新着Pick
SPD2GTMJUP0SDEAG

日鉄物産 株式会社

日鉄住金物産株式会社(にってつすみきんぶっさん)は、鉄鋼製品・繊維製品・食糧・機械、その他の商品の販売及び輸出入行う専門商社である。 ウィキペディア
東京都港区赤坂八丁目5番27号
03-5412-5001
詳細を見る
概要
前身の一つである住金物産株式会社は、住友グループ広報委員会にも参加していた。
当時、同じ大阪に本社を置く伊藤忠商事、阪和興業、岩谷産業、長瀬産業、稲畑産業、山善などと並ぶ在阪商社の一つであった。
また、同社はイトマン事件で経営不振に陥ったイトマン株式会社を吸収合併して、鉄鋼・機械から繊維・食糧へと事業を拡大、2006年12月には東証1部上場を果たしていた。


また、もう一つの前身である日鐵商事株式會社は、鉄鋼製品の販売などを行う新日鐵住金グループの中核商社であり、2010年(平成22年)4月には東証1部上場していた。


両社は、2013年(平成25年)10月1日 をもって、事業統合を果たし、日鉄住金物産株式会社を発足させた。
代表者
代表取締役社長 佐伯 康光
設立年月日
1977-08-02
従業員数
9,028 人
上場年月日
1990-12-21
平均年齢
43 歳
平均年収
8,173,000 円
上場市場
東証1部
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
TOP営業マンが語る、仕事の極意──「信頼」「人の役に立つ」「楽しむ」
talentbook
|
日鉄物産でTOPクラスの営業実績を誇る、鉄鋼事業本部の脇山 孝太郎。2021年現在は薄板輸出営業部で、熱延鋼板・半成品の輸出を担当している。大きな金額とグローバルな活躍に憧れ、入社3年目で海外駐...
200Picks
早朝勤務を深夜残業扱いに。日鉄住金物産の「働き方改革」の成果
ニュースイッチ
|
日鉄住金物産が早出残業奨励制度や勤務管理システムを導入し、夜間の長時間残業の削減に取り組んでいる。深夜残業の扱いとする時間帯を従来の5時から8時30分に延長し、早朝勤務を奨励するほか、第2・第3水曜日を“ノー残業デー”に指定した。パソコンの起動時間で個人の勤務開始から退勤までを自動的に記録するシステムにより、過剰な残業へ注意喚起を行い、早期に是正措置を取るなどして成果を上げている。 早出残業...
105Picks
低価格雑貨店「アソコ」全店閉鎖へ、日鉄住金が遊心クリエイションを清算
Fashionsnap.com 最新記事
|
日鉄住金物産は100%子会社で「イーブス」「アソコ」などを運営する遊心クリエイション(大阪市)を清算することを決めた。来年1月末をめどに全店の営業を停止し、清算手続きに着手する。清算結了は来年9月をめどとしている。 遊心クリエイションは02年、森島純嗣前社長が設立し、10年に住金物産(現日鉄住金物産)が株式35%を取得、14年11月には全株式を取得していた。現在の店舗数はレディス・メンズの「...
13Picks
メキシコ投資、逆風下でも日系企業の進出を後押しする理由
ニュースイッチ
|
トランプ米大統領の政策で先行き不透明感が増しているメキシコ経済。それでも日鉄住金物産は、日本企業を対象としたメキシコ進出支援事業を予定通り立ち上げた。現地の工業団地開発会社の総代理店として、日本国内
13Picks
はるやま商事が「イーブス」取得へ、ウィメンズカジュアルとして展開
Fashionsnap.com 最新記事
|
紳士服を扱う「はるやま商事」が、日鉄住金物産の100%子会社「遊心クリエイション」が運営していたアパレルSPA業態「イーブス(YEVS)」を展開するため、子会社を設立することがわかった。今秋を目処にウィメンズカジュアルブランドとして展開を開始する。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
12Picks
居酒屋「つぼ八」を買収 やまや、チムニー
共同通信
|
居酒屋「つぼ八」を買収 酒類販売の「やまや」と居酒屋チェーンの「チムニー」は29日、日鉄住金物産から「つぼ八」を買収すると発表した。つぼ八を傘下にすることで、物流の効率化によるコスト削減やメニューの強化などを進めるのが狙い。...
11Picks
パル、「アソコ」の事業を譲り受け
繊研plus
|
パルは、日鉄住金物産から、低価格雑貨業態「アソコ」の事業を譲り受ける。2月に正式稼動する見込み。  同業態は日鉄住金物産の100%子会社、遊心クリエイションが運営していた。東京・原宿、大阪・南堀江の
9Picks
生体認証Liquid関連会社で3Dスキャニングサービス提供のSYMBOLが1億円調達
TechCrunch Japan
|
生体認証・空間認識エンジン「Liquid」の研究・開発などで知られるLiquidの関連会社で、アパレルおよびフィットネス産業に3Dスキャンニング及びSizeCloudシステムを開発・提供するSYMBOLは10月5日、シードラウンドで日鉄住金物産ならびに三菱商事ファッションより約1億円を調達したと発表した。調達した資金をもとにSYMBOLは開発態勢を強化する予定だ。 SYMBOLは2016年1...
9Picks
鉄鋼各社の海外拠点が相次ぎ稼働。自動車需要の減速は大丈夫か
ニュースイッチ
|
日鉄住金物産はインドネシアで線材加工 日鉄住金物産はインドネシアの線材加工工場で本格生産を始めた。主に自動車部品の軸受に使う鋼線を製造し、日系の鋼球メーカーに供給する。日鉄住金物産にとって海外での線材加工は初めて。自動車の生産台数が想定よりやや低迷してきたこともあり、計画よりやや遅れているが、まずは年内に鋼球ベースで月産300トン体制を目指す。 日鉄住金物産は100%子会社のインドジャパン・...
9Picks
つぼ八が「やまや」の軍門に下った切実な事情
東洋経済オンライン
|
酒類販売大手の「やまや」と連結子会社の居酒屋チェーン「チムニー」は、10月29日、居酒屋チェーン「つぼ八」を買収すると発表した。つぼ八の親会社、日鉄住金物産(持株比率:97.8%)から、やまやが53.8%、チム…
8Picks
鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目
ZUU Online|経済金融メディア
|
■鉄冷え 解消の兆し 鉄鋼関連に注目 今朝の日本経済新聞1面のトップ記事「鉄冷え 解消の兆し」に注目です。中国が鉄鋼の生産設備を廃棄し、輸出も3割減らしたそうです。中国からの安値輸出が減ると、鉄鋼価格は上昇し、国内の鉄鋼メーカーに追い風となります。また、半歩先読みすれば、鉄鋼関連商社にも追い風となりそうです。 ◆日鉄住金物産 <9810> 6,180 円 ◆阪和興業 <8078> 788円 ...
7Picks
植物肉開発のスタートアップ「DAIZ」と日鉄物産が資本業務提携--海外にも展開へ
CNET Japan
|
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するスタートアップのDAIZは11月12日、日鉄物産と資本業務提携に合意したと発表した。
6Picks
生き残る繊維商社はどこか 相次ぐ統合・買収から考える業界の未来
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
今年2月に相次いで商社の再編が2つ発表されました。1つは、三井物産で繊維・ファッション事業の中核を担う三井物産アイ・ファッション(MIF)と日鉄物産の繊維部門の統合。もう1つは、繊維専門商社の蝶理による、住友商事傘下の繊維専門商社スミテックス・インターナショナルの買収です。2022年1月に行われるMIFと日鉄物産繊維部門の統合は、三井物産と日鉄物産が半々で出資して新会社を設立し対等な立場をと...
6Picks
三井物産が日鉄住金物産との資本業務提携を拡大へ 事業は譲渡し出資拡大へ
産経ニュース
|
三井物産と日鉄住金物産は22日、資本・業務提携を強化する方向で検討を開始したと発表した。日鉄住金物産は三井物産グループの鉄鋼事業の一部を譲り受ける一方、三井物産は日鉄住金物産の株式を追加取得する検討を開始する。具体的な方法などは今後詰める。
5Picks
【ミャンマー】日鉄住金物産、縫製RBMに資本参加[繊維]
NNAアジア経済ニュース
|
【ミャンマー】日鉄住金物産、縫製RBMに資本参加[繊維] 日鉄住金物産は2017年12月28日、香港法人の日鉄住金物産(香港)がミャンマーのデニム縫製工場運営会社リーブルーミャンマー(RBM)に資本参加したと発表した。12月に実施、出資比率は14.9%になっ...
5Picks
誰も知らない「つぼ八」翻弄の45年史…居酒屋チェーン業界盛衰記
ビジネスジャーナル
|
つぼ八浅草店(「Wikipedia」より)  居酒屋業界の市場の縮小が続くなか、酒類大手の「やまや」と、その子会社の居酒屋「チムニー」が、共同で「つぼ八」を買収する。つぼ八の親会社である日鉄住金物産...
5Picks
やまや・チムニー、居酒屋「つぼ八」を買収
産経ニュース
|
酒類販売のやまやは29日、傘下の居酒屋チェーン「チムニー」と共同で、つぼ八を買収すると発表した。日鉄住金物産が保有するつぼ八の株式97・8%のうち、やまやが53・8%、チムニーが34%を11月30日に取得。残る10%は日鉄住金が継続保有する。買収金額は非公表。物流の効率化によるコスト削減やメニューの強化などを進めるのが狙い。
4Picks
日鉄物産が在庫・物流の効率向上へ、稼働する「鋼材流通DX基盤」の実力
ニュースイッチ
|
日鉄物産は鋼材流通のデジタル変革(DX)を推進し、「鋼材流通DXプラットフォーム(基盤)」を2024年度までに構築する。自動車部品や産業機械などの顧客企業からの引き合いや受注に対応し、製品の納入管理、検収、代金回収までをフルデジタル化。グループの販売・加工会社を含むサプライチェーン(供給網)一貫で、在庫や物流の効率や生産性を高め、顧客満足度を向上させる。22年度中には一部での稼働を目指す。 ...
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ