 Mission College Boulevard Santa Clara California United States
+1 408 765-8080
詳細を見る
概要
主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどの設計開発・製造・販売を手掛けている。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむアーキテクチャ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64などのCPU(マイクロプロセッサ)があり、パーソナルコンピュータではPC/AT互換機やアップルのMacintoshに使われているほか、ワークステーションやサーバー、データセンター、モバイルデバイス向けの製品も扱っている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。アクセラレーター系プロセッサーに関しては、主にCPU統合型GPU (iGPU) およびXeon Phiと呼ばれるMIC (Many Integrated Core) を手掛けている。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界CPU市場では80%近いシェアを維持している。

海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。

また、カリフォルニア州サンノゼ市にある半導体製造工場には、インテルの歴史を紹介するインテル博物館が併設されている。

日本法人(インテル株式会社)は、東京都千代田区(東京本社)に本社を置く。1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。1981年に設立されて本社機能を持っていたつくばオフィスは2016年12月に閉鎖し、業務は1990年から二本社制の片翼を担っていた東京に移管された。
代表者
Andy D. Bryant (Chairman),Robert Holmes Swan (Chief Executive Officer)
設立年月日
1989
従業員数
110,800 人
上場年月日
1971-10-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
光学式ドライブ内蔵の第10世代Intelマシンなんてあるんですか。あるんです
ギズモード・ジャパン
|
Image:Panasonic令和の時代に…!パナソニックが、Let'snote(レッツノート)の2020年夏モデルとして「LV9」「SV9」「QV9」「RZ8」の4製品を発表しました。なんでしょうね、レッツノートの文字を見ると安らぐこのふしぎなきもちは。末尾に9が付く「LV9」「SV9」「QV9」の3モデルは第10世代IntelCPUを搭載し、i7の6コアモデルもラインナップ。CPU性能を引き出
1Pick
Intel、MaaSソリューションを提供するMoovitを買収 - Mobileye事業を強化
マイナビニュース
|
Intelは5月4日(米国時間)、Mobility as a Service(MaaS)ソリューションとして都市交通モビリティ・アプリケーションを提供するMoovitを約9億ドルで買収したことを発表した。
185Picks
インテル傘下モービルアイ、2022年に自動運転タクシーを本格始動
Forbes JAPAN
|
インテル傘下で車載向け画像処理チップを開発する「モービルアイ(MobilEye)」の創業者でCEOのアムノン・シャシュアは、5月18日から開催されたモビリティ関連のカンファレンスEcoMotionで、2022年の初旬からロボットタクシーサー・・・
19Picks
インテルが今年出資したスタートアップ11社、年内に500億円超の出資を予定
TechCrunch Japan
|
半導体の巨大企業であるIntel(インテル)は、世界中の1582企業への投資と、同社の支援を受けて株式公開またはイグジットを達成した692社のポートフォリオ企業における実績を持ち、コーポレートベンチャーキャピタルの中ではハイテク産業で最も多産かつ先見の明がある投資家に数えられる。 同社は米国時間5月13日、新たに11社のスタートアップに1億3200万ドル(約140億円)を出資したことを明らか...
29Picks
インテルが取り組むダイバーシティー、技術職の女性の割合を2030年までに4割へ
CNET Japan
|
インテルは、2030年までに技術職に携わる女性の数を全体の40%まで引き上げるとともに、上級職に就く女性とマイノリティーの人数を2倍にするとしている。
126Picks
米政府が先進的半導体工場の国内建設に向けインテルやTSMCと協議か
TechCrunch Japan
|
ウォールストリートジャーナル(WSJ)のレポートによれば、ホワイトハウスの担当者が、現在インテルならびにTSMCと米国内への半導体工場の建設について話し合っているらしい。米国のハイテク企業と政府は、長年にわたりアジアのチップ工場への依存度を下げる努力をしてきた。その背景にあるのは、安全保障上の懸念、米中関税戦争、さらには世界中のサプライチェーンと物流を混乱させた新型コロナウイルス(COVID...
19Picks
TSMCの2021年見通しは好調、AMDのシェア拡大で
EE Times Japan
|
米国の投資会社であるWedbush Securitiesでシニアバイスプレジデントを務めるMatt Bryson氏は、「TSMCは2021年に、堅調な回復を遂げていくと予測される。その背景には、AMDなどのファブレスメーカーが現在、Intelから市場シェアを奪い取っているということがある」と述べる。
91Picks
インテルが「乗り換えアプリ」企業を950億円で買収した理由
Forbes JAPAN
|
モビリティ分野のイノベーションに注力するインテルが、世界数億人が利用する乗り換えアプリのスタートアップ「Moovit」を約9億ドル(約956億円)で買収することが明らかになった。イスラエル企業のMoovitにインテルは2018年に出資を行っ・・・
12Picks
トランプ政権、半導体の自給自足目指す インテルなどと協議
WSJ Japan
|
トランプ米政権と米半導体メーカーが国内での工場新設を加速させようとしている。アジアからの輸入に依存していることへの懸念の高まりが背景。
17Picks
IntelのMoovit買収、自動運転タクシーの世界展開の布石か!?
自動運転ラボ
|
米Intel(インテル)はこのほど、MaaSプラットフォーマーのイスラエル企業・Moovit(モービット)の買収を発表した。約9億ドル(約960億円)の巨額買収で、Mobileye(モービルアイ)とともにインテルグループ […]
13Picks
IBMとRed Hatが5GエッジとAIへ全力投球、シスコやインテル、サムスンなども支持
TechCrunch Japan
|
IBMとRed Hatは5月4日のThink Digitalカンファレンスで、5GエッジとAIを中心とした多くの新しいサービスを発表した。企業はこの2分野に注目している。いずれも法人向けで最も急速に成長しているビジネスであることを考えれば驚くにはあたらない。事実上すべての通信会社が今後の5G普及を最大限活用する方法を検討している。将来を見据える企業は、自社のニーズに合わせた最善の対応方法を見...
22Picks
Intelがイスラエルの交通アプリMoovitを約960億円で買収、自動運転部門を強化
TechCrunch Japan
|
イスラエルでは、スマート輸送の世界でいくつかの大きなM&Aが進んでいる。TechCrunchが入手した複数のレポートや情報筋によると、チップ大手のIntel(インテル)は、AIとビッグデータによる交通状況の分析に基づき世界約8億人におすすめの経路情報を提供するスタートアップのMoovit(ムービット)を買収する最終段階だという。買収契約は近く、10億ドル(約1070億円)程度の買収価格で完了...
75Picks
インテル、乗り換え案内アプリ開発のイスラエル社買収へ協議=報道
Reuters
|
[テルアビブ 3日 ロイター] - 米半導体大手インテル<INTC.O>は、イスラエルの公共交通機関乗り換え案内アプリ開発会社ムービットを10億ドルで買収する方向で協議を進めている。イスラエルの金融ニュースサイト、カルカリストが3日報じた。
23Picks
コロナ時代も変わらない。事業を成長させるリーダーがなすべき、普遍的な仕事
BIG WAVE - 田端大学
|
組織をマネージメントし、事業を成長させるリーダーに求められる仕事とは、具体的になんだろうか? そんな疑問に答える最良の本が、インテルの伝説的な元CEOアンディ・グローブが書いた「HIGH OUTPUT MANAGEMENT」。1983年の本だが、35年の時を経て、陳腐化するどころか、新鮮ですらある名著だ。 田端信太郎は「マネージャーが本当になすべき仕事とは? マネジメントとは?」ということを...
124Picks
インテル、20年通期見通しを撤回-「重大な経済的不確実性」で
Bloomberg
|
半導体メーカー最大手の米インテルは23日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による「重大な経済的不確実性」を理由に通期売上高見通しを撤回した。同社の株価は時間外取引で一時5%余り下落した。
11Picks
2019年半導体企業売上高ランキング、トップにIntel
EE Times Japan
|
英国の市場調査会社Omdia(旧IHS Markit)は2020年4月、2019年の世界半導体企業売上高ランキングを発表した。メモリ不況の影響などによって市場全体がマイナス成長となった中で、多角化戦略を進めるIntelが順調に売り上げを伸ばし、トップに返り咲いた。
16Picks
騙されない機械学習を米軍とインテルが共同開発へ
TechCrunch Japan
|
機械学習のモデルに対する騙し攻撃を防ぐ、サイバー防衛技術の改良を目指している米軍の研究開発機関DARPAは、チップメーカーのIntel(インテル)をその研究のリーダーとして選んだ。 人工知能技術の一種である機械学習(Machine Learning)は、新しいデータや経験を「学習」するたびに賢くなっていく。今そのもっとも一般的な用途は物の認識で、写真を見てそれが何か、誰か、などを当てる。それ...
67Picks
AMDはなぜ資金面で圧倒的に勝ると思われるIntelを凌駕するCPUを開発できるのでしょうか? - Quora
jp.quora.com
|
理由は3つあります。 最大の理由はジムケラー。疑いようのない天才エンジニアで、Intelを二度倒した最強の勇者。なろう系の主人公かお前は。 ジムケラーはAthlon(K7)とAthlon64(K8)を開発し、Athlon64とそのサーバー向けのOpteronでは、IntelのPentiumブランドを滅ぼし、Itaniumも滅ぼし、Xeonのシェアを大きく削ぎAMDに巨大な収益をもたらしました...
10Picks
インテル、自己学習型AIチップ「Loihi」でにおいの嗅ぎ分けに成功
CNET Japan
|
インテルは、人間の脳に似た特性を備えるチップ「Loihi」がにおいを学習したと発表した。
42Picks
近づく「インドの時代」 フィンテック分野で日本に好機
Forbes JAPAN
|
現在、インドには1万以上のテック系スタートアップが存在する。また年間約260万人の科学、技術、工学、数学を収める大学生がいるため、グーグル、フェイスブック、アマゾン、インテル、マイクロソフトなどの評判の高いハイテク企業にとっては人材の宝庫で・・・
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ