新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD2IE9HFX0RBVO3

株式会社富士キメラ総研

株式会社富士キメラ総研(ふじキメラそうけん、英:Fuji Chimera Research Institute, Inc.)は、東京都中央区に本社を置く、日本のマーケット調査会社。略称はFCR、キメラ。 ウィキペディア
東京都中央区日本橋小伝馬町1-5
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 田中一志
設立年月日
1992-09-01
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
半導体関連世界市場がリモートワークやAIの普及で拡大、2025年に43兆470億円へ
MONOist
|
富士キメラ総研が「2020 先端/注目半導体関連市場の現状と将来展望」を発表した。2020年の半導体デバイス世界市場は、前年比14.4%増の26兆678億円の見込みで、リモートワークやAIの普及などに伴い、2025年には43兆470億円になると予測する。
107Picks
自動運転レベル4〜5、2045年には2000万台市場に!その根拠は?
自動運転ラボ
|
調査会社の富士キメラ総研は2020年9月、将来の自動運転市場の動向をまとめた「2020 自動運転・AIカー市場の将来展望」を発表した。自動運転車の普及拡大が見込まれる2021年以降の市場を調査に基づき予測したもので、20 […]
11Picks
「2020 自動運転・AIカー市場の将来展望」が発表
デジタルシフトタイムズ
|
株式会社富士キメラ総研は、レベル2車両が普及段階に入り、レベル3車両の投入やレベル4/5車両の一部実用化が進みつつあり、2021年以降の拡大が期待される自動運転車の市場(生産台数ベース)を調査し...
260Picks
2030年には1000万台超の自動運転車が公道へ
日経テクノロジーオンライン
|
調査会社の富士キメラ総研は、次世代車両に関する技術動向をまとめた。限定条件下での自動走行を含む自動運転システムを搭載する車両の販売台数が、2030年には1000万台超になると予測した。
233Picks
コンデジは5年後、一眼レフは2年後に1000万台割れ
ニュースイッチ
|
富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長)は、2022年にコンパクトデジタルカメラの世界市場規模が、16年比32・1%減の950万台と1000万台を割り込むとする調査結果をまとめた。デジタル一眼レ
90Picks
10年で約14%増。自動車の飛躍的な電装化で電子部品メーカーに集まる期待
Economic news
|
自動車の電装化が進む中、日本の電子部品産業への注目が高まっている。富士キメラ総研が2017年1月に発表したレポートによると、2025年に自動車関連部品の世界市場は44兆5658億円に達する見通しだ。
33Picks
「弱いAI」がツールとなり「強いAI」は嫁になる 人格を持ったAIは人間の伴侶たり得るのか?
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
“第三次AIブーム”と言われる現在、どこを向いてもAIや人工知能という言葉が踊っている。富士キメラ総研のレポートによれば、2030年度には市場規模として2兆1,200億円にも成長すると予測しており、これは実に2015年度比で14.1倍にもなるという。
32Picks
有機ELパネル、5年後に4.6兆円市場に
ニュースイッチ
|
富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長)は、2022年の有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーの世界市場が16年比約3倍の4兆6140億円となる予測を発表した。テレビ向けの大型パネル
24Picks
フレキシブル有機EL基板の静かな攻防
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|電子デバイス新潮流~専門記者の最前線レポート
|
調査会社の富士キメラ総研が2016年5月に発表したレポートによると、高耐熱フレキシブル基板の市場規模は、有機ELディスプレー用途で需要が拡大し、15年比17倍の51億円になるという。フレキシブルデバイスに使用される、耐熱性を持つガラス基板とフィルム基板を対象に調査した結果、ガラスは同12倍の12億円、フィルムは同19.5倍の39億円になるとの予測だ。
22Picks
[データは語る]世界スマホ市場の約30%は中国メーカー、かつてのノキアやサムスンと同等に――富士キメラ総研(ニュース)
ITpro総合
|
調査会社の富士キメラ総研は2015年1月30日、中国とインドの携帯電話メーカーの最新動向に関する調査結果を発表した。それによると、2011年以降、スマートフォンのグローバル市場において中国市場が占める割合が急速に拡大。2014年末までに全世界市場の35.4%を占めるまでに至った。
20Picks
世界センサー市場規模は2020年度に約6兆円へ、2015年度比で18%増加
MONOist
|
富士キメラ総研が、センサーの世界市場に関する報告書を公開した。生体センサーや熱的/時間空間雰囲気センサー、光/電磁波センサーが市場拡大をけん引し、2020年度のセンサー世界市場は5兆9755億円に達すると予測している。
17Picks
スマホ世界市場、22年に12%増の15.9億台 富士キメラ総研予測
日刊工業新聞電子版
|
富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長、03・3664・5839)は23日、2022年のスマートフォンの世界市場規模が17年比12・6%増の15億9000万台になるとの調査結果...
14Picks
2023年のメディカルソリューション市場、手術支援ロボットや遠隔医療が2倍超に
MONOist
|
富士キメラ総研が「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」を発表した。注目市場として手術支援ロボットと遠隔医療関連システム、サービスを挙げ、それぞれの2023年市場を140億円、251億円と予測している。
14Picks
「次世代部品」25年に9倍 富士キメラ総研、主要部品の市場予測
日刊自動車新聞
|
■車載カメラ センシング用途で拡大富士キメラ総研(田中一志社長、東京都中央区)は、2025年の主要自動車部品48品目のグローバル市場予測をまとめた。それによると、13年比で38・8%増の65兆2...
12Picks
IoT/AI関連半導体市場、2025年に約51兆円
EE Times Japan
|
富士キメラ総研は、IoT(モノのインターネット)とAI(人工知能)をキーワードとする次世代産業に向けた20品目の半導体デバイスについて市場調査を行い、2025年までの予測結果を発表した。
11Picks
「ソサエティー5.0」市場、500倍超の伸び見込む通信デバイス製品は?
ニュースイッチ
|
富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長、03・3664・5839)は、イノベーションによって経済発展と社会的課題解決の両立を目指す新たな社会「ソサエティー5・0」関連の世界市場が2025年に17年比58・9%増の16兆9528億円に拡大するとの調査結果をまとめた。そのうち注目市場の通信デバイス関連は同2・7倍の3兆2505億円に拡大。スマートフォンの第5世代通信(5G)対応で5G関連製品...
11Picks
教育ICT関連市場 平成33年度に約2千億円規模に
教育新聞 電子版
|
㈱富士キメラ総研は5月16日、教育機関向けのICT関連市場の調査報告書「エデュケーションマーケット2017」を発表した。「教育現場でのICT環境整備は着実に進み、市場が急拡大する」として、平成33年度に規模は約2千億円になると予測している。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ